藍色工房(あいいろこうぼう) オフィシャルブログ

自社農園で藍を育て、藍の石鹸や藍染め雑貨を製造販売している四国の小さな工房からスタッフみんなでお届けします。
スキンケア、アロマテラピー、藍染め、薬草、四国の素敵&面白情報をぼちぼち更新いたします♪

カテゴリ : 藍染め雑貨

手作り大好きさん必見

藍染めヒノキビーズが再入荷いたしました

大変長らくお待たせをしてしまい、申し訳ございませんでした。



さて、今回ですが、ロットが異なるために前回と色味が違います。

全体的にしっかり染まり、濃いめの仕上がりとなっています

天然色素のみで染めておりますので、その性質をご理解いただければと思います


前回も購入された方ですと、同じ色の名前でも違和感を感じられるかもしれませんので、

比較写真にて今回のヒノキビーズを紹介しますね。



前回(2016年産)【浅葱】

ヒノキビーズ浅葱2016

今回(2017年産)【浅葱】
ヒノキビーズ浅葱2017




前回(2016年産)【縹】

ヒノキビーズ縹2016

今回(2017年産)【縹】
ヒノキビーズ縹2017




前回(2016年産)【藍】
ヒノキビーズ藍2016

今回(2017年産)【藍】
ヒノキビーズ藍2017


それぞれ、少し濃いめに染まっております。

ビーズの【8mm】【10mm】は、新しいロットをお届けいたしますが、

【12mm】に関しましては、前回のロットがなくなり次第、新しいロットとなります。


しばらくは色々なロットが混在しますが、どうぞご了承くださいませ。


どの色も素敵ですよ

みなさんの手でどのような作品ができあがるのか、楽しみにしています


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


ヒノキのウッドビーズはこちらから゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ヒノキビーズバナー


ハンドメイド素材もございます☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

藍染め手芸用素材


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

こんにちは!スタッフ太田です。

先週末、お伊勢参りに行ってまいりました。
一日目はあいにくの雨でしたが、二日目は気持ちのよいお天気となり、
桜が満開でうっとりしておりました(●´ω`●)


岩座5


伊勢神宮の参道には、「岩座(いわくら)」さんというお土産物やさんがあります。

■岩座公式ホームページ
http://www.iwakura-stone.jp/

天然石やお守りなど、祈りをテーマにした雑貨類を販売されています。

こちらのお店に、藍色工房の石けん&雑貨が!!!

岩座1

藍染め石けんと、タオル・手ぬぐいは、藍色工房オリジナルの商品として置いていただいております。
実際に手に取ってご覧いただけます♪

そして、藍色工房の染め場で藍染めした麻の糸を使って・・・
この様に素敵なアクセサリーを作っていただいています!!

岩座4

↓こちらは淡い色の藍の糸です。

岩座3

どれも天然石と色がぴったり合っていて、素敵です!!
手首で調整できるので、男性でも女性でも使えそうですよ♪

こうして実際に販売していただいているところを見られて幸せです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

※麻糸のアクセサリーは、岩座さんのオリジナル商品になりますので、
藍色工房ではお取り扱いがございません。
ご了承くださいませ。

販売サイトを紹介いたしますので、こちらからどうぞ。
■岩座(IWAKURA)ZOZOTOWN店
http://zozo.jp/brand/iwakura/


こちらが、岩座さんの店舗一覧です。
■岩座店舗一覧
http://web.amina-co.jp/iwakura/shoplist

実は、香川県のこんぴらさんにもお店があります。
もしお近くに立ち寄られる機会がございましたら、ぜひご覧くださいませ♪
その際には、ご希望の商品があるかどうか確認されてから向かうと良いですよ。

それでは、また岩座さんにお邪魔することがありましたら、レポートさせていただきます(☆゚∀゚)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

手作業ならではの味、と簡単に言いますけれど、どこまでが許容範囲なのか

時々首をかしげたくなることがあります。

こんにちは、藍色工房店長の坂東未来(ばんどうみき)です。

イキナリ愚痴ですか?と構えられた皆さん、いいえ愚痴ではありません。

今日は素敵な柄行きの古布の画像を一気にお届けいたしますよ♪


<伊勢型紙の夜具生地を中心に>

品切れ中だった藍染め古布の仕入れに行ってまいりました。

資料的価値の高い貴重な花岡コレクションから、今回も厳選してお届け

いたします。


何はともあれ柄行きをご覧ください。

もう、あれこれお話しする必要はないかもしれません。。。


hanaokaweb1

hanaokaweb2

hanaokaweb3

hanaokaweb4

hanaokaweb5

hanaokaweb6

hanaokaweb7

hanaokaweb8

hanaokaweb9

hanaokaweb10

hanaokaweb11

hanaokaweb12


hanaokaweb13

hanaokaweb15

hanaokaweb14

hanaokaweb16


昭和30年代までの間に、実際に金沢周辺で使用されていた夜具の生地です。

布そのものが今よりうんと贅沢だった時代の事ですから、小さくほころびた部分に

継を当てて補修している光景もたくさん見受けられます。


生地に使われている糸のほとんどが、手紡ぎの物です。

もちろん綿100%ですよ。


この生地の中から3種類ほどを混合するようにして、端切れセットをお届けしています。

どうぞご用命くださいませ☆

◆ 藍染め古布 端切れセット(花岡コレクションより)
 http://aiironet.com/SHOP/couturier-03.html


商品の性質上、同じものをもう一度仕入れるということができません。

また、同じ型でも糊を置く人によって雰囲気が変わってくるということも、生地を選んで

いるうちに実感するようになりました。

例えば鶴のくちばしの先。

ピシッと鋭利ににくちばしを抜いているか、そうでないか、見比べて吟味して仕入れています。

出来るだけ生気を感じることのできる仕上がりの物を見つけようと思って、毎回長時間

座り込んで仕入れ作業をしています。

お喜び頂けたらとてもうれしいです☆


==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸と藍染め雑貨の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房公式Google+ページ「藍色工房+」
https://www.google.com/+Aiironet1b


Instagram
ユーザーネーム:indigo_studio ←アンダーバー必須です☆

Pinterest 藍色工房ページ
http://www.pinterest.com/mikibando/indigo-studio-%E8%97%8D%E8%89%B2%E5%B7%A5%E6%88%BF/


