ムヒョとロージーの魔法律相談事務所ガイド





ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 1 (1)
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 2 (2)


●全話簡易感想
●登場人物紹介
●魔法律用語紹介
●ムヒョが執行した魔法律紹介


●全話簡易感想



コミックス1巻収録あらすじ


※この作品は物語のカウントを「第○条」で表記されます。


第1条『リエとタエコ』


ムヒョとロージーの魔法律相談事務所にリエという少女が現れる。リエは駅で事故死したかつて友達・タエコが成仏せずに人間を襲っているから助けて欲しいと依頼する…。


連載第1回目では、まだ様子見でした。第1作目から爆発的に面白いマンガは近年では『DEATH NOTE』くらいでしょうか。この作品もスタートダッシュ系ではなかったです。この時点ではどう化けるか期待してました。



第2条『キミヨおばあちゃん』


キミヨおばあちゃんは自身が営んでいる学生寮に幽霊が出るようになり、悩んでいた。調査に行ったムヒョ達だが、そこでロージーが見たものは悪霊に憑依されたおばあちゃんの姿だった。


「依頼者と再び会わない」と言うルールを掲げているムヒョでしたが、第2話目でいきなりそのルールが方崩壊しています。て、言うかこの人物の再登場を制限するルールは物語を展開するには不利だと思うので、速攻で取っ払ってもらって正解だと思います。



第3条『才能』


夜中に事務所の電話が鳴る…。電話の主で天才ピアニスト・白鳥綾は午前2時キッカリにピアノを弾く霊が現れると言う。しかし、ムヒョは綾の言葉に対しいつも以上に冷たい反応をする。
そして調査中に予想通り霊が出現。しかし、その霊の霊力は異常であった…。


この第3条でムヒョと対立する存在・エンチューの伏線が張られました。1話完結とは言え、大筋の物語があってこそその物語は引き立つのです。それがここで確立されました。



第4条『プレゼント』


ムヒョが寝ている隙にムヒョの本で魔法律の練習をするロージー。いつも通りムヒョに怒られる始末。ロージーはお詫びの意味を込めて、ムヒョにアンティークショップで惹かれた椅子を贈る。しかし、ムヒョはその椅子を返して来いとロージーにまた怒る。それが元でロージーはムヒョとケンカになるのだが…。


ロージーの健気さが現れた回。ここで彼のファンになった読者も多いと思われました。その現象はロージー乙女説まで流れるにまで至ったのを覚えてます。その原因はおそらく、この作品が現段階において女性のレギュラー人物がいなかったためではないでしょうか。やはり再登場禁止ルールが微妙な力を発揮していたようです。



第5条『看板破りのケンジ』


石を投げて事務所の看板を破壊した少年・ケンジ。彼は根っから幽霊を信じていないため、ムヒョたちのことをインチキ師呼ばわりしていた。ケンジは町外れの竹林で肝試しをして幽霊がいない証明すると意気揚揚とムヒョたちの元からいなくなるのだが…。


幽霊を信じない少年・ケンジ。物語世界を否定するアンチテーゼを掲げた人物はこの手の作品には絶対に登場するのです。そんな世間知らずの少年に下されるのは霊界の招待なわけですが…。そして当時はこの少年が今後のキーになってくるとは思いませんでした。



コミックス2巻収録作あらすじ解説



第6条『消えないモノ』


亡くなった友達の幽霊を匿っている高校生の親から依頼。
事故で幽霊となったユウタとその幼なじみのタカヒロとノゾミは高校卒業までに三人で一つの絵を完成させる約束をしていた。
しかし、幽霊の長期に渡る現世滞在は揺するべき行為でないのである…。



第7条『ナナの写真』
第8条『ナナとパパ』


ケンジが写真好きの少女・ナナを事務所に連れてきた。
どうやら彼女は心霊写真ばかりを撮る少女のようであった。
それは彼女自身に霊をひきつける能力があること、そして、彼女の家族がみんな死んでいることが関係しているようであった…。


第7条でヒロイン役で写真少女のナナが登場します。ケンジと共に再登場禁止ルールを破ってくれた貴重な人材です。
これによってこの作品にも華が出てきました。
ナナは巨乳でお色気要員でもあるので、この後からムフフかつ無意味な描写が増えます。
そこでこの作品のファンになるかは微妙ですが…。




