週刊ナカダヨーコ vol. 395

2019年06月11日

最近

おひさしぶりです。

細かい毎日の記録をつけるのはちょっともう無理なので、たまに更新していこうかと思います。

更新が滞っていた間、母が亡くなったり兄が悩みの種になったりしていました。

伊集院光がゲスト出演した『アッコのいいかげんに1000回』で『アルプスの少女ハイジ』を読んでいると言っていたので、私も読んでみました。

ハイジの話はキリスト教文学として書かれたそうで、聖書の『放蕩息子のたとえ話』というのが、物語の中でとても重要な要素になっていました。

不安ごとがあるので、ハイジみたいに神様に祈るっていいのかもしれないし、他のお話をもっと知りたい、それであわよくば神様に助けてもらいたいと思って聖書のお話(子ども向け)をアプリで読むことにしました。

旧約聖書の話から読み始めました。
アブラハムが100歳のとき、90歳の妻サラが子ども産んだという仰天エピソードまではなんとか楽しめましたが、神様が簡単に人間や動物を殺しがちなのでだんだん気が滅入ってきました。
人間はわからないではないけれど、動物は何を悪いことするのでしょうか。
生贄を要求するとかどうかと思う。
それで十戒で「他の神々をおがんではならない」と戒めてきたので早くもついていけなくなりました。

こんな心持ちのくせに都合よく祈ったらはしたら罰が下るかもしれない。
生半可に手を出すべき相手ではなかったのかも……。

でも神様ほどの存在が、そんな了見の狭いはずない思う。
そこのとこは信じてる。

そこのとこを知りたいので、聖書のお話を読み進めてみようと思います。
ただ子ども向けなのにイマイチ話が理解出来ないんですよね。
頭悪すぎて。
面白おかしくギャグ漫画化された聖書ってないものでしょうか。


aijou at 22:58│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by bankholiday   2019年06月12日 19:28
このたびはご愁傷さまです。心よりお悔やみを申し上げます。ヨンコさんもお体ご自愛ください。
2. Posted by にるにる   2019年06月12日 23:25
このたびは誠にご愁傷様です。
どうかお力を落とされませんように。
ご冥福を心からお祈りします。
3. Posted by ヨンコ   2019年06月13日 09:08
bankholidayさん、にるにるさん

お気遣いありがとうございます。
3月のことなのでもう全然大丈夫ですが、兄がね……ほんと。
いつもコメントくださってありがとうございます!
4. Posted by KBYM   2019年07月07日 21:26
お母さん、悲しい。
お悔やみ申し上げます。
大変でしたね。

100歳と90歳から子供。
信用できない、信じたくない!
5. Posted by ヨンコ   2019年07月09日 09:11
KBYMさん
母が居なくなった家が隣にあって、早く処分したいけど兄の意見もあるのでその辺の悩みがこれからも続くので相変わらず気が重い。
戸建ての家はめんどくさいから持たないに限るね。

聖書への興味がほぼ残ってないんだけど、新約聖書の方が面白そうだからそっちに行こうかな。
よくわからない神よりキリストだな。
子ども向け聖書のアプリでの神さまの表現はキラキラのもやだった。
6. Posted by ちくわ   2019年09月06日 14:24
5 学生時代フリーペーパー楽しみにしてました。
更新無理なく、ご自愛ください。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
週刊ナカダヨーコ vol. 395