動き出した真の黒幕◆SEED DESTINY 第33話 私見◆


機動戦士ガンダム SEED DESTINY OFFICIAL FILE バインダー付 フェイズ 01


●悩みはない・悩み相談・悩みは心の扉に


「フリーダムはオレが倒す」

「せっかく権限も力もお持ちなんだから、もっと自分の思った通りにやればいいのにって…」



ステラが死に、新たな局面を迎えることになった『SEED DESTINY』。
ステラ≒フレイと関連づけると、物語的には前作『SEED』の最終回を突破する形となります。今までの展開は『SEED』の筋道を追っていた印象がありましたが、ここからは『SEED』の終わらなかった終わりの先にある新展開に突き進むわけです。どうなることやら。

ここで、主人公サイドの状況を自分的に整理して見たいと思います。


シン・アスカ

・軍人だが、規律違反をする
・考える前に行動する
・命令として戦う
・感情的な強さ
・悩まない
・未来のビジョンにあまり興味がない
・次にやるべきことを決めている
・稚拙で感情的
・力を所有する



キラ・ヤマト

・自由人
・考えが先行する
・敵がいればとりあえず戦う
・思いと経験からくる強さ
・悩みは誰かに打ち明ける
・大きな未来のビジョンを目指している
・とりあえず目の前の事象を対処する
・行動に制限がない
・力を所有する



アスラン・ザラ

・軍人
・考えている暇がない
・任務として戦う
・実質的な強さ
・悩むときは一人で悩む
・大きなビジョンを持っていたが最近は見ていない
・任務を速やかに遂行する
・軍に縛られている
・現在、力を所有していない



最近シンとキラの心情を語られていたのは観ていてわかったかと思いますが、アスランについてはあまり描写がありませんでした。これは彼はフェイスに任命されてミネルバに配属されたあたりから、軍人として与えられた任務ばかりを無心にこなして、彼が自身の心の中にある思い・葛藤・希望に向き合わなかったためだと思います。

アークエンジェルの場面では、いつもキラは悩んでいるか、自身の思いをカガリやマリューにぶつけている姿を見せてくれます。これは明らかにキラが”考えて行動”していると言う象徴であり、がむしゃらにインパルスを乗り回している場面しか映し出されていないシンは明らかに考えるタイプの人間でなく、”行動が先行する”タイプと言うことを物語っています。

アスランは悩んだり思ったりするだけで、それを外側には出しません。なので、彼が今どのポジションにいるのかがわかりません。とりあえず不安定な場所であることは確かです。よき相談相手でもいればいいのに…。
ルナマリア…、ルナマリアがぁ?

ま、いいや。
アスランの欠点は以上のことだと思います。
シンは力があるのをいいことに命令違反をなんとも思わない”稚拙で生意気な小僧”で、キラは思いが大きすぎて何をやっていいのかわからず、とりあえず目の前の自身でない者を倒すだけと言う”夢に溺れた「とりあえず」青年”と言う欠点だと思いますから、アスランの”一人で悩むヒキコモリ”もしょうがないんですけどね。
ヒキコモリ脱出を応援しています。


●動き出した真の黒幕


「先の戦争のテツは踏むまい、ナチュラルとはあくまでも融和をとする、議長のお考えはよいですが…、でも、撃つべきものはさっさと撃ってしまった方がいいのではいないでしょうか?」

「私が心から願うのは、もう二度と戦争など起きない平和な世界です。よって、それを阻害せんとする者、世界の真の敵”ロゴス”こそ、滅ぼさんと戦うことを私はここに宣言します!」




先ほどもステラの死で『SEED』の先の世界が始まると言いましたが、私にそう思わせた原因はこのデュランダル議長の始動と言う要素が一理あります。

今までは融和政策をとり、あくまで最小限の被害で和平の道をと進めてきた議長がここにきてその思念を覆しました。その思惑は不明ですが、ちょっと面白い現象があったので書いておきます。

