地球市民点描・麻川明(黙雷)

大衆欺瞞の弁証法から大衆啓蒙の弁証法へ 自然権なき市民法は無効である

刑罰に処せられる者がほとんど常に貧しい人々に限られているのは一体どういうわけなのだろうか? 人を無知の状態においておくことは可能であろうが、人を無知にすることは不可能である。 ひとたび何かある対象を見たとなると,見ない以前の状態へ心を戻すことはできない。 ひとたび迷いが覚めると,再び元通りにすることはできない。 人間にそのもっている知識を忘れさせたり,そのいだいている思想を忘れさせたりする方法は かって一度も発見されてはいない

かぐや姫⬅︎日本征服の年表







サラセン帝国➡︎713年 サラセン軍 フェルガナに突入
「偶像崇拝」厳禁の為、フェルガナ近辺の古代国家が逃げた。

中央アジア、ソグド地方の天国【大苑】➡︎【唐】と国名変えて脱出
東へ遁走。中国では商人用語のソグド語が支配した。

楊貴妃と玄宗皇帝が殺されて
楊貴妃の遺影を持って京都へ集合した。
爾来、楊貴妃寺が皇室火葬場となった。

中央アジアの坊主
【玄昉は光明皇后を寝取り子を産ませ
【道鏡は娘の孝謙天皇に子を産ませ、日本を寝とった


725年➡︎日本は国号を変え【大和】となる。
725年【杜甫は洞庭湖のほとりで「国破れて山河あり」】残す。

954年➡︎【私に武器を帯びることを禁ずる】⬅︎日本征服の完了。

1945年➡︎日本の国号となった戦艦大和は
大和軍団の上陸地点「野間岬先端部の笠沙町(神武天皇4兄弟生地)
その沖合に沈没して居る⬅︎大和國幕閉めの演出
D935D59F-8988-46E8-88C1-3DB53EFEA5F7-16861-000021D559D4E391



 













笠沙の意味➡︎測量軍団、笠=竹二本を立てて、 沙=少ない水で水平器
この笠沙町で神武4兄弟が産まれたことになって居る【古事記】

 水路を案内した苗族【府中の大國魂神社】昇格した
98963CC2-54C1-4449-ADDA-8E8628C8F6EA-16861-000021D5488589B1 












45522922-A3EB-4375-8790-728BBA66957C-16861-000021D55041447C 

































戦艦大和の断末魔
ピクチャ 9












戦艦大和沈没「坊の沖海戦」














神武天皇たち道教故郷【高天原】⬅︎JAL墜落地点は稲作民族の高天原
E893F66C-AF99-4D03-BB90-CAF1E539812D-1247-000001CF1714B393





 













笠沙岬から全国測量⬅︎神武軍団
image 

7月にフランスで「事故死」した 中国大手航空会社・海南航空の王健会長



 

今、おそらくはあの馬雲ジャック・マー)も含む、
中国の大企業家たちが不安にさいなまれている
のをご存じだろうか。
そして、大企業家でない私・李小牧も。

崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で
家計債務がリーマン危機前水準に


発端となったのは、今年7月3日に中国の大手航空会社
「海南航空」を傘下に持つ海航集団(HNAグループ)の王健会長
(57)が、フランス出張中に死亡したことだ。

南仏プロバンス地方の教会で、
写真を撮るために高さ15メートル
もの壁によじ登ろうとして転落
したという。

つまり事故死ということになるが、
この公式発表を信じる人など一人もいないだろう。

少しでも事情を知っている人ならば
、100人中100人が暗殺されたと信じている。

「海南航空のバックにいるのは習近平の右腕」

まず、簡単に経緯を説明しよう。

海南航空は中国4大航空会社の一角を占める。
他の航空会社が北京、上海、広州という大都市を拠点としている
のに対し、海南航空は中国南部の海南省が本拠地だ。

1989年創業と歴史も浅いが、爆発的成長を続けてきた。
積極的な買収によって、
香港エクスプレス、新華航空、山西航空、長安航空などを子会社に。

さらには中国内外で不動産事業を展開するほか、
経営危機に陥ったドイツ銀行の筆頭株主になるなど、
投資を武器に事業を拡大してきた。

投資を支えたのは銀行の融資だ。湯水のように投資を得て、
その莫大な資金力で好き放題に買収をくり広げる
ことによって、海南航空は成長した。

なぜ、中国の銀行は海南航空に融資したのだろうか?
同社の投資手腕を評価したから、ではない。
中国では、銀行から金を借りるために必要なのは事業計画でも担保
でもなく政治力だ。

