藍色工房(あいいろこうぼう) オフィシャルブログ

自社農園で藍を育て、藍の石鹸や藍染め雑貨を製造販売している四国の小さな工房からスタッフみんなでお届けします。
スキンケア、アロマテラピー、藍染め、薬草、四国の素敵&面白情報をぼちぼち更新いたします♪

2013年06月

藍色工房 ヒマワリ

こんにちは!スタッフ太田です。
今、事務所の玄関ではヒマワリの花がお客様をお迎えしています。
毎年、スタッフSさんが自宅から持ってきてくれるのです(^^)

まだ梅雨明けはしていませんが、こんな大輪のヒマワリの花を見ると、
「夏だ―――!!!!」って雰囲気になりますね~


さて、明日は26日。
毎月恒例の、お風呂の日です。

さきほど、お得な特典をご紹介した、メールマガジンを発信いたしましたので、
ぜひご確認くださいませ☆

huro

限定価格でお買い物していただけるのは、26日の間だけですが、すでに商品ページを
ご案内しております。
ぜひ事前のチェックをお忘れなく(^^)

また、ポイント会員様は、ポイントが2倍になります。
今からのご登録でも、間に合いますよ!

バナー(メルマガ)


お風呂の日イベント開催は、

6月26日午前0時~6月26日午後23時59分

となっております♪
ぜひオンラインショップからご利用くださいませ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いつもありがとうございます☆藍色工房店長の坂東未来(ばんどうみき)です。

20日(木)から開催されている池袋東武百貨店でのイベントは、開催から2日が

経ちました。

おかげさまで、素敵なお客様とたくさんお話しができて、とても感動しています♪


<今回のラインナップ>

このイベントにお持ちしている主な品目をご紹介いたします。

まずは、定番の藍染め石けんシリーズ。
IMG_6201
60gのレギュラーサイズ(各1680円)と20gのミニサイズ3個セット(1890円)を

ご案内しています。

砥部焼の石けん置きや、石けんとおそろいの精油ブレンドの小瓶もラインナップ

いたしました☆


そして、藍染めの小物です。
IMG_6189

藍染めハンカチは、オンラインショップ未発売の桜のレース(2100円)のものや、

薔薇の透かし模様(2100円)のものも特別にラインナップしています。

画面から切れていますが、昨年のクリスマスに限定販売いたしました

「マリア ブルーチョーカー」(5250円)も、限定2本お持ちいたしました。

藍染めエコバッグのデコレーションに最適な砥部焼ボタンや今回初ラインナップの

藍染めレースモチーフもご案内しています。



もうすぐ値上がりしてしまうエコバッグも、実際にお手にとってご覧ください。

IMG_6202
イベントで現在の価格でご案内するのは、今回が最終となります。

藍染めエコバッグ(大)(3990円→7月1日から5040円)と

藍染めエコバッグ(小)(2310円→7月1日から3150円)です。

藍色1色のバンダナ(3150円)と工房スタッフのユニフォームでもある

藍染めスタッフエプロン(9450円)もラインナップで、トータルコーディネートの

控えめなご提案です(笑)。


幻の藍の墨も少しだけお持ちいたしました。
IMG_6193

藍の墨「藍晶(らんしょう)」(10500円)は限定6本のご案内です。

国産の、しかも徳島産の藍だけを膠(にかわ)で正直に練って作られた

藍墨は、おそらくここにしか無いと思われます。

普通の墨と比べてお値段が張りますが…墨の業界内での基準に準じる価格を

選択いたしました。

大切な方へ、大切な贈り物をしたいときに、どうぞご用命ください。

または、大切な気持ちを届けたいときにお使いください。



ストール、マフラー、タンクトップは鏡で合わせてご覧くださいね☆
IMG_6194
姿見をご用意いたしましたので、お気軽に手に取ってお身体に合わせて

ご覧ください♪

あいあるマフラー(6510円)は軽くて優しいコットン100%です。

藍染めストール(21000円)は何とも言えない上品な風合いのコットン100%。

藍染めオーガニックタンクトップ(5460円)は柔らかな肌触りが人気です。


お隣では、コラボレーションしたアクセサリー作家Matsuyoi(待宵)さんの

藍染めアクセサリーがずらり♪
IMG_6199
パーツにはアンティークのビーズや18金、天然石など、こだわりの素材を素晴らしい

センスでコーディネートされています。

藍染めの生地は、母が染めさせていただいています♪



例えば、藍色工房の藍染めストールにMatsuyoiさんのコサージュをセットすると

こんな雰囲気になりますよ♪
IMG_6190
Matsuyoiさんのコサージュは軽く作られているので、繊細な生地にも

安心して装着することができます。



会期:6月20日(木)~26日(水)