それは冒頭でアーサーが議長の融和政策に異議を唱えるシーン。
アーサーが珍しくいい意見を言っていますが、これがザフト側の本音を代弁していた場合、議長がここでロゴスに対して宣戦すると言うことが見事に導火線の火の役目を果たしていることになります。待ちわびたザフト軍は一致団結してロゴスに対し戦いを挑みます。

敵を作り出すことで戦いを行う”ロゴス”。
ですが、デュランダルもそのロゴスを敵とすることで世界の統一を目指しているとなると、彼自身もロゴスと同じことをしていると思います。
ただ、デュランダルにはプラントからの熱い支援があるので、プラント側は盲目的に信じてしまいます。つまり、議長はこの時を最初っから待っていたんだと思います。

彼の黒幕説、どうやらアタリのようです…。



続きます…。


●先週の私見はこちら

●余談ですが、他のブログさんも是非御覧ください。
バナー

●少佐と艦長の邂逅

「やれやれ、いつからオレは少佐になったんだ?」



OP映像の嘘つき!
もっと緊迫した邂逅を望んでしたのに…。
なんだが、捕虜としての緊張感がなかったですが…。

しかしムウ・ラ・フラガと肉体的に100%一致となると、彼はムウなのでしょうか?キラやマードックは記憶を無くしていると推測していますが、クローンの可能性の方が強いと思います。ネオが2年前に何をやっていたのかと言うデータがあれば(記憶は消されている場合があるので)確証につながると思います。

しかし、ネオが本当にムウだった場合、マリューとの関係の回復もあるので勿体無い感じもします。
あ、ネオ≠ムウでも付き合っちゃう可能性はありますね(笑)。


●エアリスを思い出しました


「守るっていったのに…、オレが守るっていったのに…、ステラ…ごめん…」



眠るステラを湖に沈めるシン。
守れなかった自分に悔いて、そして打倒フリーダムを目指します。
フリーダムの調査は今後のシミュレーションと表向きには言ってましたが、明らかに私怨が入っているようですね。

そしてどうやら、来週に…。


●ヘタレ・ジブリール


「やめさせろ! 今すぐアレをやめさせろ!!」



どうしようもなくヘタレで笑ってしまいました。
もうだめだ、彼は。


●どさくさに紛れて告白してる怪我人(私見ではない)


「私はアスランにもっと頑張ってもらいたいだけです…。 もっと力を見せてくださいよ…。」

「そうすればシンだってもう少し大人しく、言うこと聞くと思うんですけどね」

「アスランは優しすぎますよ…、そういうところも好きですけど

「損ですよ!」


「損?」

「……えぇ、せっかく権限も力もお持ちなんだから、もっと自分の思った通りにやればいいのにって…」

(うっ、スルーされたっぽい…)


「権限…、力…」

「……えぇ、そうでしょ?」

(しまった、「損ですよ」が早すぎたか…)


「・・・・・・」

「アスラン??」

(おや、聞いてたのかな?)


「ああ、すまない…」

(これはもうちょっと話すチャンスかも…)

「っ」

『こうしていまだ戦火の収まらぬわけ…』


(うっ、何〜? また邪魔がはいった…)


