2018年09月25日

中秋の名月

中秋の名月に羽咋市の自然栽培をする

友人から旬のマコモを頂きました

マコモは日本では古く「万葉集」や「古事記」に登場し

「神の宿る草」と呼ばれてきました

出雲大社ではマコモでしめ飾りを編みます


マコモダケはクセがほとんどなく

柔らかい筍のような歯ざわりがあり

ほのかな甘味とかすかさっと素焼きにして

塩とオリーブオイルで頂きました


夕方は北野天満宮にお参り

新春に娘が参加するコンサートのリハーサルに

大阪発祥の文化である乙女文楽の方と

ライアーの音色でさくら さくらを聴きました


関西で静かに文化に触れさせて頂き

旬の物を頂ける有難いことです



369555E6-6392-4C87-B767-292ADAAB168D
591B1B49-AB44-4D8D-A75D-200633C10589
D636D65D-A73F-4818-ADF1-1D8054580230







aika_magic at 07:10|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年09月24日

型文化

休日は時々体術の稽古に行きます
日本古来の気功はシンプルで体にすんなり入り
長年中国気功を学んでいたからでしょうか
その違いも楽しく感じています

そして組手という武術の基本を
毎回男性とさせて頂きますが
丹田に気をふっと落として
指の使い方 体の繊細な移動やバランスで
小さなアイカも男性を組み伏せる??

きこえは悪いですが
実にしなやかで 静かな動作
音楽と同じで、どれだけ無駄な動きが無いか?

 学生時代学んだ 狂言師の茂山千之丞先生のお言葉
日本の文化は『型文化』
茶道も、華道も、能狂言も武道も
どれもまずは型を勉強し習得する

安全な心身の解放と
マインドを使わず 
皮膚感覚を研ぎ澄ませ動きも微細

着物を着たまま出来る足の幅
日本の古式の型文化   奥が深いですね

 


aika_magic at 07:16|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年09月23日

個人レッスン

美しく爽やかな秋空の朝
温熱療法を早朝行うと目覚めが一段と
心地よく 内側からパワーが溢れ
朝の排毒がより心地よくなりました

規則正しい生活リズムが生み出す
シンプルな生き方はストレスがたまりませんね

自分の身体を楽器と考えて40年以上
腑に落ちるのには 数々の失敗の連続でした

付け焼き刃の テクニックや戦略は
瞬間 気が楽になりますが 根本は
反復 →実行  →継続 を
飽きずに懲りずに楽しく 行えるか?

そして様々なジャンルの達人といわれる方々との
ある種共時性や発見が喜びとなり御縁が繋がる

発見は自分の内側との確認であり
知らない世界ではないので結果
反復→実行→継続の エネルギーを授かる

自己集中 、没頭している心地よさは緊張 収縮
そこから 緩んで はじめて 表現の解放 

個人レッスンは自己探求の姿勢の共有なので
我が子や生徒さんといえ
つい直球で投げて 朝に 「無理しないでね」 と
フォローしています

共に音を楽しんでくださり ありがとうございます!

 52156040-C687-497A-BE4E-C45EE90F6EFC


aika_magic at 07:40|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
記事検索