藍色工房(あいいろこうぼう) オフィシャルブログ

自社農園で藍を育て、藍の石鹸や藍染め雑貨を製造販売している四国の小さな工房からスタッフみんなでお届けします。
スキンケア、アロマテラピー、藍染め、薬草、四国の素敵&面白情報をぼちぼち更新いたします♪

2013年09月

ローズオットーは魔法の香り。

いつもありがとうございます☆藍色工房店長の坂東未来(ばんどうみき)です。

今日は改めてその魅力に心奪われた薔薇の精油「ローズオットー」 について

お話しいたします。



<世界中を魅了する憧れの香りはとっても貴重>
roses1
バラの花の色合いや姿の様々なバリエーションは、私たちの気分やシーンに合わせて

とても優しく寄り添ってくれるように感じています。

とりわけ、フレッシュな花びらの香りには心の底にあるしこりがふっと和らぐような、

時には少し涙ぐむことすらあるほどの癒しをもたらしてくれます。


roses6
 アロマテラピーで有名なダマスクローズの香りは、誰にとっても憧れです。

ローズの花の収穫と蒸留は5~6月の、まだ涼しさが感じられるブルガリアなどで

行われています。

花びらに含まれる精油の量は大変少なく、生の花1キロで0.1~0.2mlほどしか

抽出できません。

roses3

通常の精油のボトルは、0・05mlずつ滴下できるように調整されたドロッパーが

ついていますから、ローズの花1キロ=2~4滴の精油しか収穫できないという

計算になります。

本当に貴重ですね…!!



<抽出方法によって呼び方の違う精油>
roses4


バラの精油はいくつかの抽出方法があり、それぞれに出来上がった精油の名前が違います。

・ローズオットー…水蒸気蒸留法で抽出した精油。瑞々しく深い香りがします。
           ボディやフェイシャルケアに。

・ローズアブソリュート…ヘキサンという溶剤を使用して抽出されることの多い抽出法。
               拡がりのある、どっしりとした香りがします。
               溶剤が残留する場合があるので、芳香用に使用することが勧められています。

香りの違いは微妙ですが、やはり好みが分かれるようです。

実は、今日開催中の「風呂の日」イベントでメールマガジンでお知らせした「合言葉」を

備考欄に記載していただいたお客様には、貴重なローズオットーを配合した

バスアロマオイルをプレゼントしています。


9月は私たち藍色工房の決算月で、思い切って感謝の気持ちをお伝えしようと考えたとき、

この瑞々しい薔薇の香りをお楽しみいただくことが一番だ!!とひらめいたのです。

コスト度外視!!と専務には叱られましたが、特別な理由でもなければなかなか

ご提案できない香りです。

思いっきり素敵なブレンドでお届けしたいと思っています!!



<オリジナルブレンドアロマ「薔薇の夢」お申込み方法・ご利用方法>

お申し込み方法は、昨日18:00代に配信しましたメールマガジンでお知らせしている

「合言葉」をまずご確認ください。

そして、本日23:59までに藍色工房オンラインショップでお買い物の際、お申込みフォームの

最後の方で表示される「備考欄」に「合言葉」を記載頂くだけです。



ご使用方法は、入浴時にバスルームの床の隅に、ブレンドアロマを2~3滴落として

そのままバスタイムをお過ごしいただくだけです。

香りが湯気に巻かれてバスルームいっぱいに広がり、何とも言えないリラックスタイムを

お過ごしいただけます☆


roses2

感謝の気持ちを込めて、バラのブーケをお届けするような気持ちで

ブレンドしました。

スタッフ一同、心を込めてお越しをお待ち申し上げております♪

http://aiironet.com/SHOP/168050/880143/list.html




==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房の舞台裏を限定公開しています☆


●業者の方へ:オリジナル化粧石けん製造のご相談はお気軽にコチラへどうぞ!!
info@aiironet.com
※アドレスは半角に直して入力してください

==============================
 




 

IMG_6789
いつもありがとうございます☆藍色工房店長の坂東未来です。

今日は徳島市で講演をしてまいりました。

株式会社 徳島健康科学総合センターの皆様、ご参加くださった皆様、本当にありがとう

ございました!!