強力な政治家をバックに持っているからこそ、
無尽蔵に金が借りられたのだ。

ところが昨年7月、
米国亡命中の大富豪、郭文貴が海南航空の問題を暴露した

(郭がどんな人物については私の過去のコラムを読んでほしい)。
同社のバックにいるのは習近平の右腕・王岐山であること、
「白手套」(白手袋。違法マネーをロンダリングする仲介者
を意味するスラング)として王岐山の資金源になっていた
ことを明かした。

このリークをきっかけに
海南航空は経営危機に追い込まれていく。というのも、
郭文貴のリークは世界的な注目を集めたからだ。
中国共産党ですらもみ消しは難しい。

この状況で
政治力によって銀行融資を獲得するようなことがあれば、
政敵にとっては格好の批判材料となってしまう。

いつでも銀行融資が得られるという前提で投資していたのだ。
頼みの綱が失われれば、あっという間に資金が枯渇してしまう。

かくして海南航空は、
燃料代が払えない、航空機メーカーに代金を支払えない
といった異常事態に陥る。

買い漁った海外資産を売却してなんとか現金を捻出しようと
したが、資産はすぐに売れるものでない。結局、今にいたるまで
資金繰りに苦しむ状況からは脱していない。

 口封じのために殺されたのか

この1年間にわたる「海南航空狂騒曲」の果てに起きたのが、
王健会長の死である。この流れを見れば、事故死という発表を
信じるほうが難しい。

8月9日にはフランスの地方紙「ル・プロヴァンス」が
王健の死には謎が残ると報道。一度は事故死と断定した
地元警察が再調査を始めたと報じている。

実は死の1カ月前には王健の死を予感させる出来事があった。
郭文貴も定期的に出演するユーチューブ番組「路徳訪談」
での一幕だ。

匿名のコメンテーター、大衛小哥が
「王健に真実を話させることができるかもしれない」
ともらしたのである。

詳しい事情については語らなかったが、
王健が追い詰められていたのは明らかだ。

口封じのためにいつ殺されても不思議ではない
状況にあった。

おそらく、身の安全を守る方法があるとすれば、海外に亡命し、
全ての真実を明らかにすることだけだっただろう。

全ての秘密を公開してしまえば、わざわざ海外まで
暗殺者を送るほどの重要性はなくなるからだ。

あるいはこの番組が引き金になってしまったのかもしれない。
結局、王健は真実を語ることなく怪死を遂げることになった
のだった。

<郭文貴がさらなるリークを予告している>

だが、彼の不幸な死によって終わったわけではない。
海南航空の経営危機はまだ続いているし、
さらなる追い打ちがかかった。

米ニューヨーク・ポスト紙によると、
ニューヨークに保有するビルを売却するよう、米政府の
対米外国投資委員会(CFIUS)に命じられたという。

このビルはトランプタワーのすぐ近くに位置している。
安全保障の観点から保有が許されなかったようだ。

郭文貴が海南航空に関するリークを始めてから1年、ついに
アメリカ政府が動き出したというわけだ。

習近平
政権と深く結びつく海南航空への締め付けは、
中国共産党に対する制裁にほかならない。
今後さらに大きく展開する可能性が高いだろう。

そして、海南航空にまつわる一連の問題以上に衝撃的なのは、

郭文貴がまだまだリークの「ネタ」は残っていると公言している
点だ。「路徳訪談」において、アリババグループ

ジャック・マーの会社だ)、テンセント、ワンダグループなど、
中国を代表する大手企業32社について、
今後秘密を公開していく
と予告している。


世界的企業へと成長した海南航空ですら、
郭文貴のリークに耐えられず、現在の惨状に追い込まれた。

今後32社もの大企業がもし同じ運命をたどるなら、
もはや1企業の問題を超え、
中国経済全体に関わる一大事だ


経営者にとっては、
業績以上に自らの命を不安に思っているだろう。

中国で大企業を経営するためには政治との太いパイプが必要だ。
いわば全ての大企業家は政商であり、
暴かれれば致命傷となる「」を持っている。

恐るべき情報網を持つ郭文貴がどれだけの事情を
把握しているのか、戦々恐々としているわけだ。


そして、私もドキドキしている(笑)。
中国の政治家とつながりもなければ、後ろめたいこともない
私だが、言論人として依頼された番組には積極的に出演
している。その1つが
郭文貴も出演する「
路徳訪談」な
のだ。

この番組が中国政局に与えた巨大な影響力を考えれば......。
私のドキドキを理解してもらえるだろうか。

李小牧(新宿案内人)

2/2ページ


小室圭の米国留学に激怒するトランプ大統領


 小室圭の米国留学に激怒するトランプ大統領

小室は今すぐ帰れ‼️
 

 

トランプ大統領が小室圭の米国留学を認めない
"理由"に涙が止まらない!眞子様は
妊娠と婚約破棄で迷う【erika】




 

プロフィール

黙雷

記事検索
プロフィール

黙雷

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