偽者を演じる本物と元気ハツラツな偽者◆SEED DESTINY 第26話 私見◆


機動戦士ガンダムSEED DESTINY ORIGINAL SOUNDTRACK II

●シン・アスカの憂鬱


「大丈夫、もう大丈夫だから! 君のことはちゃんと、オレがちゃんと守るって! オレは…!!」

シンとステラの再会が肝な今回。
シンが普段から自己中心的・感情的で上官に逆らいまくりなので今回のステラの保護もそのシンの行動と考えれば自然ですね。でも今回は行き過ぎた様子。タリアがシンを怒る場面は初めてでした。でも相変わらず反省の色が薄い…。

しかし、今回のシンの行動は多めに見ましょうか。
第21話でステラを「守る」と言ったシンですが、最初は狂乱するステラを抑えるために拍子で言った感じもしました。彼が「守る」と言う言葉を口にすると、どうしてもキラやアスランとの比較になり、説得力が欠けます。キラとアスランの「守る」と言う信念は説得力があるので、自己中心的なシンの言う「守る」は何か薄っぺらさを感じてしまいます。この薄っぺらさを本物に変えるにはこのステラの存在が大きく作用するわけです。


●記憶復元、偶然できました


「なんだ? お前は?」

「シン? シン? 逢いに来た…。 シン…。」

ステラの記憶がなくなる場面は第22話で描写されたため、シンがショックを受ける場面は想像できました。が、突然記憶が回復し、シンを呼びかけるとは思いませんでした。ここちょっと感動。ユリカゴの記憶操作が不安定なようです…。やはりそこは試作段階です。
しかし思ったのですが、ステラは「逢いに来た」と言ってますが、どっちのニュアンスでしょうか?


≪1、ステラがシンに逢いに来た≫

ステラから逢いに来たニュアンス。でもステラがここに来たのは「アウルの母さんが死んじゃう」から「守る」ために来たので、シンに逢いに来たわけではありません。

そこは私の考えになりますが、

「アウルの母さんがぬ」

死ぬなら守る

「シン、ステラ守るって」

「ステラ、シンに守ってもらうため逢いに来た

ステラは不安定な記憶の中で、上記のような連想・変換をしていたのではないかと思います。やはり、ユリカゴの記憶操作が不安定なようです…。やはりそこは試験段階です(2回目)。


≪2、シンがステラに逢いに来た≫

最初は≪1≫の方で考えていたのですが、何回かビデオを垂れ流しにしていたら、≪1≫説だと穴が多いのに気付きました。言われてきみれば、ステラはシンがザフト軍、ましてや闘っていた相手だと思っていなかったわけですから。つまりシンからステラに「逢いに来た」と言うのが自然なわけです。
うん、こっちの方が説得力がある。
でも一応≪1≫も残しておこう

自己中の少年と記憶不安定な少女の関係。お互いの成長を期待して見守りたいと思います。


●ラクス・クライン出撃します!


「私も、もう大丈夫ですから。 行くべきときなのです。生かせて下さいな、ね、キラ…」


キラの言い分、アスランの言い分、結局、結論が出ません。なので、ラクスも自分の眼で確かめようと決意しました。
第13話でキラに鍵を託すときに躊躇した彼女ですが、その時はキラを再び戦火に巻き込むことを躊躇しているようでした。前作では積極的にキラへフリーダムを託したラクスでしたが、それによって得た結果は彼女自身、納得できたものではなかったのです。と言うか、前作で納得して終わった人物がいないので今作でもみんな迷ってるわけですが…。
その迷ってる中、キラもアスランのカガリも自分の信念で行動しています。

「まず決める。 そしてやり通す」

ラクス自身の言葉ですが、この言葉はカガリに言った時点で彼女の決心は決まっていたのかもしれません。先導者ポジションの一人、ラクス・クライン自らの切り込みはプラント側にどのような影響を及ぼすのでしょうか?
カガリといい、ルナマリといい、ラクスといい、女性の行動力がものを言う作品です。
ラクスの今回の行動を空回りのカガリと任務以外で暗躍するルナマリアと一緒にするな!と言う苦情は受け付けてません


