2011年04月29日

インドは暑いのです〜インド一人旅2日目

インドは4月〜6月が夏期そういうことをいつも考えずにいっちゃう藍子だけど、案の定本日の気温35度観光するにも大変なのです
2_チャンドニーチョウク
そんな中、マーケットのあるチャンドニーチョウクを歩くのですチャンドニーチョウクは道ごとにテーマが決まってるの写真に写ってるのは結婚式の通りね飾り物やきれいなお花がいっぱい他にも食べ物ばかりが並んでるところとか、サリーのお店だらけの道とか色々見学しながら、ラールキラー(別名:レッドフォート)へと向かうの

2_ラールキラー
ラールキラーは、要塞として使われたり、イギリスの統治の時には軍事施設として使われて、シパーヒーの乱(セポイの乱)の後の今でもインド軍が兵舎として使用しているんだって門の所に9つのドームがあるんだけど、それはこの建物が9年の歳月を経て完成したっていう意味なんだそう今後もインド各地でこのドームが出てくるらしいからきちんとチェックしなくちゃ日本人はインド人に好かれるのか、ちょっとでも立ってるとすぐにインド人が寄ってきて、一緒に写真撮ってほしいって頼まれるのついでに藍子のカメラでも
2_ランチはカレー
気がついたらもう15時。暑い中でふらふらの体に至福のカレーなのです今日のカレーは王道のノンベジ料理、バターチキン、ベジタリアン料理のチーズとほうれん草が入ってるパラクパニール、ブラックウダド豆を使ったダール、ジャガイモとカリフラワーのアールゴービーの4品に、タンドリーチキンの豪華ランチ暑い中がんばってきた体にマンゴーラッシーも与え、至福の時

2_ラージガード
ちょっとリラックスした後はガンジーゆかりの地、ラージガートへマハトマ ガンジー氏が1948年に暗殺された後に設置された慰霊碑通常ヒンドゥー教だと火葬した上で骨を地に返すからお墓とかはないんだけど、偉大なる方に大しては慰霊碑を作るのだとか消えることのない炎はガンジー氏の魂を表すのんだってともかく床が熱くて熱くて、やけどするかと思ったくらい。。。裸足ってつらい
ラージガートを見学した後、インド人の家庭を訪問させていただいたの南インドの高級住宅街だったから日本の生活とそこまで変わらない感じだったけど、ちょっとだけでもお家を垣間みれたのは良かったなぁと思いながら、今度はオールドデリー駅へ

19:10発の寝台列車に乗るのです
ここで、インドを実感することになるんだけど・・・インドの電車、最近はオンタイムでくるときが多いって聞いてたんだけど・・・19:10になれど、全くくる気配がないのアナウンスもよくわからないし、気がつくとソリティアの完成した時の音楽の"ジャジャーン"みたいなのが流れ、他のホームに電車が入ってくるので、ガイドさんが確認をとったところ、2時間遅れの21時には到着予定だから、電車でお弁当ではなく、近くでご飯ってことになるのです
2_寝台列車
で、ご飯食べて集合した後も待てど暮らせど電車は来ず・・・やっと寝台列車が現れたのは22:30(苦笑)まぁ3時間遅れだったら明朝9:30にはつくし大丈夫かな〜?なんて思いながら自分の列車へ待ち時間で一緒に観光している人たちと仲良くなれたし得たものが大きかったからいっか


aiko97 at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)日記☆ | 旅行

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

counter started since 25th June 2005

記事検索