2011年06月

2011年06月25日

郡山コミュニティ放送「KOCOラジ」で、福島への想いをお話させていただきました

こんにちわ、サウンドセラピスト Aikaです。


福島チャリティ行程の締めくくりは

FMラジオ 郡山コミュニティ放送
「KOCOラジ」


の出演でした。


xxDSC01599

お昼の番組枠でお話させていただけるとのことで
まずは出演メンバーで、
フミちゃんを囲んで打ち合わせを。


トップバッターはAikaがお話させていただき
京都 成基学園グループ 佐々木会長、
トータルマナー研究所 副所長山本えりちゃん、
NPO 日本を美しくする会 代表白鳥さまと

Aikaの曲を挟みながら
自身の活動と体験、そして震災復興への想いを
語らせていただくこととなりました。

みなさま、普段から講演活動などをよくなさってますので
何をお話すれば良いか真剣に考えながらも
リラックスムードです。

打ち合わせ室に「復興ダルマ」がありましたので

xxDSC01613xxDSC01609

みんなで寄せ書きをさせていただきました。



xxDSC01600

Aikaは、阪神大震災の被災経験と
そこから心と経済が完全に復興するまでに
10年以上の月日を要したこと、

その間に支援してくださった中に
フミちゃんをはじめとする
福島の友人がたくさんいたこと。

この震災と原発問題の中で、
辛抱強く耐え、思いやりを失わない
福島の方々の忍耐強さと優しさに
とても感動したこと、

今後、長い時間がかかるであろう復興への道のりに
少しでも、自分ができることで
お手伝いをさせていただきたい、

特に、こどもたちの心のケアやサポートを
行っていきたいと願っていることなどを
お話させていただきました。


xxDSC01615

佐々木会長は、こどもたちへの教育への情熱と

今夏、京都で日本とアジアのこどもたちを繋ぎ
次世代のリーダーを育成するサミットを行うこと、

関西のこどもたちを福島に連れて、
子ども同士での真剣な意見交換や
コミュニケーションを計りたいと
計画なさっているなどをお話に、


xxDSC01616

山本えりちゃんは、
姫路での妊婦さんの受け入れや、
震災で孤児になってしまったこどもたちへの
プレゼントサポート活動、

そして、笑顔が心を元気にし、
免疫力もアップさせるということで
笑顔のエクササイズを教えてくださっていました。

口角を上げ、「ウイスキー」の
「ー」を唱える時の口元をキープしていると
ステキな笑顔になるそうです。
すぐに実践できる楽しいレッスンでした。



xxDSC01619

白鳥代表は、おそうじの会の
台湾支部からの義援金のお話や
仮設トイレのおそうじ活動から生まれた
被災地の方々との心の交流、

おそうじがいかに心を清々しく元気にするか、
そして、被災地支援をしながら
逆に、現地の方々から元気をいただき
大きな感謝をなさっていることなど、

被災地の復興と、おそうじの会の活動を
熱く語られました。
実際に、このあともすぐに福島、
気仙沼へ行かれるという
バイタリティでいらっしゃいます。


チャリティ活動の最後に、
私たちの想いを郡山のみなさまにお伝えできたこと、

遠く関西にいる人間も、
片時も、被災地への想いを忘れず
祈りを送りつづけていることをお伝えできて、
本当に感謝しております。

このご縁を結んでくださった
プリムラ保育園園長のフミちゃんと
素晴らしい機会を与えてくださった
郡山コミュニティ放送の鈴木社長さまに
深く深く、感謝申し上げます。


Aikaの周りは、福島を応援したいと
願っている方々ばかりです。

それがまだ、大きな力にはなっていなくても
どうか、心ない方の行いや風評などで
不安にならないで欲しい、
毎日、心だけでも明るく過ごしていただけるよう
自分ができることをコツコツ行っていきたいと
願ったAikaです。

