ブログ終了のお知らせ

「あいかけん」は「愛」の「カ」レー「研」究所。
ちょっとふざけて(愛という言葉を使うことに対する照れもありましたね)縮めて「あいかけん」




一人で「私、あいかけんでーす!」って言って勝手に始めたのが2007年の夏。




このブログ「あいかけんだより」の最初の記事は2010年8月。
その前から、手書きの「あいかけんだより」という通信を不定期に発行していましたが、
2011年に那須塩原市でお店を始めてからは、手書きよりもこちらのブログをメインに発信してきました。





お店をクローズしてからも「あいかけん」の名で、場所を変えながら活動を続けてきました。
このブログはその記録であり、思い出のアルバムのようなもの。





まだ「あいかけん」を名乗り始めて間もない頃、
とあるヨガのワークショップで
「自分が一番大切にしているものを手離す」という話が出て、
その時に、今の自分が大切にしたいのはあいかけんだなぁ、
と思うのと同時に、




いつか「あいかけん」を手離す日が来るのだろう。
そしてそれは、悲しむことではまったくない。




そんな確信に近い思いを抱いたことを、はっきり覚えています。





2010年8月の最初の記事に、
「これから大きく変化し、発展していく予定です!」と書いてありました。




実際、あいかけんの名前で活動していた約12年間、いろんなことがあり、変化もたくさんありました。
その中で、だんだんと「あいかけん」という名前が、そぐわないような気がしてきました。
まとっているいる服が似合わなくなってきたかのような。。。




一言でいえば「ムード」が変わったのです。




たぶん、前から何となく気づいていたんです。
そこから、私らしく時間をかけてしまいましたが、
幕引きもフェイドアウトが良いなぁと思っています。




昨年、人生の師と出会いました。
 ↓
愛がなければ、無に等しい


弟子だなんてとてもとても言えないような未熟者の私は、
ジャヤーナンダ先生にお願いをしました。
これから私は、たくさんの人たちにプラサーダを配りたいと思っていて、
それには今まで使ってきた「あいかけん」という名前はそぐわないので、
ぴったりの名前を考えていただけませんか、と。




ジャヤーナンダ先生は、
Prema Anna(プレマアンナ)という名前をつけてくださいました。



Prema(プレマ)は無上の愛
Anna(アンナ)は食べ物



これからは、プレマアンナ(愛に溢れた食べ物)を、
食べることで愛に溢れる、そんなプラサーダを配っていこうと思います。




Prema Anna のブログはこちらです。
 ↓
Prema Anna(プレマアンナ)の部屋





これまであいかけんを応援し、支えてくださった皆さま、ありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。






IMG_20190125_092929_671


ありがとうございました!~新緑のヴリンダーヴァンin秋田~

早春から季節は巡り、
秋田にも新緑の季節が訪れました。

P_20190514_113221
一年で一番気持ちのよい季節🌱
千秋公園も、我が家のお庭もツツジが見頃です😊
そんな中、うつむき加減でひっそりと咲いているのは「オダマキ」の花。





キショーリー・ダーシーさんをお招きしての3日間プログラム「新緑のヴリンダーヴァンin秋田」を開催しました。
P_20190511_120855
タイトルにちなみ、ランチは「新緑チラシずし」
プラサーダをお捧げしてスタート✨





プログラムは、ヴリンダーヴァンのキールタンから始まりました♪
received_598673493948389
歌うだけで、その場が一気にヴリンダーヴァンのムードに染まっていきます。

P_20190511_140852



P_20190511_195209
晩ごはんは、キチュリ(お米とムングダルのお粥)その他おかずいろいろ...
いただいたプラサーダも皆で分けて美味しくいただきました🙏






2日目は、お料理教室からスタート!
この日は「アルパラタ」をキショーリーさんに教わりながら、皆で作ります。
P_20190512_102204
茹でておいたじゃがいもの皮をむいて・・・




パラタに入れる中身を作ったら、粗熱を取っている間に生地を練ります。
P_20190512_104530
自分の感覚を頼りに、少しずつ練ってなめらかな生地に仕上げていきます。





そして中身を練りこんだ生地を、やさしく、やさーしく、平らに伸ばしていきます。
P_20190512_110509
やさーしく伸ばさないと、生地が破れて穴が開いてしまいますから・・・




でも、穴が開いてももちろん大丈夫!
最初は難しいけれども、チャレンジするのは大きな一歩です。





この日に使用したのは、ヴリンダーヴァンのムンゲルの手作りギー。
昨年ヴリンダーヴァンで初めてお会いした方が、ぜひ使ってほしい、とわざわざ送ってくださいました。
この日のために、大切にとっておいたギーで、平らに伸ばしたパラタを焼きます。