<藍染め石けんを作るきっかけになった辞典>

今日のお話しの中で、藍染め石けんシリーズを作るきっかけになった薬草辞典の

ことを話題にしましたら、その辞典について教えてほしいとリクエストをいただきました。

お答えいたします☆

森 武宗:著
三ツ和書房発行
昭和24年第1刷
『薬用植物図鑑』 です。

上記の画像が、藍のページです。

この辞典の記述を見たことで、肌荒れで悩んでいる夫用の石けん作りに

活かしてみようと考えるようになりました。



運命の辞典です。

藍農園で今も保管されています。

大事な辞典を本棚に残しておいてくれた亡き祖父に感謝です。

(この薬草辞典の藍のページを含め、数か所のページに祖父が勉強した跡だと

思われる書き込みが残っています。)

日本の薬草が50音順に紹介されていて、その最初が「あゐ」なのです。


ご質問くださってありがとうございました!!

ちょっと遅くなりましたけど、確かにお伝えしましたよ~~~☆




==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房の舞台裏を限定公開しています☆


●業者の方へ:オリジナル化粧石けん製造のご相談はお気軽にコチラへどうぞ!!
info@aiironet.com
※アドレスは半角に直して入力してください

==============================
 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


おはようございます!!

藍色工房店長の坂東未来です☆

今日は朝8:00から、三木長文化交流プラザで開催されている

三木マルシェに参加しています♪

今日しか出せないアウトレットアイテムなどをお持ちして

午前11:00まで出店しています。

お近くの方はどうぞおいでくださいね!!

お待ちしております☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

8周年カテゴリートップweb

こんにちは、藍色工房スタッフの太田です。

9月も残すところあと10日。

藍色工房は8周年を迎え、9月末まで大感謝祭を開催中です♪

その企画の一つとして、プレゼント企画をおこなっておりましたが、

9月19日23時59分をもって、ご応募を締め切らせていただきました。


たくさんのご応募、温かいメッセージをいただきまして、本当にありがとうございます。

スタッフみんなで読ませていただきました。

そして・・・大変お待たせしました♪

8周年大感謝祭、シークレット企画プレゼント当選者様の発表です

イニシャルで、発表させていただきます。


Y・D様、 M・S様、 T・H様 、M・K様、 Y・M様


おめでとうございます

ご当選の5名様へは、コースター&ランチョンマットのセットをプレゼントいたします♪

後ほど、ご当選確定のメールを送らせていただきますので、ご確認ください。

藍染めコースター


残念ながら、今回はご当選とならなかった方も、本当にありがとうございました。

またご縁がありましたら、プレゼント企画へのご参加をお待ちしております!

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

大感謝祭は、まだまだ開催中です。

今週は、エコバッグの限定セットを、限定価格でご案内中☆

no title

9月21日23時59分までの販売となります。

素材の特性を生かしたアイテムを、ぜひ手に取っていただきたいと思います☆

大感謝祭特設ページはこちらから
↓ ↓ ↓ 
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/32083865.html

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

こんにちは、スタッフ太田です。

今夜は満月、十五夜となります☆
全国的に雲の少ない夜のようですので、お月見を楽しめそうですね。


いよいよお彼岸入りし、本格的な秋を迎えようとしています。

夜、洗顔後には乾燥を感じるようになってきました。
なんとか潤いを保ちたいものです。

私は、色んな化粧水を試すこともありますが、合わなかったり保湿しすぎたりすると、
逆に脂っぽいお肌になって、吹き出物が出現したりします。

なので、こんなときは一番安心して使える、藍色工房でもおなじみの化粧水。

【クマザサの化粧水】

藍色工房 【クマザサの化粧水②】

白樺の樹液のみを水分として使用していて、「水」は使っていません。
この樹液に、クマザサやラベンダーなどのエキスが配合されています。
いたってシンプルな材料しか使っていないので、納得して使用できます。

白樺といえば、以前も紹介したのですが、原液がドリンクとして販売されているんですよ~
↓ ↓ ↓
藍色工房 【白樺①】

ヨーグルトのホエーのような香りと味がします。
なので、化粧水もこれに近い香りがします。
樹液を飲めることが分かっている私は、ついゴクゴクしてしまいそうになりますけどね(笑)