第9条『ロージーのペン』


ロージーの元に魔法律協会から魔封じのペンと一級書記官昇級試験の案内状が届いた。喜ぶロージーだったが、ムヒョはまだ早いと言ってロージーをつけはなす。
そこにナナが登場。心霊写真を持ってきたのだが、ムヒョは仕事でない限り動かないと言って寝てしまう。ムヒョに冷たくされたナナを見たロージーは、ムヒョの力を借りずに霊を退治する為に、彼女と共に心霊写真の場所へと訪れる…。


魔法律協会編序章に位置するエピソード。
健気なロージーの姿にファンになる男子が急増!
いや、だからロージーは男ですよ…。




第10条『気配』
第11条『前兆』
第12条『狂気』
第13条『誇り』
第14条『となり』


ロージーの一級書記官試験のために魔法律協会を訪れたムヒョとロージーとナナ(おまけ)。ムヒョは旧友のヨイチと再会し、魔法律界に蠢く暗雲と反逆者・エンチューの行方について聞かされる。
そして、ロージーの書記官試験の最中に悲劇が起こる…。


第10条から第14条まで現実世界を離れて魔法律の世界で物語が展開されます。ここではムヒョの旧友・ヨイチや数多くの魔法律家、そしてムヒョの好敵手・エンチューの登場もあります。
現実世界で魔法律を展開させた後に魔法律協会と言う非現実世界と言う舞台を変えたことで、魔法律の世界に深みが増し、この作品の魅力が確立されたのだと思います。





●その後から現在まで

第15条『だれかいる』
第16条『草葉の影』
第17条『四谷先生』
第18条『平田残雪』
第19条『夜の蝶』



ムヒョ、ロージー、ナナが訪れたとある温泉旅館。
そこに訪れた小説家・四谷阿部之。彼は大ヒットを飛ばす小説家だが、そのヒットに裏があった。


第17条〜第19条の『夜の蝶』編は私好みです。
現代に生きる売れない小説家・四谷阿部之と現世に留まり続けた小説家の幽霊・平田残雪の関係、ちょっと感動してしまいました。ここら一帯はオススメです。
現実世界でありながら、魔法律や霊の世界をうまく表現できたのは、先の魔法律協会編で魔法律を根底まで掘り下げたためだと思います。




第20条『魔具師のビコ』
第21条『上陸』
第22条『魔監獄潜入』
第23条『いかれ庭師』
第24条『微動』
第25条『リオとロージー』
第26条『ソフィー』
第27条『闇の中の虹』
第28条『上級魔法律』
第29条『悲しみの始まり』
第30条『霧雨』
第31条『木イチゴ』
第32条『決意』
第33条『賭け』 
第34条『対峙』
第35条『約束』
第36条『風の中のツバメ』




新キャラ投入で、また魔法律の世界へ突入です。
展開が早いような気もしますが、これは今後魔法律の世界に重点を置いて展開される暗示かと思います。現実と非現実の世界の行き来がこの作品の魅力。



第37条『コックリさん』
第38条『五嶺登場』
第39条『計画』
第40条『赤川団地跡』







●登場人物


魔法律世界


ムヒョ  ―――魔法律執行人

本名・六氷透(むひょう・とおる)
1月23日生まれ
身長128cm
特技・爆睡
好きな物・ジャピン(週刊少年マンガ雑誌)
嫌いな物・安眠の妨げ・騒音(騒いでるロージーなど)・陽の光

身長はかなり低いが、目が大きく頭の形など特徴的。
普段の性格は冷たくマイペースで他人のことには我関せずだが、実はかなり他人思い。
魔法律学校時代はオチこぼれだったが、ある日突然才能に開花する。それによって最年少執行人として注目を浴びる。魔法律執行人としてもかなりの実力者であり、魔法律界では英雄と謳われている。
魔法律執行後は力を回復させる為に3日間寝ないといけないのだが、その3日間の間にロージーが騒動を起こして眠れないため、いつも睡眠不足気味。


ロージー ―――二級書記官→一級書記官(仮)

本名・草野次郎(くさの・じろう)
9月29日生まれ
身長170cm
特技・スーパーハリボテテク、料理
好きな物・紅茶とお菓子
嫌いな物・幽霊、怖いムヒョ

性格は誰にでも優しく、いつもオドオドしていて不安に見舞われているが、向上心と爆発したときの魔法律補助の威力は誰にも負けない。
ムヒョの助手として共に魔法律相談事務所を運営する。が、仕事はお茶組みやファイル作成ばかりで実務や刑の執行は出来ない。それは二級書記官と言う役職のせいでもあるが、彼自身の力量も関係していると思われる。
自身が原因のミスが重なって事件が発生することもしばしば。それが嫌で逃げ出すことがあるが、いつもムヒョが助けてくれるのでムヒョには心から感謝している。


