父と娘、枝川親子の愛がいっぱいの贈り物

お父さんと一人娘の枝川真理 いつまで経っても子離れ出来ず 親ばかお父さんの枝川泰士 思った事、お仕事の事、感じた事そのままに

「愛がいっぱいの贈り物」 https://edagawa1.com/ 私達父と娘、枝川親子のホームページです。 お時間がございましたらご覧下さいね

カテゴリ: 魚釣りの話

久々に
行ってみた。

お昼 3時半過ぎに
淡路 冨島漁港に到着

僕と同じ
お年頃の方が3名さん 
釣り場におられました。

須磨から との事で

みなさん 穏やかな方で
初めてお会いしたのに 楽しい お話が出来ました。
お一人は 絵描きさんとの事でした。偶然ですね。

DSC_0011


夕日と潮の香りと
初めての出会い

これから
また お会いする事もあるでしょう
人との出会い 素敵な方と会えると嬉しいですね。

釣りは
水温が低いので
釣果は0でしたが 
それだけで気分満足 心地よい疲れで
満足 満足でした。

帰りは夜の
明石海峡大橋の夜景を眺めながら 
いつ見てもすばらしい夜景でした。

妻と娘は ほっとした様子
心配なんですね。

ライフジャケットにロープを装備

テトラには絶対に行かない。若い頃とちがいますからね

次は 水温が上がる 5月頃まで待つことにします。

昨日の鉛筆画教室を終えて
帰る途中

とっても よくしていただいた
おばちゃんがいた。

昔よく行っていた
釣り餌屋さんへ立ち寄った


fishing-maiko

もう何年になるだろう
舞子に住んでいた頃だから
20年以上になるかも
娘は小学生


mari


ワクワクしながら
入り口のドアを
おばちゃんが若返ってる??
2年前 おばちゃんはなくなられたそうで
娘さんだと言われる

少しお話をさせて頂き 春になれば
また 来ますと言って お店を出た。

特別な餌が少ない時
他の人には断っていても 僕には売ってくれた。

おばちゃんの顔が思い浮かぶ
春になれば と今から ワクワクしています。

当時は 【釣りえさ三平】と言っていたが
今は
フィッシング マイコ となっています。

舞子公園のすぐ西の海沿いにあります。

釣り餌なら
フィッシング マイコ へどうぞ!

真理の写真は 淡路 富島港にて
いつも離さなかった ぬいぐるみ
名前はケンです。今もありますよ。

逃げた魚は
大きいとよく申しますが
ほんとに

今日は
ハマチに
特大のカワハギ

40cmはあったと思います。
たぶんウスバハギ

まずハマチは
アジに食いついた
ぐぐっ ぐぐっ ぐぐぐっ やった!と思いきや

アマゾンで買ったタモ網
すくったら
スポンと柄が抜けた。

なんで?? どうして? だれが ?初めて使って 
さようならなんて
ガク!

次に
ウスバハギ
バシャバシャ バシャ さようなら
ガク!

海の空気を吸ってリフレッシュ

帰りに漁港の明石鯛を撮影

DSC_0001


橋から 娘の母校が見えました。
神戸 愛徳学園です。

akasioohasi

そして

カワハギを岡ちりにして 娘の大好物です。

DSC_0014
鶴を文化包丁で剝いてみました。
もっと首周りなど細くしないとね。
即席の鶴です。今日の厄払い。

来月になればもう少し大きくなると思います

今日は 少し休んで
夜中のお仕事です。

今日は旧友へ電話
魚釣りの道具ちょうだい!

