週刊ナカダヨーコ vol.384週刊ナカダヨーコ vol.386

2018年07月23日

週刊ナカダヨーコ vol.385

7月9日(月)
バイトが忙しく、14時くらいでスタミナが切れ
17時35分の終業まで魂が抜けていた
めったなことでは乗らないバスに乗って帰った

7月10日(火)
帰りにあと一駅というところで人身事故があって電車が止まった

7月11日(水)
Amazon primeで『くそやろうと美しき世界』
を見た
太田さんの話だけつまらないというネット記事があったが、むしろ太田さんのだけ面白かった

7月12日(木)
朝、坊の送りは夫に行ってもらって、先週母が救急車で行った病院に支払いに行く
直線距離は遠くないけれど、電車だとぐるっと遠回りする(「つ」の字のように)ので旅感覚だった
そのあと出勤する

7月13日(金)
バイト先の会社のサービスが7月から変わった関係で、ものすごく忙しくなった
今までとサービスが違うことでごねるお客が多くて疲れた
ごねるお客は嫌だけれど、みんな坊のような赤ちゃんの時代があったのだなと思うようにすると多少許せる
子どもはもちろん、おじいさんに至るまで男性を見ると坊と重ね合わせて見てしまう

7月14日(土)
母の方の家の片付けをするため、業者に見積り依頼をした
一番片付けで難しいのが、要る要らないの選別で、業者に依頼をしても結局そこは私たちがやらなければいけないので片付くのだろうかと不安になる

7月15日(日)
坊のはじめての靴を買いに行く
すぐに歩くわけではないし、歩き出す頃にはまた足も大きくなっているかもしれないので、底がふわふわの簡単なものにした 
坊の散髪用に注文したバリカンが来たので夜にさっそくやってみたがうまくいかなかった


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
週刊ナカダヨーコ vol.384週刊ナカダヨーコ vol.386