2007年07月27日

このブログは停止しています。


更新不可

その一点です。

友人と一緒に新たなブログを営んでおります。

友人の更新に頼りっきりですが・・・

新たなブログでも、真っ赤な石と黄色い鯖で生まれた

それはただ天より高くをマイナー更新させてもらい、

某小説サイトで、一緒に書こうとのお誘いも受け

現在、いろいろと多忙です。

受験もです。


今まで関わった全てのRSユーザーに感謝の気持ちを述べ

閉鎖とさせていただきます。

新ブログは、リンク内にあります。

PSP物です。

小説もちょこっと。

では・・・


thank you i love red stone

and

play user

thanks gameon thanks my brog read you.

2007年06月29日

それはただ天より高く



キィ・・・・と静かに、ドアが開いた。
そのかすかな音でか、それとも外で鳴り響く雷音のせいか、リリィは目覚め、手元にあった長弓を握り締めた。
時間も時間だ、こんな時間に何用があって自分の部屋にやってきたのか?
もっとも、答えはほとんど限られているが・・・

リリィはベッドから飛び起き、証明のスイッチを入れるとすぐに弓から自らの背丈よりも高い槍に持ち替える。
そしてそれをドアの方角に思いっきりぶん投げた!!
ビュン!! と槍は風を切ると、いとも簡単に木製のドアを破壊する。
続けざまに上空から魔法の矢が降りていく。

ダン!!

強く床を踏みしめ、相手に駆け寄ったリリィは喉元に炎の矢を突きつける。
「お前たちの目的はなんだ!?」
リリィが厳しく問うたが、相手は何も答えずうなだれ、パチンと一回指を鳴らした。
瞬間、背後に存在していた窓ガラスが割れ、リリィの背後から灰色と紺色の覆面をした盗賊が現れた。
胸にはシンボルの水色の水晶。
「路上強盗団か・・・」
リリィは突きつけていた矢を外し、両手を上げた。
「悪いな、もともと果たし状で呼び寄せた後、金だけはもらって殺すつもりだったんだ。いくら弓のリリィと言えども、3対1では分が悪かろう」
チッと一度舌打ちがこぼれる。
そしてもう一度弓を構える。
「流石、人魔大戦を抜けてきた英雄だな。絶対に死ぬ状況でも武器を取るか?」
「人魔大戦のきっかけは、もう、私以外誰も知らない。魔物は何も悪くなかったわ、命乞いをしてきた者もいた。だけども私はそんな彼らをも全てこの弓で射抜いた。私は英雄なんかじゃないわ」

「いいや、英雄さ」

振り向くと、そこには蒼髪の青年と、黒よりも少し茶色の髪をした青年が立っていた。




昔書いたそれ天とはだいぶ違う風になっていますね。

2007年06月22日

それはただ天より高く


プロローグ2


まばらだった雨が、一日後、二日後。
三日後には嵐のように、風は荒れ、稲妻がとどろいていた。
リリィの綺麗だった金色の髪も、今は雨とドロで少し汚れていて
少し機嫌も悪い。
どうも雨は好きじゃない。
古都へはたぶんもうすぐ到着するだろう。
リリィは足を速めた。

「誰だい?」
城門にたどりつくと、いかにもやる気のなさそうな門番があくびをしながら
尋ねてきた。
「リリィ・ファランです。門を開けてもらえますか?」
「・・・・ポータルは?」
水色の肩掛け鞄の真ん中のポケットから、リリィはきらきら光り輝く透明な結晶を取り出した。
ポータルとはウィザード協会が発行するいわゆるこの世界での身分証明書だ。他にもいろいろな種類があり、中には魔法の絨毯を召喚できるものもある。
カチッ、門番が結晶の下方にあるスイッチを押すと、結晶の中から
リリィの生い立ち、備兵暦などあらゆる情報が飛び出してきた。

「・・・確かに」

クィ、と門番が手を振ると、門の上にいた備兵がギリギリと門を開けた。
「やっぱり、中は湿気もなくていいですね」
リリィは一人言のつもりだったが、門番が「そうですね」と返してきたので、少し微笑。すぐに宿に向かった。

「いらっしゃいませ」
愛想よく、宿summerブルンの店主が頭を下げた。
「一泊分の部屋は空いてますか?」
「今日はあなた以外には二人組みのお客さんしかいないよ。まったく、第3次人魔大戦が終わったって言うのに、ちっとも客足は増えねえよ」
「そのうち、また平和が来るはずですよ」
店主は少し苦く笑って。
「そうだな、来るといいよな」
と、どこか悟ったような顔をして言った。
その後すぐにリリィは部屋に案内され、今までの疲れもあってか
すぐに眠ってしまった。

店主がリリィの部屋の前でいたずらに笑っていた。


end

続きをお楽しみに♪

2007年06月21日

それはただ天より高く


それはただ天より高く

プロローグ


どこまでも広がっていく草原。
歩く度に草と足が擦れ、少し音がする。
金色の髪の女性が草原を駆け抜けていた。
自らの背丈を軽々と越える長弓と、さらに長い槍を背中に抱えている。
彼女の名前はリリィ。
このフランデル大陸での第3次人魔大戦により一気にその名が知れ渡った彼女の実力はかなりのものだ。
第3次人魔大戦は現在のビガプール辺りを中心に行われた。
なのでビガプールのあたりに住むものならば彼女の名前を知らぬものはいない。なぜならビガプールの開拓を援助したのも彼女だったからだ。

「・・・・手紙 ?」

上空を真っ白な鳩が飛び去っていく。
どうせまたいつものことだ。

果たし状

手紙のタイトルに轟々と書かれたそのインクの色は血にも見えた。

「場所は・・・ブルンネンシュティグ 時間は夕刻か・・・」

リリィはゆっくりとしていた歩みを速め、草原を駆け始めた。

雨が、降り始めていた。

END


ひそかに復活してます。BY AIKO

プロフィール
aiko(∬シーナ∬)
(仮引退中)
受験・・・otz

オレンジ鯖一番の浮世離れな姫です。
小説と飴とグミをこよなく愛します。
見つけたらグミを恵んでください。

Mail yuukan3@ybb.ne.jp 
Break time♪

↓毎日1クリックお願いします。

非公式赤石ランキング




公式ホムペ♪



Firestone様



レッドストーンサーチ様



Bondspoet様



REDSTONE冒険記様



遠雷未来様



white rabit様



やさしい風様



teajuとphyriaとロマンスの女神様



REDSTONEいろいろ計算機SS様



Wirbelwind -そらのいろ-様



Coming Season様




霧の中の小説小屋様


BLOG ENTRY様


明後日があるさ様


REDsdiary様


Hamster in RS...様


赤石ブログ様


検索エンジン登録 ASSISTANT様


Primulaの借金返済日記♪様


目指せっ!!お姉様っ!!様


PSPで副収入!!様






2006-2007 aiko-studio Freeroom All rights reserved.