==============================
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

そこそこの質のそこそこの値段のものを、溢れ返るバリエーションの中から

そこそこの満足度で選んでワンシーズン楽しむ物と。

丁寧に作られた絶妙な質感のちょっと購入するのに勇気のいる値段のものを、

限られたバリエーションの中から吟味して吟味して吟味して、

これ以外には無いと確信して手に入れたら一生物として大切に使う物と。

どちらが豊かなんでしょう。

いつもありがとうございます。藍色工房店長の坂東未来です。

しみじみとそう思っちゃうことがありました。



<花岡コレクションの仕入れに行ってまいりました>

大人気で品切れしてしまった花岡コレクションの裂を補充するために、

仕入れに行ってまいりました。

藍染め古布 型染め

こんなに囲まれちゃって…仕事を忘れてワクワクします。

忘れちゃダメなのですが、ワクワクします。


もとは、加賀の一般家庭で主に布団に使われていた藍染めの型染め生地。

木綿の手紡糸で織り上げられ、ふっくらとした質感です。

この「ふっくらとした質感」に何とも言えない温かみを感じます。

その上にこの型染めの細やかな意匠ですから、綿や藍の栽培から

商品になるまで介される人の手にどうしても想いを馳せてしまい、

全ての裂を、一枚一枚丁寧に眺めて仕入れに当たることになります。



「昔は量産するための機械が無かったのだから、そうするしか無かったん

だものね。」

と、古布の持ち主の花岡さん(花岡コレクションを残された、花岡慎一氏の

ご子息です)がおっしゃいました。



そうですよね。

素材の調達もその加工も、自分たちの手でするしか無かったのだから、

これが当たり前の時代が、つい60~70年前後の昔にはあったのですよね。


私は昭和50年生まれです。

私にとって綿の生地というと、機械で紡がれた均一な太さの糸を均一の力加減で

織り上げられた綿ローンが一番に思い浮かびます。

だから、綿ローンの質感が私にとっての木綿生地の標準となっています。



花岡コレクションの裂は、昭和30年代くらいまでのものが多いと聴きました。

私より約20歳年上の裂たちです。

手紡糸の微妙な凸凹感と空気の含み具合と、それを使って織り上げられる生地の

質感は、「懐かしい」と振り返ることのできる記憶すら持ち合わせていない私なのに、

懐かしさを感じてしまう不思議な温かみを持つものです。 

型染め藍染め 裂

いくつもの藍染め古布に実際に触れて仕入れに当たっている時、この生地の

質感に心が潤されるような気がするのです。

そして、花岡さんからの言葉に思わず返した言葉は、

「とても大変だったと思いますけど、物の質だけで言うととても豊かで贅沢な

気がします。」

「本当だよね。」



<物の質>

物の質は、様々なものを体感していないと比べることができません。

だから、私にとって手紡糸の生地に触れるという事は、比べて選ぶことのできる

質感のバリエーションを、自分の中に増やす作業にもなります。


知っているようで知らないものが、世の中にはたくさんあるな~と、昭和50年生まれ

には果てしないくらいの想いがこみ上げてきます。

藍染め古布 型染めの意匠

日本の物づくりは分業制になっているものが多く、それぞれの行程に

職人がいました。

この型染めも、型を彫る職人がいて、糊を乗せる職人がいて、染め上げる

職人がいて、やっと完成します。

糊を置くのにも職人技が必用だった、というのは知らないでいた者にとって

不思議な感じがします。

糊を置くだけなら誰にでもできそうな気がします。

けれどやっぱり、糊置き職人さんの腕によって染め上がりの雰囲気に

生気を感じるかどうかが違ってくるのだそうです。



他の物作りではどうだったのでしょう。

いろんなものが選べる時代にはなっているけれど…お買いものの 楽しみは

増えたでしょうか。 

藍染め古布 花岡コレクション
 
仕入れ作業を行いながらいろんなことを考えていましたが、とにかく今は、

私の手から少しでも多くの方へ、楽しんでいただけるようにこの質感を

伝えて行きたいと思っています。

今週末は、仕入れた裂を水に晒して灰汁抜きと掃除に励みます。


==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸と藍染め雑貨の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房公式Google+ページ「藍色工房+」
https://www.google.com/+Aiironet1b


Instagram
ユーザーネーム:indigo_studio ←アンダーバー必須です☆

Pinterest 藍色工房ページ
http://www.pinterest.com/mikibando/indigo-studio-%E8%97%8D%E8%89%B2%E5%B7%A5%E6%88%BF/


==============================
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