ヨイチ ―――魔法律裁判官

本名・火向洋一(ひむかい・よういち)
8月5日生まれ
身長170cm
特技・タッチ、サイズ当て、スポーツ全般、隠密行動
好きな物・サンドイッチ、女の子
苦手な物・仕事、女の子の涙

ムヒョのMLS(魔法律学校)時代の旧友で、ムヒョの理解者。
オールバックの色男。
役職は執行人の次に位置する裁判官であり実力はかなりのもの。
だが、いきなりナナの胸を触る暴挙に出るくらいのエロガッパでもあるのが玉にキズ。
ムヒョとは旧知の親友。別々の事務所で活動しているが、ムヒョの助けが聞こえたならば、真っ先に行動を起こす。


ビコ ―――魔具師

本名・我孫子優(あびこ・ゆう)
魔法律書や魔法ペンなどの”魔具”を開発する職人でムヒョのMSL時代の同期。
身長はムヒョと同じくらいで三角帽を被っていて顔は見えない。
一人称は「ボク」。
顔が見えない、一人称に惑わされがちだが、実は女の子。
魔具自体の生成方法等が機密とされている為、魔具師が表立って動くことは少なく詳細は不明。ただひとつ、「魔具師が動くを不吉が動く」と言われている。
魔監獄最下層クラスの霊を封印可能な札を作成することができる。
だが、最近ビコが作った札が破られる事件が発生し、ムヒョに助けを願い出た。
魔法律学校時代は魔具の取り扱いに長けていたが、それ故にスタイルと性格のよさだけで偉大と言われた魔具師・リオを軽蔑していた。しかし、授業の実験中のビコのミスを庇ったことがきっかけで以来、リオを師として心から尊敬している。



リオ ―――カリスマ魔具師

本名・黒鳥理緒(くろとり・りお)
魔具師の第一人者。
ビコの師匠であり、ムヒョの魔法律本を作った人物。
大きな帽子と片眼鏡が似合う綺麗な女性だが、実はキス魔である。
ムヒョたちの魔法律学校時代、教師としてムヒョたちと接していた。
ムヒョたちにとって、心やさしい理解者だが・・・。


今井 ―――魔監獄配属裁判官

本名・今井玲子(いまい・れいこ)
魔監獄を警備する裁判官。
ソフィーが脱獄した際に、消息を絶つが後に発見される。
人を苗字で呼ぶ数少ない人物。(初対面なら当たり前)


藤原 ―――魔監獄配属裁判官補佐

魔監獄を警備する裁判官補佐。
ソフィーが脱獄した際に、今井と共に消息を絶つ。


前田 ―――魔監獄配属監獄守

岩本 ―――魔監獄配属監獄守

古谷 ―――魔監獄配属監獄守

リリー・エレナ―――執行人

反逆者・エンチューに殺害された執行人
かつて、リオに冷たく当たっていた。


大河内奏成―――執行人

読みはおおこうち・そうせい
反逆者・エンチューに殺害された執行人
かつて、リオにセクハラしていた。


ペイジ―――魔法律協会調査本部長

本名・ペイジ=クラウス
役職は執行人兼魔法律協会調査本部長。
反逆者・エンチューの行方を追っている模様。
エンチューを調査している際に、エンチューの協力者の存在を見つけ、
ヨイチに協力者の追尾を命じる。
かつてムヒョとエンチューに魔法律を教えた張本人。


ゴリョー ―――執行人

本名・五嶺陀羅尼丸 (ごりょう・だらにまる)
黒髪長髪で着物に草履、扇子を愛用している純和風の出で立ちの執行人。実力はムヒョに劣ることを自覚しながらも、「戦略」では六氷魔法律事務所を凌駕していると豪語する。
全国で99箇所に支部を持つ超一流魔法律法律事務所『ゴリョーグループ』の頭取。
感情を隠し、決して本心を表に出さない。
パートナーは裁判官のエビス。


エビス ―――裁判官

本名・恵比寿花夫 (えびす・はなお)
裁判官でゴリョーのパートナー。
人を馬鹿にするところがあり、口が悪く、笑い声も下品。
見た目は単身で、だるまのよう。
だるまとバカにされると凹むところがある。
将来は独立し金持ちになることを望む、わかりやすい野心を持った裁判官。


