愛犬テリノスケ

愛犬テリー(2011年12月5日生まれ)とナナ(保護犬2013年7月30日に家族の仲間入り)との日々を綴っています♪

昨日はテリーとロング散歩を楽しんできました。

DSC_4709
堪能してる姿にホッコリ♪

DSC_4719
匂い嗅ぎも念入りに。この後鳩のフンに背中をなすりつけるテリーであった(笑)

DSC_4721
ガンガンいくぜー!

DSC_4723
テリー♪と呼べば、いいお顔で見上げてくれる。

DSC_4715
フードをばらまいて匂いで探しあてる遊び。毎日してるよ!


_20180919_090254 
河原の階段で私もお昼を食べる(^^)質素だけどうまーい!

私はマッタリできたけれどテリーはどうかな?

ナナが亡くなってから、益々かぁちゃん子になってます。くっついて離れないし、前足カジカジ始まった( ̄▽ ̄;)

日常をいつも通りに過ごすことを心掛けています。


そして、次男の大学が決まりまして、一安心の我が家です。

来年は大学生がふたりになるのかー(´Д⊂ヽ

今年のうちに欲しかった本を揃えておこうと思い立ち、お初のメルカ◯に挑戦中です(^_^ゞ

ではでは!

9月10日明け方にナナが虹の橋を渡りました。

今年の1月にメラノーマと分かり、余命3ヶ月の宣告を受けてから8ヶ月もがんばってくれました。

途中何度か救急で病院に駆け込むこともあったけれど、8月下旬までお散歩も楽しみ、亡くなる前日の夜もレバーを私の手からペロペロハグハグとほおばりました。

本当はもう痛みで食べるどころではないはずなのに、と獣医さんが毎週驚いてナナを褒めてくれました。

ナナのお気に入りの寝場所は台所で、私が料理する姿を時にオスワリしながら、時に寝転がりながらジーっと見つめているのが日課でした。

料理し終わったときに「いいこだねぇー」と蒸したてのササミとかサツマイモを貰えるのがナナの楽しみのひとつだったんです。

いざ動けなくなったとき、最後の力を振り絞るかのようにナナはつんのめりながら、私を毎日眺めていたお気に入りの寝場所へ移動しました。さすが食いしん坊ナナタン、台所がいいのか、そうか、そうかと家族で笑顔になりました。

私も隣で寝ていたらコテンと身体をもたれてきて、ピッタリくっついて寝たのが最後の夜になりました。

5歳のときに我が家に来た初日、ナナがサークルで遠吠えをしたので私はサークルの扉を開けました。ナナは私のところへ来て腕枕をしてストンと寝始めました。

家族になった日もくっついて寝て、最後の日もくっついて寝たことは、今はまだ切ないけれどきっと心が温かくなる思い出になると思います。

ナナタン、我が家に来てくれてありがとうね。大好きだよ!

長らく姿を消しf(^^;
ご心配おかけました。

また復活しますのでどうぞよろしくお願い致します(^^)



DSC09072
image

image
image

image
image
image
image
DSC00692
DSC00728
DSC00742
DSC00834

image
image

image
aviary-image-1511169044323
P1360058
P1360033

テリーが散歩中に広めのグレーチングを飛び越して後ろ足を痛めてしまいました。

ちゃんと気を付けなくちゃダメですね、反省です。

膝蓋骨外方脱臼と診断されました。
俗にいうパテラです。生まれつき後ろ両足の膝蓋(お皿の部分)が外側を向いているのが原因とのことでした👀‼️

痛み止めの注射をしてお薬ももらってきました。注射が効いて痛くなくなるとまた飛ぼうとするので止めるのが大変です(^o^;)

「マッテ」と「ダッコ」の強化月間だと思うことにしました(^_^;)

aviary-image-1522631003854
今日はお散歩ナシ。庭でひなたぼっこしていました。


病院の待合室ではワンコさんたちが出入りする度の唸りあいや吠えあいがいつもよりも激しくてどうしたのかな?と思いました。

閉ざされた空間は逃げ場がないので争いは起きやすくなっちゃうものですが、それにしても賑やか。

ふと、あ、そうか!もう4月だ!(笑)

狂犬病の予防接種やフィラリアのお薬を貰いに来ている仔の多い(体調悪くて来ているわけではない)この時期だからこそですかね。

目が合えば唸るうちのテリーみたいな仔もいて、微笑ましいと言ったらいけないかもしれないけど「へ~、同じだな(^^)」と思いながら眺めていました。

そんな中、テリーは痛みと疲れもあってか居眠りしていました。もちろん加勢して欲しくはないけれど、いつもの元気が早く戻るといいなって思います❤️

Collage 2018-04-02 10_11_02

昨日は絶好調だったのにね(^_^;)

みなさんもグレーチングにはお気をつけて~!


このページのトップヘ