藍色工房(あいいろこうぼう) オフィシャルブログ

自社農園で藍を育て、藍の石鹸や藍染め雑貨を製造販売している四国の小さな工房からスタッフみんなでお届けします。
スキンケア、アロマテラピー、藍染め、薬草、四国の素敵&面白情報をぼちぼち更新いたします♪

タグ: 藍墨

なぜかタブーっぽくなってしまっているものに、改めて言及するのは

なんとなく緊張しませんか?

いつもありがとうございます。藍色工房店長の坂東未来です。

そんなタブーが少しずつ無くなっていくかもしれない…そんな予感のする

出来事がありました。


<東京の真ん中で忌部氏と藍の事が語られました>


kanban

8月5日(土)に、渋谷の清水とき・きものアカデミーにて、

「衣は人なり ジャパンブルーの集い」が開催されました。

ここで語られたのは、日本史にほとんど姿を現さなくなっている忌部氏と

藍との関わりでした。

忌部氏について研究を重ねられ、資料を編纂されている林先生による

講演が目玉の一つでした。
japanblue

たくさんのスライド画像と共にテンポよく語られる藍と忌部氏の事。

忌部氏は朝廷祭祀を司る一族で、それに必要な道具も作っていた物作り

集団でもあるということが紹介されました。

忌部氏にとって最も重要なお役目の一つは、天皇が即位する際の儀式に

必用とされている「あらたえ」という装束を麻で作り上げてお納めする

ことでした。

麻を作る集団にとって、麻を染める染料は必須。

ですが媒染剤を用いずに麻を染めることのできる染料はその仕組み上、

藍と柿渋だけだと言われています。

ですから、麻をメイン素材として栽培から加工まで行えば、自然とそれを染める

染料が必要となり、麻と藍は切っても切れない素材同士という事になりました。

実際に、阿波から旅立った忌部氏の足跡をたどると、麻と藍はほとんどセットで

動いています。



<藍農園と忌部の里>

私たちの藍農園は、阿波忌部が拠点とした種穂山の麓に位置します。

この山川町は藍の栽培を産業的に行った、藍産業発祥の地と教わりました。

その地で栽培した藍の葉から色素を抽出し、粉末状にしたものを、鈴鹿墨の

墨師である伊藤亀堂さんに託して膠で練り固めていただいたのが、私たちが

ご案内している藍墨「藍晶(らんしょう)」です。

indigosumitop

徳島県下に30軒前後残っているとされている藍農家ですが、この山川町では

自ら栽培し顔料を精製している藍農家は私たちが最後の一軒となりました。

なんとも心もとない状況となり早10数年近く……この墨もいったいいつまで

造っていただける状態を保てるのか……そんなことを想う日もありました。


<和太鼓と書の競演>

墨は、墨のままであれば、やはりただの墨だとしみじみ思ったのがこの日の

パフォーマンスでした。

会場で藍墨を使った書をライブでしたためるというパフォーマンスですが、

和太鼓に合わせて披露される形となっていました。

プロの書道家の手によって調整された藍墨が勇壮な太鼓の響きの中で文字に

なっていきます。

そうやって人の目に触れる形になることで、この墨の真価を人の心に初めて

問う事ができるのだとしみじみ感じさせていただけたひと時でした。



こちらはその折の動画です。

当日は画像も動画も「どうぞ撮り放題です。どんどん拡散してください」

とのアナウンスがありましたので、皆様にお届けしたいと思い私自ら

撮影していました。

この様子を清水とき・きものアカデミーの学園長・清水とき先生も

ご覧になっており、書き上げられた作品が贈呈されると書道家の吉野さんの

手を自ら引き寄せ両手でしっかりと握られて、何度も何度もその手を上下に

振っておられました。

tokisenseiandyoshinosan