だんだんと、肉料理より魚料理の方が嬉しく感じるようになってきました。

色とりどりのプリント生地より、型染めの古布が楽しくなってきたり。

いつもありがとうございます。藍色工房店長の坂東未来です。

巷の一部地域で「ばんどーにはwebに詳しいやり手の息子がいるぞ」と

噂されていたそうですが、長女は12歳で次女は5歳、息子はいないはずですが

そんな優秀な息子と記憶の無いくらい昔に生き別れているなら会ってみたいです。

ていうか、一体私の年齢設定はどんなことになっているのでしょう。←事実40歳



<日本ボーグ社『手づくり手帳 vol.6』は青かった>

今年の8月10日に発売されていた季刊誌の『手づくり手帳』は藍染め古布の

柄や色合いが楽しい表紙でした。


手づくり手帳vol.6

これを見ていて、おもしろいなぁと感じたのは、出来上がった藍染め作品ではなく

ご自分の手で完成される作品に、藍の色を取り入れるという感覚でした。

藍色の刺繍糸

刺繍のアイディアのページは、私たちのショップで販売している藍染め刺繍糸

お試しいただいたら、とても素敵な仕上がりになるだろうなと、ワクワクしました。

一色刺繍って粋だなぁって思うんです。



藍染めがお好きな方って、クリエイティブな方が多いな、というのが私の実感です。

ご自分で手を動かして物づくりをされる方がとても多いし、だからこそ藍染めの面白さ、

奥深さを心から楽しむことができるのだろうと思います。

よく考えてみると、染め場の母もそうです。

和裁・洋裁・編み物を一通り楽しんだ後にはまったのが、藍染めですから。。。

手作りを愉しまれる方にとって、藍染めはいずれたどり着くオアシスのような

世界かもしれません。


ご紹介している雑誌では、藍の歴史や概要にも丁寧に触れられていて、

読み応えのある特集が組まれていました。

これまで知らずにいた雑誌でしたが、写真もきれいですし、上質な紙で

作られていて、「大人向け」のきちんとした作りの雑誌だなと思いました。

今後も読んでみたいと思っています。



<Indigo Couturier 手仕事に藍を>

昔、藍染めが当たり前だった時代までさかのぼって考えると、生地も糸も藍染めの

物というのはたくさんあったはずだと思います。

東北の刺し子も、藍染めの糸はスタンダードな色ですね。

染色することによって繊維を丈夫にし、虫食いや摩擦に少しでも強くして長く使おう

という工夫のひとつとしても重宝された側面を考えると、普段使いのための素材として

信頼されていたのだろうと思います。


現在は、藍染め自体が大変少なくなってしまいましたので、手芸店に出かけても

正藍染めの刺繍糸は滅多に見かけることが無いと思います。

私たちの住んでいる田舎ではまず置いていません。

だからこそ、本物の藍色をご自分の手の中で楽しむことのできる「手芸用の素材」

としてお届けしたいという気持ちが常にあります。

藍染め刺繍糸



現在の品ぞろえはあまり多くないのですが、徐々にバリエーションを増やしていこうと

思っています。

藍染めの帆布の裂、革紐や麻紐を染めた物、ウッドビーズなどなど。

レースの種類も増やしていく予定です。

藍染めリネンレース


全て、徳島県の藍農園の染め場で、大切に手染めしたものをお届けしてまいります。

藍染め手芸用素材

↑画像をクリックすると、藍染め手芸素材のページにリンクしています↑

ゆっくりと、好きな色を暮らしの中に増やしていく。

そんな楽しみのお手伝いができたら、とてもうれしいです。



手づくり手帖 6 ([実用品])
日本ヴォーグ社
2015-08-10




==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸と藍染め雑貨の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房公式Google+ページ「藍色工房+」
https://www.google.com/+Aiironet1b


Instagram
ユーザーネーム:indigo_studio ←アンダーバー必須です☆

Pinterest 藍色工房ページ
http://www.pinterest.com/mikibando/indigo-studio-%E8%97%8D%E8%89%B2%E5%B7%A5%E6%88%BF/


==============================



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

毎日暑い日が続いていますね。

いつもありがとうございます。藍色工房店長の坂東未来です。

夏になると、リネンの感触が気持ちいい。

ということで、限定商品として企画したハンカチのお話しです。


<いつも「探したけれど見つからなかった…」が始まり> 

藍色工房の藍染めは、小さな生活雑貨が多いです。

大きいもので、せいぜい風呂敷。

それには理由があって、「欲しくて探してもなかなか見つからない」というお客様の

ちょっとしたお声を受けて商品企画がスタートするからです。


タオル、ハンカチ、手ぬぐい、コットンマフラー、ストール…

「化学染料を混ぜていない、天然の藍の色で染めた、モダンに使える小物」を求めて

お寄せいただくリクエストに、少しずつ少しずつお応えしてきた経緯があります。

お陰様で品目が増え、常に染め場のスケジュールが埋まり気味になっているため 

暖簾やカーテンなどの大きなご注文に個別にお応えすることは、今の所お休みさせて

いただいています。


そんな中、ここ数年の夏の猛暑を受けてか、注目されるようになった素材の「リネン(麻)」。

藍色工房にも「麻を染めているものはないのですか?」と、お問い合わせをいただくことが

増えました。

麻のストールを限定品としてご案内するようになったのが昨年からの事。


今年は…リネンのハンカチを作りました。

きっかけはコチラ。

リネンのアンティークハンカチ

パリのアンティークのリネンハンカチを写真撮影等の演出用の小物として

購入したのですが、これが素晴らしくエレガントなんです。

リネンのハンカチのシャリっとした素材感も好きなので、とっても気に入っているのですが

演出用の小物として大切に使いたいので普段使いにはできません。


こんなムードを持ったリネンハンカチがどこかに無いかなぁと探しているタイミングで、

お客様からお問い合わせを頂戴しました。

「藍染めハンカチでリネン素材のものはありませんか?
できれば女性らしいものだと嬉しいのですが」


同じことを考えて探しておられる方がやはりいらっしゃるのか…とほくそ笑みました(笑)

しかも、藍染めしたものなんて余計に見つからないでしょう。

承知いたしました。

お作りましょう。

せっかく作るのなら、こだわりをモリモリ盛ってしまいたいところです。



<キーワードはLady Blue>

5~7月にかけて、東京・大阪の百貨店と連動しながらご案内してきた毎年恒例の

イベントJapan Blue。 

今年のテーマはLady Blueで、女性がまとう藍の色にスポットを当てました。

藍染めリネンハンカチも、このテーマで作りたい。

そんなことを考えて、盛っていったこだわりはこんな感じです。


・レースは欠かせない。でも、ぺらっとしたものじゃなくて、ちゃんとした質感のモノ。
 あまり世の中に出回っていないレースがベター。

・生地は真四角ではなくて、曲線がエレガントに見えるスカラップ。
 スカラップが好きだし、スカラップが好きだから、とにかくスカラップ。←単にスカラップ萌え 

・厚すぎず薄すぎない、絶妙な質感のリネン生地。
 藍で染めたときに自然なツヤ感が出ると、なお良し。



こんなわがままを叶えてくれるところは普通ありません。

ですから、普通でないお願いを聞いてくださる方にお願いして、甚大なるお力添えを

いただきました。

協力してくださる方がいなければ、私たちはただ生地を青く染める事しかできません。

本当に、それぞれの技に感謝しながらの商品づくりです。



サンプルを作りながらいくつかの問題が発生し、ハンカチの生地は四角く裁断するけれど、

美しい曲線の輪郭を持ったレースを採用して、その縁を丁寧に生地に縫うことでスカラップらしく

見えるように仕立てていただくことになりました。

また、最初はレースも藍染めするつもりでしたが、白いままの清楚な雰囲気を保ちながら、

しっかりと染め上げた生地に縫い付けることで、ハンカチそのものの見え方をキリッと

引き締めつつ、女性らしさを大切に演出できるようにしました。


indigolinenhlssweb

こちらは、ひざ掛けにもお使いいただける、ゆったりとしたサイズのもの。




indigolinenhsssweb

こちらは、上のものより一回り小さくて、カバンの中にコンパクトに収まるタイプです。


どちらのレースも市販されていない特別な物。

レースを縫っていただくラインが複雑で、一枚一枚熟練のエキスパートさんが

丁寧に縫ってくださったからこそ実現した、特別な藍染めリネンハンカチです。



東武百貨店池袋店と阪急百貨店うめだ本店のイベント会場でも大好評でした!!