高熱で何も食べられなかったときに飲むと、スーッと体に染みこんでいったような感じがしました。

日本では信州から北海道にかけて、また北欧やシベリアなどではお馴染みの植物です。
樹液といってもさらっとしているので、健康飲料として飲まれてきました。

藍色工房 【白樺②】

サッパリした使用感なので、本当に保湿できるの?と不安かもしれません。
が、白樺の木が自らを守るために大地から水を吸い上げ、作り出した樹液です。
生命力に関わる栄養素が、十分に含まれています。

敏感なお肌の方は、なかなか基礎化粧品が合わず、普段のケアでも
悩み事が多いのではないでしょうか?
ちょうど去年の秋、保湿方法の記事をアップしていましたので、そちらをどうぞ♪

「保湿しすぎない保湿方法☆~美容オイルと化粧水の使い方~」
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/20097522.html

樹液とは樹木の血液のようなもので、人はそのおすそ分けをいただいています。
大事にありがたく使わせていただきたいものですね。

合掌。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

まるで森林浴♪
白樺やクマザサの、植物パワーがたっぷりの化粧水です。

藍色工房 【クマザサ③】

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いつもありがとうございます!藍色工房店長の坂東未来です。

好評開催中の藍色工房8周年 大感謝祭の限定セット、第三弾のご案内です☆

http://aiironet.com/SHOP/953883/list.html


藍染めエコバッグとマフラーのセットや、藍染めエコバッグとハンカチタオルのセットを

ご用意しました☆



どれも素材の質感と自然な色合いがとても素敵なアイテムです。

ぜひ手に取っていただきたいです。

9月15日0:00〜販売スタートです!!


皆様のご利用を、スタッフ一同お待ち申し上げております☆


モスラのその後です。

かなり緑の肉質豊かなお姿に成長しています。

順調ですよ♪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

旧小学校のアートを鑑賞した後は、伊吹島民俗資料館へ~!

入り口には、観光地ならではの顔出しパネルが♪
もちろん、「いりこ」の方で写真を撮りましたよ~

伊吹島74

中には小さいグラウンドのような場所があって、そこに作品があります。

作品番号:137
キム・テボン:小さな島のささやき

使わなくなった漁の道具を使って、音が出る作品を作ったのだそうです。

網で作られたトンネルには鈴が付けられていて、
スタッフさんに「鳴らしながら行ってください♪」と言われました。

では、遠慮なく♪♪♪
リンリン鳴らしながら、船のオブジェへ向かいます。

伊吹島75

こちらの船のオブジェには、乗ることもできます。

船と球体ジャングルジムのコラボみたいです。
いい歳をした大人たちも、わらわらと乗ってきます(笑)

大人だって~♪乗りたい~んだ♪

伊吹島76

伊吹島77

で、船が動き出すのですが、

・・・・・人力です(笑)

「わーーーーーーっ」

伊吹島78

「わーーーーーーっ」

いい歳をした大人たちは、子供の様にはしゃぎます。

丸太のまわりにロープが巻き付けられていき、船が進む仕組みです。
なんていうんでしたっけ?この仕組み。

伊吹島79

この仕組みで巻き取られるロープが、このように船に結びついていて、
船の底には竹やら何やらがあって、船が進むときにガラガラガラ~っと音が出ます。

伊吹島80

ちなみに、進んだままの船を戻す動力は、ありません。
それこそ人力で、手押しで戻します(笑)

ボランティアの方だけでは人力不足なので、回したい人は大歓迎でした。


これで、残すところあと一つの作品を残すのみ。
坂道をプラプラしながら、西の海岸に向かいます。

暑いけど・・・楽しい☆


.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

これまでの、伊吹島レポはこちらから

伊吹島パート①
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/30957333.html

伊吹島パート②
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/30958910.html

伊吹島パート③
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/31037251.html

伊吹島パート④
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/31041106.html

伊吹島パート⑤
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/31074503.html

伊吹島パート⑥
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/31601774.html

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いつもありがとうございます☆藍色工房店長の坂東未来(ばんどうみき)です。

今日はいよいよ発表します。

大感謝祭のシークレット企画の内容を…!!