反逆者


エンチュー ―――反逆者

本名・円宙継(まどか・そらつぐ)
ムヒョとヨイチのMLS時代の同級生だが、現在は秘密裏に執行人殺害や怨霊大量寄生などを行う魔法律界の反逆者。
美形だが、顔の一部に謎のキズがあり、現在は身体の殆どが霊化している。
三人の中でも成績がよかった努力家。貧乏な家と病弱な母親を助ける為に魔法律執行人になる夢を抱いていた。
が、ある日突然才能に目覚めたムヒョに実力を抜かれ、一人しか選ばれない執行人の枠を獲得することに焦りを感じるようになる。
それに追い討ちをかけるように母が倒れ帰らぬ人に…。
そしてエンチューが母親の葬式後にムヒョの執行人就任を知ったのだった。
そこから彼の狂った人生が始まったとされる。
ムヒョを心底憎んでいる。



ティキ ―――怪人


4つ目の仮面を被り、黒尽くめの布で身を纏う神出鬼没の怪人。
800年もの間、協会にマークされている反逆者。
魔法律に関する大きな事件の度に姿を現して手引きをしては消える。
その手法は残忍。
不治の元魔法律家か亡霊か等の噂のみでその実体は不明。
また、彼に関する記述も機密事項である。




日常世界の住人


ナナ ―――写真家志望少女

本名・竹乃内菜々(たけのうち・なな)
7月7日生まれ
身長164cm
特技・シャッターを押す、速撮り、かくし撮り
好きな物・ロージーの紅茶、いい風景(ハプニング)、温泉(旅行)
苦手な物・ヒマ


この作品のヒロイン的存在で、明るく希望に満ち溢れた巨乳少女。
ケンジの紹介でムヒョ達に出会い、一緒に行動するようになった。
その行動力は他の登場人物を凌ぐほどで、魔法律協会や温泉旅行までムヒョ達と同行するまでに。
霊媒体質で、無意識に霊を惹き付ける能力を持つ。



ケンジ ―――いらずら坊主

最初は霊の存在を信じていなかったが、自身に危険が及んだことで霊の存在を信じ、ムヒョとロージーに付きまとうようになった少年。
ムヒョとロージーにナナを紹介したり、魔法律協会から帰ってくる日に事務所で待っていて事件に遭遇したりと、案外重要な役を担っている少年である。



※ムヒョとロージーの身長・特技・好物・嫌いな物はコミックス第1巻より引用。
※ナナとヨイチの身長・特技・好物・嫌いな物はコミックス第2巻より引用。


●魔法律


【役職】

執行人・・・・魔法律界の最高職であり、魔法律執行が許されている。
裁判官・・・・執行人の助手とされている役職。執行以外の魔法律の使用が可能
裁判官補佐・・裁判官のひとつ手前の役職。
一級書記官・・ここで初めて魔法律の実務が可能の役職。
二級書記官・・雑務専門の役職。札を含めて全ての魔法律の使用は出来ない。

【魔具】

魔法律家が使う一般的道具。
代表的なものは札、ペン、魔法律書などなど。
魔具師と呼ばれる職人によって作られるが生成方法などは魔具師のみに受け継がれるものなので、詳細は不明。そして、魔具師は魔具を開発するだけで、使用することは出来ない。
魔具を使用できるのは執行人から一級書記官までであり、それぞれに使うものの限度がある。書記官クラスでは札とペンのみの使用になるが、執行人クラスでは魔法律書を含めた殆どの魔具を使用することが出来る。
また魔具には相性があり、いくら協力な魔具でさえ使う者の精神状態や経験などによって、その効力を発揮しない場合もある。

破魔丸

体内の邪気を払う効力がある。
丸薬だと思われるが、原料・素材の詳細は不明。


【煉】

煉 (れん)

使者の召喚や魔具の使用に必要な精神力。
煉が減っても眠ることで回復する。
しかし、煉を使い切ってしまうと眠りに必要な力まで干上がり虚脱に陥って危険な症状になってしまう。
その場合の協会へ行くことで措置できる。


煉根湯 (れんこんとう)

底をついた煉を一時的・強制的にに回復させる薬。
調合が難しく、優秀な魔具師でないと作り出すことが出来ない代物。
毒素と副作用も兼ね備えているため、少量の摂取でも命を脅かす可能性がある。


煉鐘 (れんしょう)

協会で行われる煉が尽きた執行人の回復治療方法。
鐘の音で身体の奥深くから眠気を呼び起こし、ゆっくり煉を回復する。
煉根湯は強制的に煉を回復させるが、煉鐘は正式な回復手法。
睡眠を操作するので、場合によっては睡眠障害に陥る術者もいる。



【札の術】

魔法律執行が行えない裁判官〜一級書記官までが執行人が執行するまでの補助として施行する『封印』式の補助魔法律。一級書記官受験資格者から所有できる『魔封じのペン』で『魔封じの札』に効力を書いて霊に貼り付けることで初めて発揮される対幽霊戦闘術。


