愛歌会オペレッタミュージカル 主宰者 愛染千絵子 オフィシャルブログ

愛歌会オペレッタミュージカルスクールを主宰し、舞台芸術プロデューサーとして、オリジナルの作品創作や古典等の作品の魅力を追及し、舞台化し続けている。また、声楽家として、オペラ、コンサート、オペレッタミュージカル、イベントのゲスト等に多数出演し、芸術家としてもパワフルに活動中!

最新ニュース

<第12回東京国際声楽コンクール Web要項公開・申込開始>

東京国際芸術協会「東京国際声楽コンクール」事務局様より、6月の末から始まる全国コンクールの募集開始の連絡と告知要請が入りましたので、取り急ぎお知らせさせて頂きます。

kokusai14

東京国際声楽コンクールHPトップページ→ https://www.tiaa-jp.com/tivmc/

今年はイベントの開催はどのジャンルでも中止や延期で大変な様子ですが、コンクールは基本的に
【無観客で、広い会場のステージ上の歌唱者・伴奏者と、客席に点在する審査員という環境と状況】で、充分な配慮と準備がなされた上で行われます。

今年は課題内容の拡充や、賞金の増額もされているとのことですので、日頃から歌を愛し、歌う事を楽しまれておられる皆様、上記ページから要項や部門をチェックしてみて下さい。


私も7/18日(申込締切6/29日)香川地区大会(サンポートホール高松・第2小ホール)の審査員としてご協力させて頂きます。

kokusai2

どうぞよろしくお願い申し上げます。  愛染千絵子

<愛歌会 YouTubeチャンネル更新のお知らせ>

昨秋(10/13)、愛歌会30周年記念公演として開催しました『和すとりあ3』(史跡高松城跡玉藻公園披雲閣大書院)の演目から抜粋してYouTubeに動画を順次アップロードしていますので、ご視聴下さいませ。

YouTube 愛歌会チャンネル ↓ 「aikakai」と検索下さい
https://www.youtube.com/channel/UCoyEF-oHDcMJ95IdRpF0T1A/videos?view=0&sort=dd&shelf_id=0

aikakai14




<写真展ご紹介 他 ご報告>

愛歌会の公演や季節の催し等で写真を撮って下さっている村尾 彰さんの写真展『舞う・打つ・踊る』が、高松市内のギャラリー喫茶で開催されています。

0313595599388672_n

展示作品の中には私を撮影頂いたものもあって、早速、お祝いの花持参で駆けつけました。

52246296576_n

写真展『舞う・打つ・踊る』
場所:ギャラリー喫茶 アート・プラザ(高松市藤塚町2-7-15)
期間:3月3日〜29日
時間:10:00〜17:00(最終日15:00迄)
定休:月曜、第一第三日曜

4997963793170432_n

モダンな店内には、舞う人物(私)や太鼓を打つ人物、居合いをする人物などが、その風情に合った背景で撮影され、展示されていました。

3957057836285952_n

44296090779648_n

「写真展が終わったら先生に寄贈します」と言って下さり、今から喜んでいます。
それぞれの人物が背景と調和して臨場感豊かに写されておりました。

3356100329472000_n

店内には、村尾さんや店主ご夫妻、私の他に、愛歌会関係者の中尾氏、北島さん、旧知である書道家の大矢根先生、写真がご趣味の柴田住職(奥様が昨秋公演を観て下さったとのこと)などが居合わせ、愛歌会の秋の公演や共通の知人の話などで大いに盛り上がりました。

07403123703808_n

933263293349888_n

363707776040960_n

そのうち、私を撮って下さった写真を背景にして写真撮影会が始まり、皆さん達者な写真愛好家さんでしたので、飾り付けや照明まで動かしてくれて、これもまた大いに盛り上がりました。

0642770329600_n

123318661120_n

41621972926464_n

1960295113555968_n

36223786549248_n

秋の公演にも新規の可能性やヒントが生まれ、有意義な個展訪問となりました。
皆さんありがとうございました(^^)