藍染めリネンレースハンカチ

藍染めリネンハンカチディスプレイ

 
ほんの少しですが、オンラインショップでご案内できるようになりましたので、

8月4日までの短い期間ですが、限定販売しています。

同じものを作る予定はしばらくありません。

こんな雰囲気のリネンハンカチをお探しの方は、どうぞお早めにご用命ください。

さり気なくお使いいただくと、とてもエレガントです。


◆【数量限定】藍染めリネンハンカチ レース付き Lady Blueバージョン(小)
http://aiironet.com/SHOP/ai-linen-01.html

◆【数量限定】藍染めリネンハンカチ レース付き Lady Blueバージョン(大)
http://aiironet.com/SHOP/ai-linen-02.html  


今、私もこのハンカチを使っています。

リネンは乾くのが速く質感も良くて、ハンカチにピッタリの素材だなぁと実感しています。

そして、レースの絶妙な存在感で気分がギュ~~っと上がります♪


限られた枚数でのご案内ですが、一緒に楽しんでくださる方のもとへ大切に送り出したいと

思っています。


 ==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸と藍染め雑貨の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房公式Google+ページ「藍色工房+」
https://www.google.com/+Aiironet1b


Instagram
ユーザーネーム:indigo_studio ←アンダーバー必須です☆

Pinterest 藍色工房ページ
http://www.pinterest.com/mikibando/indigo-studio-%E8%97%8D%E8%89%B2%E5%B7%A5%E6%88%BF/


==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ぬり絵は昔から好きです。

いつもありがとうございます。藍色工房店長の坂東未来です。

ぬり絵を買ったのは何十年ぶりでしょうか…


<墨をインクに見立てる>

藍墨を商品化してから2年以上経ちますが、私自身が書道のたしなみが無いため、

あまり頻繁に使用する機会も無く過ごしてきました。

そんななか、ふとしたきっかけでイラストの上手な方に藍の墨で画を描いていただいた

のが先月の話です。

藍墨の絵

これを眺めながら「あ!!」と思いついたのが、ぬり絵でした。



「墨」を「インク」だと思えば、ぬり絵に使ってみてもいいんじゃないの…?



数年前からバリエーションが増え続けている「大人のぬり絵」。

これまでは、とても興味を引かれているのに横目で通り過ぎるばかりでしたが、

いよいよ、自分事になりました。

とうとう、あの魅惑的な代物に手を付ける時がやってまいりました。 



<あえて純和風を避けてみる>

バリエーション豊富な「大人のぬり絵」。

書店の美術関連の棚を覗くと、浮世絵、ボタニカルアート、アール・デコ、キャラクターなどなど

ジャンルがいろいろです。


ここではあえて、純和風を避けることにしました。

浮世絵のモチーフは既に描いていただけているし、書道家の方にも素敵な作品を

いただいているので、違った雰囲気の演出がどのようにできるのかを、私が

実験してみたほうがいいと思ったからです。



ということで、選んだのは外国のアーティストの手によるぬり絵。

絵筆は小学生が図工の授業に使う「サクラ」の平筆と小筆と面相筆です。

彩色は、藍墨のみ。

大人のぬり絵

和の伝統色を洋の作家作品に乗せる。

高価な藍墨を安価な筆でさばく。

これでいいのかどうかよく分かりませんが、きっと誰もしていないことだろうと思うので

事例としては面白い試みになるのではないかと自分を奮い立たせて、1枚塗ってみました。

藍の墨で大人のぬり絵

鳥の絵を選びました。

幸せの青い鳥が完成するな~♪と思ったので。

まずは、薄い色と濃い色をどんなふうに配色するかイメージしてブロッキング。

薄めの色でざっくりと彩色していきます。





藍墨で大人のぬり絵をやってみた

ブロッキングが終わったら、各パーツに濃色のアクセントを置いていきます。

ここは可能な限り集中して、丁寧に。

濃い色と薄い色のコントラストを意識して、しっかり目に色を置いていきます。





藍墨で青い鳥を塗ってみた


最後は全体のバランスを見ながら中間色を重ねて行きました。

仕上がってみると、思っていた以上の渋さ加減…

もう少し白色を残してみても、軽やかで良かったかもしれません。



ということで、十数年ぶりのぬり絵を存分に堪能いたしました。

いや~~~、楽しいです!!病み付きになりそうです!!

また別の絵を選んで、少しずつ塗って行こうと思います。



今回私が入手したぬり絵はコチラです。

繊細に描線が書き込まれたモチーフは、色を変化させながら彩色すると

とても映えそうです。

動物たちのぬり絵ブック
ミリー・マロッタ
パイインターナショナル
2015-04-10





藍墨の青い鳥が完成するまで

藍墨は、こちらからご覧ください。

◆藍墨「藍晶」詳細ページ
 http://aiironet.com/SHOP/ai-sumi-01.html






==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸と藍染め雑貨の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房公式Google+ページ「藍色工房+」
https://www.google.com/+Aiironet1b


Instagram
ユーザーネーム:indigo_studio ←アンダーバー必須です☆

Pinterest 藍色工房ページ
http://www.pinterest.com/mikibando/indigo-studio-%E8%97%8D%E8%89%B2%E5%B7%A5%E6%88%BF/


==============================

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今日はいつもより真面目に参ります。

いつも真面目ですけど。

ありがとうございます。藍色工房店長の坂東未来です。

つまりいつもよりさらに真面目に参ります。



<珍しいお仕事>

「木って染められますか?」

時々ご質問いただくことがあります。

繊維を編んだり織ったりしている生地のようには行きませんが、表面に色素を

定着させることは可能です。 

という事でいただいた珍しいお仕事の作業途中風景がこちら。

念珠の珠を藍で染める

木琴のバチとか、目玉おやじの黒目とか、チュッパチャップスの中の人とかではありません。

お念珠の珠です。

ご依頼をいただきまして、母と弟が鮮やかな流れ作業で仕上げておりました。

お念珠を支えている棒は爪楊枝で、爪楊枝が刺さっている緑の台は、フラワーアレンジメントで

使われているオアシスです。

これを深い色から軽い色まで、いくつかの色に染め分けて、製品として組み上げられると

こうなります。


IKUNAS藍染めお念珠


ブラヴォーーーー…………!!