魔縛りの術


霊の動きを封じる術。
霊に接近し直接貼るのがベターとされているが、実力者になると離れたところから投げただけで霊に効力を与えることもかのである。(才能に目覚めた時のムヒョや火事場の馬鹿力を出したロージーなど)


退魔封殺の術

建物の扉に術をかけることで、物理的移動を行う霊に対しての封印が可能となる。
魔監獄での霊は壁をすり抜けることが出来ない。その上、扉はこの術によって閉ざされており、事実上封印されている状態となる。


破魔の術

霊に対し、術で出来た珠を飛ばし攻撃する術。


魔暗返しの術

攻撃霊を跳ね返す術。


霊化防壁の術

襲ってくる霊を突き放す防御の術。


六方霊化 結界の陣

二人掛りで結界をはり、より強力な結界を展開することができる術。



【特例法】


魔法律執行の際に補助として発令される魔法律

第8項≪施錠解除≫
 人によって閉ざされた扉の施錠を開ける。

第11項≪魔睡針≫
 魔法律執行を妨害する人間を3日3晩眠らせる。

第18項≪霊錠解除≫
 霊によって封印された結界を解除させる。

第82項≪銀の鎧≫
 霊の接触、霊が放つ波動等から身を守るオーラを発する。

第82項≪根の国返し≫
 神通針を使って、霊によって死亡した人間を蘇生させる。


【四大刑法】

『地獄送り』……悪霊など罪状の重い霊を送る刑法
『浄土行き』……罪の軽い霊を送る刑法。ムヒョは地獄送りよりもこの刑を実行する。
『和解』……詳細不明。生霊などに使われる可能性があると推測される。
『封印』……『魔縛りの刑』など、札で一定時間霊の行動を制御する刑法。

その他、『浄土』と『地獄』の間に『煉獄行き』と言う行き先もある。
煉獄は地獄より軽い罪を償う場所で、償えばあの世へ行ける。


【魔法律】

罪状によって霊に刑を執行する事。魔法律執行は執行人だけが行える。



第102条『おぶさり』の罪により≪送り火≫の刑
 読み切りでロージーに憑いた霊に執行。
 あの世に繋がる炎で霊を送る。

第142条『霊気無断大量放出』の罪により≪蝿王の宝箱≫の刑
 第3条でピアノを弾く霊に執行。
 地獄の蝿王のコレクションに追加される。

第244条『物体無断霊化』及び『魔法律執行妨害』の罪により≪冥王の晩餐≫の刑
 第1条で駅ホームの霊・タエコに執行。
 一口で霊を飲み込み胃袋であの世に送るが口に合わないモノは吐き出される。
 地獄か浄土かどちらに送られるかは冥王の気分次第。

第325条『無断霊化融合』の罪により≪魔弾顔≫の刑
 第34条でエンチューの力で合体した魔監獄の霊に執行。
 霊体に無数の魔弾丸を打ち込む刑。弾丸には顔がついている。

第356条『無断変形』の罪により≪魔王の矛≫の刑
 第24条で悪霊に化した藤原裁判官補佐に執行。
 地の果てから魔王の放つ矛で、霊を串刺しにして引きずりこます刑。

第383条『住居不法侵入』及び『障害未遂』の罪により≪魔鉄兵≫の刑
 第7条でナナに取り付く霊に執行。
 霊に向かい魔弾を放つ。
 ※執行時、ムヒョが刑を間違えたために彼自身に弾が放たれる。

第388条『無断変形』の罪により≪葉影の番人≫の刑
 第16条で事務所にいた少女の霊に執行。
 冥府の住人である番人が現世の影とあの世の影を通じさせ霊を現世から引きずり込む。

第701条『無断背後浮遊』の罪により≪黄泉渡し≫の刑
 第8条でナナのパパに執行。
 罪が軽い霊が受ける罰で、罪を洗い流し浄土送りさせる刑。

第741条『物体無断寄生』及び『食人未遂』の罪により≪魔王の影≫の刑
 第4条でロージーの拾ってきた椅子に寄生した霊に執行。
 魔界の王の分身であらゆる慈悲を飲み込む。

