いちごさんと絵描きさんからの渡された♪バ・ト・ン☆

突然ですが、こんな企画が漂流してきました。


【Musical Baton】

≪ミュージカルバトン≫


ミュージカルバトンとは何か??

<概要>
海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す、というルール。


はてなダイアリーから引用)

どうやら、ブログ管理人の音楽の趣味を曝け出して、他人に感染させてしまおうという、不振で悩む音楽業界にやさしい企画のようです。
しかも、面白いことにマンガがあればいーのだ。」のたかすぃさんと
コマ斬り!」のlxlさんから同時にバトンが私のところに流れてきました!
なんですか、この偶然を超えて、もはや必然と化した現象は…。

なら、曝け出すしかないじゃないかっ!

(それはそうとlxlさん、萌え燃えな紹介文とリンク追加、有難うございました!)


で、ミュジカルバトンとやらは以下の5項目を紹介して完了だそうです。


●Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
●Song playing right now
(今聞いている曲)
●The last CD I bought
(最後に買った CD)
●Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
●Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す 5 名)



ではでは後先考えずにやっちゃいますか!


機Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)


約15M
てか、時代はMP3でしょうが、私はまだCD世代です。
音楽をパソコンに入れておく利点がありません。邪魔なだけです。
はるか昔にどっからか手に入れたなんかの音楽しかありません。
MP3なんてなくてもいいんです。ホイミも唱えられませんが…。
私にゃ、virginTSUTAYAがあればいーんです。
うん、ひがんでみた。




供Song playing right now
(今聞いている曲)


・ユンナ  『ほうき星

houkio00238



この唄は最近のお気に入りです。

歌っているのは、ユンナ。
1988年韓国ソウル出身で日本語も英語の喋れる第二のBOAと呼ばれている少女です。
この『ほうき星』はアニメ版『BLEACH』のED曲で、たまたま聴いて一発で惚れました。もしよかったら『BLEACH』のEDを観て、聴いてください。
あと余談ですが、『BLEACH』のED映像って護廷十三隊の各隊が個別で登場してました。人気の六番隊を一回目で終わらせて、出番が殆どなかった九番隊まで平等に登場させる粋な計らいなEDです。





掘The last CD I bought
(最後に買った CD)



・『魔法先生ネギま! 5月度OPテーマ ハッピー☆マテリアル




時期的にコレ。
もはや説明不要。




検Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)



・Dragon Ash 『Viva la revolution』

Viva La Revolution収録)




高校3年・大学浪人(たぶん、初めて言うと思いますが)くらいが私の中の音楽時代で、その時が人生で一番音楽を聴いていました。その時に出逢って、今でもたまに聴いているのがこの曲。
その頃聴きまくってたFMラジオ『やまだひさしのラジアンリミテッド』から流れていた音楽に影響を受けましたね。

♪Viva! Viva! la revolution! のフレーズをエンドレスでサンプリングしていて耳に残ります。突き抜けるようなサビのフレーズも心地よく癒してくれます。


・ケツメイシ 『トモダチ




多分、ここ数年で一番好きなアーティスト不動の一位なのがこのケツメイシ。中でも一番聴いているのが、この『トモダチ』ですね。アコースティックとストリングスが哀愁を漂わせてくれます。聴くたびに切なさを感じます。

で、この曲は『20世紀少年』を読むときのBGMとして確立されてます。
当初は「ともだち」にかけてシャレで聴いていたんですが、今では『20世紀少年』を読むには欠かせないアイテムになってしまいまいた。曲の哀愁感や再会を願う歌詞などを『20世紀少年』の世界と強制的にマッチさせています。


・COCCO 『Raining』

ベスト+裏ベスト+未発表曲集収録)




私好みの女性アーティストの中でもCOCCOはかなり上位に位置する存在です。そんな彼女が生み出した数ある曲の中で、一番好きなのが『Raining』。
この曲の出会いは、大学2年の時にバイトの友人が進めてくれた映画の主題歌から。脚本・監督: 庵野秀明、主演:岩井俊二 の『式日』です。