こんなに素敵なお念珠に仕上がるなんて、本当にびっくりしました。

今日、初めて、この紙面の写真を拝見して、「やっぱりな…」としみじみ思ったことが

あるのです。



<地方の物作り(特に伝統工芸)にはディレクターが必用だ>

このお念珠を掲載しているのは、本日リニューアル創刊したばかりの『IKUNAS』です。

IKUNASさん、改めましておめでとうございます♪

リトルプレス時代の創刊号から隠れ熱烈ファンだった私にとって、待ちに待った

リニューアル創刊です。


リトルプレス時代の創刊号と、リニューアル創刊号を並べてパチリ。

新旧イクナス表紙

左の小さい方がリトルプレス時代の創刊号。右が今回のリニューアル創刊号。

立派になったね…感無量(T_T)←追っかけアイドルの成長を喜ぶオタクのように



リトルプレス時代のIKUNASは、素朴に香川県の物作りの現場とそこにいる人と、

そこから生まれる物と物語を楽しく発信していました。

8号まで号を重ねて数年の間、休刊。

8号では私たち藍色工房の畑や染め場もリポートしていただいて、大切な記念と

なったのを覚えています。



そして、4年か5年ぶりのリニューアル創刊が今日でした。

リニューアルしたIKUNASの大きな変化は、お客様が楽しんでお買い物をする

ためのカタログ雑誌に大きく舵を切った事。

リトルプレス時代のほのぼのとした視点と心はそのままに、そこから生まれた「物」を

スムーズに読者の手元に届けられるよう、通販の体制を整えられています。



そして、ここが本当にありがたいところだと思っているのですが、IKUNASはただ仕入れて

販売するだけでなく、オリジナルアイテムを企画してそれぞれの製造現場をディレクション

しながら、新商品を作っていることが素晴らしいなと感じています。



物作りにこだわって作業場にこもると、手元はよく見えますが外の世界には疎くなります。

程度の差はあるでしょうが、伝統工芸の現場には似たようなことがたくさん起こっています。

そうなると、「お客様が望んでいる物、喜んでくださるものはどんなものだろうか」という

視点がうっかりすっぽ抜けてしまうことが頻繁に起こるようになります。



どんなに素材が素晴らしくて、どんなにその技が洗練され熟練されたものでも、

「欲しい!!」と思われなければ売れて行きません。

そういうことを繰り返していくと、ものづくりの現場は疲弊していく一方です。

そんな悲しい状況を変えるには「ディレクション」する人が必要だと私は考えています。



物作りについて、作り手とできるだけ同じ目線で物づくりの工程を把握し、

販売についても、販売フロアの反応を丁寧にくみ取って、「これならお客様がよろこばれるに

違いない…!!」というアイディアを形にすることのできるディレクターです。

そして、それがキチンとお客様のお手元に届くように流れを作る所までイメージされていたら

最高です。


そんな都合のいい人がいるのだろうかと想う事もありましたが…

IKUNASさんがしっかりとその役を担ってくださっているのを、このお念珠の写真を見て

実感しました。

今回、お念珠の依頼を直接くださったのはIKUNASさんなのです。

地元の老舗の仏具屋さんのご意向を受けて、私たちの藍染めをマッチングしてくださって

始まったお話しでした。



藍色工房と仏具屋さんが直接つながってスタートしていたとしたら、こんなに艶やかな

アイテムには仕上がらなかったのだろうと思います。

それは本当にそう思います。

「欲しい!!」と思っていただけそうなアイテムにちゃんと仕上がっていることが、

とても大切なことなんです。



だって、「欲しい!!」と思われなければご購入には至らないですし、

ご購入いただけなければ私たちは収入を得ることができません。

どんなにいい素材と洗練された技を保持していても、収入が無ければ続けて

行くことができないわけですから。。。



あんまり力説すると発行元の女社長さんに苦笑いされてしまいそうなのですが(笑)

こんな視点で、こんなセンスで、こんな素敵なカタログ雑誌を作ってくれる人が

地元にいるっていうことが、ただひたすらにありがたいです。

IKUNASさん、これからもぼちぼちお仕事ください(笑)



リニューアル創刊号のIKUNASは、東京・名古屋・大阪の主要大型書店と四国の各書店に

展開されているという事です。

今まで持っていた四国のイメージをちょっと変えてくれる1冊です。

四国のイメージが何もない人は、新しい発見に満ちた四国をお楽しみください。

今回の特集は「今を食べる。」

四国で揃う伝統の調味料「さしすせそ」が勢ぞろいしていますよ♪

私も、このカタログから次のお味噌を選ぼうと思っています。



==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸と藍染め雑貨の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房公式Google+ページ「藍色工房+」
https://www.google.com/+Aiironet1b


Instagram
ユーザーネーム:indigo_studio ←アンダーバー必須です☆

Pinterest 藍色工房ページ
http://www.pinterest.com/mikibando/indigo-studio-%E8%97%8D%E8%89%B2%E5%B7%A5%E6%88%BF/


