2011年01月

2011年01月20日

心のおそうじとは…

こんにちわ、サウンドセラピスト・Aikaです。

DSC05211

事務局に、ひさしぶりに、東京・上海・ロンドンから
仲良しガールが集まり、とても賑やかでした。

普段あまり会えなくても、時間や距離を超えて
すぐに心が通じ合う友人の存在はありがたいですね。

午後は、対談動画「Aikaチャンネル」の撮影です。

DSC05213DSC05212


作家・神渡良平先生、
●トータルマナー研究所副所長、「あい☆えがお」代表の山本えりさま
「伊東 掃除に学ぶ会」代表世話人の白鳥宏明さま

という、それぞれの分野で活躍なさっている方々に
心のおそうじをテーマにお話を伺いました。

神渡先生からは、38歳での脳梗塞による闘病体験と
ただいま取り組んでいらっしゃる「アメージンググレース物語」のことを

山本えりさまからは、いい子でいようと自分を抑えていた学生時代から
飛躍なさって今のお仕事に至るまでの軌跡を

白鳥さまからは、ご自分の活動から
心の淀みや荒廃までがキレイになるお掃除の効果など、

魂に栄養がいただけるお話をたくさんいただきました。


Aikaの周りの素晴らしい方々とお話している時、
いつも、「自分だけが聞いているだけではもったいない!
多くの方へお伝えしたい……」と思っておりました。
ですので、このような企画が実現して
ほんとうにうれしく思っています。


DSC05215

今回の撮影を担当してくださった、
報道などの映像の世界のベテランでいらっしゃる高梨社長さんです。AikaのPVも撮ってくださっています。
いつもありがとうございます。


DSC05216

打ち上げのお食事会では大変お話が盛り上がりました。
映像が出来上がりましたら、
追ってご案内させていただきますので、どうぞお楽しみに♪


aika_magic at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年01月17日

追悼

こんにちわ、サウンドセラピスト・Aikaです。

今日、1月17日という日は……
Aikaの大きな人生の転機となった
阪神大震災の日でした。

産まれて間もない娘と家族を必死に守り、
形あるものの無常さを切実な実感として体感し、
命の尊さや心の絆を大切に考えるようになりました。

深いところに刻まれたトラウマは
Aikaの声を、一時の間奪っていました。


あれからいつの間にか、16年の月日が経ち……

娘が「お宮参りした、田無神社と保育園に行ってみたい」と言ったので
お参りに行きました。

ふたりで今までのことを思い浮かべながら、
沢山の方々のご縁やおかげさまで今日があることに感謝をして、
静かに静かに、すべての方々へ想いを送りました。


自分が、とても穏やかな気持ちで
今ここに立っていることに驚いております。

時間は心の傷を、生きてきた歩幅に合わせて、
優しくゆっくりと癒してくれるのですね。確実に……

そして、祈りは自分自身の力になります。
今日も、すべての命に、想いを送っております。

青い空に遠く美しい雪景色の富士山を見ることができて、
幸せだなとしみじみ心が透明になる朝です。



aika_magic at 11:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年01月14日

自宅をサンクチュアリにしましょう

こんにちわ、サウンドセラピスト・Aikaです。

日本に戻ってからは、美味しい食事づくりや掃除など
女性らしい静かな時間を過ごしています。

自分と向き合う時間が増えていくと、
泉に清水が湧くように魂が満ち足りていき、
音楽の女神が降りてきます。

DSC04859_resize1


ここ数年、パワースポットブームといわれ、
神社や仏閣、山や湖、または特定の聖地などに
いらっしゃる方々が増えているそうですが、

毎日帰って、食事をして、眠りにつく自分のお部屋が、
あなたの心を守り、傷を癒してくれるサンクチュアリになれば
素晴らしいですよね!

