2006年05月

2006年05月30日

*My story*



こんばんわ☆彡



今夜は 1stミニアルバム

『この場所から…』

の5番目・最後の収録曲になります







   『My story』



とても明るく元気な歌ですね(^O^)私は『My story』が大好きなんです(*^_^*)

『路上集1号』にも収録されていますが 別々に書いていこうと思います☆


メロディーを聴いていると、ワクワク感やドキドキ感がすごく伝わってきて、まるで冒険しているように思います。

この時のあいちゃんを思いながら聴くと 『まだ分からない事だからだけど、とにかく前に進もう。何もしなければ何も変わらないんだ。壁にぶつかったっていい。笑顔でいよう!前向きにがんばっていったら何か変わるかもしれない。』

そんな気持ちを持ってこの曲を作ったように思えます。


先日 家からすごく離れた場所にある公園に行ったんです。私の娘 マロンをつれて(*^_^*)

結構広い公園で山とまでは言いませんが、ちょっとした小山があり そこを軽く山登り感覚で階段を登っていきました。
‐すると いい感じの広場になっていました。大人はゆっくりくつろげて、子供は元気よく遊べるような 私が今まで見てきた公園の中でも一押しに思いました。
ベンチに座って一休憩。マッサンは一人でちょろちょろ。しばらくして、
『さぁ行こうかね!』
って言って帰ろうとしたら何とカーブとかがあって結構長くておもしろそうなローラーすべり台が!!
久しぶりにすべりたい!!と思ってマッサンを無理矢理抱っこして すべっちゃいました(σ^∀^)σ
その時に〜!!!ちょうどMDから『My story』が流れてきて超最高でした(^O^)v森の中くぐってローラーすべり台すべって気持ち良かった〜o(^-^)o♪

…でも子供みたいに体重軽くないしマッサン抱っこしてたから おしり痛かったです(>_<)でも楽しかったo(^-^)o

以上『My story』の楽しみ方でした\(^O^)/






駆け抜けた空から 君の持つえのぐで

誰も真似できない 明日を彩る



勇気への糸をつむぎ 飛び出そう あせらずに

悲しみ笑顔で包み 最後まで つづろうよ

My story
aikawashimanoriko at 23:56|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2006年05月29日

*天使たちのメロディー*

こんばんわ☆彡

今夜は1stミニアルバム

『この場所から…』

の4番目に収録されている曲。






『天使たちのメロディー』


路上の天使現わる。川嶋あいを代表する曲の中の1曲。とてもきれいな音色。とてもきれいな歌声。本当に天使ですね。

ですが歌詞を読むと哀しい。。胸に突き刺さる言葉の連続。少し哀しいメロディー。叫びにも聞こえる声。でもなぜだか美しく思えてしまう。
だんだん 幻想的な世界に包まれまるで おとぎ話を聞いているみたい‐。

教会にさまよい続ける一人の少女が入ってきた。少女はうつむいて哀しい顔をしている。今まで泣いていたのか哀しい顔なのに少しすっきりしているようにも見える。
少女は何を思ったのか独りぼっちで歌い始めた‐。

聴いたことがない歌だった。どうやら手作りの歌みたいだ。
少女の声はとても澄んでいてきれいだった。教会に響き渡るきれいな歌声。  しかし少女の歌う歌は どこか哀しげ。絶望した歌に思えた。だが聴いているうちに絶望のなかに希望を持っているようにも思えた。
少女のきれいな歌声には理由があった。両親との夢でもあった歌手への夢。その努力は少女の歌声と歌詞を聴けば どんなものかわかる。。

歌いながら少女は二筋の涙を流した。
朝日が差し込んできた。少女は光に照らされた。



すると 扉が開いて人が入ってきた。
一人、また一人と次々に入ってきて気付けばたくさんの人々が少女を囲んでいた。
みんな少女の歌声に引き寄せられ入ってきたみたいだ。みんな笑顔で少女の歌声を聴いている。
気付けばみんなでメロディーを奏でていた。
歌い終わり歓声がわきおこった。
少女は笑顔を取り戻し歩き始める決心をした‐。







どうですか??o(^-^)oおとぎ話を作っちゃいました(*^_^*)モデルは もちろん 路上の天使こと川嶋あいちゃん♪
歌声に引き寄せられた人々はスタッフやFanのみんな(*^_^*)
なかなか いい作品になりました♪

ヤバいな〜もう1つのおとぎ話版『路上の天使』作っちゃった〜(笑)あいちゃんにも聞いてほしいなo(^-^)o☆彡



話変わりますが今 実は朝の7時です。眠いよぉ!!今日私寝てないんです!!(*_*)
だって…中途半端にお昼寝しちゃって眠れなかったんだよぉ。
気付けば朝の5時前。窓から明るい空が見えて…ナチュラルハイになってきちゃって物語り書きたい気分だったんだよぉぉ。。。