==============================








 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

休日の針仕事なんてずいぶん遠ざかっていたように思います。

今回の「藍のクチュリエ福袋」のラインナップに合わせて久し振りに

針と糸を手にしました。

いつもありがとうございます。藍色工房の店長 坂東未来です。 

仕上がりはともかく、手を動かして物づくりするのって、やっぱり楽しいです。



<初の試み、藍で染めた手芸素材の福袋>

今年初めて、藍で染めた手芸素材をセットに組んでみたのは、藍染めの

気の利いた 手芸素材がなかなか手に入らないことに気が付き、何か素敵な

セットができないかと思い立ったことが始まりでした。


本藍染めだけど、仕上がりが民芸品調にならない素材を組み合わせたら、

楽しい小物づくりができるのではないか…と考えました。

今回組み合わせたものはこちらの画像の通りです。

藍染手芸福袋福袋

藍染めレース、藍染め刺し子糸、藍染めモチーフ、藍染めリネン生地と染めていない

素材も組み合わせて、オリジナル小物づくりを愉しんでいただける内容だと思います。 



私自身も少しだけ「試作」をしてみました。

藍染手作り小物
 右上の2個あるまぁるいものがくるみボタンです。

その横の藍染めレース付きの小さな袋は私専用のアロマピロー(香り袋)です。

アロマピローの使い方は、きれいに畳んだティッシュに好きな香りの精油を1滴

落としたものをこの袋に入れ、就寝時の枕元に置くというものです。



ティッシュそのものを置くよりうんと気分が良いですし、香りの残っている間は

日中にカバンに忍ばせて持ち歩いても素敵です。



就寝時にリラックス作用のある精油の香りを嗅いでいると、思いのほか眠りが

深くなり、次の日に目覚めると身体が少し軽くなっているような気分になることがあります。

眠りの質は眠っている間の脳の交感神経の働きに左右されますが、そこにダイレクトに

働きかけるのが『天然の心地よい香り』です。

眠りの質を良くする香りはラベンダーなどのリラックス効果の高い精油が基本ですが、

ご自分で嗅いでいて好きだと思える香りならどれでも良いと思います。


※妊婦さんには不向きな精油の種類が多いので、妊娠中の場合は検索にかけたりして
 よくお調べの上でお使いください。
 基本的に、柑橘類(オレンジ、グレープフルーツ、プチグレンなど)、ならお使いいただけます。



<刺繍は楽しい>

あまり大がかりではなくても、小さなモチーフをゆっくりと刺繍するのはとても楽しいものです。

心も静かに落ち着いて、静かなリフレッシュにとても役立ってくれるような気がします。

今回、細番手の刺し子糸を藍染めしたので、1色か2色で美しく見える刺繍のコツはないかと

本を探していたら、参考にしたいものが3冊ありました。

刺繍参考本

 

◆一色刺繍と小さな雑貨

文字通り、一色の刺繍でかわいく見える小物づくりを愉しむための本です。

参考用のモチーフとその使い方がとてもかわいらしく、作ってみたいものばかりです。

刺繍参考本2

1色刺繍と小さな雑貨
文化出版局編
文化出版局
2013-10-04





◆北欧の伝統柄をクロスステッチ

日本でも人気のあるクロスステッチ。

こちらの本では北欧の伝統柄をステッチして、お洒落な小物に仕上げる

作り方が満載です。

刺繍参考本3





◆東欧の小さなクロスステッチ

こちらもクロスステッチですが、北欧の伝統柄とはまた雰囲気が違って面白いです。

この本は写真もお洒落で「作りたい!!」意欲を思いっきりそそられてしまいます。

刺繍参考本4



どれから作ろうか迷ってしまいます。

休日のたびに少しずつ刺繍を進めて、お気に入りの物づくりを楽しめたら

素敵ですね。



「藍のクチュリエ福袋」をお買い上げになったお客様は、ぜひこちらの本と合わせて

お楽しみください。


※本は藍色工房のオンラインショップで販売していないものばかりです。
 それぞれの本の大きな画像の下に購入できるAmazonのページの
 リンクを貼ってあります。
 どうぞご参考になさってください。


<<藍のクチュリエ福袋はコチラをクリック>>

1月7日までの期間限定商品ですので、どうぞお早めにご利用ください。  




==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸と藍染め雑貨の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房公式Google+ページ「藍色工房+」
https://www.google.com/+Aiironet1b


Instagram
ユーザーネーム:indigo_studio ←アンダーバー必須です☆

Pinterest 藍色工房ページ
http://www.pinterest.com/mikibando/indigo-studio-%E8%97%8D%E8%89%B2%E5%B7%A5%E6%88%BF/


==============================
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

今年ももちろんご案内します☆

新春恒例「福袋」♪

いつもありがとうございます。藍色工房店長の坂東未来です。

今回はいつもと趣向を変えたバリエーションが登場しますよ。 



<炬燵、蜜柑、お針箱>

冬の愉しみはいろいろありますが、編み物や刺繍など手先を使った物作りを

炬燵にあたりながらコツコツと進めるのもいいものです。

せっかくだから、そんな手作りの材料を少しずつ藍染めで揃えてみることにしました。

藍色工房初の試みです☆



例えば、藍染めしたリネンのレース。

藍染めリネンレース
 
存在感のある幅広のレースです。

甘くなり過ぎず、程よく清楚な大人の「かわいい」を演出できそうです。



そして、小さなバラのモチーフを藍染めしたもの。

藍染ローズモチーフ

お気に入りのシャツやリネンのハンカチのワンポイントにいかがでしょうか♪


更に、刺し子で使われる刺繍糸を藍染めしたもの。

ヴィンテージの貝ボタンを数個。

小さなリネン生地は藍染めしたものと白いままのものを。



こだわりの小さなものを、手元でチクチク楽しんで作るようなプチクチュリエセット。

そんなイメージです。

ころんと転がした蜜柑に手を伸ばしながら、ゆっくり針仕事をするなんて、幸せな

時間だなと思います。



更なる詳細はもう少ししてからご案内したいと思います。

2015年の福袋の発売予定日は2014年12月28日となっていますので、あともう少しですね。

他のセット内容についてもまた改めてご案内したいと思います。

どうぞご期待ください♪


==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸と藍染め雑貨の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房公式Google+ページ「藍色工房+」
https://www.google.com/+Aiironet1b


Instagram
ユーザーネーム:indigo_studio ←アンダーバー必須です☆

Pinterest 藍色工房ページ
http://www.pinterest.com/mikibando/indigo-studio-%E8%97%8D%E8%89%B2%E5%B7%A5%E6%88%BF/