今回、遠方からご一緒してくださった皆様、
そして、温かくお迎えくださった福島の皆様、
本当にありがとうございました。
またぜひ、再会できることを願っております!



aika_magic at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年06月24日

福島 プリムラ保育園でミニコンサートを行いました

こんにちわ、サウンドセラピスト Aikaです。

福島滞在の最終日は、今回の福島行程の
プロデューサーでもいらっしゃる
「プリムラ保育園」園長の熊田富美子ちゃんの
ホームグラウンドに伺いました。


xxDSC01595xxDSC01596

xxDSC01594

広々した敷地に、天然木材の清々しい家屋、
そして、緑がいっぱいの「プリムラ保育園」
フミちゃんこと熊田園長の想いがいっぱいに詰まった
ステキな保育園です。

たいへんな人気で、募集時期にはいつも
定員以上のお申し込みが殺到なさるそうです。


まずは、乳幼児のお教室で、
小さなこもりうたコンサートを行いました。
まだよちよち歩きのこどもたちです。


xxDSC01529xxDSC01510

xxDSC01535


最初は、見知らぬおとなたちの来訪に
緊張して泣き出してしまう
お子さんもいらっしゃったのですが

だっこしながら自分の身体に「ありがとう」
すると部屋中にありがとうが響き渡り
先生の手も大きくなりました。

子供のように「不思議、手が大きくなった」
と感動される先生方、
子供たちはだっこしてくれる方のエネルギーに
とても敏感だということを
サウンドセラピーで体験していただきました。

素敵な響きの中みんなで抱っこをして
こもりうたを唱和すると、
すっかり打ち解け、

今度は、お部屋から出ようとした時
寂しがって泣く赤ちゃんもいて、
短い時間ですが、濃密なコミュニケーションに
ほんとうに、いつまでもその場にいたかったです。


xxDSC01539xxDSC01533

xxDSC01541

普段は厳しい経営者というお立場でいらっしゃる
白鳥さまと佐々木さまも、
子どもたちのぬくもりに、ハートが開いて、
すっかり、優しいおとうさんの顔になっていました。


子どもたちとの間には、難しい理屈や
社会的な経歴などはまったく通用しません。
ハートとハート、一瞬で繋がる世界です。
だからこそ、Aikaは、生き甲斐とやりがいを深く感じます。