時間:午前10時~午後9時(23日(日)のみ午後8時まで)

場所:池袋東武百貨店 2階3番地(COACH前)

お近くにおいでの際は、どうぞお立ち寄りくださいね♪

会期中は店長坂東がお待ちいたしております☆




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

藍色工房 【ジャパニーズ・スパ①】

こんにちは!
スタッフ太田です。

梅雨前線と台風の見事なタッグで、西日本を中心にものすごい降水量となっています。
渇水が心配されていた香川なので、雨はありがたいです。
ありがたいですが・・・一気に降りすぎです。
やはり、お天気は人の思い通りにいかない、気まぐれなものですねぇ。


シトシトジメジメムシムシ・・・

と、こんな時は、気分もすぐれないもの。
そんな人は、天然の香りで癒されてくださいな。

ショップでご案内している、「ジャパニーズ・スパ」は、アロマアイテムとしても使っていただけます!

≪ジャパニーズ・スパ(天然檜入浴剤)≫

藍色工房【ジャパニーズスパ②】

まさに削りたて!!!!
という香りをただよわせるのは、高知県の四万十川流域のヒノキの間伐材を利用した、入浴剤。
削ったその場で、アルミパックに詰められていくので、開封した瞬間の香りはとても新鮮です。

通常、バスタブにお湯を張る際にポンと入れておくと、お風呂場いっぱいにヒノキの香りが
広がり、ヒノキ風呂に入っているかのような感じになります。

と、入浴剤として使っていただくのが、通常のご使用方法なのですが、
お部屋の芳香剤として使っていただくのもおすすめです!

藍色工房 【ジャパニーズ・スパ③】


森林浴をしているような気分で、うっとおしい気分もきっと晴れやかになりますよ♪

他の石鹸と組み合わせたりして、夏のギフトにしてみてはどうでしょう~
単品でラッピングしても可愛いですし、お一つ399円のジャパニーズスパは、
他のアイテムと組み合わせしやすいお値段です。
組み合わせる石鹸・藍染め雑貨は、ご自由にお選びくださいね。

入浴剤8

癒されたいあなた自身へ。
癒してあげたいあの人へ。
四国は高知県、四万十川からの香りをお届けいたします♪

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

【ジャパニーズ・スパ】
http://aiironet.com/SHOP/nyz-js-01.html

【ジャパニーズ・スパとミニ藍染め石鹸セット】
http://aiironet.com/SHOP/ai-gs-08.html

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

こんにちは、スタッフ太田です。

藍色工房の事務所前は、プランター植えの植物であふれています。

しかも、食べられるものが基本(笑)

もし藍色工房の駐車場がアスファルトでなければ、きっと色んな野菜が植えられていたでしょうね~



オリーブは、石けんの主成分に使われているくらい、シンボル的植物です。

木もだんだんとたくましくなってきた感じがします。

藍色工房 オリーブ

オイルを絞るのは緑色ではなく、完熟した茶色い実から搾取します。

成長した実の方が、オイルの量が多いからだそうです。

緑色の実は、オリーブ漬けなどにするのによいですよ。



そして、木苺。

藍色工房 木苺

茎にはとげが生え、ツルのように伸びてゆくので、支柱が必要な植物です。

スーパーでも見かけないくらい、あまり口にすることがない果物かと。

お庭にあったらオシャレじゃな~い?



引き続き、イチゴ。これは、ワイルドストロベリーです。

藍色工房 苺

一般的に売られているイチゴよりはだいぶ小さく、親指の爪ほどの大きさです。

さっきの木苺とあわせて、社長の娘ちゃんの良きオヤツとなっております。



あっ、ブルーベリーもグングン大きくなってきましたよ!