●ミーアの存在価値


「あかんで、アレ、ホンマモンや! あ、ちゃうちゃうパチモンや!」

ミーアのマネージャーキングT@KED@のセリフですが、このセリフって案外重要。だって、これって本物のラクスの存在を否定しているわけですから。この言葉によってザフト軍はスクランブル発令、ラクスのシャトルを迎撃しようとしたわけです。この行為はデュランダル議長の「ラクスの力を必要とする」と言う意思に反するわけです。つまりは、キラの予想通り、プラントはラクスの存在を消して、ミーアにそのまま代役をしてもらおうとしているわけです。と、なるとラクス、ピーンチ!! どうか無事に帰ってきてください…。

でもT@KED@氏は本物のラクスが出てきたら、ミーアの存在がバレ、自分の仕事がなくなると思って本物を消そうとしたのかもしれませんけど…。
あの関西弁は胡散臭くてどうしようもないです

堅い話なしの細かな突っ込みとED突っ込みは”続き”ます。


●先週の私見はこちら


●余談ですが、他のブログさんも是非御覧ください。
バナー



●ネオ・ロアノークの憂鬱


「損失か…。 ま、そう言う言葉になるんだろうがね。 軍では…」

ネオは寂しそうでしたね。ネオはステラを一人の少女として見ていたし、それを答えるようにステラもネオを信頼していたのだと思います。
どうもネオがそんなに悪い人に見えないのです。やはりムウさんの面影のせいでしょうか…。


●偽者を演じる本物と元気ハツラツな偽者


「みなさ〜ん こんにちはぁあ〜 おつかれさまでぇえす」

ラクス不自然(笑)。
ところどころラクスの素が出てて見ものでした。
ここまで近いラクスとミーアの接近は初めてでしたね。同じ声なのにミーアの方が自然だったのは皮肉なもんです。

てか、トラさんの大阪弁がウソっぽかったけど、いい味でしたよ。
多分、大阪弁の師匠はハロですな


●過去最高に強いキラ


「ラクス!」

不殺の信念はどこいったー(笑)!
ミーアを殺す勢いのキラに笑いました。


●新ED・パラレルワールド


トンデモナイ人数の登場人物が登場するED。前作のキャラも生き返ってます。

1、フレイを見て泣きそうになりました。
2、ムウさんとナタルさんを見て懐かしく思いました
3、ガイア(?)を見て、「え?これがレイの機体なの?」とビビりました。


フレイ、いいですね〜。
当時はムカついてたんですけど


____________________________


今週はここまで!