子どもたちとのコミュニケーションやセラピーは
一生をかけて続けていきたい
Aikaのミッションだと思っております。


xxDSC01562xxDSC01563

次に木のぬくもりいっぱいのステージのあるお部屋で、
お兄さん、お姉さんになった
こどもたちとのサウンドセラピーを行いました。

福島では、おとなたちの不安や
悲しみをたくさん伺ったのですが

こどもたちはそんな気持ちをみじんも見せずに
みんな、キラキラとしていて、生命力にあふれています。

子どもたちはみな、不安そうなおとなの姿を見て
敏感に察知し、逆に、おとなを
元気づけてくれようとするのです。

そんな子どもたちが、放射線の影響で
外に出て、思い切り駆け回ることができないこと、
お砂場遊びができないこと、
ほんとうに胸が痛みます。


xxDSC01576xxDSC01582

深い呼吸を行うセラピーを行ったあと
山本えりちゃんが、澄んだ優しい声で
絵本の読み聞かせを行ってくれました。

福島のみなさまが大好きな場所のひとつ
花見山を描いた絵本です。


きんばあちゃんの花見山
きんばあちゃんの花見山
クチコミを見る


Aikaがひとりでコンサートを行うというより、
子どもたちの中へ入って、
一緒に仲間にさせていただいたような
サウンドセラピーの時間でした。

そして、あかるく伸び伸びと過ごしている
子どもたちの様子に、
フミちゃんの素晴らしい理念が
息づいていることを感じさせていただきました。


xxDSC01589

ご一緒した方々も、口々に
ここで過ごしたお時間の感動を称賛くださいました。

フミちゃんがお友達であることを
本当に誇りに想い、この10年間
Aikaを支えてくださったことを
深く深く感謝しています。


そして、このブログをご覧くださったみなさま、
すこしでも何かをお感じになられましたら

どうかぜひ、福島のこどもたちの
未来のためにできることを、
ご一緒に考えてくださいましたら
とてもとても、嬉しく思います。


短い滞在でしたが、福島の滞在で感じたことを、
このあと、ラジオでお話させていただきました。
もう少し、続きますね。



aika_magic at 19:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

愛と感謝に満ちた時間・須賀川「アクアス」チャリティコンサート

こんにちわ、サウンドセラピスト Aikaです。


主催者のおひとりでいらっしゃる「アクアス」小窪幸子さまの
素晴らしいご邸宅で行われた
須賀川チャリティコンサートは、

「聖歌 般若心経」

での祈りからはじまりました。

xxDSC01393xxDSC01426

現地のご住職もご賛同くださいまして、共にご唱和くださり、
みなさまの悲しみや不安が少しでも浄化されますよう
無心に祈らせていただきました。


xxDSC01410xxDSC01428

実はこの日、出産で九州に滞在されていた
小窪さまのお嬢様が
このコンサートのために帰省なさり、
生後2ヶ月の赤ちゃんを連れていらっしゃいました。

赤ちゃんを連れて福島に戻ることに
さまざまな不安もあったかと思うのですが
それでも、Aikaの歌声を聴きたいという
想いでいらしたそうで、

そっと赤ちゃんを抱かせていただくと
やわらかな肉体の中で息づく
命の重みとありがたさに、自然に涙がこぼれました。


xxDSC01436

「この世に生まれてきてくれてありがとう。
 今、世の中はたいへんなことになっているけれど、
 わたしたち大人は、あなたの未来のために
 少しでもできることを頑張るよ」

 そんな想いが沸々と沸いてきました。

xxDSC01439

赤ちゃんを抱きながら、マオリ族に伝わる
「マオリのこもりうた」を唄わせていただきました。
この子守歌は同じく阪神大震災の後に
娘に託した歌詞でした。

ミニコンサートのあとは、もうおひとりの主催者の、
プリムラ保育園園長 熊田フミちゃん先生の進行で

xxDSC01450

xxDSC01451xxDSC01459


静岡の伊東からいらした
NPO 日本を美しくする会の代表をなさっている白鳥さま

姫路からいらした、
トータルマナー研究所の副所長 山本えりさま

京都の成基学園グループの佐々木会長

と、遠方からいらした社会貢献活動のリーダーの方々による
座談会が行われ、

それぞれのご経験から、
この不安な時期を生き抜く糧となる言葉をいただきました。


白鳥さまは、被災地救援に何度も向かい、
仮設住宅のトイレ掃除などのボランティアをなさり、

山本えりさまは、姫路での、妊婦受け入れのサポートや
震災孤児の子どもたちに、毎年、プレゼントを送る
プレゼントサポーター活動を、

佐々木さまは、今年京都で、日本JCとの連携による、
アジアのこどもたちと日本の子どもたちが
手を取り合って、震災後の復興と未来を考える
新しい時代のリーダー育成プロジェクト「子どもサミット」を
進めていらっしゃいます。


そして、サウンドセラピーのお時間です。

xxDSC01465xxDSC01466

サウンドセラピーは、呼吸と思いで、
からだの免疫力が上がることを実感できる
ワクワクする楽しいセラピーです。

最後は、みんなで手をつないで
「ふるさと」を唄いました。

被災地の現状を考えると
いつものコンサートとは違って
みなさまの「ふるさと」の歌声の重みを胸に感じました。


日本に降り注いだ災いを
一身に受けて、懸命にこらえている被災者の方々に
何もできていない自分が
いつももどかしい気持ちでいっぱいです。

なのに、福島の方々に抱き締められ、

「あたしたちなんか、津波にあったわけじゃないから
 帰る家があるから恵まれてる。
 なのに、外からわざわざ福島に来てくれてありがとう」

と温かい言葉と共に涙を流していただいて、
Aikaは驚いて涙が止まりませんでした……

励ましに行ったつもりでしたのに
逆に元気をいただいている、
愛と感謝に満ちた時間でした。

またぜひ、再訪したいと願っております。
みなさま、ありがとうございました。


aika_magic at 07:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2011年06月23日