去年よりも実が多い気がします。

藍色工房 ブルーベリー

多分、今一番流行り!な、家庭栽木かと思いますよ。

鉢を大きくしていけば、ベランダー栽培も可能!

しかも、「苗一本では実がつかない」とか、「違う品種を一緒に植えた方がいい」と

言われていましたが、

最近は品種改良もされ、一本でも実が成るようになってきているそうです。



最後に・・・

オリーブの根元でひっそり・・・いや、大胆に成長している藍の芽。

藍色工房 藍の芽

まぁ青々とした、元気な葉っぱ!!

本日ご来店のお客様が、興味ありげでしたから、数本差し上げました♪

藍色工房 藍の芽

推定で、百粒くらいの種が発芽しているような気がします。

毎日お水をあげているので、成長が楽しみです(^^)


こんな感じで、藍色工房のミニガーデンはにぎやかになってきています。

うーーん。そろそろ雨が恋しいですねぇ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

g雪蹊寺1

眺めのよい禅師峰寺をあとにし、浦戸大橋を渡り、雪蹊寺(せっけいじ)にやってまいりました。

住宅街の中にあり、交通量も多いので、運転の際はご注意を。

・GoogleMap 雪蹊寺
http://goo.gl/maps/ZGrJH


雪蹊寺は、空海がひらいたときには真言宗で、「高副寺」という名前でした。

その後、廃寺となっていたところ、土佐の領主となった長宗我部元親が再興し、

彼の宗派である臨済宗のお寺となりました。


元親の死後、家督を継いだ四男の盛親が、長宗我部家の菩提寺とし、元親の法号である

「雪蹊恕三」から、寺名が「雪蹊寺」と改められました。

隣には奏(みなと)神社があり、明治の廃仏毀釈の際には、雪蹊寺の代わりに長宗我部家の

弔いをしていたそうです。


本堂の裏手には、元親の長男である信親のお墓があります。

g雪蹊寺2

元親から寵愛され、信頼され、おそらくは家督を継ぐであろうと言われていた信親ですが、

豊臣秀吉の命で九州討伐に向かい、22歳の若さで討ち取られました。

信親を溺愛していた元親は、あまりの出来事に悲しみ、信親の娘を自身の四男の盛親に嫁がせ、

信親の血統を継がせていこうとしたくらいです。


現在、長宗我部家は17代目となっていて、今の当主さんはブログもされています。

長宗我部友親の雑ログ ~17代当主の日々徒然~
http://chosogabe.blogzine.jp/blog/

雪蹊寺を訪れる際には、長宗我部家の歴史に触れておくと、面白いかもしれませんね。



ちなみに、昨年の秋に雪蹊寺を訪れたときは、イチョウが全盛期でした!

詳しくはこちらのブログにて♪
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/20656490.html

季節によって、色んな風景を楽しめます♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近、肩こりと全身の疲れがなかなかとれない、スタッフ太田です。

体質なんでしょうか・・・エアコンの風のみならず、雨が降った後にひんやりと吹く風すら、
私の関節を痛めつけるような気がしてきます。


・・・よし!そんな今日は、アレ。

池田薬草さんの薬用入浴剤、香楽の湯をお風呂にイン!!

入浴剤①

効きそ~う!な生薬がたっぷり入っています。

日局コウボク・日局トウキ・日局トウヒ・日局ハッカ・
日局サンシン・日局チンピ・局外正規ガイヨウ・別紙規格マツブサ


私が気になる効能・効果は、
神経痛・冷え性・肩のこり・腰痛・疲労回復など。

半分以上の生薬が、体の冷えに効果があるとされるものです。

冬場の入浴時におススメをしていましたが、夏場も、肩こりがひどいときや
疲れがとれにくいときに、おススメできます。

もうすぐ父の日。
最近体の調子がすぐれない・・・なんて悩みのあるお父さんに、プレゼントしてみては?