凛とした佇まいの藍のお着物姿が美しい、95歳のお姿です。


忌部の歴史は、日本の影の歴史と言ってもいいでしょう。

日本史の教科書にはほとんどその姿を現しませんが、要所要所にその姿が

確かに存在し続けていました。

そんなひっそりとした時を重ねつづけたものが、東京の真ん中で

学術的に、芸術的に披露されるということは本当に大切なことに

つながっていくのだろうと会場で感じていました。

会場には「忌部氏」の存在を初めて知ることとなったお若い学生さんも

大勢おられました。

願わくば、その若い感性に忌部の姿を留めていただきたい。。。

争う事をせず、日本各地へ産業の道を拓いて行った「分かち合い」を

旨とする一族の存在を。


friends

このような貴重な一日の一員として過ごさせていただけたことに、

心から御礼申し上げます。

忌部の道はこれからも続きますが、今までより少し……明るい場所を選んで

歩くこともできるようになるのかもしれません。

帰りの飛行機からは、藍擦り絵のような富士山の姿を望むことができました。


mtfuji

富士は晴れたり日本晴れ。

忌部の道をたゆまず歩む有志の皆さん、ひたすらに天晴れ!!

ついていきます☆


==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸と藍染め雑貨の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房公式Google+ページ「藍色工房+」
https://www.google.com/+Aiironet1b


Instagram
ユーザーネーム:indigo_studio ←アンダーバー必須です☆

Pinterest 藍色工房ページ
http://www.pinterest.com/mikibando/indigo-studio-%E8%97%8D%E8%89%B2%E5%B7%A5%E6%88%BF/


==============================
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いつもお世話になっている人への感謝の気持ちは、大切。

そして、目には見えないけれどいつも見守ってくださっている方への

感謝の気持ちも同じくらい大切。

いつもありがとうございます。藍色工房店長の坂東未来です。

今日は藍農園の父が氏子を務める地元の神社の例祭でした。


<種穂山の種穂神社>

藍の畑の写真にかなりの確率で写っている種穂(たなぼ)山。

種穂山

上の画像は2年前の夏の藍畑の様子です。

画面左側から、はっきりとした輪郭ですうっと右へきれいに下がっている山が

種穂山です。

この山の頂上に種穂神社があります。

父はこの神社の氏子です。



この神社は阿波忌部の祖神・天日鷲命(あめのひわしのみこと)が拠点とされた場所にあります。

種穂神社の正式名称は「種穂忌部神社」。

その由緒はこのように伝えられています。

種穂神社由緒書き

ここに拠点を置いた阿波忌部は、麻、楮、藍などを栽培し、加工して

神事に必要な道具を作り、朝廷祭祀を司るお役目を担っていました。



忌部氏が藍を日本で初めて産業的に栽培したのは、私たちの農園のある

山川町一帯であることが記録に残っていますが、現在、その山川町で

藍作を続けている農家は、わたしたちが最後の1軒となってしまいました。



とにかく、そんないわれのある種穂山に見守られながら藍作を続けられることは

とても幸せなことだといつも思っています。



<イセヒカリで醸された御神酒『國靈(くにたま)』>

種穂山の山頂にある「種穂神社」は、年に2回の例祭を行っています。

今日は、春の例祭の日でした。(次は秋の例祭の10月)