<オンラインショップ未発売 藍染めアイテム>

 以前、限定的に製作したことのあるものですがオンラインショップでご案内したことの無い

アイテムがあるのです。

それを今回復刻させようと話し合い、実現いたしました♪

 011
藍染めのコースターとランチョンマットです。

リバーシブルになっていて、表は画像のように板締め染めでモダンな模様が

入っており、裏側は鮮やかな藍色1色で作りました。

コースターもランチョンマットも素材はもちろん綿100%。

サイズはそれぞれ以下の通りです。

・コースター 10cm×10cm
・ランチョンマット 28.5cm×41センチ

全て手作りのため、サイズは多少前後する場合がございます。



<プレゼント内容>

こちらのコースター&ランチョンマットを2組(コースター2枚、ランチョンマット2枚)セットにして

5名様にプレゼントいたします☆



<応募方法>

・二つの合言葉を確認してください
 ひとつ目は9月5日に藍色工房Facebookページにて発表いたしました
 ふたつ目は 本日9月12日午後4時ごろ配信予定のメールマガジンにて発表

・メールかFAXにてご応募ください
 〒、住所、お電話番号、お名前に加えて
 二つの合言葉、藍色工房に何か一言 を添えてご応募ください
 
 メールアドレス:info@aiironet.com
 ファックス番号:0120-116-507

・ご応募受付期間
 本日のメールマガジン配信終了時~9月19日(木)23:59

・ご当選者様発表
 2013年9月20日(金)

・プレゼントお届け期間
 9月30日~10月10日
 ※以前のお知らせ期間より変更が生じております。どうぞご了承くださいませ。


キッチン周りでこの藍色をお使いいただくと、藍への親しみが倍増いたします。

特に、湯呑みをこのコースターにほっこり置いた時の平和な風情は何とも言えません。

どうぞ、奮ってご応募くださいね☆


その前に…

本日午後4時配信予定のメールマガジンのチェックをお忘れの無いようにしてください。

これからご登録してくださる方はこちらから承っています(もちろん無料です)☆
http://aiironet.com/SHOP/mailmag.html

 
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

こんにちは、スタッフ太田です。
先日、藍染めの助っ人で山川町に行ってきましたが、生葉染め体験をしてきました☆

藍農園の生葉染め8

藍が全盛期を迎えるのが、この時期です。
生の葉っぱが手に入る夏にしかできない、「生葉染め」という染め方があります。

秋になると藍の栽培が終わってしまうので、本当に、夏限定の染め方なんです。

いつもは藍瓶で染めるお手伝いをしていますが、生葉染めは実は初めて!!
噂には聞いていた、あのカラーを拝めるのね☆と、ドキドキしながらのお手伝いです。


「生葉染め」とは、その名の通り、収穫したばかりの新鮮な葉っぱを使います。

まずは、一枚一枚、葉っぱを茎から外します。

藍の生葉染め1


萎れてしまうと新鮮な汁が絞れませんので、できるだけ手早くおこなっていきます。

ちなみに、素手でこの作業をやっていた社長のお母様、爪が青くなりました(笑)


さて、葉っぱの絞り汁の作り方です。
ミキサーでガーっとするのかな?と思っていたのですが、さすが毎年おこなっているだけあって、
効率の良い方法を確立されていました!

ザ・洗濯ネット!!!

藍の生葉染め2

洗濯ネットに葉っぱを詰め、手もみ洗いをするようにこするのです。

こうすると、漉す手間が省けて、すぐに絞り汁を使うことができますよ☆
洗濯ネットは化学繊維ですので、汁に含まれる色素を吸ってしまう心配もありませんしね。

本音:「ミキサーの掃除って面倒なのよ」
・・・おっしゃる通りで(笑)