==============================

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

藍染めの手ぬぐいって、昔は普通にあったはずのものですが、今は

藍染め、それも本藍染めの手ぬぐいを探すことは困難となってしまいました。

いつもありがとうございます。藍色工房店長の坂東未来です。

今日は改めて手ぬぐいの事をご紹介したいと思います。


<タオル世代には盲点だった万能アイテム>

タオル世代、手ぬぐい世代、とざっくり括ってしまうとしたらどのあたりの年代が

当てはまるのだろうと考えました。

大正生まれの私の祖母は、断然手ぬぐい派でした。

彼女は自宅の手洗い場や入浴時、普通に手ぬぐいを使っていましたので、

間違いなく手ぬぐい世代。


昭和20年代生まれの私の両親はタオルが普通になっていたので、第2次世界大戦後に

生まれて大人になった人たちからタオル世代と考えることにします。

両親の世代は、自分の親が手ぬぐいを使っていたこともあって、手ぬぐいとタオルの

両方を使いつつ少しずつその主流がタオルに移行していった時代の境目に

当たるのだと思います。

という事は、日本のタオルの歴史ってそれほど長くないのですね…


そして昭和50年生まれの私は完全にタオルしか使ったことのない世代になります。

手ぬぐいを敢えて使う機会が無ければ、触れる事すらないような日常です。

ですから、今年新たに藍染め手ぬぐいをラインナップするときに初めて暮らしに取り入れた

のが本当の所です。


私たちが手ぬぐいをラインナップするようになったのは、お客様からのリクエストが

重なったためです。

「藍染めの手ぬぐいを探しているの。なかなか見つからなくて…」

「特別に作業料をお出しするから、どんな柄でもいいので手ぬぐいを染めてほしい。」

世の中から手ぬぐいが消えたわけではないけれど、昔ながらのあの質感、

あの色の手ぬぐいが懐かしくて恋しくて…

そんなお声が積もり積もって、「それなら商品化いたします」と動いたことが発端でした。



<意外と便利!!使ってみれば万能アイテムの手ぬぐい>

藍染め手ぬぐいをかぶって
今年の夏は、藍染め雑貨のご注文をたくさんいただいて週末は私も染め場を

手伝うことが多くなっています。

そんな時はこうして帽子がわりに頭に巻いて作業しています。


実際に使うようになって分かりました。

お風呂で身体を洗うと肌がツルツルになります。

そのまましっかり石けん分を洗い流して硬く絞ったら、髪の毛をまとめるのにも役立ちます。

意外と吸水性があるので、浴室から出る時も軽く身体を拭いておけば水滴をほとんど拭う

ことができてしまいます。

ガーデニングや外回りの作業をするときに首からかけておけば、タオルより粋な感じがしますし

汗をぬぐうのにも汚れをぬぐうのにも十分に役割を果たします。

カバンの中に常備しておけば、ハンカチとして使えるのはもちろんですが、何かを包んだり

するのにも使え、しかもかさばらないので本当に便利。


温泉や足湯に出かけるなら、バスタオルを持っていくよりも手ぬぐいが軽くて便利だなぁ…と

思ったりするようになりました。

藍染め手ぬぐい 雪花絞り
染めている柄は、伝統の技術を意識しつつモダンに見えるものにこだわっています。

昔の人は手ぬぐいの粋な柄を楽しんで、ファッションの一部としても意識していた

ようでしたから、その心意気に倣いたいと考えました。


愛知県の有松絞りの職人さんに絞って頂いたり教えていただいたりして、手作業ならではの

味わいのある柄を、モダンにお届けできるようにしています。

その中でも人気なのは雪の結晶に見立てた柄の「雪花絞り」。

涼しげですよね。

そして凛として華やかでもあります。

この手ぬぐいを首から下げると本当に爽やかでかわいらしいんです。


藍染め手ぬぐいは発売以来お陰様で大変なご好評をいただき、常に品薄状態が

続いています。

時々品切れを起こしつつ、絶えず染め続けて少量の在庫を保てるようにするのが

精一杯なくらい、お客様に楽しんでいただけるアイテムとなっています。

今は作る会社が一社しか残っていない伊勢木綿の生地を採用したことも、その質感の

懐かしさに喜んでいただける一つのポイントとなりました。

今後は期間限定の柄なども企画してお届けしていきたいな~~と夢が膨らんでいます。



祖母には暮らしの必需品だった手ぬぐい。

私には再発見の驚くべきアイテム。

ぐるっと一回りして、戻ってきた感じがします。

いいものは、いい。

時代が変わっても変わらない良さって、人が伝えなければやっぱり消える。

取り戻すことができて良かったな~~、と思える手ぬぐいとの出会いでした。

熱いリクエストを根気よくお寄せいただいたお客様に、心から感謝しています☆ 



追伸:

本日のみ、「風呂の日【26日】特価」で雪花絞りをお得価格でお届けしていますので、

これから使ってみようという方はチャンスです。

洗い替えが欲しいと思われていた方も、今日がお得ですよ♪

◆藍色工房の「風呂の日イベント」特設ページ
  http://aiironet.com/SHOP/168050/880143/list.html


==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸と藍染め雑貨の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房公式Google+ページ「藍色工房+」
https://www.google.com/+Aiironet1b


Instagram
ユーザーネーム:indigo_studio ←アンダーバー必須です☆

Pinterest 藍色工房ページ
http://www.pinterest.com/mikibando/indigo-studio-%E8%97%8D%E8%89%B2%E5%B7%A5%E6%88%BF/


==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

モチーフ3

こんにちは!スタッフ太田です。

先日、徳島の染め場にて、こちらを染めてきました。

モチーフ1

お昼休みにちまちまと編んでいた、モチーフたちです。

あ、一個だけ水色なのは、うっかり落としてしまって瓶に入れ忘れたからです(^^;)

染め重ねる回数が一回違うだけで、こんなにも色に差ができました。

ひとつ、だいたい2センチくらいです。

モチーフ2

シンプルなカゴバッグや、ストールの端にちりばめようと思います♪


藍色工房の店舗でご案内しているモチーフたちです。

モチーフ4

雪の結晶・・・

ふたつの大きさが微妙に違うなぁと思っていたら、編み方も微妙に違っていました。

お花のようなので、夏でもきっと出番があります~


モチーフ5


モチーフ6

お花のモチーフ。花びらが立体的に広がっています。

糸を染めるときにグラデーションにしてあるので、出来上がりがこのようになります。


モチーフ7

葉っぱのモチーフたち。

花があるなら葉っぱがあってもおかしくない!

