振付師
ボリス・エイフマン率いる
ロシアバレエ団が
この夏日本で出張公演

Reuters

 サンクトペテルブルクを拠点として活動する
エイフマン・バレエ団がこの夏、日本で出張公演を行う。

エイフマン・バレエ団は、
振付師ボリス・エイフマンにより1977年に創設された。

男性184cm以上、女性173cm以上という厳しい入団条件
を突破した精鋭バレリーナ集団で有名だ。

海外公演も積極的に行っており、
今回は1998年以来21年ぶりの来日と、
待望の出張公演となる。

演目は「アンナ・カレーニナ」と、
「ロダン~魂を捧げた幻想」の2作品。

「アンナ・カレーニナ」は誰もが知るロシア文豪
のレフ・トルストイの代表作。社交界の華であり
貞淑な妻であった主人公アンナ・カレーニナが
若き将校ヴロンスキーと燃え上がるような恋に
落ちる。
その許されざる恋に集まる家族や社会からの批判
に直面して苦しむアンナの姿を描く。

 
ボリス氏自らが台本も手掛ける
「ロダン~魂を捧げた幻想」は、「考える人」等の
名作を生みだした有名彫刻家ロダンと、
彼の名声を裏で支えていたひとりの女性の存在を描く。

2010年には、日本のバレエ団、新国立劇場バレエ団
がボリス氏の「アンナ・カレーニナ」を上演した。

ロシアメディアに対しボリス氏は、
「今回、観客たちは本質的に全く異なる作品を観る
ことになるだろう。」と語った。

また、前回公演時に受けた日本のおもてなしに感謝
すると同時に、「日本のファンたちはバレエ芸術、
そしてロシアバレエを再発見することになるだろう」
と意気込んだ。