洗濯板を使うときのように、ゴシゴシモミモミ・・・
緑色の絞り汁が出てきました。

葉っぱの色は、葉緑素が含まれるため緑色をしてるので、絞り汁も緑色です。

藍の生葉染め3

この中には青くなる物質が含まれています。
最初は透明なのですが、酸素と結びつくことで、青い色へと変わっていきます。
不思議な化学反応ですね~


私は、ひたすら絞り汁を作って、社長のお母様が染め担当です。
均一に色を付けるために、広めのタライに液を移します。

では、この汁の中に、「絹」の布を入れていきます。
染まってゆく様子をぜひ撮りたかったのですが、生葉染めはスピード勝負!
白い絹があっという間に青くなってきました。

藍の生葉染め4


藍の生葉染め5

生葉で染める場合、木綿などの植物繊維だとほとんど染まりません。
ですので、絹を使うのがおすすめです。

絹は、蚕の作り出した繭・・・タンパク質です。
ですので、爪も青く染まったのですね。


で、こちらが染めあがったばかりの色です。

藍の生葉染め6

これが藍染め!?と思うくらい、鮮やかで目がチカチカしました。

植物から、これだけの色が出せるなんで、奇跡!

私が知っている、自然界で同じような色を見たことがあるのは、天然石のターコイズか、
ガイドブックなどで見る綺麗な海くらいです。

完全に乾くと、もう少し色が薄くはなりますが、初めてナマで見たターコイズブルーです。
写真だとスカイブルーのようですが、現物はもう少し緑がかっていますよ。


いつも使っている藍瓶で染めたものが、左側。
今回の生葉で染めたのが、右側になります。
(生地は、同じ絹の布です)

藍の生葉染め7

同じ藍なのに、これだけ違うんです。

すくもを作り、藍だてをして染める方法も、「すご~い」と感動しましたが、
葉っぱから絞っただけの汁で、これだけ染めることができる! もっと感動です!!


来年、藍の生葉を使った生葉体験教室をしてみたいと思っているのです。
まだ決まったわけでもないですが、何だか今からワクワクします♪


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

藍の染め方について分かりやすく学べる、藍色工房おすすめの書籍です♪

【アイの絵本 そだててあそぼう】
藍の本2
http://aiironet.com/SHOP/BT-BOOK-07.html


【藍染めの絵本 つくってあそぼう】
藍の本1
http://aiironet.com/SHOP/BT-BOOK-06.html

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いつもありがとうございます☆藍色工房店長の坂東未来(ばんどうみき)です。

過ぎゆく夏を見送りつつ、どんな秋を迎えるイメージでしょうか…

今年はちょっと手仕事を楽しんでみませんか?



<出会いは神戸の御影堂>

神戸市立御影堂 sunao
「金唐革(きんからかわ)」という細工を間近に見て、その作業の流れをその場で

知ることができたのは、今年の8月2日、3日に開催された神戸市立御影堂での

グループ展でした。

一緒に出展されていたsunaoさんの革作品の中に、ひときわ趣のある輝きを

放つアイテムがありました。

型押しされた革の上から、綺麗な箔を貼った「金唐革」のお財布です。



この素敵な風情を、自分の手で作ることができてしまうワークショップが、

この会場で、しかもこの作家さんご自身の手ほどきで行われました。

sunao 金唐革ワークショップ
こんな感じで、箔の実物とその使用例がきれいに置いてあって、手仕事好きな

出展仲間全員が喰いついたのは言うまでもありません。

私自身ももちろん、参加させていただきました☆


御影堂 金唐革ワークショップ
作業前の、型押ししてある状態の革です。

このままでもなんだかカッコいい・・・


箔を載せたい部分に、筆を使って専用の糊を塗っていきます。

御影公会堂 金唐革ワークショップ2
この糊は塗れているときは白濁していますが、乾くと透明になります。

乾くまで待ってから、箔を乗せていきます。


御影公会堂 金唐革ワークショップ3
箔を乗せた上から筆でポンポンと軽くたたき込んで、糊に箔がしっかり定着するように

なじませていきます。ひたすらポンポンと。

箔が軽いのでへらへらひらひらしています。

不用意にクシャミをしようものなら大変なことになります(笑)

そんなことにも気を配りつつ、ひたすらポンポンと。

根気のいる作業ですが、この時間が夢中に過ぎていくのですよ。

そしてなんだか心がし~~んと落ち着いていくような気がしました。


この日は、好きなものを作ることができる会でしたので、ずっと探していた

スマートフォンのケースを作ることにしました。

私が金唐革に挑戦したのは、ケースのフラップの部分。

作業そのものは約30分~1時間ほどかかったように思います。



箔を乗せる作業が終わった段階で、残りの作業の全て(コーティング、残りの部分の

革の裁断や縫製)はsunaoの河本静香さんがしてくださるとのことで、

お預けしました。



そして待つこと約1ヶ月。

金唐革スマートフォンケース
こんなに素敵なスマートフォンケースが届きました!!

