前世は「中世の賢者と貴族」ばかり 江原啓之の「摩訶不思議」

「エハラー」と呼ばれる追っかけもいるほどの人気だ スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんは、霊と交信しカウンセリングするのだという。テレビ番組やカウンセリングに引っ張りだこで、「エハラー」と呼ばれる追っかけもいるほどの人気だが、不思議なことも多い。その一つが人の前世や守護霊。なぜか「中世の賢者、もしくは貴族」が多いこと。ひょっとして、「そう言ってもらった方が霊視される人は嬉しいから」なんてことはないのでしょうね。

アジアやアフリカは滅多に出ない
スピリチュアリズムは日本語では心霊主義と呼ばれる。自身のホームページには『「非科学的』だとして、スピリチュアルな世界を信じようとはしなかった人々も、変わらざるをえないような状況になりつつあります」と書いている。著書は合計で700万部以上も売れている。
しかし、その能力を疑問視する報道も出ている。

「週刊文春」の07年2月1日号には「テレビの中の『わるいやつら』」という特集で江原さんが4ページにも渡って紹介されている。そこには「7つの疑問」が掲載されていて、その一つが「前世や守護霊はどうして中世の賢者や貴族ばかりなのか」という疑問だ。
テレビ朝日系で放送されている「オーラの泉」に出演する芸能人への霊視では公家、武士、巫女、貴族、修道士、思想家などの「職種」が多出している。地理的には日本、英、仏、伊に偏りアジアやアフリカは滅多に出ない。それが一覧表にされている。

地球上には民族も、職種もたくさんあるのに、なぜなのか、まともに考えれば「摩訶不思議」というしかない。

ただ、お笑いタレントの「劇団ひとり」の守護霊は西洋の文学者と「別の星の人」。つまり宇宙人だというのだ。(中略)

情けないわね


 江原さん叩きが始まりましたか(苦笑)
 日本のマスゴミのやり方は変わってません。
 最初は「偉い人」とばかりに持ち上げるだけ持ち上げ、そろそろ飽きてきた頃を見計らって「本当か?」「ニセモノでしょ」と落としにかかる。

 まあ、霊能者が本当に能力があるのかどうか、パッと見ではわかりませんから。
 しかし、私も彼の書籍を読みましたが、少なくともそれを金儲けの道具にはしてないですね(本が売れるには売れるだけの理由がありますので)

 霊能者の言う事が本当なのか? また当たるのか当たらないのか?
 それにこだわっているようではまだまだレベルが低いですね。
 前世なんて知る必要性はないんですよ(彼もそれは言ってます)
 今を正しく生きるための「気づき」が必要だと言ってる訳です。
 私は読解力のない「幼い魂」を相手にはしませんが(爆)