美味しそうな焦げ目のついたアルパラタができました!
P_20190512_122429
ラーダークリシュナも喜んでくれたかな~




あらかじめ作っておいたおかずも一緒に盛り付けて、ランチはこんな感じで❤
P_20190512_123753




みんなで「いただきます」の前に一枚😆
received_308612760038691
さてランチ後、お腹いっぱいになったところからの~




午後は講座です。




ん?お腹いっぱいで眠い?!😪



プログラムを組む順番、間違えたかな?😱
received_666715140437500
いえいえ~とんでもない!
午後からの講座、とてもとても濃い内容で・・・眠くなっている場合ではなかった!!




参加者お一人お一人の質問に答えていただく形式でお話が進んでいきますが、
そのどれもが、私が聞きたかったことの答えを含むものでした。
おかげで私、最後の質問者でしたが、順番が回ってきたときには既に答えが得られているという・・・




聞きたいことの答えがその場ですぐに得られる。
これって、当たり前のようで当たり前ではありません。
そんな時間を皆さんと過ごせるという奇跡のような時間。
このままずーっとお話を聴いていたいなぁ・・・なんて小さな子供みたいに思っちゃいます。






3日目。
この日のプログラムはジョーティッシュ鑑定のみでしたが、
キショーリーさんに逢いに来られる方がいたりして、朝からやっぱりにぎやかな我が家。
笑いあり、涙あり、サプライズありの3日間。
皆さま、たくさんお越しいただいて嬉しかったです。ありがとうございます。





帰る前に、どうしても母にお点前を立てたい!とキショーリーさん。
教わりながらも即実践。これぞ理想的なバクティを学ぶ姿勢です。
received_648832125528061
いつもどなたかにお点前を立てている栄子さんにどうしてもお点前を立てたかった、とキショーリーさん。
そうか、これが彼女の魅力なんだな・・・とつくづく思いました。
話したいだけことを話し、
やりたいことだけをやり、
同時に、何ものに対しても愛情を持っている。
愛情は持つけれども、執着はしない。





最後に、もうひとつのサプライズは、
自らデザインした風呂敷をキショーリーさんが帰られる前に、と届けにきてくださったMさん。
彼女はテキスタイル作家で、とても素敵な作品を作られるのです。




タイトルは「ヴリンダーヴァンに憧れるトゥラシー」
P_20190513_135036
早速、神像に敷いてみます。




何と朝3時半に起きて、作業してくださったのだそう。
時間的にはとても無理だと思っていたのに、自分では思ってもみなかった力が湧いてきた、と・・・!!!




そして木の台座は、一緒に企画主催したラーガニーさんの旦那さまの手作りです。
飾っているお花も、可憐な野の花をかわいらしい花束にして、Tさんが届けてくださいました。





3日間のプログラムが終わり、キショーリーさんが去り、
ようやく外干しできるようになった洗濯物を干しながら、
改めて我が家のお庭の野の花たちを観察します。
P_20190514_113346
こういう隅っこでひっそりと咲いているような子がかわいい、と母が言います。



この子が咲いているのは、掻いた雪を寄せておくような場所。
冬の間は雪の下に完全に閉ざされます。
それでも、あたたかくなったら何事もなかったかのようにちゃんと出てきて、
きれいな緑の葉っぱをのばし、
小さく可憐な黄色い花を咲かせる。



この子の姿を見て、朝から泣きそうになっちゃいました。



喜びと愛に満ち溢れた3日間。
大きく華やかな花も、
小さく可憐な花も、
たくさんの生命が入り乱れて、新緑の季節の到来をお祝いしました✨




P_20190514_113301
恥ずかしげに下を向いて咲く花もかわいいよね💕✨


新緑のヴリンダーヴァンin秋田 5月開催です🍀

新緑のヴリンダーヴァンin秋田2019
 〜家族のような聖地の愛を分かち合う3日間〜

  期間:2019年5月11日()・12日()・13日()

場所:あいかけん

(秋田市内、明徳小学校近く。ご予約いただいた方には詳しいアクセスをお知らせします)
IMG_0855

インドに伝わるヴェーダの中でも、「究極の聖地」として隠されてきたヴリンダーヴァン。

そこでは絶えず音楽(キールタン)が流れ、お食事はベジタリアンスタイルで、動物を含む生き物を大切にした暮らしが営まれています。

純粋な愛と笑顔の溢れるヴリンダーヴァンの暮らしをワークショップで体験してみませんか?