種穂忌部神社

種穂神社2015年春の例祭

今日、この例祭に御神酒を奉納しました。

この御神酒に使われた御神米は、平成元年に伊勢のご神田に突然変異で

現れた「イセヒカリ」です。

このイセヒカリで醸した御神酒は『國靈(くにたま)』と名づけられ、そのラベルに

なんと、私たちの農園で栽培した藍でできた藍の墨「藍晶(らんしょう)」で書かれた

文字がデザインされました。


國靈


長い長い時を経て、こんな大切な御神酒に、御神縁をいただくことになった

忌部の藍。

今日は、天日鷲命にもお喜びいただけるだろうと思い、この御神酒を奉納することが

私のミッションでした。



この御神酒は全国の40数名の方々の手によって、大切な神社に御奉納

されています。

そのうちの1本が、こうしてめでたく種穂忌部神社に御奉納できたことを、とても

光栄に思っています。 



例祭を滞りなく終えて、集われた氏子の皆さんと直会(なおらい)にあずかりました。

國靈をみんなで分けたら、一口分ずつ。

大切な一口を、大切に味わって、「おいしい…」とまぁるい笑顔になりました。

甘い香りの、まるで白ワインのようにフルーティーな、不思議な大吟醸。

今までの日本酒では嗅いだことのない香りでした。

神様に捧げるのにふさわしい、最高の心意気と技と素材の賜物です。



藍の墨を練り上げてくださった鈴鹿墨の伊藤亀堂さん、

お酒を醸してくださった酒蔵の皆様、

イセヒカリの栽培と収穫に精魂込められた皆様、

全てを見守っておられた神様方。

ありがとうございます。

私もここで、藍のお仕事を頑張ります。

種穂神社から眺める吉野川

今日、種穂神社から眺めた吉野川です。



==============================

テレビ「知っとこ!」「笑ってコラえて!」「魔女たちの22時」「グラン・ジュテ」で
紹介された元祖藍染めスキンケア洗顔石鹸と藍染め雑貨の藍色工房はこちらです☆
http://aiironet.com/


藍色工房公式Facebookページ
https://www.facebook.com/aiirokoubou


藍色工房公式Google+ページ「藍色工房+」
https://www.google.com/+Aiironet1b


Instagram
ユーザーネーム:indigo_studio ←アンダーバー必須です☆

Pinterest 藍色工房ページ
http://www.pinterest.com/mikibando/indigo-studio-%E8%97%8D%E8%89%B2%E5%B7%A5%E6%88%BF/


==============================


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

いつもありがとうございます。藍色工房店長の坂東未来(ばんどうみき)です。

お待たせいたしました…あの墨が到着しています☆


<幻の墨、再び参上>

藍色工房 藍の墨
画像では真っ黒に見えていますが、ちゃんと藍の顔料を固めていただいた

藍の墨です☆

藍染めが盛んだった江戸時代には、藍の瓶に浮いた泡(藍の華)をすくって

乾かし、その上からお湯を注いで沈殿させて、また乾かして粉末にしたものを

こんな風に墨にして、浮世絵や書などに使っていたそうです。


藍染めの副産物だったのですね。

藍染めのぼろ布を洗って、色素を沈殿させたものも墨に使われていたということ

ですから、本当に最後まで無駄なく使われていた色だったんだなと感動します。


藍染めが衰退して、藍の華がたくさんできなくなるのと同時に、藍の墨も町から

姿を消しました。

今では、書や水墨画を楽しまれる方にとって「幻の墨」と呼ばれる一品になって

しまいました。

それを、昨年から復活させたのがこの藍墨です。


実家の藍農園で精製した藍の色素を、鈴鹿で正直な墨作りを継承されておられる

伊藤亀堂さんに託して、水と膠(にかわ)で練り上げていただきました。

藍の刈取りは夏で、伊藤さんの墨づくりは秋~冬が本番ということで、

作っていただいた墨が品切れしましたら、また来年☆という

完全に手仕事と自然の技だけで作り上げられた墨なのです。


<惜しげもなく、試し書きいたしました>

どんな色の墨になるのか、観てみたい!!とおっしゃる方が大勢いらっしゃいましたので

こんな感じに、いろんな濃さで丸を書いて並べてみました。

藍色工房 藍墨の色
どの色に「ピン!」ときましたか?どれもなかなかいい色ですよね♪

それで、とりあえず書いてみたのがこちらです。

藍色工房 藍墨試し書きわ
なんとなく、選んだ「わ」ですが、筆の跡が程よく残ってかっこいいですね☆

藍色の墨なので何か洒落てみたい…と悪乗りしてしまいできたのがこちら。

藍色工房 藍墨試し書きイマジン
藍の色で愛の歌を書いてみました~~~♪

ジョン・レノンの有名な「LOVE」です。

字の下手さ加減に力なく笑う私。

せめてもの「ジョン・レノン風」にしようと苦し紛れに被った帽子が

これまたあからさまにUV対策キャップ丸出しでもの悲しさを倍増する羽目に…


くじけてはいけない!!との思いで、人生への決意と愛を歌った

マイケル・ジャクソンの「Man in the mirror」←まだやるか

藍色工房 藍墨試し書きマンインザミラー
すみません。今日はこの辺で許してください。



===関連リンク集======================

・藍色工房の藍墨「藍晶」の販売ページはこちらです
 http://aiironet.com/SHOP/ai-sumi-01.html

・藍墨を作ってくださった、鈴鹿墨の墨師さん 伊藤亀堂さんの進誠堂のHPです
 http://www.suzukazumi.co.jp/index.html

===============================



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