もうびっくりするやら感動するやら…


手仕事のありがたさや楽しさや大切さが、ぎゅっと詰まった思い出の品に

なりました。

一生大切にしたいです。

生きている間にスマートフォンが使われる時代でなくなったら、別の用途で使います♪



<日本橋三越で金唐革のワークショップが開催されます>

この金唐革のワークショップが、日本橋三越で開催されるそうです。

「日本橋ガール Produced by A-ROUND」というイベントの一環で、

9月13、14、15日に金唐革のワークショップを楽しむことができるそうです。

ここでは、オリジナルのカードケースか名刺ケースを選んで作ることができるそうです☆

詳細の情報は下記リンク先でご覧になってくださいね。

講師はもちろん、私もお世話になった河本静香さんですよ♪

http://www.a-round.asia/autumn.html


静香さんは、この金唐革の技術をたくさんの方と分かち合おうとプロジェクトを

立ち上げられました。

それが、「現代の金唐革プロジェクト」。

私が教わることができたように、誰でも気負いなく伝統の技にトライして触れることが

できるよう、ワークショップを各地で開催してくださっています。

こうして次の世代へと技術が継承されていくのも素敵ですよね。

河本静香さんによる動画もどうぞご覧ください☆
http://www.youtube.com/watch?v=j5p8nUxjuLk


Facebookページはこちらです☆
https://www.facebook.com/kinkarakawa?fref=ts


週末のひと時を、日本橋三越の1Fホールで手仕事にいそしんでみるなんて、

ちょっと面白そうですね。

本当におすすめなので、お近くに御用のある方はぜひぜひ体験してみてください☆




==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房の舞台裏を限定公開しています☆


●業者の方へ:オリジナル化粧石けん製造のご相談はお気軽にコチラへどうぞ!!
info@aiironet.com
※アドレスは半角に直して入力してください

==============================
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


おはようございます!藍色工房の坂東未来です。

工房ミニ菜園のレモンの木で育っているモスラは、こんなに大きくなりました。




苦手な人、ごめんなさい。



少し肉質感が出て来ましたね。

大きくなるんだよ〜♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いつもありがとうございます☆藍色工房店長の坂東未来(ばんどうみき)です。