キールタンの 純粋な言葉、音で浄化され、バクティ・ヨーガのきほんの「き」を講座で学び、現地のお料理を皆で作っていただきます。

新緑のまぶしい季節、ヴリンダーヴァンを味わいに来てください。人数限定、プライベート感に溢れる、家族のような愛を分かち合う3日間となるでしょう。

☆ご希望の方は、ジョーティッシュ(ヴェーダに基づく占星術)鑑定も受けられます。

 この機会をどうぞお見逃しなく!!(詳細は2枚目裏ページを参照してください)

 

<講師プロフィール>

キショーリー・ダーシー(千葉 和江)
50304687_2328992080668890_4909002835980451840_n

ヴェーダ占星術師。早稲田大学卒業後、教育関係、保険、人事関係の仕事に従事しながら、各種ヨーガ、アーユルヴェーダ、コーチング等を通じ、究極の真理を探求した後、最高のヨーガ、バクティ・ヨーガに幸運にも巡り合う。日本人のジャヤーナンダ・ダーサ師の講義を2時間受け、人生は急変。インドの聖地ヴリンダーヴァンに住む聖者BV・サードゥ・マハーラージャ師に保護を求め、毎年ヴリンダーヴァンに長期渡航をはじめて、ハマる。現在では毎年日本人を中心とする巡礼者たちを案内している。ヴリンダーヴァンにて多くの自己を悟った聖者より祝福をいただき幸運にも恵まれる。ヴェーダ占星術では、アーチャーリャと認められ、占星術を通じ人々にカルマの真の情報を授け幸福にするという使命をいただいている。

HP インド占星術のラーデー・ラーデー https://radheradhe.themedia.jp


<プログラム>

【1】ヴリンダーヴァンのキールタン

日 時:5月11日()14:0016:00 

参加費:3000円(お茶・軽食代込み)

定 員:15名
FB_IMG_1552888467100

キショーリー・ダーシーとラーガニープリヤ(藤原佳子)のリードで、ヴリンダーヴァンのキールタンを行います。歌を聞きたい方、歌いたい方、ヴリンダーヴァンを感じたい方など、どなたでもご参加頂けます。みんなで集い、声を合わせて歌う「キールタン」をすることで、心を愛のエネルギーで満たしていきましょう。 純粋な言葉、音で浄化されに来てください。2時間たっぷり歌った後は、インドのスナックをいただきながら、交流のひと時を楽しみましょう。

 

<キルタンリード>

藤原佳子(ラーガニー・プリヤ)P_20181117_171822_optimized_1

キルタニスト。短大卒業後、仙台で教育・保育関係の仕事に従事、その中でヨガと出会う。ヨガの最初に唱えるマントラに心惹かれ、ヨガの学びを始め、ヨガインストラクターの道に進む。はじめてキルタンに参加した時に今まで経験したことの無い体験をし、3年前に秋田に帰って来たのと同時にキルタンを伝える活動をはじめる。 2018年ジャヤーナンダ・ダーサ師と出会い、念願の渡印、導かれるように聖地ヴリンダーヴァンに行き、バクティを学び、体験する。そこから生活は一変。愛する家族、出逢う全ての方々と丁寧に関係を築いていけるよう実践、日々学びを続けている。ヴリンダーヴァンに住む聖者BV・サードゥ・マハーラージャ師から【キルタニストとして歌で奉仕をする】という慈悲を頂き、秋田市内の自宅やスタジオで、キルタンの他にもヨガのレッスン、マッサージなどで精力的に活動中。

ブログ「raganipriyaの日記」https://raganipriya.hatenablog.com/

 

【2】ヴリンダーヴァンのお料理教室          

日 時:5月12日()10:0013:00 お料理教室&ランチ

講 師:キショーリー・ダーシー、村上 祐子

参加費:5000円(ランチ代込み)

定 員:10名
FB_IMG_1552888384642_1
 (写真はイメージです)

滋味に溢れ、愛に溢れたヴリンダーヴァンのお料理。現地で教わったレシピは「ベジタリアン料理は難しそう」「質素で物足りないのでは」そんなイメージを払拭してくれるものばかり。
厳選したメニューをお届けします。調理工程はシンプルですので、初心者の方もお気軽に参加していただけます。
教室終了後は、作ったお料理をいただきながら、ヴリンダーヴァンのお話を聞いて交流を深めましょう。