いいよ 

そして、会社へ行って来て
今帰った所です。

彼は大きなクルーザーの
オーナーでもあるので

船釣り用ばっかりやけど ええか? OK大丈夫

釣具のある建物へ

まるでお店 
バッテリーのスクリュー 
これも持って帰りと言う

売ったら結構な金額になると思うよ
これは ええは 売り方知らんし
そうか。

そして 適当に見繕って 頂いた道具がこれ

turisao
沢山頂きました。

おおきに!
彼とはもう50年にもなりますが

彼は 体を壊して懸命に頑張っています。

ある日僕に電話が 僕はすぐに病院へ飛び込め!と
あの時 枝川に電話せずに そのまま家に帰っていたら
俺は もうこの世にいなかったと言う
お互い体に気をつけて 一日を大事に・・と思います。


今日は鉛筆画講座は5週目の土曜日で神戸も明石もお休みです。

1つ徹夜でお祝い絵画を完成しました。

寝ていません。

先日 15年ぶりに明石港へ短時間釣りにチャレンジ
akai

釣れない 気配がない 駄目だ!
新波止の白い灯台へ向かう そこには
僕より年配の人が4名
「おはようございます」
「・・・・」無言
そして 
「もう1人ここで釣るから」と
指をさして こっちの方向か
漁港内で竿を出して! 

「解りました」と僕は返事

広い海 潮の香り 暑いけど夏の太陽
自然にせっかくふれあいたいのに

空気悪!こんな所で釣るの嫌

やっぱり 淡路だ! そうします。

さて
僕はイカ釣りの経験がないので
イカ釣りの道具をタコ釣りに改良
CIMG2443

沢山 道具をそろえて準備万端

いついけるかな?・・・

CIMG2444


CIMG2445

ほとんど 外出をしない娘

ず~~と 僕と一緒なんですね

買い物も用事も仕事も 寝るときだけ

時おり かわいそうな気もします

僕が釣りを再開しようと道具を集め始めたのは

面白さを 説明してから
淡路に
娘に ハゲ釣りに行く??? と 尋ねましたら


想像していた答えと反対に

行く! というんですね

そして 今から 気分を釣りに誘導しています。

昨日 明石漁港へ買い物の帰りに寄り道DSC_0007

明石岩屋間を結ぶ ジェノバライン 
岩屋まで なんと 13分 アッという間に

DSC_0006

新しく出来た船です 蛸や魚の絵がいっぱい描かれています

125ccの単車までOKとの事

DSC_0005

双胴船のようになっていて水の抵抗を少なくしています。
ポートアイランドから 関空まで行く船によく似ていますね

明石港 白色灯台から 明石港に向けてシャッターを

そして港を出て
以前 僕達が住んでいた 東の方向 舞子 垂水方面 です

DSC_0004


海の潮の香りはいいですね 子供の頃の香りです。


DSC_0003


ここは 白灯台 港は 赤と 白の灯台があります
これで夜でも 右 左を 船は 判断しています。

DSC_0002


さぁ 子供達は夏休み 事故のないように
お父さん お母さん 子を守るのは親ですよ!
だぁ~~れもみんな 笑顔と元気

元気であれば 何でもできる!

 夏が来れば思い出す 

淡路は七福神の生まれ故郷
パワースポットが点在しています。
awajisima

目の前の淡路
すぐそこなのに
なかなか行けない淡路島

釣り竿を 出しては 収め
仕掛けを眺めて
空想釣り
15年前の
僕のホームグランドは
神戸の垂水漁港一文字
そして淡路の

冨島港
murotsu-toshima-d

と仮屋港だった

kuruma-kamaguti-b

なつかしい 早く行ってみたい

娘とは秋に
まずは15年 の空白を調査してきます

今日は色々 ゴソゴソしたい事があって
息抜きをさせて頂きます。

昔は 毎日眺めて
魚との知恵比べ作戦を練っていました。
何年ぶりでしょう

CIMG2357

何がどれくらい必要なのか あらまぁ~
えぇ~~初心者のようです。

昔は軽トラ1台分くらいの
すごい釣具があったのですが
全て差し上げてしまったので
1からですが

CIMG2360

太鼓リールがハゲ掛けように準備しています。

年齢から そんなに 何年も行けないと思うので
ほどほどに 適当にします。

ただ ライフジャケットは必要のようです。

家内に言われました
昔と違うので 気をつけるように と

ゴソゴソ続行楽しいです。 久し振りです

あ そうそう 右のイカ釣りの道具は僕は解らないので
欲しい方に差し上げます。

↑このページのトップヘ