庵野監督はEVAの時から御世話になってますが(一ファンとして)、この作品もかなりぶっ壊れてて(いい意味で)素晴らしい作品です。
この作品を観て、最後に流れるこの曲を聴いた日にゃ、心に残らないはずはありません。


・the pillows 『Blues Drive Monster』

LITTLE BUSTERSフリクリ サントラ収録)




ロックバンドの重鎮・the pillows。最近のロックバンドの原点に位置する神的存在です。数ある名曲の中でも私が選ぶのは、『Blues Drive Monster』。この曲との出会いは察しの通り、GAINAXの代表OVA『フリクリ』。

このアニメの凄いところは、終始ピロウズの曲がBGMでかかっていること。しかも、インストゥルメンタルではなく、Vo.山中さわお氏の歌声が入ったまま。よくもまぁ、キャラのセリフと喧嘩しないモノです…。
『Blues Drive Monster』は『フリクリ』第5巻の最後のバトルで流れています。ここの盛り上がりが一番最高です。それで好きになった曲でした。
『フリクリ』OVAの全6巻、すべて観終わったころにはピロウズのファンになってること間違いなしです。


・Vanessa Carlton 『A Thousand Miles』

Be Not Nobody収録)




最後に洋楽を。
普段はあまり洋楽は聴かないのですが、不覚にも惚れてしまったのがヴァネッサ・カールトン。特にこの『A Thousand Miles』はお気に入りです。

やはり一番の特徴は、独特のピアノ伴奏。一度聴いたら頭から離れません。
もともとピアノの独奏(しかも癒し系ではなく早めな感じ)が好きだったので性にあったんだと思います。





后Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す 5 名)



後先考えずに企画に乗っかったことに後悔…。

私は普段からブログ間の付き合いは少ないので、5名を捻出するのは大変…。
しかもたかすぃさんから私と同時にバトンを受け取った燕。さんと指名する方がぶつかりそうなんですよね…。というか、私も燕。さんが選ばれてなかったら即決だったのに…。

でも、調べてみたらなんだかんだで御世話になってる方がかなりいらっしゃったので、その中から5名をご指名させていただきます。


ランゲージダイアリー(あいばさん)
私の永遠の憧れ。リンクを貼る事すら恐れ多い…。
この方に出会わなかったら、私はこのブログを立ち上げてないと思われ。
レビューの質・内容ともに超越されています。


Cosi Cosi(カメリアさん)
言わずと知れたアニメレビューの大先生。
殆どのアニメを網羅されています。
時々、記事で洋楽を取り上げてらっしゃいます。


MR-T@西尾維新電視台(MR−Tさん)
唯一、アニメではなく『西尾維新』で共通項。
鉄道関係にも詳しく、音楽ではK-POPに精通されてます。


『日々見聞きしたもの…。』(はさにんさん)
アニメレビューやジャンプレビューもすばらしいですが、
Xenogears 記事もかなり熱いです。
そしてフリーダムの核搭載に食いついてくださったアリガタイお方です。


快楽ぱんだと二次元(すっぴんさん)
こちらも現行のアニメレビューで御世話になってます。
とても観やすいレビューです。
そんでもって、能登かわいいよ能登…。



基本的に本人無許可制らしいので、ここに書いておくだけにします。すでにバトンを受け取っていたり、忙しくて更新が難しかったり、音楽を聴いてなかったり、この記事を見てなかったりしたら、無視してしまってかまいませんので。

てか、絶対何名かは燕。さんとかぶってますよね…。

●余談ですが、他のブログさんも是非御覧ください。
バナー

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ミュージカルバトン 「もう・・・ゴールしても・・・・いいよね?」  [ 快楽ぱんだと二次元 ]   2005年06月20日 21:58
ミュージカルバトンというのが最近話題になっていて、巡回ブログ先でちょくちょく見かけるようになってました。ミュージカルバトン(Musical Baton)とは■ 概要海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自