<お料理教室担当>


村上 祐子(アンナプールナ・シャクティ)received_342278543248196_optimized_1

スパイスおうちごはん「あいかけん」主宰。98年初めてインドに渡る。以来、普通の主婦が作る素朴な料理に魅せられ、一般家庭に滞在しながら料理を学ぶ。そのまま再現するのではなく、日本の食材を使って全く新しいものに仕立て直しながら、スパイスを日常の食卓に取り入れる楽しさを伝えている。昨年初めて訪れたヴリンダーヴァンでいただいた「料理を作って多くの人たちに配りなさい」という言葉を実現すべく、秋田に拠点を置きながらも、各地を旅して料理を提供する。

ブログ「あいかけんだより」http://blog.livedoor.jp/aikakendayori/



 

【3】講座「聞いてみよう!バクティ・ヨーガの実践ストーリー」

日 時:5月12日() 13:30~16:30 
講 師:キショーリー・ダーシー
参加費:5000円(お茶・軽食代込み)
※【1】【2】の両方にご参加の方は4000円となります。
定 員:15名
IMG_2101
 バクティ・ヨーガを約5年実践してきたキショーリー・ダーシーによる、対話形式の講座です。実体験に基づいた、バクティ・ヨーガのきほんの「き」のお話ですので、バクティ・ヨーガという言葉を聞くのも初めて、という方も気兼ねなく参加していただけます。

【テーマ例】
バクティと社会生活とのバランスについて人生の7つの疑問について
ヴリンダーヴァンツアーについて/アストロロジーについて
マントラを唱えること、瞑想の実践について/菜食料理と捧げ方について

 

 

【4】ジョーティッシュ鑑定
   
~運命を知り、不安から解放され、幸せに豊かに生きる~
     ※赤文字は予約済です。

日 時:511() 16:3017:20 17:3018:20 18:3019:20
    
512() 17:0017:50 ⑤18:0018:50

   513() 9:00 9:50 10:0010:50 ⑧11:0011:50

料 金:お一人様5010000円(【1】【2】【3】の何らかのプログラムに参加される方)

※ジョーティッシュのみの方は5015000

※過去にキショーリー・ダーシーのセッションを受けたことのある方は
25
5000

*通常価格は75分2万円です。

インドに伝わるヴェーダによれば、私達は一人一人の前世の行いによって得たカルマ(その人生でなすべきこと)を持ち、生まれてくると言われています。

ジョーティッシュ(ヴェーダに基づく占星術)とは、一人一人のカルマについて、5000年以上インドに伝わる計算方法と経典に基づいて、鑑定を行うものです。

世界中に5000人以上の弟子を持ち、インドの聖地ヴリンダーヴァンに住む聖者サドゥ・マハーラージャ師の祝福と、30000人以上、30年以上の鑑定実績を持つヴェーダ占星術師(Dr.アーチャーリャ・P・サンジャヤ師)の教えに従い、インドの伝統ヴェーダ占星術による運命鑑定を日本語でお届けします。

生まれた時間と場所から、ご自身に与えられた運命を探求し、過去の出来事を受け入れ、未来をどのように過ごせば心の平安、幸福が得られるのか、アドバイスをしていきます。

 

 

お申込み方法

お名前・電話番号・参加希望のプログラムを記載の上、メールにてお申込みください。

※ジョーティッシュ鑑定をご希望の方は、希望の日時を①~⑧の中から第3希望までお書きください。

折り返し、メールにて詳細をご案内させていただきます。
vrindavaninakita@gmail.com
(藤原 佳子・村上 祐子)

ご予約確定後、キャンセルされる場合はできるだけ早くご連絡ください。
当日のキャンセルは100%のキャンセル料が発生します。ご了承ください。

 

 🌱皆さまとお会いできるのを楽しみにしています🌱

ギャラリー
  • ブログ終了のお知らせ
  • ありがとうございました!~新緑のヴリンダーヴァンin秋田~
  • ありがとうございました!~新緑のヴリンダーヴァンin秋田~
  • ありがとうございました!~新緑のヴリンダーヴァンin秋田~
  • ありがとうございました!~新緑のヴリンダーヴァンin秋田~
  • ありがとうございました!~新緑のヴリンダーヴァンin秋田~
  • ありがとうございました!~新緑のヴリンダーヴァンin秋田~
  • ありがとうございました!~新緑のヴリンダーヴァンin秋田~
  • ありがとうございました!~新緑のヴリンダーヴァンin秋田~
  • ライブドアブログ