あせもやしっしんにも効果があるので、汗ばむ季節にお肌の調子を整えるのに良いですね。
人工的な香りではないので、敏感な方やお子様にも使っていただけます♪

入浴剤②

一回分は、このように不織布パックに入っています。

浴槽にお湯をためる前に入浴剤を入れておき、お湯の中で軽くもむと、エキスがじゅわ~~
っと広がります。

これがまた、効きそう!な香り♪

一日の終わりをこの入浴剤を使ったバスタイムで締めくくり、あとはもうネットも読書もせず、
お布団に入ってゆっくり寝る・・・

その妄想だけで、少し疲れも吹き飛ぶような気がしてきます。

入浴剤③

父の日の贈り物にしたいというご要望がございましたら、お気軽にお申し付けくださいませ♪

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

↓ ↓ ↓ 入浴剤はこちら ↓ ↓ ↓

池田薬草の香楽の湯
http://aiironet.com/SHOP/nyz-kr-01.html

ジャパニーズ・スパ (ヒノキ100%入浴剤)
http://aiironet.com/SHOP/nyz-js-01.html

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

f禅師峰寺1

竹林寺から南下し、東方面に走ると、小高い山に32番札所の禅師峰寺(ぜんじぶじ)があらわれます。

・GoogleMap 禅師峰寺
http://goo.gl/maps/BDsHj

行基菩薩が聖武天皇の命で、船の安全を願って堂宇を建立したのが始まりとされています。

漁師たちはもちろん、江戸時代には参勤交代で船に乗る歴代藩主なども、

必ずこのお寺にお参りをしてから出航したんだそうです。


空海がこの地を訪れた際に、境内に奇形な岩や霊石などがたくさんあるのを、観世音さまの浄土、

補陀落山(ふだらくさん)に重ね、厳しい修行をされました。

また、その際に十一面観世音菩薩像を彫像され、ご本尊とされました。


海に関わる仕事の人たちは、「船魂(ふなだま)の観音さん」と呼んだりして、今でも親しんでいます。 


海の眺めがとても良いです!!

桂浜もここから見ることができるんですって~

f禅師峰寺2

空海が補陀落山に重ねたという、境内。

モリモリっとした樹木に囲まれていたり、いかにも!な雰囲気の中・・・

f禅師峰寺3

ぽんぽこタヌキ。

当然、空海の修行中にはなかったものですが、なんとも絶妙なポジジョンにいますね。

お似合いです(笑)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


こんにちは!スタッフ太田です。

先月、今年の藍の墨が出来上がり、ご予約のお客様へお届けすることができました。

「藍晶」 (らんしょう)・・・という藍色の墨です。

早速、お使いになったお客様が、写真を送ってくださいました。

藍晶1

素敵!!!!

この写真を紹介していただいたブログは、こちらです。
↓ ↓ ↓

≪にじいろのうろこ≫
http://tsukiko1122.blog.fc2.com/blog-entry-36.html

くず上ともこ(くずがみともこ)さんという、筆カリグラフィーの作品を制作されたり、
書道のお師匠さんをされている方です。

くず上さんもおっしゃっていましたが、写真を撮ると、現物と少し違うように映ってしまうようです。
もちろんモニターによるばらつきもありますが、くず上さんのお知り合いの写真家さんも、
「藍色の表現は難しい」とのこと。
写真では伝えきえない、天然色の美しさ・・・ということでご納得いただきました(^^)

ありがとうございました.。゚+.(・∀・)゚+.゚


藍色工房 藍墨の色

・・・・と、墨のすり方や、水の加え方次第で、薄くも濃くもなります。

水墨画は白黒の作品ですが、この藍色バージョンがあっても面白いかなと思います。
くず上ともこさんに続いて、誰か描いてくれないかな☆


藍の墨、「藍晶」は、一丁型という約8.2cm×2.2cm×0.9cmのサイズでご案内しています。
見た目は・・・ごく普通の墨とおなじです。
が、よく見ると、濃い藍色をしているのが分かりますよ。

藍晶2

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

「藍晶」の詳しいページはこちらから♪
↓ ↓ ↓ 
http://aiironet.com/SHOP/ai-sumi-01.html

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


青い色で文字を書くと、記憶力が良くなる・・・というお話もあるそうです(笑)
今年の夏は、いざ精神統一!ということで、リラックスしながら書を楽しむのもまた良いですね。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いつもありがとうございます!藍色工房店長の坂東未来(ばんどうみき)です。