6_3304298561935507456_n

さて2月には、昨年に画家さんや美術の先生方のグループSENのモデルに私がなった作品が展示会に出展されました。(以前からちょくちょく油絵の先生等を通じて絵画グループの要望に応え、着物を着てモデルになっていました。)
残念ながらこちらの方の展示会には行けませんでしたが、写真を頂いたのでアップしておきます。

aizen-kaiga1

aizen-kaiga2

*最後に、大変残念なのですが、高松市の国分寺ホールさんで3月20日に予定されていた、『伝えたい 日本の伝統芸能』というイベントに愛歌会も出演が決まっていたのですが、コロナウィルスの予防の為、【中止もしくは5月5日に順延(未定)】になりました。(またお知らせ致します)

_144449~2

全国の学校が休みになったり、大小イベントのが中止が相次ぐ大変な状況ですが、皆様どうぞ御自愛下さいませ。

愛歌会  愛染千絵子


<訪問公演のご報告>

seto-miyabi226-1

先日、高松市林町にある高齢者施設「瀬戸雅」さんにて、かなでの会さん主催の『音楽と歌と舞踊を楽しむ会』にゲストとして出演し、地唄や童謡、ミュージカル曲などの創作舞踊と、急遽、歌唱のサポートもさせていただきました。

25025455013888_n

495595072552960_n

1121840758784_n

話を繋いでくれたフルートの北島さんが急な事情で出演できなくなり、日程変更も検討されたのですが、公演の前日に、かなでの会代表でピアノ担当の巾さんに私のレッスン室へ来ていただいて、演奏予定の曲を数曲、私の歌唱と巾さんの伴奏であわせ、北島さんの不在を私が補うことになりました。

380535496704_n

3065588793344_n

50731521818624_n

そんなわけで、訪問会の冒頭から最後まで私は出ずっぱりという状況で会場の方々に楽しんでいただきました。

180841636298752_n

57602792947712_n

44193593344_n

5776721920_n

演目は、予定を変更して冒頭に地唄創作舞「八千代獅子・雅の舞」をもってきました。(後で何曲も歌うことになりましたので)
これは、「幻舞・八千代獅子」を生演奏から簡易的にCDの再生にし、中尾氏のキーボードをあわせたバージョンで、「雅の舞」という特別版のタイトルにしました。

2167374607745024_n

44159003115520_n

69610086400_n

8419468312576_n

それから、「知床旅情」「スキー」「早春賦」「おぼろ月夜」など、高齢の方々が一緒に歌い易い曲ということで巾さんが組み立てたプログラムを私が歌って先導しました。

349231824896_n

52081573822464_n

13842929205248_n

その後、訪問公演に慣れてらっしゃる巾さんのレクリエーションの時間があり、季節柄「うれしいひなまつり」を私が歌って踊り、「いい湯だな」の手拍子で盛り上がったところで、ミュージカル曲「共にいてアルゼンチーナ」(『エビータ』から)を歌いながら踊り、終演いたしました。

02115991339008_n

431035555807232_n

1452235743232_n

893362417336320_n

駆けつけて下さった、愛歌会のファンの方々の助けや支援もあって、訪問会は皆さんに大変好評にて無事終えることができ、終演後も皆さんの質問に答えたり激励いただいたりと楽しい時を過ごさせていただきました。

0384835503325184_n

02509844480_n

411788938969088_n

0355466452992_n

この施設は、私の自宅からほど近いところにあり、和風の佇まいで茶屋も併設していて、以前から一度訪問してみたかったので、今回、ゲストで歌も踊りも披露でき、皆さんに喜んでいただいて、私も嬉しかったです。

193632764985344_n

お世話になりました関係者の皆様、ありがとうございました(^^)

11160224137216_n

愛歌会  愛染千絵子

011829248_n

6729588604928_n


TAG会『新春芸能発表会』ゲスト出演のご報告

999397303681024_n

去る2月11日・建国記念の日に、昨年の同日に続きまして、NPO法人TAG会(高松エアポートエリアグループ交流会)様の『第22回 新春芸能発表会』に、愛歌会としてゲスト出演させていただきました。

21558247768064_n

41723467776_n

207797248_n

とても広くて豪華な会場(高松国際ホテル 瀬戸の間)では、午前9時から午後6時頃まで100数十人の出演者が、それぞれに歌や舞踊などを次から次へと披露し、沢山の観客の方々も、お弁当付きの券でくつろぎながら舞台を楽しんでらっしゃいました。