これだけ見るとシンプルですが、とても大事なパーツです。


そして、ぜいたくにモチーフを使ってのブローチ♪

モチーフ9

華やか~~~~.。゚+.(・∀・)゚+.゚

マネキンの藍子ちゃんにセット。

モチーフ10


モチーフは、こんな感じで藍色工房の店舗で販売いたしております。

モチーフ8

ぜひお越しいただいた際には、お手に取ってご覧くださいませ(^^)


そして、今年の初夏イベントIndigo collectionでは、またまたMatsuyoiさんとコラボレーション中です!!

Indigo-collection-バナーweb

期間限定で藍染めグッズをご案内してきましたが、最終イベントは、「ピアス&イヤリング」です。

6月5日からのご案内ですので、もうしばらくお待ちくださいませ。

藍染めのモチーフと、Matsuyoiさんの巧みな技が合わさったアクセサリー、

どんなものが出来上がるか、今から楽しみです(^^)

こちらは、去年の限定商品のご案内。
↓ ↓ ↓
http://aiironet.com/SHOP/168050/951577/list.html

身に着けた人を華やかに見せてくれる、藍のアクセサリーをぜひご覧くださいませ♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

こんにちは!スタッフ太田です。
日中はとても暖かくなってきましたね~
工房周辺の田んぼでは、田植えがスタートしています。

季節の移り変わる様子を、また写真でお伝えできればと思います(^^)

【イベント参加のお知らせ】

2014 マルシェinユメックス に参加させていただきます♪

イベント1


日時 2014年5月11日(日)
    AM10:00~PM5:00

場所 ユメックスCUBE
    〒761-0301
      香川県高松市林町2537番地10

お問い合わせ先 フリーダイヤル 0120-319-941


体験コーナーや教室、19店舗が並ぶマルシェなど、とてもにぎわいそうなイベントですね!

下記のユメックスさんのHPにて、出店者さん一覧を確認できますよ♪
↓ ↓ ↓     
http://www.yumex-g.co.jp/news/2014/0511


藍色工房では、せっせと石けんや藍染めを準備中です。

イベント2

ちょうどお天気も良さそうですので、お近くの方はぜひお越しくださいませ(^^)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

藍染めの色はいつ見ても見飽きず好きなのですが、中でもついつい目を

奪われてしまう「萌え柄」が、私の脳内に局地的に存在します。

いつもありがとうございます。

藍色工房店長の坂東未来です。

今日はこっそり、カミングアウトいたします。


<和柄にも和服にも寄り添える鎧段絞りのアレ>

藍色工房で取り扱い中の「藍染め手ぬぐい」 の鎧段絞りに、私の

局地的萌えを刺激する部分があります。

藍染め手ぬぐい鎧段絞りイメージ
手ぬぐいの全体はこんな感じですね。

趣のあるストライプです。

首に巻いてひっかけておくだけで、活気あふれる装いになりそう。

この柄は、和柄のTシャツとか和柄の帽子がお好きな人にはお勧めです。 


それで、この生地のどの部分が私の萌えポイントかといいますと…

藍染め手ぬぐいの好きなところ
ストライプの白い部分に入った、絞りの外側に出てきた布地の、糸に絞められた跡も

くっきり残していい藍色で染まっている部分!!

マニアすぎますか…でも譲れない…orz

ここが好きなので、普通のストライプでは満足できないのです。


人の手が働いた跡が、なんだか愛おしいです。

だから、糸の跡がぐるぐるとめぐっているのを見るのもとても好き。

絞られた状態はこんな風になっています。

藍染め手ぬぐい 鎧段絞りの絞っている生地
糸でぐるぐると絞められている部分が白く残るところで、糸に巻かれて表に出ている部分が

筋となって青く染まる部分です。


藍染め手ぬぐい 鎧段絞りアップ
う~~ん、やっぱり何とも言えない☆

この筋萌え、誰か共感してくださる方はいらっしゃるのでしょうか…



この手ぬぐいは工房スタッフ、農園スタッフ共に男性陣に人気です。

畑仕事に映えそうです。

リビングのインテリアにも楽しい一枚だから、本当におすすめです。


・藍染め手ぬぐい:鎧段絞り   ←クリック☆



ところで、この藍染めの「藍色に発色する仕組み」について、今晩配信予定の

メールマガジンでお届けしようと思っています。

メールマガジン読者の皆様は、どうぞチェックしてみてください☆

これからご登録くださる方は、下記のURLからお手続き30秒で完了です。

 http://aiironet.com/SHOP/mailmag.html


今日で今週も終わりですね。

残り時間も手ぬぐいのねじり鉢巻きで頑張ります!!


==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou
●業者の方へ:オリジナル化粧石けん製造のご相談はお気軽にコチラへどうぞ!!
info@aiironet.com
※アドレスは半角に直して入力してください

==============================
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

おはようございます、スタッフ太田です☆

こんな飾りも作っています②です。


色んなものを藍染めしていると、色んなもののはぎれができます。

糸がほつれたり、形がいびつだったり、汚れがあったり。

アウトレット品としても販売できない切れ端は、丸く切ってくるみボタンに加工しますが、

エコバッグの素材である帆布(はんぷ)はとても丈夫なので、加工がちょっと大変です。


そこで、このように細かく切ってみました。

資材5
エコバッグだけでなく、サンプル小物を作った時のはぎれのようで、大きさも形もまちまちですが、

大体、5ミリ×3センチくらいに切りました。


先日、赤い実をクリップにくっつけたときのように、ボンドを塗ります。

その様子を紹介した、「こんな飾りも作っています①」はこちら♪
↓ ↓ ↓
http://blog.livedoor.jp/aiiropubinfo/archives/36366903.html

今回は、全体的に均等に塗りました。

細かく切った帆布をこのようにペタペタと貼り付けていきます。

資材6


藍染めのクリップ~の完成♪

こういうの、余った布の活用法としてよく紹介されていますよね。

それぞれ形がいびつなのも、まぁ愛嬌ってことで大目に見てください(笑)

両面に張り付けています。
↓ ↓ ↓
資材7


赤い実の飾りとは違うシーンで、ラッピングに使えそうです。


手作りっていいですね~~

色んなものが作れそうです♪
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