でも いい時間を過ごさせていただきましたo(^-^)o感謝♪感謝♪

…でもね 実はね…せっかく1時間もかけて書いたのに手がすべっちゃってデータがなくなっちゃたから もう一度書いちゃったんだよね。疲れた。。今から準備して仕事…フフフッ笑っちゃうぜ☆彡

あ あ あ あと!!ブログを書いているとき、私はセレクトした曲をCDコンポで一通り聴いて、MDプレーヤーにかえて歌って、その後にリピートしながら書いてます。だからみなさんにも ぜひ テーマの曲を聴きながら読んでいただきたいと思っています(*^_^*)
みんなで一つになりましょう☆彡☆彡






空に浮かん一つの星は 輝く明日を待ち望んで

こわれたからを少しずつ破って 今朝日浴びて散る 




☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡
aikawashimanoriko at 22:21|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)

2006年05月28日

*未来への道*

こんばんわ☆彡☆彡

ブログの天使こと ちえです

今夜は 1stミニアルバム

『この場所から…』

の3番目に収録されています



  『未来への道』



すごくノリがいい曲ですね♪人生の応援ソングとも言えるこの曲。何か壁にぶつかった時に聴くとすごく勇気をもらえる、『前に進もうよ』と あいちゃんからメッセージをもらってるそんな気がしますねo(^-^)o

ぜひ一度ゆっくりした弾き語りでの
『未来への道』聴いてみたいものです。

未来への道。それは夢に向かって突き進む中での道。最近よく思うのですが 人生本当に1度きりなんですよね。悔いのない一生を送りたいものです。何か目標に向けて人生をかけて突き進むのって勇気がいります。が すごく魅力的で素敵です。
アーティストやスポーツ選手・トップアスリートetc…。何でもいいのですが 幼い頃から遠い未来・夢に向かって突き進むのってすごい。幼い頃から抱いてるものがあること自体素晴らしいです。

目標って大きければ大きいほど時間が必要とされやすいです。ですが突き進むことに対しては年令とかあまり関係ないと思います。大切なのは目標に向かう気持ちだと思います。
あいちゃんもたくさん目標&夢があると思います。今しかできないことも大切です。ですが何かを犠牲にして得られるものは犠牲にした程大きいです。
夢=自分自身、つまり自分に向かい合うことにもつながります。
何かを始めることって簡単な様で時には難しいものです。すべてに共通することだと思いますが始める前に自分の気持ちをしっかり持つことが一番大切ですよね。初心は大切です。
昔ある人からこんな言葉をいただきました。

『自分なりにがんばって、とにかくがんばって何があってもがんばっていれば いつか必ずチャンスは自分にくる。必ず。』








さあ扉を開こう 軌跡が待っている 必ず待っている
aikawashimanoriko at 23:48|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年05月27日

*旅立ちの日に…*

こんばんわ☆彡

さて 今夜は1stミニアルバム

『この場所から…』

の2番目に収録されている名曲中の名曲、

『明日への扉』

の原曲。






 『旅立ちの日に…』


みんなが一つになって手作りで がんばって作ったのがとても感じられていいですねo(^-^)o
この曲を聴くと学生の頃の思い出があふれてきます。まるで あいちゃんの歌声が思い出を包んでくれているかのように思えます。
やわらかくて、心地よくて、ずーっと聴いていたくなるような、こもり歌みたい(*^_^*)
学生の方が聴くとピンとこないかも知れませんが学生の間この曲をかた時も離さずに聴いていると、大人になって改めて聴くと 学生の頃の思い出が一層思い出され、引き立つと思います(^-^)

『もう開けない教室のドア 向かい合えない机もいすも』
の部分はとても共感できていつも切なくなります。。楽しかった、つらいこともあった、よく怒られた、バカみたいにふざけて笑いがたえなかった学生生活。別れたくないのに 別れなければならない瞬間‐。

そんな思いをあいちゃんが包み込んでいる1曲です☆彡

歌詞はあいちゃんが過ごした思い出の中学生3年間の思いを詰め込めているそうです。

そして最愛である お母さんが大好きだった曲でもあります。
そのことを考えながら改めてこの曲を聴くと また味があり、いいと思いますよo(^-^)o



いつのまにか 時は流れ もう今日は卒業の日

人はいつか旅立つ者だけど
いつの日にか またどこかで 会える気がするからね
輝く日々を忘れないで

今始まる 希望の道 今日までありがとうね

思い出の校舎と別れを告げ
今新たな扉開き はるかな年月経て

つぼみから花咲かせよう





よぉし!!ブログの天使♪になっちゃおう(^O^)v ☆彡
aikawashimanoriko at 23:57|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