第881条『人体無断寄生』の罪により≪茨の園≫の刑
 第2条で学生寮の悪霊に執行。
 地獄送りの刑で、執行された霊は永遠に地獄の茨を彷徨うことになる。

第882条『超長期現世無断滞在』及び『面相無断転写』の罪により≪不帰梟≫の刑
 第18・19条で小説家・平田残雪に執行。
 二面の梟が霊をあの世へ連れて行く。

第884条『獣性無断寄生』の罪により≪追死≫の刑
 第1条でリエの足に寄生した動物霊に執行。
 再び死を与えることで、あの世へ送る刑。

第??条『伝染』の罪により≪霊撃手≫の刑
 第11条で魔法律学校生徒に取り付いた霊に執行。
 地獄の使者が霊を切り刻んで処分する。
 ※執行時、エンチューの抵抗により相殺される。

第1212条『大量吸血』の罪により≪魔獄房収監≫の刑
 第5条で竹林の悪霊に執行。
 霊が犯した罪を重さにして永遠に背負わせる刑。

第1224条『異物混入』及び『殺人未遂』の罪により≪百子魔王子の手≫の刑
 第23条でマッドプランター(イカレ庭師)に執行。
 地獄の王子たちの手が霊を掴み、そのままちぎられ遊ばれる刑。

第1585条『暴行未遂』の罪により≪孔虎之大洞≫の刑
 第39条でコックリさんで呼び寄せた霊に執行。
 三つ目の虎のエサになる。
 ※執行者はゴリョー。

第1624条『殺人未遂』の罪により≪魔王の鉄槌≫の刑
 第9条で歩道橋の上の悪霊に執行。
 一撃目で地獄に堕ち、二撃目で地獄の土になる刑。
 
第1742条『大量殺人未遂』及び『物体無断寄生』の罪により≪魔列車≫の刑
 第14条でエンチューの放った怨霊に執行。
 大量の霊をあの世に送ることのできる列車を呼び寄せる。
 ※読みきりにおいても執行。その際の罪状は第741条『物体無断寄生』の罪。

第2002条『免罪発令』『長期現世無断滞在』の罪を非利己的行為の為免除、≪銀の梯子≫に処す
 第6条で絵描きの少年ユウタに執行。
 罰則ではなく、罰を免除し、天から梯子を降ろさせて霊を浄土送りにする



【上級魔法律】


通常の魔法律では抑え切れないほどの霊に執行する魔法律。
呼び出す地獄の使者は通常のワンランク上になるため、刑の執行前に執行人が数人がかりで地獄との契約を行う必要がある。
しかし、ムヒョは一人で地獄と交信し、見事に使者を呼び寄せることに成功した。
これこそ、彼が天才と呼ばれるゆえに可能な業である。

第98条『なりかわり』の罪により≪魔元帥≫の刑
 第29条で顔削ぎソフィーに執行。
 地獄の兵、魔鉄兵を統率する魔元帥が直々に霊を処刑する。
 契約成立後、魔元帥が到着する前に『タルタロスの鎖』で霊の動きを封じ、
 地上の遥か彼方から馬に乗って登場、通り過ぎざまに一斬りにし、遥か彼方へ還って行く。
 

【禁魔法律】

通常の魔法律、上級魔法律は煉を地獄の使者に与え力を借りて霊を裁くのだが、禁魔法律は呼び出す者の魂を売り、生者を殺める力を手に入れることができる。
一度でも禁魔法律を使った者は地獄の使者との契約は絶えず、いずれ魂も擦り切れ、悪霊となり自我も消える。
禁魔法律を使う者は身体に反逆者の印と傷が浮き出る。
禁魔法律は執行人でなくても、魔具師でも取引ができる。
反逆者・エンチューはこの禁魔法律と取引している。


≪――冥界の炉主黒火蜴よ――禁じられた火の災い我が手に… ●●様に逆らう者、○○に死を≫

火球を繰り出す。
●にはそれぞれ人名が入る。


【魔法律協会】

魔法律世界の本拠地。第10条〜第14条での舞台。長野県安曇野の山中に位置する。
主な施設として、ムヒョ達が魔法律を学んだ魔法律学校(MLS)や3000万冊の書物が保管されている魔法律図書館などがある。
霊が見える人間を集めて魔法律を教える協会であるが、協会の全貌はベールに包まれたままである…。


【魔監獄】

正式名称・第18魔監獄。”赤目””泣き犬”などと呼ばれる強力な霊たちが幽閉されている牢獄の城。
場所は太平洋にある地図には存在しない島にある、魔法律界のトップシークレットかつ汚点。
そこで最近、封印が破られた事件が発生。
ビコの札で封印しておいた最下層の霊が封印を解いて脱走。
調査にいった藤原裁判官補佐を襲う。
その霊を再封印するために今井裁判官が一人、魔監獄入り口を内側から封印。
今井裁判官も藤原と同じく消息不明となるが、内側から封印されていたと思われていた入り口があっけなく開く。
つまり、ビコの札・裁判官の封印を破れるほどの霊が魔監獄内でうろうろしている。
その中でも”顔剥ぎソフィー”が最も強力な霊と言われている。



