2018年11月13日

カンティーガ

久しぶりの休日はスペインで唯一購入した
中世の音楽CDをかけて暖まりながら
静かに家で過ごしました

美しい素朴な音楽は部屋の空気が澄んできます
スペインのCDの音楽の解説を少し
マリア信仰のある方は是非お勧めです

カンティーガ(Cantiga)とは
中世西洋音楽のひとつで
イベリア半島における単旋律の歌曲
頌歌(しょうか)ともいう

13世紀レコンキスタの盛んなイベリア半島で王であった
アルフォンソ10世(El Sabio賢王)が編纂した
「聖母マリアのカンティーガ集」

ガリシア語による聖母マリアによる救済と
その奇跡の讃歌を中心をした詩

モンセラートの朱い本(Llibre Velmell de Monserrat)は
スペインカタルーニャのモンセラート修道院に伝えられた
10曲からなる素朴で美しい曲集である
いずれもアラブ音楽の影響を受けている

混乱した現代人の脳を鎮めるのに
この時代に遡り感覚を目覚めさせるのも
良い休日になるかもしれませんね

130C302B-E767-489E-B00D-68CD0790CDF2
62965D17-9BA0-4BB5-9E5A-FC6A2874DAAA


 


aika_magic at 09:36│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
記事検索