梅雨入りして、6月になり、意外と雨の降らない日々が続いております。

曇り空の日が多いので気温がそれほど上がらず、過ごしやすくはありますが

藍の畑を思うと、もう少し景気よく雨が降ってほしいです…


<あえて今、裏話を解禁することにしました>
藍色工房 藍の畑の様子2013.5
5月末の藍の畑の様子です。

まだ小さな苗ですが少しずつ枝が分岐し始めており、梅雨の間にモリモリと大きくなります。

この緑色の植物の栽培から商品作成の流れ、値段の決め方、広報の仕方、

そしてそれを販売するお店(ウェブショップ)をどんなふうに運営しているのか、

現在の卸し先様とはどのように取引がスタートしたのか、といった裏話は

今まであまり触れることがありませんでした。


経営の生々しい話など、お客様にお話しするようなことではないと思っていたからです。

商品に魅力を感じてくださったお客様に、少しでも楽しんでいただけるように

情報を発信することを心がけておりましたので、当然のことでした。


ですが…

少しずつ、ほかの物づくりをしている工房や小さなお店とのつながりが拡がって

コミュニケーションの機会が増え、気が付いたのです。

こういった小さな工房を応援してくださる方の中には、同じような思いで物づくりを

しておられる方もたくさんいらっしゃるということが。

そして、みんな同じような悩みを抱えて毎日試行錯誤を繰り返しながら頑張っている

ということも…


だったら、私たちなりにぶつかった壁や、思わぬ効果をもたらしてくれた施策などに

ついても発信していった方がいいのではないか…と思うようになりました。

ただ、それをあまり声高に発信するのもはばかられるような気がして、半年ほど

悶々と過ごしておりました。


でも、今年のゴールデンウィークの間に決めました。

やっぱり、行動を起こそうと。

零細企業の多くが、創業から10年たたないうちにその姿を消してしまう厳しさの中、

「いつ潰れてもおかしくない」と言われ続けた私たちが、幾度の危機を迎えながらも

何とか8期目を過ごしています。

10年目を迎えられるかどうかは誰にも分かりません。

そこを何とか、お客様に喜んでいただける形を実現しながら目指している最中に

起こったこと、考えたこと、悩んだことを必要とされる形で分かち合うことは、

同じように頑張っていらっしゃる方々に何らかの布石を提供することが可能に

なるかもしれないし、「こんな風にもやっていけるんだ」という安心にもつながる

のではないかと考えました。


「もう、あれもこれも、言っちゃおう。」

特に、危ない目にあった時のことなどは絶対にお伝えしようと思っています。

何が危ないのかって…それはもういろいろで…


<必要とされる形での発信>

舞台裏の話ですから見たくない方だっていらっしゃることを考えると、あまりオープンに

するのは控えたいと考えました。

ですからこちらのブログではあまり発信できないと思い至り、たどり着いたのが

「有料メールマガジン」という形です。


有料、はい、お金がかかります。

これが一番、「必要とされる」分かりやすい形だと考えました。

お金を払ってでも読んでくださる方のために、無料ツールではオープンに

していない濃い内容をお届けしようと準備をしています。

あまり高額にするつもりはありませんでしたので、毎月315円で

毎週火曜日(第5火曜日は休刊)に配信します。

(ご登録初月は無料お試し読み期間です♪)