7717831524352_n


192970280960_n

衆参国会議員や県知事さん、県・市議長ほか地元の名士の方々も続々とお見えになって挨拶されたり、なかには一曲歌って帰られる方もいました。

8446335720420802560_n

351330492416_n

実行委員長の佐藤好邦先生や西川理事長さんによる開会宣言後、来賓挨拶、国歌、県民歌斉唱に続き、私たち愛歌会は、和太鼓集団の満天さんと共にゲスト団体として、この大きな大会の演目冒頭を務めさせていただきました。

95405797376_n

47782553600_n

8445748469760_n

今春の私たちの演目は、昨秋『和すとりあ3』公演の一演目として披露した地唄の古典 「八千代獅子」+創作舞に、中尾麻沙也氏のキーボード演奏を加えて先日の『新春踊り初め会』で初披露した、「幻舞・八千代獅子」を更に完全なものにして、大きな会場と大勢のお客様やご来賓方々の前で、「平安な世の中が八千代に続きますように」という唄とともにお披露目させていただきました。

4064765140992_n

26202504986624_n

地方は、永木菊利先生(豊川会主宰)の三絃、東原操山先生(都山流大師範)の尺八、北島由美さん(愛歌会・永木社中)の箏の三曲編成でお願いしました。

5250748268544_n

200171783356416_n

『新春踊り初め会』からご縁が出来た着付けの大御所の先生に、鬘と裾引きの着付けをしていただき、古典の「八千代獅子」と斬新な「幻舞」部の創作舞いを思う存分に演じました。

4998163709952_n

41691394883584_n

0015792103424_n

『和すとりあ3』では千美季が私の振り付けで踊ったのを一新し、私自身でストーリー性とテーマを掘り下げ内容を膨らませ、キーボードが入る「幻舞」部分は創作舞踊らしい現代の間と乗りで斬新さも取り入れ完全燃焼して踊りました。

74443572002816_n

52460861620224_n

15702085632_n

82074507_4267520_n

私は日舞的所作を取り入れつつも、子供や若者にも分かりやすい現代性を取り入れた舞踊を古典の地方を用い表現し、"創作"することを主眼としています。
地方の演奏に関しましては、『和すとりあ』、『新春踊り初め』と同じ方々で構成していたので、皆さんと試行錯誤しながらご協力いただき、今回の形になったこと、演奏者の皆様の力を頂いて踊らせていただけたことを感謝しています。

2819207397507072_n

大きな芸能大会での冒頭ゲストという重責でしたが、佐藤先生以下実行委員会の皆様、ご協力頂いた先生方や舞台設営を助けに来てくれた五代君、会場の方、音響の方々の助けを借りて何とか無事に演目を終えました。(舞台終了後、ホワイエにて記念撮影)

286135320576_n

25106079662080_n

演目直後にとても嬉しい出来事がありました。舞台袖で出番を待つ小学生の男の子(理事長のお孫さん?)が、私の方に寄って来て「めっちゃくっちゃ格好よかった!」と目を輝かせて言ってくれました。
前夜遅くまでのリハーサルや衣装小道具準備の疲労がその子の言葉で一気に吹き飛びました。(^^)

大人の女性が着物を着て踊る姿を「格好よかった」と小学生の男の子が感動してくれた事に私自身も感動しました。
また、会場にいらした年配の女性にも男性にも良い言葉でお声がけ頂き、老若男女の方々が挑戦的でもあった「幻舞」バージョンの「八千代獅子」を好意的に観ていてくれた事に改めて感謝しました。

昨年に同じく、お弁当を食べながらしばらく出演者の歌や踊りを観て会場を後にしました。

9059081723904_n

333300043776_n

大きな舞台で新しい試みを実現させて頂いたTAG会関係者の皆様、演奏の諸先生方、着付けの先生方、スタッフの皆様、お集り頂いた皆様方に深く感謝申し上げます。

* 写真の中には、香川県写真家協会会長の森川先生に撮っていただいたものもございます。

255065931317248_n

3933512949760_n

愛歌会  愛染千絵子

かんざし源氏物語
源氏物語からインスピレーションを受けて製作したかんざしをご紹介します。
携帯でご覧になる方へ
QRコード
ホームページ
ビーズアート工房愛花
ビーズアクセサリーのホームページです。
Archives
コメント
  • ライブドアブログ