【ゴリョーグループ】

五領陀羅尼丸が頭取を務める全国で99箇所に支部を持つ超一流魔法律法律事務所。
1000年ものキャリアを持ち、魔法律戦略図をカンペキに使いこなす無駄のない戦略を行う。しかし、ここ最近はわいろに脅し等金の亡者と化し、その手口は悪霊を使うなどかなり評判が悪い。


_______________________


●この作品の魅力

・一話完結の読みやすさから長編への移行のタイミング
・あとからジンワリ感じる感動
・整理されている登場人物
・リアル【日常】とフィクション【非日常】のバランス


上記のことがこの作品の魅力だと思うのです。
一番は現実と非現実をどこまで区別して表現できるか。この作品は現時点でも合格だと思います。それくらい世界に説得力があります。
もしよかったら、来週からでもいいのでジャンプで読んでみてください。

追記。
今後もドンドン更新していく予定です。
もしよかったらお楽しみにして下さい。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

本誌連載時の感想とは少し趣向を変えて、様々な視点からコミックス版を感想し直しました。なお、加筆修正ついては、本誌を破棄しているので確認できません。ちなみにこの感想、とんでもなく時間掛かってます。昼頃に仕上げてUPする予定が、気がつけば夜9時じゃないですか。オ
2. ムヒョとロージーとビコとリオとヨイチ。魔監獄編を楽しもう!  [ マンガがあればいーのだ。 ]   2005年05月14日 14:43
今回の「魔監獄編」はムヒョの今後の明暗を分ける―――そう言い切っていいだろう。2004年53号以来の巻頭カラー。(表紙は無理だったようです)コミックス1巻もまずまず好調な中、新キャラをどどんと投入し新シリーズへと挑むムヒョ。正直期待している。この展開はジャ
3. あ つ い!  [ 日々堕落 ]   2005年07月17日 01:30
今週のジャンプ、相変わらずムヒョがすばらしい展開師匠の過去が悲しすぎるそういえばエンチューと師匠2人とも母親がらみですね。そして、師匠を裏切った執行人は2人とも2巻でエンチューに殺されたとヨイチが報告した人々さりげなく伏線貼ってたのですね…(ちなみにこの
4. 悲しみの始まり…大人気魔法律漫画第4巻登場!  [ オラオラッ!!!!! ]   2005年12月05日 12:45
ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 4 (4) 西 義之 今回の「ムヒョとロージー(以下「ムヒョ」)」は切ない内容となっています。 凶悪な悪霊を『収容』する『魔監獄島』で起きた『悪霊ソフィー』とのバトル。 『ソフィー』の生前の悲しい過去。 そして、信じていた人...

この記事へのコメント

1. Posted by とらとらとらら   2005年05月09日 12:03
この作品のファンなので、詳しい解説ページを見つけてうっかりカキコしてしまいました、はじめましてとららです。

ムヒョとロージー〜はなによりも霊や化け物のセンスがすばらしいと思います。
あとジャンプじゃないみたいな絵とか。
子供も大人も面白い作品ってジャンプにはなかなかない(と勝手に思っている)ので人気が出たのかもしれません。
『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』は
ぬ〜べ〜系なのでこれが面白かった方はすんなりいけると思います。
2. Posted by シータ(管理人)   2005年05月10日 03:39
とらとらとららさん、はじめまして〜。
かようなブログへようこそです!!

私もジャンプ感想をしているうちにムヒョロジのトリコになった者です。
で、ちょっと整理しようかな〜と思ったら、こんな記事が出来てしまいました。ファンの方に喜んで頂いて幸いです。

霊や化け物のセンスはいいですね。個性があります。
なにより、ジャンプで読みやすい作品の部類に入っていることは確かなので、ヒットしたということもあるようですね。
たしかに新時代のぬーべーという感じも否めないですね。

コメントありがとうございました!!
3. Posted by こたつ   2005年05月10日 19:48
はじめまして、こたつです。
僕も『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』が好きでついついカキコしてしまいました、僕は はじめてマンガでゾクッとしたのがこのマンガで、
それ以来、読み続けたんですが特によかったのが『夜の蝶』、ものすごく
感動してなかなかいい感じだなーと思いました。
とにかく、いつまでも応援してるのでがんばって下さい。
4. Posted by シータ◆管理人◆   2005年05月12日 18:47
はじめまして、こたつさん!

