2013年02月

2013年02月25日

3月の講座予定

画像1


3月3日 鹿児島 楽人会様
3月8日 島根 延命寺様
3月10日 尼崎 マキ薬局様
3月18日 東京 ウエムラファクトリー様
3月20日日湘南台 椎の実会様


詳しくはホームページに掲載しているものもあります。


aika_magic at 10:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年02月24日

尼崎薬剤師会のミニコンサート

画像1


2月23日尼崎アルカイックホールミニで
市民講座に命に感謝してコンサートをさせて頂きました。

おかえりなさいを支える医療、在宅医療は今をテーマに
お医者様、看護師さん、薬剤師さん、のご講演があり、現在の在宅介護がとても理解できました。

まだ病院での看取りしか体験していませんでしたから
とても勉強になりました。

アルカイックホールは関西二期会オペラカルメンのデビューステージでした。

大学院を出たてのヒヨコのあいかは1800の客席も、オケピットも全てが巨大に見えて、
ブルブル震えていました。
ホールは大変古くなっていましたが、
音響の方は関西でノリが良く
アットホームでした。

薬剤師会会長の牧孝子さんのご縁ですが、
心の友とご紹介くださり嬉しいでした。

来月から講座も主催して下さるスーパーレディーです〜

ご縁に感謝して、初心に帰れる舞台でした。

aika_magic at 17:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年02月18日

着物学園本番

s-DSC03572


















田村洋子きもの学園30周年記念で
「笑顔は天の花・命に感謝して」を
講演させて頂きました。

伝統の美しさを継承する厳しい道と
お弟子様たちとの30年の歩みの絆の深さ
様々な観点から、粘り強く信念に向かう
女性のしなやかさ、強さを学ばせて頂けました。

田村学園長様の「あわの歌」の着付けまいは清らかで
光そのものでした。

s-DSC03580














娘は着物の所作を一から学び
本番は素晴らしい舞台姿でした。

長時間の着物でフィナーレは少し笑顔がこわばりましたが
お姉さまに囲まれて、沢山の体験が出来ました。

ご縁を心から感謝して。

aika_magic at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2013年02月16日

着物ショウのリハーサル

s-ki_














田村洋子きもの学園様の30周年記念に
笑顔は天の花・全ての命にありがとう
を明日講演させて頂きます。

s-_ki_


















田村校長先生に白の清楚な着物を
着せて頂きました。

手早く、美しく、そして着崩れしない
40年着物と共に歩まれた歴史を感じます。

s-1ki














明日は花魁道中もあり、大変華やかです。

リハーサルの度に様々着物に応じた所作を
学ばさせて頂いています。

明日が楽しみです。


aika_magic at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ママまっています

s-mama














東日本巨大地震が引き起こした大津波で一人ぼっちになってしまった4歳の女の子

ママへ。 いきてるといいね おげんきですか」

昆愛海コンマナミちゃん(4歳)が行方不明の母に手紙を書いた「おげんきですか」ここまで書いて疲れて寝てしまった

 

岩手県宮古市 保育園にいた時に強い揺れがあった迎えに来た母親と自宅に戻った

入り江を望む高台の家に非難だが巨大な大津波が襲った波は30メートル以上もの高さに達したと言う

両親と妹は引き潮にさらわれ行方不明に愛海ちゃんだけが通園用のリックが漁に使う網に引っかかり助かったらしい

祖母とは1週間後に会えたが言葉も忘れてしまうほどショックが大きかったという

自宅へは今も近づくのを嫌がる祖母の家に非難させようと思うのだが愛海ちゃんは

 

ママが帰ってくるまでここで待ってる」と聞かない

パパから電話かかってくるかな」と

同地区は今も携帯電話が通じない、それでも電源を入れ父の携帯電話をぎゅっと握り締めているという

愛海ちゃんは今日も入り江を見つめているらしい

s-__















求めた答えは全て自分の
心の声を信じて
哀しみ越えて 光に出あえる

ごめんね ゆるして 忘れかけていた
心の中の小さな 子供の自分を
優しく 抱きしめ

ありがとう の一節です。

今 外に向かう意識を
静かに内側に向けたら
そこに 小さな 貴方が眠っているでしょう

優しく声をかけて下さい。

福島の子供たちとの大切な繋がりは
けっして 自分と切り離される事の無い
私自身です。

来週の魚沼市の震災復興イベントのテーマを
静かに見詰めたら この記事がビジョンで
現れました。

何故、一つと思えないか?・・・
違いを感じるか?・・・
エネルギーが分散するのか?・・・

一緒にハートの声に聞いてみましょうね。

素敵な心の旅です。

 


aika_magic at 09:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
記事検索