Aika式・おうちのサンクチュアリ化はとても簡単です。


1:捨てる

おへやの中を見渡してみましょう。
床の上に置いてあるもの、タンスや机の引き出しの中、
クローゼットや本棚などから、いらないものを処分します。

「捨てる」という行為によって、
今の自分に必要なものとそうでないものがはっきりします。


2:家事を楽しむ

余分なものを捨て去ってスッキリしたお部屋を
掃除機をかけたり、雑巾がけをしたり…。
ピカピカになったキッチンで、シチューなどのお料理を
ゆっくり作るのもいいですね。

女性に生まれた喜びを感じ、魂を輝かせることのできる家事は
楽しまないともったいないですね。
ぜひ、いやいや……ではなく、気持ちのスイッチを「喜び」へ
切り替えて行ってみましょう。


3:花や植物を飾る

おうちをサンクチュアリにするために、
”物に頼る”という行為は必要はないと思っております。

お金をかけたインテリアや置き物、
石などを置くことはありませんが、
生きているお花やグリーンはおすすめです。


世の中はインテリア風水が人気ですが、
阪神大震災で被災したAikaは、
両親のお気に入りの骨とう品も、こだわりのステキな家具も
美しい宝石やドレスなども、震災ですべてを失った時、
「物」への執着や依存をかなり卒業させていただきました。

ですので、人を幸せにするのは「物」ではなく、
「経験」や「ご縁」だと思っています。

3カ月置きに徹底的にお掃除しますので
いらっしゃった方がみなさん

「Aikaちゃんの家は、何にもないんだね〜」

と口を揃えるくらい何もないんですよ(笑)。


自宅をサンクチュアリ化計画、ぜひお試しください。
きっと、心の風通りも良くなり、新しい展開が開きますよ!

新しい年にいろいろな計画を立てた方に、
ますます運気を上げて頂く「自宅サンクチュアリ計画」でした。

 

幸せになれる「10の魂レッスン」、執筆しています

あなたの声が幸せを運ぶ風になる―魂とからだを癒し幸運の扉を開く「声」の奇跡あなたの声が幸せを運ぶ風になる
―魂とからだを癒し幸運の扉を開く「声」の奇跡


著者:Aika
オープンエンド(2010-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

 