海岸沿い〜原発近くの町、福島の現在です


こんにちわ、サウンドセラピスト Aikaです。


会津若松のサウンドセラピーの次の日、
静岡の伊東から
NPO 日本を美しくする会の代表をなさっている白鳥さまと
姫路から、トータルマナー研究所の副所長をなさっている
山本えりちゃんのおふたりが、
遠方からいらしてくださって合流しました。

xxDSC01388

前日から福島に滞在なさっている
京都の成基学園グループの佐々木会長もご一緒です。

みな、Aikaの大切な友人であり、
利他の心で、この日本をもっと良くしていこう、
子どもたちのために素晴らしい未来を築き上げていこうと
日々尽力なさっている「道の友」でもあります。


須賀川でのコンサートの前に、
福島の現状を少しでも知っておきたいと、
プリムラ保育園のフミちゃん先生や地元の方々に
回れる範囲まで案内していいただきました。

xxDSC01389

行きましたのは、津波の被害のあった海岸の町・いわきから
避難準備区域に入っている広野町までです。


郡山から広野町まで
日曜日なのに、ほとんど、ほかの車と行き交いません。

「もともと、地元の人間も、用がなければ
 あまり行かない地域ですからね。
 ましてや今では、
 少しでも原発から遠ざかりたいというのが
 福島の人の素直な気持ちです……」

案内してくださった方の率直な言葉です。


いわきの海岸は、瓦礫は片付けられて
そこかしこに積み上げてまとめられ、
震災直後の報道の悲惨な光景の時から
復興の兆しが見えていることを感じました。

半壊したままの建物で市場も行われていたり
営業している飲食店もありました。
新しい家屋なども建設されています。

その光景は、あれだけの震災があったあとでも、
それでもまだ自分の町に住むんだという
住民の方の気概と、故郷への愛を強く感じました。

ですが、海岸沿いをずっと走っていると
家や建物のほとんどはまだ崩壊したままで、
本来、海にあったはずのテトラポットが
小川の中に転がっていたり、
津波の被害の大きさを、今もなお、
生々しく感じました。

海岸沿いの地域のお写真は、
その時のAikaの心では、
シャッターを押すことができませんでした。
手を合わせて、犠牲になった方々の
鎮魂を願うばかりでした。


xxDSC01390

この日はお天気が良くて暑かったのですが
案内してくださった方は、マスクに帽子、長袖姿で
無防備な姿で行ってしまったAikaは
現地の方の防御への意識にはっとしました。

一台のマイクロバスが行き交ったのですが
そこに乗ってる方は全員、真っ白な防護服姿です。
福島から遠く離れた京都にいてはわからない、
原発への緊張感を実感しました。


避難準備区域に入っている広野町は
現在、人口約5000名のうち
4800名ほどが避難しているそうです。

xxo0640048011303609970

役場の機能もおとなりのいわきに移っているのですが、
当直の職員の方がいらして、
いろいろお話してくださいました。

xxDSC01391xxDSC01392

避難区域が解除されたとき、
いつでも町民の方が戻れるようになさっているとのことですが、
やはり、放射線のことがあって
子どもたちは、しばらく帰ってこれないのでは……
と伺い、胸が痛みました。