コメント・TBはいつも通りドンドン下さい。
コメントですが、相変わらず字数制限があるのでご注意ください。現在、対策を考えています。
TBも初めての方でもドンドンお送りください。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-26  [ + SERAらく日記 + ]   2005年04月16日 23:44
PHASE-26 「約束」  今回は前半シリアス、後半コミカル(ぇ)な展開でした^^; ガンダムSEEDはエンターティメント作品なのですよ(?) ガイアに乗っていたステラ。 シンは、負傷したステラを無断でミネルバに搬送する。 『守る』と約束した少女の命を救うため
2. 簡易感想/第26話「約束」/機動戦士ガンダムSEED DESTINY感想  [ ランゲージダイアリー ]   2005年04月17日 00:19
 激しく体調不良なんで今週は簡単に書きます。 ・シン  軍規などになりふり構わずステラを助けようとするシンの姿から、シンの中で「ステラ>軍」というのが浮かび上がります。先週より、カガリよりも軍を選んだ形になったアスランとは対照的です。シンとアスランは今
3. 機動戦士ガンダムSEED DESTENY 第26話「約束」  [ ぷらすまいなす研究所 ]   2005年04月17日 00:51
やっぱり新OPは合ってない気がします・・・。 ゆるやかな曲調すぎてどうも盛り上がりに欠けます。第4クールではもう少しノリのいい曲にして欲しいかも。 そしてアバンは今回も先週のおさらいです。 毎週、大体2分間はこれに使ってるから、1クール分の時間を集めれば2
4. ガンダムSEED DESTINY : #26 約束  [ 蛙・鳴・蝉・噪 ]   2005年04月17日 00:56
ぬ!今週は EDが新しくなってる!死んだ人がいっぱいいるよ!(´∀`)フフフ大円団EDっぽくってぐっときましたが。曲もラクスを切なげに見送るキラのシーンにぴったり合ってましたねー。負傷したステラをミネルバへ運び込んだシン。治療のための検査でステラがエクステンデッ
5. ガンダムSEED Destiny #9  [ digit@l cowboy BLOGstyle ]   2005年04月17日 00:57
いや〜〜、26話「約束」であります。シ ン の 態 度 と 行 為が 怖 す ぎ で す よ ・・・一兵士が独断で敵の女を連れて来て「治療してくれ!!」ってなんだよ、お前・・・(絶句)たった一度時間を共にしただけなのに、なんだってシンはステラにあんなにどっぷりハマってんだろ
6. ガンダムSEED DESTINY 第26話  [ ツクプレッソ ]   2005年04月17日 00:57
忘れぬうちに即感想。 【OP&ED】 OP、以外と最初・中盤辺りも使い回しが多かったねー。 ED、1週遅れで実装?先週は違ったはずー。 今回のEDは今までと違って各自の理想が描かれているって感じだった。 議長と艦長が寄り添っていたり、シン(赤服)とマユが一緒にいた
7. 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第26話  [ salty blog ]   2005年04月17日 00:59
第26話「約束」「ステラ…、何で君が…」のっけから回想しまくりのシン・アスカ。降りて来たアスランを無視し、ステラを抱いてインパルスに乗り込む。いきなりのインパルス帰投に、驚くミネルバ・クルー。ステラを抱いて走るシン。医務室に駆け込むが、連合の軍服を見て戸惑
8. ガンダムSEED Destiny #9  [ digit@l cowboy BLOGstyle ]   2005年04月17日 01:13
いや〜〜、26話「約束」であります。シ ン の 態 度 と 行 為が 怖 す ぎ で す よ ・・・一兵士が独断で敵の女を連れて来て「治療してくれ!!」ってなんだよ、お前・・・(絶句)たった一度時間を共にしただけなのに、なんだってシンはステラにあんなにどっぷりハマってんだろ
9. ガンダムSEED DESTINY 第26話 「約束」 感想  [ 蒼穹のぺうげおっと ]   2005年04月17日 03:09
ステラたんとラクスというヒロインにフォーカスが当たり、切なくも燃える展開を見せた第26話「約束」。 様々な対比構造を見ていくのが非常に面白いのですが、第2クールEDの「LIFE GOES ON」はシンとステラの曲だったことを改めて認識しました。 ■約束 記憶を消された
10. 種デス PHASE−26  [ 黒猫型異星人ファン倶楽部 ]   2005年04月17日 06:17
現在の戦況の全体像が掴めない。 ミネルバはどこへ何のために向かうのか。 プラントと地球の政治状況は? ザフトと連合の司令部は? ミネルバ、ガーティールーの他の部隊は何やってるんだろう? どこか解説しているサイト・ブログを見っけないとなあ。
11. SEED DESTINY 26話  [ gran_cody diary ]   2005年04月17日 12:07
最近、仲の良かった友達との話し合いも平行線になったり、ひとりで大騒ぎしている副長を無視したりしている全国のS−Dファンの皆様!早速感想に入ります。