aika_magic at 15:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年01月13日

水上コテージの夢・ボルネオ紀行記です

こんにちわ、サウンドセラピスト・Aikaです。


2011年の夜明けを、ボルネオで迎えました。

DSC05161_resize1

DSC05129_resize1DSC05162_resize1


波の音と風の音……
いつ頃からか夢見ていた水上コテージで過ごす旅が叶いました。

朝、太陽が静かに昇るとき
雲の切れ目から光が差し、少しずつ変わる空と海の色、

夜、カーテンを明けて眠るのも、
そんな瞬間を見逃さないでいたいから、

部屋から見えるのが空と海と島々だけだったら
どんな目覚めをするんだろう……
それだけで有難くて幸せで、何にもいらなかも。
そんな夢をいだいていました。


DSC05083_resize1DSC05085_resize1

DSC05117_resize1DSC05128_resize1

日暮れも一刻ごとに変わる色、どの瞬間も美しい。
捕らわれていた心はどんどん羽を広げてゆきます。

美しいものに触れることが一番の心の休息になるようです。
仕事や人間関係のことで目まぐるしく動く思考が
波のゆったりとした音で、だんだん静まっていきます。


DSC04878_resize1DSC04891_resize1

DSC04914_resize1DSC04910_resize1


日本で日々生活をしていると、
どうして行き詰った気持ちになってしまうのか?
疲れてしまうのか?
呼吸と動きのすべてに感じる閉塞感。

自分を取り戻したくて、年の終わりと始まりを、
この土地で過ごしたいと思ったのは本当に
内側から湧き出る衝動的なものでした。

DSC04862_resize1DSC04859_resize1

DSC04866_resize1

すべての距離が近すぎると、
全体が見えないだけでなく、自分も見えなくなる。

自然の中でやっと取り戻せる、
計算の立たない見えない世界観。


DSC05111_resize1DSC05110_resize1

そこに抱かれたくて母なる海の上で過ごす。
これは水上コテージが一番自分らしい選択でした。


DSC04799_resize1DSC04801_resize1

DSC04823_resize1
 
到着して直ぐに動物園にオラウータンやテングザル、
象に会いに行きました。

最高に嬉しかったことは、
オラウータンとゲームをして2回ともぼろ負けだったことです。

DSC04811_resize1DSC04817_resize1

情けないのと同時に、
自分の小ささや幼さが解放されて顔を出し、
大笑いし始めました。

完全なる自虐ネタ、それが出来たのも
大自然の中で子供に還ることができたからでしょう。

 
DSC04926_resize1DSC04925_resize1

DSC04931_resize1DSC04927_resize1

キナバル公園ではラフレシアという
世界最大の花も見ることが出来ました。


DSC05059_resize1DSC05042_resize1
 
憧れの魚と泳ぐことにもチャレンジ、
まずはシュノーケリングからですが、

今回はダイビングの免許を取るクラスにも、
娘とトライしてみました。

ガヤナ・エコ・リゾートのスタッフは皆フレンドリーです。

私たちのコーチはマイケル21歳とファジー28歳。
真っ黒な日焼けした肌に笑顔と澄んだ瞳をした青年です。


DSC05154_resize1

「はじめまして、僕は三毛猫です」と日本語で挨拶、
「ミケ?」「そう、日本の友達がつけてくれました」

たわいもない会話だけれど、
緊張や不安をどんどん取り去ってくれます。

「毒をもつ魚や生物、ボンベは大丈夫かな、不安なんですけれど…」

こわがりな都会のおばさんは質問が沢山、
「大丈夫、心配しないで」
笑顔で返す彼らに、ここを選んでよかったと思いました。

はじめはプールで、
ボンベの使い方やトラブルの時の回避の仕方を実演してみて、
あとは本やDVDで復習です。


DSC04992_resize1DSC05006_resize1

実際に海に入った時、娘はすんなり潜ることができましたが、
私は耳抜きが出来ず呼吸困難になり、
大きな恐怖に襲われました。

手話で、苦しいから無理だと伝えると
「落ち着いて、大丈夫、もう一度トライして」
真剣なまなざしで心を伝えるマイク。

けれども、耳の調子はどうしても良くならず
「私はいいから娘を宜しく」と
残念ながらダイビングを諦めました。
「日本に帰ったら耳の検査をして、又チャレンジしてください」
優しく慰めてくれる彼に心から感謝です。
娘は黙々とすべての課目をクリアーして無事修了しました。


海の中でもがき、死の恐怖を垣間見た時、
私の閉じていた扉が開きました。

「本気で、恐れず生きてゆこう」

この内なる声が、止められない涙と共に新年に感じ、
自然の中で純粋な人や家族と、身体を通して決心したことです。

女性であること、歌い手であること、
すべてが輝き喜びに満たされました。

2011年のAikaのテーマは「自然回帰」。
内面を見つめて導きだした気づきを、
より多くの方へお伝えするために……

Aikaサウンドセラピーに触れてくださることを願っております。



aika_magic at 13:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年01月11日

700万の光がきらめく、東洋一のイルミネーションをご存知ですか?

こんにちわ、サウンドセラピスト・Aikaです。


年末年始、ボルネオへ行っていましたため
ちょっと遅くなってしまいました。

クリスマスの長崎ハウステンボスのお話を書きたいと思います。

DSC04745_resize1DSC04747_resize1

DSC04753_resize1DSC04714_resize1


ただいまハウステンボスでは
700万の光がきらめくイルミネーションを見ることができます。
こちら、東洋一の規模ということご存知でしたか?

夜ともなれば凍えそうな寒気ではありますが
その分、空気が澄んで、息をのむような荘厳な美しさに圧倒されます。
このお正月も、雪にもかかわらず、大変な人出だったそうです。


DSC04748_resize1DSC04749_resize1

DSC04702_resize1


今回は、娘の可愛もフルートで演奏を務め、
連日の屋外の2ステージを歌わせせていただきました。

澤田社長をはじめ、スタッフの皆様の
お客様をおもてなしするホスピタリティ精神に学ぶ所ばかりで、
心が満たされ、寒さに負けないように頑張りました。

東京など遠方からお越しくださった方もいらして
本当にうれしく、温かい気持ちになりました!


DSC04700_resize1

DSC04793_resize1DSC04790_resize1


娘の成長とともに、こうやって一緒のステージを重ねていく
回数が増えていくのも、とてもうれしいことです。

聖夜のイベントは終わりましたが
イルミネーションはまだまだ2月末まで観ることができます。
ぜひ、ご家族で、カップルでいらしてみてはいかがでしょうか。
ロマンティックな気持ちになること間違いなしです。




今日もあなたの幸せをお祈りしております♪



aika_magic at 00:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
記事検索