私も「ムヒョ」はジャンプ作品で最近一番楽しみな作品です。
ちょっとところもあったり、ホロっと来るところもあったり、心に響くものがあります。

多分、このブログが終わる時かムヒョが終わる時まで記事の方は更新しつづけたいと思います。 

応援ありがとうございます!!

5. Posted by さっさ   2005年05月12日 23:35
この作者は期待の新人としてマシリトが見出したんですよ。
詳しくは書けませんが、画力は折り紙つきです。
影のつけ方などに注目してみてください。
まさしく美術をしっかりやっている人間のそれです。
6. Posted by シータ◆管理人◆   2005年05月14日 02:10
>さっささんへ

コメントありがとうございます。

あー、マシリトなんですね〜。
あの方の発掘なら期待されているのも頷けます。

ではでは。
7. Posted by 名前   2005年07月05日 01:31
誤字大杉なのでそのうち逐一指摘しときます
とりあえず

>第388条『無断変形』の罪により≪葉影の番人≫の刑
> 第16条で事務所にいた少年の霊に執行。

少年じゃなくて少女だぽ
8. Posted by misuka   2005年07月11日 21:43
はじめまして!misukaと申します☆
私はコミックスしか買っていないのですが
はやくムヒョとロージーの動向を知りたいと思っていたので
こんな詳しい解説&素敵な感想が書かれているのを見て、すっごく嬉しいですっ。ウキャウキャしています。
これからも応援しています!無理のないよう頑張ってください!!
では、失礼しまっす!
9. Posted by りんだリンボ   2005年07月14日 20:02
どうも始めまして。りんだリンボと申します。
ムヒョのサイト無いかなあとさ迷って、ここにたどり着きました。
丁寧で初心者にも優しい解説、じっくりと堪能させていただきました。

この作品との出会いも偶然の産物だったのですが、今では寝ても覚めても『ムヒョー!!』な日々ございます。久しぶりに魂の震える作品、今後の展開から益々目が離せません。

では、今日はこの辺で。
10. Posted by シータ◆管理人◆   2005年07月15日 22:58
>名前さんへ

誤字指摘ありがとうございました!
校正は書き込み指摘にまかせっきりなので、助かります〜。
(全然反省していない私)

>misukaさんへ

コメントありがとうございます!
どんどんウキャウキャしてくださ〜い。

>りんだリンボさんへ

コメントありがとうございます!
案外、『ムヒョロジ』のデータベースって少ないらしいですね。
是非ご活用くださいませ〜。
11. Posted by あき   2005年11月19日 10:45
どうも初めましてあきと申します
ムヒョは初めは興味なかったんですが友達に勧められ、読んでみたらすぐにはまってしまいました!
それに私はコミックス派なのでここの詳しい解説が
とってもうれしいです ではお体に無理のないようお気をつけください
12. Posted by ラグナ   2005年12月02日 16:32
こんにちわ!
ラグナと申すものです。
友達に面白いよ。幽霊出るけど。。。。
といわれ、おそるおそるみると。。。。
はまってしまいました○| ̄|_
ムヒョちっちぇーーーと思いました。
もう成長しないのかな??
13. Posted by ちえ   2007年09月16日 19:11
だよね!
私もそう思います
だってムヒョ背が小さいですもんね
それに比べてロージーは背が高すぎですよね(笑)
14. Posted by thfr   2007年11月05日 20:24
ロージーでかくないよ
15. Posted by まい   2008年01月24日 20:04
どーもっうちもムヒョのサイト探しててここにたどり着きましたっ周りにムヒョ語れる人いないもんで。。
16. Posted by るるここ   2008年01月30日 16:04
こんにちわ
いきなりすみませんがムヒョロジに1票お願いします!!
http://animation.blogmura.com/board/enq/result29_951_0.html
17. Posted by ま   2008年02月11日 11:00
こんにちわっ
最近のJUMPやばいですよー(。д゜)
ウハウハってやつですかねこれ
18. Posted by いお   2008年02月15日 09:40
さいとう
19. Posted by MasicLow**   2008年03月06日 15:04
初めまして^^
ムヒョロジかなりはまってたのに終わっちゃいましたね・・・
世界観がすっごくすきで今でも大大大好きなのに
案外知っている人が少ないのがショックです。
それにしてもこのHPすごいです(・∀・)ノ”
刑とかこんなにあったんですね

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
おしらせ
ぷろふ
管理人:シータ

since 2004/10/14



 
きじけんさく
つきべつ
かてごり
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site