残存してしまった痛みに対して 後遺症認定を取るためには、病院へのかかり方と診断書の書き方が重要になってきます。

手足切断や、傷痕など 見た目にはっきりした後遺症なら 何も考えなくても申請すれば後遺症に認定されるでしょう。
しかし、神経症状や軽微な脳障害など 医者によって検査方法や所見が違う病症の後遺障害の認定は、きちんとした検査結果や、医者のコメントがなければ認定は難しくなります。
適正な検査を受け、尚且つ医師に適正な診断書を書いて貰うには、受け身では絶対にダメです

まだ痛みが残るのに、保険会社からの打ち切り要求に応じてしまった。
知識がなく、初めに通った病院に通い続けて 適切な検査や治療が受けられなかった。
しかもその為に 後遺障害の認定から外れてしまったなど、
後から後悔しないように、むち打ちや、脳障害疑いの人は特にしっかり知識を付けましょう。

私は、たくさんの交通事故関連のサイトを見て、むち打ち症の人はホントに苦しんでいて大変そうだなと感じました
会社を続けられないくらいの後遺症が残るのに14級の認定しか通らないなんて、気の毒すぎます

交通事故において無知と言うことは恐ろしいことです。
私は、保険会社の言いなりにならない為に しっかりした知識を付けようと思い、たくさんの症例を見たり、を買ったりしました。
その中で、 「裏マニュアル」 というものも購入しました。
この本は、むち打ち症の著者が書いているだけあって、むち打ちに特化したものです。
私はむち打ちではありませんでしたが、診断書の書き方(書いて貰い方)や、慰謝料の計算、
保険会社との関わり方の部分でとても有効でした。
やはり、裏ワザと言うだけあって 一般の本には書いていない(書けない?)具体的な攻め方が書いてあり、とても参考になりましたよ。

購入する時期は、通院中、できるだけ早く!!
治療の打ち切りにあった後では遅いですよ。

むち打ちで深刻な痛みが残っている人は12級、
6か月で大分痛みが引いた人は14級を目指しましょう!


これさえあれば大丈夫!高額損害賠償獲得用「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」