事故から1か月くらい経った頃、警察から実況見分調書を作成したいので、病院を訪れるとの連絡がありました。

事故が起こった際の現場検証は、加害者立会いの下、既に終わっています。
現場検証は通常、加害者と被害者の両方が立ち会って行うのですが被害者が怪我をして事情を聞ける状態にない場合は、加害者だけで行う場合が多くあるようです。

供述調書を双方から聞き取りをし作成し、現場検証と供述調書を元に実況見分調書を作成するようです。
その供述書作成の為、警察の方が病院へ わざわざ来られました。

作成にあたって、事故現場の写真と見取り図が用意されてありました。
聞かれた点は主に以下の3点でした

1)どこをどれくらいのスピードで走行していたのか、どの位置で加害者に気づき 事故が発生したのか
2)振り返って見て、どのようにすれば事故を回避することが出来たのか、自分に非があるのならどのような点か
3)加害者に、どのくらいの罪を課せたいか

その証言をもとに、警察官が調書に記していき、作成し終わった供述調書を警察官が読み上げます。
その時は もう少し細かく言った事を記して欲しいなぁと思ったのですが、まあいいかと思い、
押印して終了しました。

病院の談話室のような所で行われたせいか、緊張せずに1時間ほどで終了しました。


・・この約2年後、示談交渉の際、過失割合に疑問を抱き 実況見分調書の閲覧を行うことになります。
その時、自分の書いた供述書も閲覧出来たのですが、感想は、
「簡単に書きすぎている」でした。
2年前に 「まぁいいか」と思わずに、自分の主張を書いてもらえばよかったと思いました。

実況見分調書は相手側の重大な嘘により作成されていました。
この為 保険会社は最初当方の過失0だったのを覆して、過失35を主張してきたのだと分かりました。

もし、私が2年前、実況見分調書の閲覧をしていれば、作成のやり直しが出来たと思いますが、
事故から2年以上経っていたので どうしようもありません。

私は自分の過失がゼロなのを証明しなければなりませんでした。。


  
交通事故 ブログランキングへ