この記事へのコメント

1. Posted by 玉藻   2005年06月20日 21:56
こんばんはです〜。
いつもTBとかありがとうございます(^-^)

今回、コミックバトンっていうのが回ってきたので
もって来ました。
いや、ご迷惑かとは思ったのですけど(^-^;

ネタにもならないな、と思われたら黙殺しちゃって
くださいませ(^-^;
詳細は、記事のほうを見ていただいたら……と。

ではでは、また遊びにきます〜♪
2. Posted by すっぴん   2005年06月20日 21:57
シータさん、こんにちは!
バトン受け取ったあと、そのままゴールしちゃいました。

昼頃にこの記事を見たんですが、私の名前があってびっくりしましたよ!
それから、どうしようか悩んだあげくゴールすることに。
企画を無視しながら、企画に参加させてもらいました♪

これ、このまま広がっていったらすごい事になりそうですね。
たかすぃさんは「コミックバトン」を計画中みたいですし。
3. Posted by カメリア   2005年06月20日 23:54
シータさんへ

こんばんは。
ふらっと来てみたら、「Musical Baton」ですかー。
「Comic Baton」と合わせて、今日初めて知りました。
一晩悩んでみます。
私も、上のすっぴんさんのように、「企画を無視しながら、企画に参加」させていただこうかしら…。
いずれにしても、明日考えます。

いや〜 びっくりしてます。
4. Posted by シータ◆管理人◆   2005年06月21日 01:22
>玉藻さんへ

こんばんはですー。
実在してたコミックバトン、やらせていただきました。

でもやってみて思ったんですが、漫画好きには如何せん窮屈な企画でしたね。もっとオススメ作品があったりしたんですが紹介しきれませんでした。
なのであくまで、ネタとしてバトンの方をやらせていただきました…。

ではでは。
5. Posted by シータ◆管理人◆   2005年06月21日 01:25
>すっぴんさんへ


こんばんはです。
企画参加ありがとうございました!

てか、この企画の最大の欠点は5名へバトンを渡すことだと思うんですよね…。そこがネックです…。なので、すっぴんさんのようにゴールしてしまうのも有効な手だと思います。私もコミックバトンの方はゴールしちゃいましたし…。

あー、たかすぃさんも一足遅かったですね…。
残念です…。

ではでは…。
6. Posted by シータ◆管理人◆   2005年06月21日 01:28
>カメリアさんへ


こんばんはです〜。
なんだか流行ってるぽいですね…。
アチコチの大手サイトさんでも取り扱ってますね。

しかし、案外負担がかかる企画なんで、妥協しちゃうところは妥協してしまっていいと思います。

あー、でもカメリアさんは燕。さんからもご指名があったので、多分、これからバトンが殺到するかもしれませんよ。要注意です。


ではでは…。
7. Posted by はさにん   2005年06月22日 01:59
コメントさせていただきます。

バトン確かに受け取りました、ありがとうございます。

時間はかかりましたが、なんとかハチャメチャな記事が完成しました。

それでは
8. Posted by シータ◆管理人◆   2005年06月22日 02:36
>はさにんさんへ

コメントありがとうございます!!

てか、確かにバトン記事って書くのに時間がかかるんですよね。
今週は遅れる予定ではなかったジャンプ感想が見事に遅れてしまいました…。

ではでは。
9. Posted by MR-T   2005年11月07日 00:22
……
半年遅れてごめんなさい。

近い内に書きたいと思います。
というか、皆さん洋楽だらけですね。

遣る事が増えて忙しい orz
10. Posted by シータ◆管理人◆   2005年11月20日 22:36
≫MR-Tさんへ

いえいえ〜。
受験でお忙しいようで。
そんな時にバトンを渡してしまって申し訳ない。

時間がある時でいいので、気分転換がてらにどうぞ〜。

ではでは。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
おしらせ
ぷろふ
管理人:シータ

since 2004/10/14



 
きじけんさく
つきべつ
かてごり
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site