やっぱルナマリアはいじりがいがあるな〜。
__________________


今週はここまで!!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ガンダムSEED DESTINY 第33話 「示された世界」 感想  [ 蒼穹のぺうげおっと ]   2005年06月04日 23:54
何か先週よりも切なく感じるアバンとAパート、そしてタイトルの通り個人的にも何となく見えてきた感じのする第33話「示される世界」。 ■ステラたん。・゚・(ノД`)・゚・。 1週置いて改めてこういう描写があると余計に切ない感じ満載です。・゚・(ノД`)・゚・。 ■シ
2. ガンダムSEED DESTINY PHASE-33 6/4  [ サブカルチャーに感想を ]   2005年06月05日 00:01
「示される世界」 負け戦から得られるものは勝ち戦のそれを遥かに凌駕する。というのは誰もが分かってることですが、それを分かっていないシンが子どもだということを端的に表す一言でした。「負けの経験なんか、参考にならない」 内容としては、議長が「敵はロゴス」宣言を
3. 議長−ラクス対立/第33話「示される世界」/機動戦士ガンダムSEED DESTINY感想  [ ランゲージダイアリー ]   2005年06月05日 00:01
 面白っ。  前回で、戦士としての主人公シン−キラの対比描写に一区切り、両者が闘いへ……という所まで物語られて、今話ではそれらシン−キラのバックにいる人物としての議長−ラクスの対比、対立へ……という物語が戦士主人公達の物語と平行して本格的に物語られ始め
4. PHASE-33 「示される世界」  [ あっちゃblog ]   2005年06月05日 00:02
PHASE-33「示される世界」の感想というよりは…マードックが喋った。喋ったよ!(姪が初めて立ったときの感激に近い?/爆)台詞が一言だけじゃ無かったよと、ちょびっとした嬉しい驚きを最初に書いて、ココでかなり息抜きをしてから、感想を書いて行こうかなとv
5. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話「示される世界」  [ ぷらすまいなす研究所・夢幻 ]   2005年06月05日 00:03
う〜ん、さすがにZの後に見たせいか種運命の『薄さ』及びパクリ具合が目立ってしまいました。 やっぱり福田は富野御大には勝てないのかな・・・。 MS IN ACTION!! デスティニーガンダム 最近ちょっとお気に入りのデスティニーガンダム。 あの悪者っぽさが何とも・・・。
6. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話「示される世界」 投稿者:たまら  [ 〜腐女子とアニヲタの間を取り持つブログ〜 ]   2005年06月05日 00:11
    キタ!! (本日は、普段より更に腐女子度を上げております)     ちなみに画像右端にチラリと見えている赤服はシホです。 はい、お察しの通り意識的に切りました。 あぁ、やっぱりイザーク好きだ。イザーク・・・ニコル攻めてるイザーク
7. ガンダムSEED DESTINY : #33 示される世界  [ 蛙・鳴・蝉・噪 ]   2005年06月05日 00:14
ステラを失ったシンの怒りと憎しみはキラに向きましたか・・・約束を破り、ステラを利用した敵の地球軍、あるいは、境遇そのものを作り出したこの争いそのものを憎むとか、己の力不足や言動を振り返るとか・・・一切ないようです。(ノ∀`)タハー 納得できない現状の理由、
8. 機動戦士ガンダムシードデスティニー「示される世界」感想  [ ここには全てがあり、おそらく何もない ]   2005年06月05日 00:25
気になりましたら、クリックどうぞ♪ [10秒で分かる、今日の「きどうせんしがんだむしーどですてぃにー」] ステラの葬儀は人知れず 上司の悪口はおおっぴらに 落ち込む相手は優しげに 場を読まない軽口はほどほどに 大言壮語は堂々と ういうい、そんではGS
9. SEED DESTINY 33話  [ CODY スピリッツ! ]   2005年06月05日 00:36
最近、ステラ死亡のスティング生死不明、ネオにいたっては捕虜になってしまいファントムペイン撃滅!(byクロト)になってしまった全国のS−Dファンの皆様早速感想に入ります。
10. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-33  [ + SERAらく日記 + ]   2005年06月05日 01:12