2006年05月26日

*ガラスの中の私*

『この場所から…』の1曲目の


『ガラスの中の私』


私はこの曲を初めて聴いたとき 何とも言えない感情になった。川島愛の叫びと言える曲。とても切なくて悲しみがしみ込んでくる…。高校生でこんな曲を作りだすなんて、一体どういう悲しみがあったんだろうって思った。

何がいけない? 何が悪い?
孤独がつきまとうだけ
得たのは空っぽの部屋
悲しみの朝
すべてを見失ってた


心に突き刺さった。




衝撃的だったのは

息つく場所を望んだのに 得たのは空っぽの部屋

流転の世の風に いつの日か流され
すべてを見失ってた

過ちを犯して初めて わかる想い 忘れない

今熱い思いでガラスを割って 傷ついてもいいから
涙とほほ笑みとを浮かべて 曲がりなりにも生きるの



川嶋あいっていうアーティストはすごい。路上時代に出逢いたかった。
1stミニアルバムの1曲目にふさわしい川嶋あいを代表する1曲だと思います。
路上で歌っているのを観たことがないのに 路上で歌っている情景が浮かんでくる不思議な曲。
ガラスの中に閉じ込められてうずくまっているというのが伝わってくる1曲。






私はこの曲が大好きです。
aikawashimanoriko at 23:56|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年05月25日

☆彡ちえのブログオープン☆彡5

みなさん 初めまして(^O^)/
あいちゃんのFanになって 3年たちました。。ついに!やっと!ブログ始めちゃいます\(^O^)/
いつ始めしようか考えていたんです。。すると GOODなきっかけが!!!
あいちゃんの2ndアルバム『サンキュー!』発売&『525ページ』の日!!
しかも 仕事おやすみ!
きてます!かなりきてますよぉ!!!

ということで第1回目いっちゃいましょう!!

もうみなさん分かっていますよね?!o(^-^)oそう!今日は5月25日〜♪
なので 記念すべき第1回目は

  『 525ページ 』  


なわけないやん!ベタや〜ん!!

ドンドンドン!ドドンガド〜ン!!ベタで〜す




…ふざけるのも この辺で。。。



   『 525ページ 』

525ページにペンで赤く印をつけたよ



地下鉄につづいてる階段を 1つ飛ばしてゆく
8時5分 各駅の2番車両
白いスニーカーを引きずって ダルそうに歩く君を
見てる時間とても好きよ ほんの一瞬だけど



決まって指を鳴らしはじめだす 退屈そうな授業中の窓
何か探して空を見ている 横顔が好きなの



525ページにペンで赤く印をつけたよ
今はまだまだまだ 叶わないけれど LOVEの文字が4つ並ぶ
挟んでる集合写真 伏し目がちなあなたがいるよね
いつか きっと いつか 私だけに見せる笑顔に変えたい



テレビから流れる着信 ドキってしたりして
絶対あるはずのない電話なのにね
放課後 バスケ 日焼けした顔 走る君はいつでも
輝いてた 汗も笑顔もみんな好きだから



難しい数学の授業より 恋の方程式を解くカギを
教えてくださいよ神様はやく 私だけに



100年先までずっとね一緒だよと海で言われたよ
今はまだまだまだ 夢の中の世界だけなんだ 悲しいけど
本屋の雑誌占いを 全部めくって恋を調べた
きっといつの日にか 五つ星よ ほらね予想どおりね


525ページにペンで青く印をつけたよ
今もまだまだまだ 叶わないままの LOVEの文字が4つ並ぶ
去年の夏の終わりから 不思議な魔法にかかったまま
きっとまた明日は 元気になるよ 君の笑顔に会いたい



明るくさわやかな歌で、5〜6月にぴったりですo(^-^)o
初恋 真っ最中の女の子の気持ちを歌っています。かわいいですね〜♪
好きな子をつねに意識しちゃって 授業どころじゃない(>_<)って感じられて、また放課後の部活?なのかな。バスケしてる姿も目に焼き付くまで見つめちゃって ときめいてそうなのが伝わってきます。

『雑誌占いを全部めくって恋を調べた』
のところなんか分かる分かる!!っていいたいところですが全部はちょっと…

『きっといつの日にか 五つ星よ ほらね予想どおりね』
のところは かわいいですね(*^_^*)でも五つ星の日には行動してほしいですよねっ(゚Д゚ノ)ノ



みなさん♪今日は525ページをEndlessに聴きましょうね(*^_^*)
初心を忘れずにがんばりますので よろしくお願いいたします(^O^)/~

aikawashimanoriko at 17:25|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)