のんきそうな藍色工房の舞台裏が実はドタバタ続きであることを、そしてどんな理由で

そうなっているかということを、このメールマガジンを読んでくださる方はお気づきに

なると思います。

その結果、自分たちで作ったものを販売することの厳しさや楽しさを分かち合いながら

実感できるようになったり、実際にどんな手法で危機を乗り越えるのかといった実践的な

情報を蓄積することが可能となるように心がけて発信するつもりです。


ただ…

単なるハウツーに偏ることは無いと思います。

問題提起をして、自分のこととして考えることの方が重要だとずっと思っていますので

「こうすればこうなる!!」的なことはほとんど書かないと思います。

そんな成功事例は役に立たなかったことが多いから。

特に、小さな工房の「オンリーワン商品」には当てはまることの少ない事例を

自慢げに披露したって仕方ないと思っています。


それからビジネス書についての感想も折に触れ書いてみようと思います。

こちらは、読んでみて良かったと思えるもののみに絞ろうと思います。


「社長って何をする人なの?」というところからのスタートだった創業時から

たくさんのことがあって、やっと自覚した「会社を守り、お客様に喜んでいただくために

舵取りをする」という役目。

その視点に立ってようやくお伝えできるようになったいろんなことを、思い切って

書いていきます。


物づくりを愛するすべての人に。

伝統の技と素材を守るすべての人に。

物づくりで独立を目指す熱い人に。

そして、藍色工房を心から応援してくださるあなたに。

心を込めてお届けします。


タイトルが即物的で色気がありませんが、ハートがいっぱい詰まった

メールマガジンになりますので、こちらからご登録をお願いいたします。

「実録!小さな物づくり起業は楽じゃない」
http://www.mag2.com/m/0001604465.html

このメールマガジンが、もっと素敵な物づくりのきっかけになりますように…!!




ちなみに、創刊号は「値段をどんなふうに決めたか」とか「有松絞りの工房と

交流していて気付いたこと」などをお伝えしようと準備しています。

6月4日(火)に配信予定です、ってもう明日ですね(汗)

お付き合いいただけます方は、どうぞよろしくお願い申し上げます。

==============================
テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/

藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou

●業者の方へ:オリジナル化粧石けん製造のご相談はお気軽にコチラへどうぞ!!
info@aiironet.com
==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いつもありがとうございます。藍色工房店長の坂東未来(ばんどうみき)です。

久しぶりに東京の百貨店で本格的なイベントにまいりますのでご案内です☆


<テーマはJapan Blue>
藍色工房 待宵さんとコラボ
とにかく、今回のイベントはひたすら青いのです。

アクセサリーアーティストのMatsuyoi(待宵)さんとのコラボレーション企画で

初のイベントとなります♪

画面上側にある花のコサージュがMatsuyoiさん作です。

濃い藍色は染め場の母が沈殿藍で染めたもの、淡いブルーも母が生葉染め

したものです。

それぞれの色の個性を慈しみながらラグジュアリーな花にしてくださっています☆



藍色工房はいつもの石けんやタオルに加えて、コットンマフラーやタンクトップを

お持ちする予定でいます。


つまり…「オフタイムもオンタイムも、Japan Blueがあなたの美を輝かせます☆」

というイベントなのです☆


<Matsuyoiさんのこと>

「誠意あふれるアーティスト。」

Matsuyoiさんの素材への知識と想い、アンティークの知識と審美眼、またそれらの

コーディネートに至るまで…一度でもお話を聞いた人なら、こうご紹介することに

誰でもうなずいてくださると思います。


藍色工房 待宵さんとイベント2
細部に至るまで既製品のパーツではなく、ご自分で組み合わせたアンティーク

ビーズなどをあしらって、枝や雄しべ・雌しべも納得のいく形にハンドメイド

されています。

Matsuyoiさんの頭の中にだけ存在している花を私たちの手の届く場所に

連れてきてくださる過程は、とてもデリケートな思索と作業の連続だと思います。

それを一つ一つ丁寧に取り組んでくださるから、こんな素敵な作品の数々と

出会うことができるのです☆


<更に今回初登場のアイテムでコラボレーション>

藍色工房 待宵さんとイベント3
こちらは、私の妹がレース編みをし、母が染めたモチーフを、Matsuyoiさんが

パールをあしらってピアスにしてくださったものです。

今回のイベントではこの藍染めレース編みモチーフを使ったアクセサリーが

初登場です。

レース編みの糸はコットン100%、あしらわれたパールはもちろん本物の真珠です。

デニムに合わせても素敵そうですね…♪

イベント当日は、私も何か身に着けて皆さんをお待ちしようと考えています。

どんな素材との組み合わせができているか、どうぞ当日をお楽しみになさっていてください☆


<イベント詳細>

今回のイベントのお知らせです。

テーマ:~Japan Blue~

日時:2013年6月20日~26日 午前10:00~午後8:00

場所:東武百貨店 池袋本店2階3番地 COACHI前

期間中はMatsuyoiさんご自身と、私が毎日立たせていただきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます☆

藍色工房 待宵さんとイベント4
                                                                                                                                                                                                                                                        


==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で

紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


Matsuyoi(待宵)さんの公式HP
http://matsuyoi.jp/



●業者の方へ:オリジナル化粧石けん製造のご相談はお気軽にコチラへどうぞ!!

info@aiironet.com


==============================



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