昨日の日記で可動域や傷痕で後遺症申請する場合は 6か月経ったらすぐに申請した方がいいことを書きました。

ではすぐに申請してはいけない場合は?


それは、【頸椎捻挫】 いわゆる「むち打ち」 という症状で後遺症申請をする場合です。

むち打ちに対する、後遺症申請は【12級13号】、又は【14級9号】を争うことになります。
どちらも、【神経症状が残存する】とした後遺障害で、他覚的所見があるかないかで区別されます。
つまり、レントゲンなどにより、はっきりと痛みの原因となるものが示されると12級、痛みの根拠になるものが示されなければ14級となります。

勿論、痛みの根拠となる証拠が何もないのだから、14級が認定される為には 審査員が診断書を見て「この人はホントに痛みが残っているんだな」と判断しなければ認定されません。

診断書に「痛みが残存する」と書いても、そう簡単に認定などされません。「痛い」と書いただけで認定されるのなら全ての人が14級となってしまいます。

後遺症診断書は書き方が重要です。
診断書は医者に書いてもらうのですが、残念ながら医者は診断書を書くのに慣れていません。と言うか、無頓着です。
ですので、こちらが知識を付けて 「こういう風な書き方をして下さい」と言わなければ、後遺障害に認定されづらくなってしまうのです。

診断書の書き方(書いて貰い方)のポイントはそのうちお話しようかと思いますが、もし完璧な診断書を用意出来ても、認定されるには十分な通院を行っていなければ認定されないと私は思います。

私はたくさんの参考文書を読み、凡例もたくさん見ました。
その結果、“むち打ちってこの日数がキーなんやろな”っていう日数が分かるようになりました。
根拠がないので日数は書きませんが、それは6か月の通院では無理だろうな~という日数です。

保険会社はむち打ちの人には治療打ち切りの要請をしてくると聞きます。
でも、絶対に痛みが残っているうちは病院に通い続けて下さい。
後遺障害が取れる確率が上がるだけではなく、通院慰謝料も確実に増えますから。

むち打ちで12級は余程の事がない限り取れませんが、せめて14級は痛みに対する慰謝料を受け取りましょう。