もしかしたら ☆キャンプ的な日々☆ かも・・・

ジャーマン・シェパードの姉妹犬 ビー&ベスとのトレーラーハウス暮らし                 



歳と共に、日々過ぎる時の流れを早く感じます

「あっ!」 と言う間の四十九日です

まだまだタメ息ばかりの毎日です

いつの間にか部屋の中は歴代犬の写真が、てんこ盛りに飾られてます
(とーちゃんの趣味ですから)

二人の会話は「あの時は・・・だったね〜」



とーちゃんは暇さえあれば「犬」「シェパ」を検索し、ネットサーフィンしながらウルウルしています
(見なきゃいーのに!って思うんだけどね)

ウルウルしながら最後は決まって、「にんこ〜!」「べしゅぅ〜!」「びぃ〜!」と写真に向かって叫んでます
(ははは・・・ )



かーちゃんは「部屋が汚れないんだぁ〜」 と実感しています

犬に手をかけていた時間が丸々空いても、部屋が片付いたり、手をかけた一品が増えたり、外作業に励んだり、なんて事はないのです

裁縫していても危なくないし、お絵かきの道具も踏まれないし、ご飯の時間は気にしないでいいし、外作業は花粉症で無理だし、ただ時間潰しをしています

「これで いいのか?」 「これじゃ いかん!」 なんだけど、どうにも身体が言うことを聞いてくれないのです



物心ついた頃から、いつも生き物が側にいました

犬、猫、ウサギ、鳥類、魚類、爬虫類、昆虫類などなど、たくさんの生き物たちと一緒に過ごしてきました

今、初めて「人類」とだけの暮らしをしています

「人」以外の生き物の存在がいかに大きかったのかを、心から痛感しています

どんなに悲しくて寂しくても、ちゃんとお腹って空くんです

食べて眠って仕事して、普通に生活できるんです

犬たちは諦めることなく最後まで一生懸命に生きていました

飼い主として負けるわけにはいきませんよね





弔問してくださった皆様、供花を贈ってくださった皆様、お悔みをくださった皆様、本当にありがとうございました



ビーちん、煙と共に空へ上って行ってしまいました

花と好きだったおやつと栄光のガウンと一緒に...





五日間のお水生活で肉も脂肪もなくなったのか、一時間半しかかかりませんでした

ビーちんは頭や歯、尻尾の先の先までしっかり残っていました

長生きする子は骨が丈夫なんだそうです

だからベスよりもアイよりも大きく、人間並みの骨壺になりました

おかげで、今も存在感は・・・「大」です





とーちゃんとかーちゃん、犬のいない暮らしをしたことがありません

明日からどうやって暮らしたらいいのか...

とーちゃんのペットロスはすでに始まっています

そんなとーちゃんのお世話で、きっとかーちゃんはペットロスになってる暇はないかな



動物病院の院長、獣医師の先生方、看護師の方々、スタッフの皆様、最後の最後まで飼い主の想いとビーちんにとっての最善を考え、手を尽くしてくださってありがとうございました


とてもかわいいとは言えないでかい図体のビーちんを、「かわいい」と言ってかわいがってくださった皆様、本当にありがとうございました


















雲一つない、青い空がとてもきれいな良いお天気でした
青い空




お水生活五日目




昨夜ビーちんはとーちゃんと、「明日は庭で日向ぼっこをしよう」と約束していました

今日は日向ぼっこをするには丁度良く、風も穏やかで暖かな日でした

四日ぶりのお外でご機嫌なビーちんです
日向ぼっこでご機嫌


マッサージを兼ねてのブラッシングもしました
ブラッシング


とても気持ちよさそうにしていました
ブラッシングでご機嫌


この後、とーちゃんとビーちんとかーちゃんと、川の字でごろ寝しながら日向ぼっこを楽しみました



お昼過ぎ、日向ぼっこは終了

本当はもっとお外にいても良かったんです

でも、とーちゃんとかーちゃんは迷っていました

補液や栄養剤、注射をすればまだ頑張れるんじゃないかって

お水だけで五日間

これだけでもキセキだと思うのです

夕方に行くかも知れないと、動物病院へは連絡してありました

だけど・・・



部屋で横になっているビーちんを見ながら、考えました

処置をして今の状態が続いていたとしても、長くないのはわかります

それをビーちんが望んでいるとは思えなかったから...

あんなにご機嫌な顔をしながら、昼前からは水も口にしなくなっていました

行かないと決めて、ビーちんの顔を見ながら、撫でながら、添い寝をして過ごしていました



本当に数分の出来事でした

あっという間に逝ってしまいました

やっぱりビーちんにはわかっていたのでしょう

そしてアイもベスもビーも、とーちゃんとかーちゃんが家に居るときを選んで

ちゃんと悔いなく看取れるように



2017年1月28日 13時57分

14歳8か月の大往生でした

応援していただいた皆様、ありがとうございました








 




続きを読む

このページのトップヘ