一歩外へ出れば、お天気はよく、みどりは美しく、
花は咲き、蜂や蝶が飛び、

人間以外の生命にとって
日々の営みは、昨日と変わらず行われていて、
町だけがひっそりと、主人たちの帰りを待って、眠りの中にいます。
それは、とても不思議な”静けさ”です。

xxDSC01386

家は、人が住まないと痛むといいますよね。
では、それが「町」ならばどうなってしまうのでしょう……


「僕は、天栄村という村に住んでます。
 以前は、日本で一番、水がキレイな場所と言われていました。
 でも今は……」

 
「私は、わかめとか梅干しとかお味噌とか
 意識していつも摂るようになりましたが
 逆に、”今さらそんなことしたって……”と
 ちょっと自暴自棄になってる人もいます。

 いつもみんなで

 ”放射線に、色がついていればいいのにね”

 と言っています。

 そしたらまだ、目で見えるから納得できるし
 その日の放射線量がわかって安心ですよね。

 目には見えないから、いつもと変わらなく見える。
 けれども、自分がわからないうちに
 どんどん溜まっていっている。それが怖いです」

ご一緒した、地元の若者の方々の心からの言葉です。

時間が限られていて駆け足ではありましたが、
この福島の現状を肌で感じてから
須賀川のコンサートへ向かいました。



aika_magic at 09:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

会津若松の隠れ家レストラン「独鈷」に伺いました!

こんにちわ、サウンドセラピスト Aikaです。

キャンドルナイトのあと、
大切な友人の加藤英子さまからご紹介いただき、


xxDSC01350


古民家レストラン「独鈷(どっこ)」

に伺いました。


xxDSC01353xxDSC01354

こちらは、自然薯を中心とし、
地元の山菜やお野菜がメインの自然食レストランです。

古民家を改造していて
今も実際にお住まいでいらっしゃると聞いて驚きました。
ほんとうにステキなお宅なんですよ。


xxDSC01382


お店のお名前の「独鈷」は実は名字。
ご家族のみなさまでご経営なさってるんです。

xxDSC01364

こちらが、店長さんの独鈷さんです。


お料理は、どの一皿も、清冽な山の気を
細胞に取り入れているような気持ちになる
清々しい味わいのお料理です。

突き出しの山菜や浅漬けからはじまって
山ウド、キクラゲ、たらの芽などをさっと煮たものが。

xxDSC01357xxDSC01360

xxDSC01361xxDSC01362

東京で食べる山菜とは、香りや味の鮮烈さが違います。
わらびやこんにゃく刺身もヘルシーでうれしいですね。
雪の下で発芽したアスパラのてんぷらは
甘みが断然違うのだそうです。お抹茶塩でいただきました。


xxDSC01368

締めは、自然薯のトロロ汁。
おかわり自由の五穀米でいただけます。
秋は麦めしもいただけるそう。


お店の奥には、倉を改造した個室も。
この空間は、とても良い気が満ちていて
まろやかであたたかな空間です。
ご献上米を保存していたこの倉は
置いておいた食物が腐らなかったそうです。

xxDSC01374

いつの間にか、背中に羽根が生えたような気持ちになり
自然に、梯子を昇って、蔵の2Fから唄っていました。
奥様が従業員全員にお声がけし、即興でミニコンサートに。


xxDSC01377

階下にはピアノも。
お嬢さまの持ち物を、大切に調律なさったそうです。
優しい優しい音色でした。


こちらのレストランは、実は、3月の開業準備の最中に
震災に合われたのだそうです。

xxDSC01380

開業までにさまざまなご苦労があったのではと思いますが、
からだにいいものと、地元のいいものを
誇りをお持ちになって、創意工夫をこらされているのが
ひしひしと伝わってきました、


戻ってから、「独鈷」さんのブログを見つけ、
Aikaのことが書いてあってびっくりました。
http://blog.dokko.jp/?day=20110619


また必ず会津に伺いたいと思います、大好きな町になりました!



aika_magic at 07:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
記事検索