PHASE-33 「示される世界」  少女のもたらした死が、世界を震撼させた日。 戦争の蔭に隠されたロゴスの名が白日にさらされる・・・ そして、怒れる瞳の少年は、守れなかった少女の命の代償を求める。 雪の舞う白い世界。ステラの遺体を湖に沈めるシン。 「もう
11. 第33話「示される世界」…彼の名前も呼んでください…  [ −SEED・エスカフローネに愛を注ぐ− ]   2005年06月05日 01:16
今回は、泣いたり喜んだり大変でした……。 OPの後の提供スポンサー表示画面の音楽が変わっていたことに驚きました。 今回はBGMが多少変更ありましたね。 やっぱり先週と今週がターニングポイントってことなのでしょうか。 そして、ブルーコスモ
12. 今週のガンダムSEEDディスティニー  [ アフィリエイトで目指すは月収100万円 ]   2005年06月05日 04:47
第33話「示される世界」 前話の悲しいストーリーから一転、かなりのターニングポイントだったような今回。 ザフト軍において、シンの行動は何でもありになったようです。 デストロイへの攻撃を止め、艦長の命令も聞かず(敵を間違えないでねって言ったやつ)、勝手に
13. 第三十三話「示される世界」  [ Blue Channel ]   2005年06月05日 05:09
海だか湖だか知らないけど、わざわざステラの埋葬シーンまで出す必要あるのだろうか?あきらかに多方面作品をパクッた感じでイケてない。アニメだしガンダム様だからって何やっても許されるんですかね?(相変らず読む人が読んだら不快でテキトーな考察です)
14. ガンダムSEED DESTINY第33話「示される世界」  [ Refuge ]   2005年06月05日 07:20
アバンのシンステ。ステラ水葬にグッと来ました。切なひ…。 ネオはムウでしたってか。なんか凄く萎え。アレで生きてたならミゲルもニコルもフレイ様も実は生きているって言ってくれよ、もう。怒らないから。 議長がついに動き出しました!うさんくさい演説。もうわけわか
15. 【PHASE-33 示される世界】感想  [ Gundam SEED Fun!! ]   2005年06月05日 10:21
機動戦士ガンダムSEEDデスティニー第33話「示される世界」の感想です。私にとってはアバンタイトルでこの回の全てが終了した感じでした。湖のステラ・・・きれいでした。
16. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 33話「示される世界」  [ News速報.com Animeblog ]   2005年06月05日 10:21
「示される世界」シンの胸の中でステラは、眠るように逝った。誰にも汚されることのないように、シンは彼女の亡骸を湖の底へ沈めるのだった。その後シンはレイとともに、仇であるフリーダムの研究を始める。止めようとするアスランだったが、一番強いのはフィリーダムである
17. 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第33話  [ salty blog ]   2005年06月05日 10:33
第33話「示される世界」湖にて、死体遺棄の現場から生中継です。ステラたんの身体…重石を付けていないのに沈みます。…やっぱアレですね。変な薬やってたから身体の比重も変わったのかな?でも、後で浮き上がって来る可能性もあるし…、そしたら迷惑だと思うなぁ。もうちょ
18. 種D PHASE33  [ みなもさん日記 ]   2005年06月05日 10:43
前回よりも、今回の方が胸にぽっかりと穴が開いた気分です。 ステラ、もう二度と目を開ける事はないのか、もう二度とシンに笑いかける事はないのか、そう思うと切ない、涙が出ます。 涙が枯れる程泣いた筈なのに、それでも止まる事なく溢れ出る涙、触れても冷たい身体を、
19. 種運命感想第33話  [ 暁の空 ]   2005年06月05日 14:07
オープニング後と次回予告で流れる曲が変わりましたね。シンがもうすぐインパルスからデスティニーに乗り換えるからなんでしょうか?そこを変えるなら、一緒にアイキャッチも主人公とヒロインに変えてもらいたいものです(笑)。では種運命33話感想です。なんだか前回よりも
20. 機動戦士ガンダム SEED DESTINY PHASE-33『示される世界』  [ 王様の耳はロバの耳 ]   2005年06月05日 14:23
ステラ編のエピローグと、デュランダルが示す新しい世界へのプロローグ。 とうとう牙を剥いたデュランダル議長 ステラを守れなかった悲しみと怒りで一杯のシン シンの怒りと議長の策略の矛先を向けられているキラ 悲しみの対面を果たしたマリューさんと(記憶のない)
21. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY #33 「示される世界」  [ 俺のタイムラグ ]   2005年06月05日 14:31
   アバンでは前回死亡したステラの処理。   「深海の孤独」を流していていい演出だったんですけど、どうもこのシーンはFF7を思い出して仕方ない。 それとこれは前回のラストに持ってきてエンディングを深海の孤独にしたほうがよかったような気もする
22. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-33「示される世界」  [ Precious Prize Platz -Annex- ]   2005年06月05日 14:55
脚本   森田繁、両澤千晶 絵コンテ 米たにヨシトモ、須永司 演出   西山明樹彦 作画監督 キャラクター 鎌田祐輔(じゃんぐるじむ) メカニック 松田寛 雪が舞う中、思い出を胸に、ステラの遺体を湖に沈めたシン。 (舞HiMEの深優がアリッサを湖に沈める話を思い出
23. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話「示される世界」  [ ぷらすまいなす研究所・夢幻 ]   2005年06月05日 15:18
う〜ん、さすがにZの後に見たせいか種運命の『薄さ』及びパクリ具合が目立ってしまいました。 やっぱり福田は富野御大には勝てないのかな・・・。 MS IN ACTION!! デスティニーガンダム 最近ちょっとお気に入りのデスティニーガンダム。 あの悪者っぽさが何とも・・・。
24. ガンダム 第33話 デュランダル議長の名演説により大義名分は彼の手に!  [ 快楽ぱんだと二次元 ]   2005年06月05日 15:19
ガンダムSEED DESTINY 第33話 示される世界 シンがこれほどまでにステラを大切に思うようになったきっかけは、海で溺れているステラをシンが助けたこと。初めて自分の力で人を救い、感謝され頼られたことが嬉しかったのか。「ステラのことを守る」という約束を、なんとか守
25. ガンダムSEED DESTINY PHASE-33「示される世界」  [ GUNDAM/Blog ]   2005年06月05日 16:41
FF式埋葬によって、 ステラは100%退場です・・・(´・ω・`) 今回、恒例のアスランいびりを挟み、 ラストまで池田節デュランダル演説でした。 しかも全世界に向けて語ったコトはまるごと嘘でん・・・ ギルさん、ジブリールを美味しくハメたようですが、
26. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY #33 「示される世界」  [ 師匠の不定期日記 ]   2005年06月05日 16:51
先週はステラが死んじゃいまして、ステラスキーのかたは視聴が辛くなっているのではないでしょうか?自分はルナマリア生きてればそれでいいや(ぇつかアレですよね。ステラの死が、最悪の構図を生み出しそうで仕方がないです。あと先週ので突っ込みたかった件がもうひとつ。A
27. GUNDAM SEED DESTINY  [ ゼロから ]   2005年06月05日 17:06
腹黒議長の演説は、クワトロと演説とダブってしまったのは 同じ声優だからだけではないはず。 「Zガンダムよ再び」かな?
28. 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第33話  [ Cosi Cosi ]   2005年06月05日 19:41
機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5機動戦士ガンダムSEED DESTINY 6機動戦士ガンダムSEED DESTINY 7 【示される世界】 「フリーダムはオレが倒す!!」 ステラを殺してしまったキラに怒りの矛先を向けてるシンです。 OP前の怖い顔が夢
29. ガン種運命PHASE-33「示される世界」感想 ‐多少追記・変更有‐  [ ガン種運命な日々 ]   2005年06月05日 19:55
今回OP前のシンにはまたもや感動させられかけましたが 後半は大分がっかり もうね自己中ぶりが止まる所を知らないですよ(ノ∀`) 機動戦士ガンダムSEED DESTINY PHASE-33「示される世界」     議長やっぱり最強の悪でした(ノ∀`)
30. 運命の演説  [ うっちーの今日の戯言 ]   2005年06月05日 21:39
今日は仕事終わって帰ったら、ダンナが既に帰宅しており。 「おう、今日はなー、議長がロゴスを撃つとか言ってたぞー」 ぎゃー!頼んでもいないのにネタバレ!! おまけに夕食後録画観てたら、でかい声でツッコミまくって。 勘弁してください・・・。 冒頭は、ステラとの思