大感謝祭開催中の9月は毎週日曜日ごとにお得なセット商品をご紹介しています。

8日(日)からの限定セットは「藍染めタオル」をメインにした贅沢&シンプルなセットですよ♪



<藍染めタオル の特有の質感>

あいあるタオルアップ
いつもイベントでこのタオルをお持ちすると、「これ何ですか?え、タオル!?」

という会話が繰り返されます。

パイル生地でもなく、手ぬぐいでもない、気持ち良い手触りの不思議な生地で、

コットンマフラーだと思われる方もいらっしゃいます。


この優しい手触りの秘密は、太いところや細いところのある手つむぎ風のスラブ糸を

ゆっくり時間をかけて立体的に織り上げ、程よく空気を含むように仕上げられている

こと。

藍の色が入りやすいため、発色にも優れています。


パイル生地のようにかさばらず、手ぬぐいよりも絞りやすいので、温泉やジム通いに

携帯するのにとても重宝します。

肌当たりもとても優しいので、お肌のデリケートな赤ちゃんにも腹掛けや汗拭きとして

大活躍です☆ 


使い込むうちに、糸の太い部分から色が明るくなって、色鉛筆画のような優しい雰囲気に

変わっていくのも、このタオルと暮らす楽しみの一つですよ♪


<工房 織座さんのこと>

愛媛県の今治で織物工房を営まれている「工房 織座」さんに、いつもタオル生地を

お願いしています。

「あいあるタオル」の生地は織座さんのオリジナルなので 、他にはない風合いです。

だから皆さん、「タオルとは思えない!!」と言ってくださるのですよね☆

織機と武田さん

工房 織座の代表をされている武田さんは、素材の個性を生かせるようにと

織機にもこだわり、トヨタ自動車の前身である豊田自動織機で使用されていた

織機に改良を加えて織物を作られています。


現在一般的に使用されている織機より、ゆっくり織るのだそうです。

そのため、糸にかかるテンションが少しゆるく、優しい風合いの生地に仕上がります。

そう、織座さんの織物はどれも、軽いのに温かいのです。

それは、程よく上手に空気を含む素材と織り方の両方が出会うことによって

可能になる質感なのですね。

武田さんの感性とこだわりに心から感謝しています。



<8周年大感謝祭だけのお得な限定セット>

そんなこだわりのタオルを藍で手染めしているので、あまりセールを行わないアイテムですが、

今回は初の試みで、藍染めタオルをセットにしてお得な限定価格でご案内しています。

洗い替え用にもう数枚…とご検討中の方は、今が一番のチャンスです☆

あいあるタオルセット大詳細トップweb

● ワッフルタオルセット
  http://aiironet.com/SHOP/8years-body-04.html

●ウォッシュタオルセット
 http://aiironet.com/SHOP/8years-body-03.html

●ボディウォッシュセット(グランブルー2個)
 http://aiironet.com/SHOP/8years-body-02.html

●ボディウォッシュセット(グランブルー4個)
 http://aiironet.com/SHOP/8years-body-01.html


こちらのお得なセットは14日(土)23:59までの期間限定でのご案内です。

スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げています☆




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


藍色工房の坂東です☆今から出演します☆

西日本放送ラジオ、波乗りラジオ まんぷくタイプです!!

AM放送の1449に合わせてくださいね♪

今日は涼しげで優しい曲をお持ちしました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

伊吹島アート、レポート⑥です。

たくさんの浮きの群れをあとにして1階まで下りてくると、そのまま体育館へ向かっていきます。

白い部屋に、白い扉・・・
まず、ファスナーで完全に閉じられた部屋へやってきました。


作品番号:135
大岩オスカール:大岩島2

伊吹島67

スタッフさん同士でタイミングを見て、「どうぞ~」と中へ入れてくれると・・・

伊吹島68

白いドームっ!?
まるで、気球の中みたいな(←もちろん、入ったことないけど・笑)

伊吹島69

海、水平線、雲・・・などが描かれています。

入ってきた方を見ると、小屋が建っていました。

伊吹島70

ほほう。
まるで、崖に囲まれたプライベートビーチ♪

伊吹島72

このモノクロの世界を描いているのは、黒いマーカーのみなんです!

伊吹島71

何本のマーカーが使われたのか、とても気になります!
真っ白い大きなキャンパスに、これだけの絵を描くって・・・壮大です☆☆☆


360度の世界を楽しんだので、スタッフさんに出してもらいます。

気圧のバランスで保たれている空間なので、好き勝手に開け閉めできないよう、
扉は外側と内側に2重に設けられているのです。
内側の扉が開いているときは、外側の扉は開けません。

一気に空気が抜けたら、ぺしゃんこになってしまいますもんね。

伊吹島73

扉の開け閉めをしていたスタッフさん、とても暑い空間の中で大変そうでした。
ありがとうございます!!

こうして頑張るボランティアスタッフさんがいるからこそ、鑑賞する側もマナーを守って
礼儀正しく見て回ろう!って気になります。


さて、旧小学校のアートは以上です。
次回のパート⑦に続きます♪

思ったよりも長くなってきた伊吹島シリーズですが、もうしばらくお付き合い下さい。

(太田)

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

これまでの、伊吹島レポはこちらから

伊吹島パート①
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/30957333.html

伊吹島パート②
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/30958910.html

伊吹島パート③
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/31037251.html

伊吹島パート④
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/31041106.html

伊吹島パート⑤
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/31074503.html

.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.。o○o。.☆

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