2007年06月22日

それはただ天より高く


プロローグ2


まばらだった雨が、一日後、二日後。
三日後には嵐のように、風は荒れ、稲妻がとどろいていた。
リリィの綺麗だった金色の髪も、今は雨とドロで少し汚れていて
少し機嫌も悪い。
どうも雨は好きじゃない。
古都へはたぶんもうすぐ到着するだろう。
リリィは足を速めた。

「誰だい?」
城門にたどりつくと、いかにもやる気のなさそうな門番があくびをしながら
尋ねてきた。
「リリィ・ファランです。門を開けてもらえますか?」
「・・・・ポータルは?」
水色の肩掛け鞄の真ん中のポケットから、リリィはきらきら光り輝く透明な結晶を取り出した。
ポータルとはウィザード協会が発行するいわゆるこの世界での身分証明書だ。他にもいろいろな種類があり、中には魔法の絨毯を召喚できるものもある。
カチッ、門番が結晶の下方にあるスイッチを押すと、結晶の中から
リリィの生い立ち、備兵暦などあらゆる情報が飛び出してきた。

「・・・確かに」

クィ、と門番が手を振ると、門の上にいた備兵がギリギリと門を開けた。
「やっぱり、中は湿気もなくていいですね」
リリィは一人言のつもりだったが、門番が「そうですね」と返してきたので、少し微笑。すぐに宿に向かった。

「いらっしゃいませ」
愛想よく、宿summerブルンの店主が頭を下げた。
「一泊分の部屋は空いてますか?」
「今日はあなた以外には二人組みのお客さんしかいないよ。まったく、第3次人魔大戦が終わったって言うのに、ちっとも客足は増えねえよ」
「そのうち、また平和が来るはずですよ」
店主は少し苦く笑って。
「そうだな、来るといいよな」
と、どこか悟ったような顔をして言った。
その後すぐにリリィは部屋に案内され、今までの疲れもあってか
すぐに眠ってしまった。

店主がリリィの部屋の前でいたずらに笑っていた。


end

続きをお楽しみに♪

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Break time♪

↓毎日1クリックお願いします。

非公式赤石ランキング




公式ホムペ♪



Firestone様



レッドストーンサーチ様



Bondspoet様



REDSTONE冒険記様



遠雷未来様



white rabit様



やさしい風様



teajuとphyriaとロマンスの女神様



REDSTONEいろいろ計算機SS様



Wirbelwind -そらのいろ-様



Coming Season様




霧の中の小説小屋様


BLOG ENTRY様


明後日があるさ様


REDsdiary様


Hamster in RS...様


赤石ブログ様


検索エンジン登録 ASSISTANT様


Primulaの借金返済日記♪様


目指せっ!!お姉様っ!!様


PSPで副収入!!様