12. DESTINY諢滓Φ勝HASE-26 邏蒭  [ 『日々見聞きしたもの…。』 ]   2005年04月17日 12:45
ガンダムSEED DESTINY PHASE-26 約束 の感想です。長々と書いた感想は私の感想メインのホームページに書いてありますのでそちらもどうぞ!今週からのEDの画がすんごい気になってます、まだちゃんと見てないんでちゃんと見てから記事にしたいと思います。では、PHASE-26の感想
13. 種D PHASE26  [ みなもさん日記 ]   2005年04月17日 13:13
今日は前半と後半五分が全てでした。 駄目です、もう涙が出るくらい、シンとステラが大好きです。 シンステ、好き過ぎておかしくなりそう、シンステ。 自分の中である意味、21話を越えてしまいました。 殆どキラに出番を持っていかれるんだろうなあ、と危惧していた26話で
14. 【PHASE-26 約束】感想  [ Gundam SEED Fun!! ]   2005年04月17日 13:23
機動戦士ガンダムSEEDデスティニー第25話「約束」の感想です。今回からエンディングテーマが「I Wanna Go To A Place...」」に変わりましたね。エンディングの感想はこちらにありますので、是非ご覧下さい。今週は作...
15. デス種 PHASE-26 「約束」  [ 虚辛会日報 ]   2005年04月17日 13:31
わいはキングT@KED@。プロデューサーや。 二回目やからボケへんで。 「だめです、バビ全機追撃不能!」 「ガズウート部隊沈黙!」 「ちっくしょーここのガラス昨日変えたんだぞ!弁償しろ弁償!」 「竹田さん!行かしちゃったらまずいでしょ!」 失
16. ガンダムSEED DESTINY PHASE-26 4/16  [ サブカルチャーに感想を ]   2005年04月17日 15:14
「約束」 あれはバルトフェルドだったのか!関西弁だったよ置鮎さん。頑張ったなぁ(笑本物のキングT@KED@と見た目違いすぎ。傷も見えてるし…しかしナイスアイデア。 OPのタイトルバック、やっぱりスーパーフリーダムでしたね。ラストにも新機体が続々と。ってま
17. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第26話  [ Cosi Cosi ]   2005年04月17日 15:39
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5機動戦士ガンダムSEED DESTINY 6機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7 【約束】 カメリアとしての一番の見所はラクスがプラントへ行く決意をしたこと。 前々回位から、ラクスの表情が曇っていたり、何か考え
18. ガンダムSEED−D 26 「約束」  [ 凡ての道はガンダムに通ず ]   2005年04月17日 17:50
「ステラ、大丈夫だよステラ。大丈夫だ。僕がいるから」「大丈夫だよ」が「かわいいよ」だったら・・微妙に惜しい?   そんな事は私の思考はとりあえずとして、本当のシンとステラの再会にかなり心震えました。ステラがシンにくれたのは桜貝だったのだろうか。見つめ
19. PHASE-26 約束  [ あっちゃblog ]   2005年04月17日 19:44
ステラの事になると冷静さを欠くシン君。何時もだろうってツッコミは置いといてステラに対しての約束を守ると云うよりは、「守りたい、助けたい、守らなきゃいけない」自分の想いがいっぱいで暴走したシン。軍人としては如何なものか、人としては否定できない、そんな行動でO
20. 第二十六話「約束」  [ Blue Channel ]   2005年04月17日 21:16
今回から新エンディングになりました。今までのSEEDを含めたキャラを総出演ってのは微妙だよな〜。最終の第四クールで出すなら理解できるんだけど。歌はいいですよ。今までと違って癒されるって感じ。
21. デスティニー 第26話 約束  [ 或る漫画好きの観察日記 ]   2005年04月18日 02:17
先週のOP変更に伴い、一週遅れで今回からEDが変わりました。クルーゼやアイシャなど、前作のキャラクターも多数出ており、勢ぞろいといった感じでしたね。 ですがクルーゼが映っていたのには何か意味があるのではないかと思ってしまう今日このごろ。しかも隣にレイがいて
22. 第26話:ステラ、壊れないでね、ステラ!とラクス旅立ちの回。  [ O型・風海のアスラン考察日記 ]   2005年04月18日 21:28
2005/04/18(月)(改訂版UP♪)今回は、シンいきなりアスランを無視して、独断でステラお持ち帰り♪ガイアのパイロットがステラだとわかった時点で、ひたすら軍規も何もかも忘れて、私情最優先! (私情最優先なO型の血、発動〜♪)こういうところが、いかにも直情的な
23. PHASE26 約束  [ 世界は映画でまわってる。 ]   2005年04月24日 23:57
 ・ ステラ可愛いよステラ  ・ シンがいい子  ・ 「深海の孤独」が良すぎ  ・ スティングがステラを忘れちゃう!  ・ ラクスのサイン会  ・ ミーアの「ぁあ?」  ・ 血迷ったか新ED 「深海の孤独」に流されてるかもしれないけど、今日のシンス