31. 第33話「示される世界」  [ * Happy Music * ]   2005年06月05日 21:51
湖に、ステラの亡骸を沈めるシン。彼はステラを守れなかったことに絶望し、キラへの憎しみを燃え上がらせる。シンの部屋に来たアスランは、対フリーダムの戦闘シミュレーションをしているシンを見る。シンは「何か在ったとき、ザフトにアレを討てるヤツが居た方が良い」と。
劇場版Zガンダムに呼応して、「永遠のステラ」から「プラントの日」と、メディアリンクはこの時とばかりに、制作陣の大攻勢が始まった。視聴者はこの攻撃に為す術も無くやられるのだろう。オリジナルは何処にという想いは打ち砕かれ、過去を懐かしむとともに奴の言葉(所詮
33. PHASE-33「示される世界」  [ 一日一音。 ]   2005年06月05日 22:10
アバンタイトルは前回の回想があったものの、 今回もシンとステラの別れで魅せてくれました。 第三クールに入って激動の展開が続いているDESTINYですが、 今回は議長がロゴスの存在を暴露した事で描かれる大局的な転換点だったようですね。 ここのところ、キャラなどの転
34. 種デス PHASE−33  [ 黒猫型異星人ファン倶楽部・海賊版 ]   2005年06月05日 22:39
苦笑いしかできない三文芝居をさせられるキャラクターとそれを演じる声優さんが気の毒だと思うのは余計なお世話なのだろう。 まともな線で描くことすらしてもらえないとはね。 中博史さん、ロゴス演じてたんですか!? “大人”が1人たりとも存在しない種デスの世界は、あな
35. デス種 PHASE-33 「示される世界」  [ 虚辛会日報 ]   2005年06月08日 00:33
デュランダル議長は『ロゴス』の存在を暴露し、民衆を一気に扇動した。 ロゴス憎しに一気に染まりあがる世界。 議長の演説は尚続く。 「たとえばこの人物」
36. フギャァァァァァァ〜〜〜〜!!!!  [ アニメ関連・趣味の部屋 ]   2005年06月08日 23:14
zzzzz・・・と、午後3時くらいに寝て、母方に「遥ぁ、遥ぁ〜、」と起こされて、時計を見ると、『6:25』と表示されていました。寝ぼけるのかなと思って、メガネを掛けて良く見ると、『PMの6:26』と表示されていて、「1分進んでる〜」と叫びつつ、TV電源O
37. 昨日書いたんですけど・・・  [ アニメ関連・趣味の部屋 ]   2005年06月08日 23:17
ちょっと情報の方が、間違っていたので、訂正しておきたいと思います。 SEED DESITNYのOPをT.M.Revolutionだと書いたんですけど、間違ってました。  本当は、こうです。
38. ▼機動戦士ガンダムSEED DESTINY #33話 「示される世界」 ★☆☆☆☆☆  [ Tolstoiの正直めどい。(アニメ妄想ブログ) ]   2005年06月11日 05:19
機動戦士ガンダムSEED DESTINY #33話 「示される世界」 ★☆☆☆☆☆  すっかり金曜更新になった種死です。  前回の裸ダイブといい、今回の議長の演説といい、笑い死にしそうですw ′言レス >「Tolstoi怖い…やっつけなきゃ!!」  工エエェェ(´д`)ェェエ

この記事へのコメント

1. Posted by 禅一   2005年06月05日 10:32
フィジカルデータが一致したのだからクローンではないと思います。
指紋や光彩は一卵性双生児でも異なるらしいので、ムウ本人で間違いないでしょう。
34話でアークエンジェルを守るためにムラサメで出撃してくれたらいいなぁ。
2. Posted by 香坂(文人凡人朴念仁)   2005年06月06日 20:29
今週は議長大活躍でしたねぇ。
黒幕説はいよいよ色濃くなってまいりました。
こうなると、あの議長を黒幕として「倒す」にはどうすれば
いいんでしょうねぇ?

表向き軍産複合体の解体を行う必要があるという主張は
大衆にとって受け入れやすい思想だろうし、少なくとも
その主張を真っ向否定できるような大義名分を手にしている
人はキラもロゴスの面々も、アスラン、シン、ネオの兄貴
含め誰もいないんですよね。

願わくばその主張が独りよがりな個人主義に落ち着かない
でいただきたいものです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
おしらせ
ぷろふ
管理人:シータ

since 2004/10/14



 
きじけんさく
つきべつ
かてごり
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site