2007年05月11日

<1セント硬貨>受け取り拒否禁ずる州法案、提出へ 米NY

ペットのニオイはさりげなく消臭ディスメル やわらかマルチカバー
 【ニューヨーク小倉孝保】米ニューヨーク市にある中華料理店が1セント硬貨(ペニー)の受け取りを拒否、社会に波紋を広げている。背景には格差社会の中で低所得者への差別が広がっている現実がある。この客の訴えを受けたニューヨーク州議会議員は「米国で商売をするなら、米国の通貨を受け取る義務がある」と息巻き、近く州議会に、硬貨受け取り拒否を禁ずる州法案を提出する。
 ペニーは米国最小の硬貨で、最近、大量のペニー受け取りを嫌がる店が続出している。
 地元メディアや議員事務所の話によると、4月23日深夜、同市ブロンクス地区の店で黒人の地元消防副隊長のジョーンズさん(47)が鶏の空揚げを買おうとした際、代金の2ドル75セントを支払うため1ドル札2枚、25セント硬貨2枚、10セント硬貨1枚、5セント硬貨1枚とペニー10枚をカウンターに置いた。


最新料理情報は・・・ランキングへ







すると、中国系店員から「ペニー3、4枚だったら受け取れるが、10枚は駄目」と拒否され、空揚げを持ち帰れなかった。
 ジョーンズさんは「貧しい者の排除につながる」と、州議会(上院)の黒人議員、ルベン・ディアス氏に訴え、同議員は早速、州法案作成にとりかかった。州法案は「あらゆる合法的通貨を受け取らねばならない」と規定。違反すれば500ドル以下の罰金か30日以内の禁固を科す内容になりそうだ。
 問題の中華料理店の前で記者会見したジョーンズさんは「小銭の受け取りを拒否されたら、貧しい者やホームレスが食べ物を買う気がなえる」と主張...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆料理関連ブログ記事
もしかして - うろうろ日記 (5月11日13時16分)

本日、投函。 - Placid Scenes (5月11日13時15分)

グリルでステーキ・・ - 青空とキッチン (5月11日13時15分)

米びつ・・・・ - ラッツの新生活日記 (5月11日13時14分)

細川ふみえ - アンジェリーナ・ジョリー ヤッターマ... (5月11日13時13分)

<ペニー拒否>禁ずる条例案、提出の... - It's automatic (5月11日13時13分)

<ペニー拒否>禁ずる条例案、提出の... - 国境なき医師団の見た現実 (5月11日13時12分)

牛タン 黒毛和牛タン - 料理レシピ・白金豚・国産和牛・ジビ... (5月11日13時10分)



◆料理関連の無料のレポート情報
業績アップ82%のフードコンサルタントがこっそり伝える 売上げアップを果たす飲食店が必ず実行している秘密の思考法

顧問先全店黒字・業績アップの確率82%・・・・
その秘訣を答えると、誰も知らない集客テクニックや、驚くべきメニュー開発を想像されるかもしれない。しかし筆者がクライアントにアドバイスしている根本はこのレポートに記入されている。あらゆるテクニックを使っても業績アップを果たせない飲食店経営者は、このレポートで本質を汲み取っていただきたい。

英語サイトはこわくない2 〜BBC Learning Englishの歩き方〜

待望の続編登場!英国のBBCが作った英語学習サイト”Learning English”のコンテンツを1つ1つ詳細に紹介.音声+スクリプト付きの完全無料学習サイトが,これであなたのものになる!






aikun1172 at 19:34│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