この記事へのコメント

1. Posted by ズゴック大好き   2005年04月17日 00:59
ステラは本当に切なかったですね〜
でも何故か記憶が戻ったのは良かったですね・・・でも悲しい!
そばに付いていた看護師が気を利かせて席を外すのは良くできた演出です。

最強のキラ:いや〜フリーダムの活躍燃えますね〜
たとえテロ(ホントの意味知っているかい?)モドキでも、痛快です。
実際のニュースでテロのニュースを見たり聞いたりしたら、よい気分になれますか?
例えマンガ、アニメでもキラの活躍は心地よい!!ね〜
2. Posted by 神納月   2005年04月17日 10:50
おはようございます。
神納月です☆

記憶が戻った!?>
あれは、シンが何度も
「シン」といってたので、
それを繰り返してるだけだと思ったのですが、
回想シーンもあることですので、
戻っているのでしょうか?

ネオの憂鬱>
前作の強化人間がらみだと、
機械としか思っていませんでしたが、
ネオさんの場合、
やっぱり強化されていても人間だと思っているのですね。
ちょっとだけホロリと来ました。
3. Posted by 神納月   2005年04月17日 10:58
キラ最強!!>
強いですねぇ。
やっぱり吹っ切れた人は、
強いことがわかります。
スパロボでもその強さを見せてください。
もちろん不殺で。

フレイ>
たぶんSEEDが始まったころは、
誰もがみんな思ってたことでしょうね。
僕は別になんとも思わないのですが。
ただ、噂のエッチシーンを観ていないので、
これを観た後だと、かなりむかついていたと思います。

それでは、関西弁で失礼します。
ほななぁ。
4. Posted by シータ(管理人)   2005年04月17日 12:12
ケツカッチンやさかい、レスするで〜(うそ臭い関西弁byトラさん)

>ズゴック大好きさんへ

毎回コメントありがとうございます!
ステラの記憶回復(?)は驚きました。記憶が消されたときは絶望的だったのですが、今回の状況を見てると希望が持てます。
看護婦さん、GJです!

フリーダムの動きが機敏でカッコよかったですねー。
やはりキラはラクスが大切で大切でしょうがないのだと思います。
5. Posted by シータ(管理人)   2005年04月17日 12:20
>神納月さんへ

>戻っているのでしょうか?
私もステラが「シン?」と言った時はまた暴れ出すと思ったのですが、続けて「逢いに来た…」と言ったときに、これは記憶が戻ったかな?と思いました。でも、これでこのまま記憶が持続される保証はありませんが…。

>ネオ
やさしい悪役ですよね。
この作品って正当な悪役がいない気がします。デュランダルは真っ黒とは言えませんし、ジブリールは陰が薄すぎです…。

>キラ
強すぎです。で、今回は動きが早すぎでしたね。

>フレイ
前作の問題シーンはDVDレンタルで観ました。
借りるとき、ちょっとドキドキでした。
今思うと、懐かしい青春の1ページです。

では、おききに〜。
6. Posted by 香坂(文人凡人朴念仁)   2005年04月17日 18:49
今週は前半のシンの活躍っぷりが心地よかったですねぇ。
やってることはめちゃくちゃですが(^^;
ついに悲劇的展開が主人公に達することによって主人公の存在感が若干出てきているのは喜ばしいことですね(^-^)。

おそらくこの先、シンが怒りに任せて突き進む過程で様々なものを見てついには「なぜエクステンディッドが存在しなければならなかったか?」という理由にたどり着くんでしょうねぇ。

…でもそこにたどり着いてしまったら確実に物語としては破綻しますよね。物語をたたむ方法が無いですもの。「なぜ戦争をするのか?」なんて疑問(不満ではなく)を持ってしまったら、その解答は出しようが無いんですから。
7. Posted by シータ(管理人)   2005年04月19日 01:39
>香坂さんへ

毎回、コメント感謝です。

やはり主人公はシンですから、彼のエピソードがもっと語られるべきなんですよね。そんな意味でも今回は見ものでした。

原動力は”怒り”ですが、その先に見えるモノを見て、どう心情が変化し彼が成長するのか。これがシンに課せられた課題でもあると思います。

戦争の理由を追い求めるのは難しい限りです。出口のない迷宮のようなものですから、そこに行き着いてしまわないよう、行き着いてもすばやく出られるよう祈っております。シンでは脱出困難なようなので…。

ではでは。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
おしらせ
ぷろふ
管理人:シータ

since 2004/10/14



 
きじけんさく
つきべつ
かてごり
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site