小松クラフトスペースさんでの「秋の収穫祭」

夏の「バーンロムサイ展」で初めて出店の機会をいただいた駅前の小松クラフトスペースさん。
呉服屋さんであり、世界各国の雑貨がたくさん陳列してあるという、それだけでも不思議な空間なんですが、


さりげなくこんなものも置いてあったりします。
[画像:a09692cd-s.jpg]
「特殊飲食店」って正にあいかけんじゃない?!と早速入手しましたが、一体どこに貼りましょう…(^_^;)


そんな愉快な小松クラフトスペースさんにて、秋の催事と収穫祭が行われるということで、再び出店して参りました。

[画像:28641bd5-s.jpg]
呉服屋さんであり雑貨屋さんであり、そして店頭にネギやらリンゴやらトマトやらが並んでいる小松クラフトスペース…


店内に入ると、入り口でいきなりカレーの香りと共に所長にお出迎えされるんですよ(笑)
[画像:da55505b-s.jpg]
初日はパオバジ。
前回に引き続き、大田原のなまけもののパンと勝手にコラボしました✨


物販コーナーではいつものチャイマサラセット、ビギナーセットに加えて、ラドゥと激辛青唐辛子ピクルスを販売しました。
[画像:4289fbad-s.jpg]
ピクルスを味見できるようにしたら、食べた人が次々に購入してくださり、めでたく完売🎊


2日目はサモサ&青菜のグリーンチャトニ。
[画像:b75c6f32-s.jpg]
中身は定番のじゃがいもです。


3日目は、ひよこ豆といろいろお野菜のカレー&プーリー。
[画像:c348c868-s.jpg]
インドの「揚げパン」プーリー。ひよこ豆カレーと食べるのが定番です。
カレーに調子に乗ってじゃんじゃん具を入れて、具がゴロゴロの贅沢カレーになりました。


小松さんでの催事は、10月が「秋展」、11月が「冬展」です。
[画像:f5223934-s.jpg]

[画像:c67dc823-s.jpg]
期間中の週末は、農産物の店頭販売などもあります。皆さん、ぜひ覗いてみてくださいね😄愉快な小松ファミリーが迎えてくれますよ~

「祈るような」気持ち

カレー弁当を作りました。

[画像:0141c139-s.jpg]
ドライキーマカレーと、ひよこ豆と野菜のカレー。
特別なスパイス遣いをしたわけでも何でもない、何の変哲もないただのシンプルなカレーです。



ちょっと元気がなかったり、

動くことが難しかったり、

生きることが何だか辛くなってしまったり…



そんな人がいると、お届けしにいくカレーです。



今日、たまたまテレビに槍ヶ岳が写っていて、
天狗池に写る「逆さ槍」が何とも言えない美しさ😌



もう14年も前のこと。ちょうどこの時期、金木犀の香りがする頃に槍ヶ岳で亡くなった友人がいて、



そう言えば、お葬式にサモサ作って持っていったよな~


そんなことを思い出したり、



そう言えば、最初にサモサ作って持っていったのは、もう死にたい、そう言って電話してきた友達にだったなぁ~


そんなことも思い出して、



あの頃と同じようなこと、今でもしているなぁ、

ここが原点なんだよなぁ、


そんなことを思います。




生きてる限り人は食べるし、
人が死んでも、集まった人たちは食べる。



そう言えば、父親が亡くなった日の夜も、カレーを作っていたし。
翌日、朝から親戚が集まってくるから、
人が集まったら、食べさせなくちゃならないからね。


カレーを作れる自分がちょっとだけ誇らしかったんだな😁




「塩をする」とき、スプーンを使うのがどうしても苦手です。
三本の指でつまんで回し入れないと、美味しくならないような気がしてしまう。



その時にね、自然と「祈るような」気持ちになるんです。


頼むよ~
美味しくなってくれよ~
お願いしますよ~


ってな感じにね😌




三本の指でつまむのも、回し入れるのも、儀式みたいなものなんだけど、


それをすると、何と言うか勝手に「祈るような」気持ちにさせられる。そんな感じ。


お豆腐屋さんなら、にがりを打つ時に、そんな感じになるんじゃないのかなぁ…なんて勝手に想像しています。



「美味しくなあれと心を込めて…」って言われても、


そんな気持ちになれない時もある。

泣きながら料理しなきゃならない時もある。

疲れちゃって、心なんぞ込めてられない時もある。


そんな時も、三本の指で塩をつまんで回し入れる、その瞬間はやっぱり「祈るような」気持ちになるんだよね。



「祈る」ってそういうことなのかもなぁ、と最近思います。

(眉間にシワよせて、頭を垂れなくても良いよね😅)



美味しく作りたい、とか
美味しいの作ったるでぇ~というよりも

(そういう時はなぜか大したことないものができるんですよ…なぜか💧)



全面的に降伏しますので、あとはよろしくお願いします!的な、all surrender な感じでいくと、



なぜか美味しいのができるんですよ…なぜか😌



人の手はただの手だけれど、



信じて託すことができた時、初めて良い仕事をしてくれるみたいですよ~


























11月7日(火)インナーチャイルドのお話会&カレーランチです!

8月にあいかけんにてインナーチャイルドのお話会をしてくださった、La vie scintiller の秋山愛子さんを、11月に再び秋田にお呼びすることになりました!


今回は、お話会を二本立てで開催します。


一本目はこちら。
[画像:8dd95f75-s.jpg]
「インナーチャイルドのお話会」

日時:2017年11月7日(火)10:30~12:30 お話会
                                               13:00~14:00 ランチ

場所 :スパイスおうちごはん「あいかけん」

参加費:4500円(ランチ代込み。お話会のみの参加費は3000円)
※再受講制度あり。再受講される方はランチ代込みで3500円、お話会のみの参加費は2000円となります。前回配布した資料をご持参ください。

当日は、あいかけんのカレープレートをご用意させていただきます。



8月のお話会の様子です。
[画像:1ffaa0ea-s.jpg]
8月のお話会に、私も参加させていただきました。
愛子さんのお話は、わかりやすい例を用いて、何だかよくわからない…という事柄をとてもわかりやすく説明してくれます。話を聞いていて、わかるわかるそれ!あるよねそういうこと!いるいるそういう人!と、膝を打ちたくなることも。
そして、わかっているようでイマイチよくわからない、ぼんやりとした輪郭だった「インナーチャイルド」が、くっきりとしてきます。

前回、参加したかったけれどもできなかった、という方も、
もう一度お話を聞いてみたい、という方も、


この機会にぜひ、愛子さんのお話を聞いてみてください。


お問い合わせ・ご予約は、
09058450165またはgauche.nighthawk@gmail.com(あいかけん・むらかみ)まで。


皆さまのご参加をお待ちしています。
ギャラリー
  • 小松クラフトスペースさんでの「秋の収穫祭」
  • 小松クラフトスペースさんでの「秋の収穫祭」
  • 小松クラフトスペースさんでの「秋の収穫祭」
  • 小松クラフトスペースさんでの「秋の収穫祭」
  • 小松クラフトスペースさんでの「秋の収穫祭」
  • 小松クラフトスペースさんでの「秋の収穫祭」
  • 小松クラフトスペースさんでの「秋の収穫祭」
  • 小松クラフトスペースさんでの「秋の収穫祭」
  • 「祈るような」気持ち