私の交通事故体験 〜示談交渉で負けないために〜

交通事故に遭い、右も左も分からない素人が 弁護士に依頼することなく 保険会と戦い、100%納得いく金額の慰謝料を勝ち取りました。 何をすれば良いのか分からず悩んでいる事故被害者の方のお役に立てればと思い、私の 体験を反省を交えて日記に綴ります。

入院の〜通院中

実況見分調書


事故から1か月くらい経った頃、警察から実況見分調書を作成したいので、病院を訪れるとの連絡がありました。

事故が起こった際の現場検証は、加害者立会いの下、既に終わっています。
現場検証は通常、加害者と被害者の両方が立ち会って行うのですが被害者が怪我をして事情を聞ける状態にない場合は、加害者だけで行う場合が多くあるようです。

供述調書を双方から聞き取りをし作成し、現場検証と供述調書を元に実況見分調書を作成するようです。
その供述書作成の為、警察の方が病院へ わざわざ来られました。

作成にあたって、事故現場の写真と見取り図が用意されてありました。
聞かれた点は主に以下の3点でした

1)どこをどれくらいのスピードで走行していたのか、どの位置で加害者に気づき 事故が発生したのか
2)振り返って見て、どのようにすれば事故を回避することが出来たのか、自分に非があるのならどのような点か
3)加害者に、どのくらいの罪を課せたいか

その証言をもとに、警察官が調書に記していき、作成し終わった供述調書を警察官が読み上げます。
その時は もう少し細かく言った事を記して欲しいなぁと思ったのですが、まあいいかと思い、
押印して終了しました。

病院の談話室のような所で行われたせいか、緊張せずに1時間ほどで終了しました。


・・この約2年後、示談交渉の際、過失割合に疑問を抱き 実況見分調書の閲覧を行うことになります。
その時、自分の書いた供述書も閲覧出来たのですが、感想は、
「簡単に書きすぎている」でした。
2年前に 「まぁいいか」と思わずに、自分の主張を書いてもらえばよかったと思いました。

実況見分調書は相手側の重大な嘘により作成されていました。
この為 保険会社は最初当方の過失0だったのを覆して、過失35を主張してきたのだと分かりました。

もし、私が2年前、実況見分調書の閲覧をしていれば、作成のやり直しが出来たと思いますが、
事故から2年以上経っていたので どうしようもありません。

私は自分の過失がゼロなのを証明しなければなりませんでした。。


  
交通事故 ブログランキングへ

充実のリハビリライフ

術後、グロッキーな状態が続いていたのですが、足は少しでも動かさないと固まってしまいます。
手術の翌日からリハビリが始まりました。

膝の手術をすると、周りの筋肉とか組織が傷ついていて 膝が曲がらないので、膝の稼働範囲を広げるためのリハビリと、か月以上は片足を床につけることを禁止されていたので、筋力が落ちない為のリハビリです。

足の骨折って、ギブスをして ベッドから足をつっているイメージがあったのですが、 
私の場合は、ギブスはなしで、ストレッチャーと呼ばれる布のサポーターで固定するのみでした。
外してお風呂にも入れるし、楽でしたよ~

動けない3日間は、リハビリの先生がベッドにやってきてベッドの上で、
動けるようになってからはリハビリ室でのリハビリです。
午前中に1時間、午後から自主トレで1時間行いました。
可動域がだんだん広がって、筋もやわらかくなっていくのが目に見えて分かります。

ネットで「リハビリは激痛」とかかれている記事もありますが、にとっては全然大丈夫な痛みでした。
“うぎゃぁー痛い痛い!!”と叫ぶことは多々ありましたが、ストレッチの痛み(股割とかを想像してください)なので 苦痛という程ではなかったです。
それにリハビリの先生がわかくてイケメン
けっこう楽しいリハビリ生活を満喫していました

人によって苦手な痛みに違いがあるとは思いますが・・・
私の場合は、注射とか頭痛とかの痛みは無理

70日間のスパルタ?なリハビリのおかげで、退院する時には正座は無理ですが、なんとか杖なしで歩けるようになっていました。
その後、3ヶ月、約40日程度の通院リハビリを行い、約 1年半後の固定症状の時には見た目に後遺症と思える症状はありませでした。

 

交通事故 ブログランキングへ

辛かった手術体験

手術当日。

午後からの手術で3時間ほどの手術だと聞かされていました。
全身麻酔だし、頑張るのはお医者さん。
“まな板の鯉”状態で臨みました。

手術中に一回目が覚め、
「ごめんな~ まだ時間掛かるわ」と言われ、追加で麻酔を注入されました。

手術後になんとなく意識が戻りましたが、はっきり目を覚ましたのは深夜でした。
3時間ほどの予定が延びて7時間にも及んだそうです。

深夜に目が覚めた時、足がすごく痛くて、頭もずしんと重かったです。
“今何時だろう・・”
時間も知りたかったし、メールが入っているはずの携帯も気になったので、
取りあえず頑張って起き上がることにしました。

重い体を頑張って起こした瞬間、グラグラ~~と目まいがして、き気がおそってきました。

~~ヤバいッ、無理ッ~~~

と思い、すぐに体を倒しましたが、それからずっと天井がぐるぐる回っています。
ナースコールをして、気持ちが悪いことを伝えると、
「えー起き上がったん?麻酔後は24時間は絶対動いたらあかんで!」と言われました。 
“う~~そんなん知らんし・・・”

その後もひどい船酔いのような状態が続き、10日間くらい私を苦しめました。(麻酔が合わない体質なのかもしれませんが)
術後3日は起き上がるたびに吐き気がして ただただ時間が過ぎるのを待っていました。 

吐き気が治まっってからも、まともに1週間も動かずほとんど食べずにいたら いざ食べようとしても食事を体が受け付けなくなっていました。
軽い拒食症のような状態になってしまい  ・・・ホントこれは精神的に辛かったです。 
完全に回復し 食べれる喜びをかみしめたのは 術後2週間くらい経ってからでした。 

これから手術を受ける人、麻酔後24時間は絶対安静を心がけましょう

あ、手術は大成功でしたよ。
靭帯も幸い無傷でした。

術後の足の痛みも、思ったより全然余裕。
って言うか、体調が悪すぎて 足の痛みが気にならなかったなぁ















交通事故 ブログランキングへ
ギャラリー