愛羅姫の日記

心の相談・癒し・悩み解決 思い方辞書として 魂の道案内人 愛羅が綴ります。

ひとりで 悩み 苦しみ 迷わないで 気楽にご連絡ください・・・・ 悩みがなくて 脳力アップしたい方も 大歓迎! 大好評のオリジナル パワーブレスはおススメの一品!

1995年の阪神大震災が起きた日
当時は京都に住んでいたのですが
この日になるとあの朝のゆれと
あわてて 
知り合いに安否確認したことを思い出します

自分に被害がない安堵と
被害状況の恐怖と悲しみは 今でも心がいたい。

昨年は 天災の多い年でしたが
これからもっと
天変地異はあると思った方がよいですから
いざという時のための 準備は心がけてください。

すべての被害にあわれた方々に
安らかな眠りの時を祈り

この世のすべての命に
安全・安心。健康を願います

。。。。愛羅。。。。

1月16日と7月16日の
「閻魔王の賽日」(えんまおうのさいにち)には、
「地獄の釜のふたが開いて
鬼も亡者も休む日」とされます。
この日は地獄の鬼も仕事を休み、
亡者達も責苦を免れ骨休みになるといわれています。

「閻魔」(えんま)は梵語で
「手綱」「抑制」「禁止」などの意味で 
閻魔大王は人類最初の死者であることから
「冥界の王」、特に「地獄の王」として
畏敬されているのです。

子供のころは うそをつくと、
えんまさまに舌を抜かれるなどと言われて 恐れたものです。
亡き人となったときに 
天国か地獄へいくか裁く裁判官が
閻魔さまなのですが 
閻魔さまは なんとか
良いところはないかと探して下さります
今更とあきらめず
今からでも 心改める機会はあるということです

生きていれば必ず
何かうしろめたいことがあるのが人です
だからこそ せめて一つでも
閻魔さまに 私はこんな良いこともしました
と言えるように 
こわさと慈悲を示すために
閻魔さまは こわい顔をされているのかもしれません

。。。愛羅。。。。

生まれてきた人で
死なない人などいないけれど
自分にその順番がやってくるなんて
漠然と思っていても
実感などなくて
自分の時間は
永遠に続く錯覚さえしていたように思います

知る顔
知る人
なにより愛する人が
ひとり
またひとりと旅立つのは
死を身近にとらえて
心の準備をしなさいと
いざというときに
後悔しないための警告なのです

1年が始まるとき
それは
1年すぎたことで
また
一人誰かが逝く

どうか明日のある自分を
大切に。

また一人逝く
いつかまちがいなく
自分の番はやってくる

。。。。愛羅。。。

IMG_20190112_180910





シトリンに水晶 ゴムなので使いやすいです
新年価格で 500円 送料別途82円

さらに シトリンは金運だけでなく
願いをかなえる力もありますか 
願いの指の力にはめてお使いください

〆玄蠑指-----願望達成やお守りに相応しい指
願い事がある人は、小指に指輪 ( リング ) を。

∈玄衞指-----愛の約束に相応しい指。
愛の血管というのがあって、心臓から左手の薬指に
まっすぐ通っていると信じられています

左手中指-----直観力。インスピレーションがアップします。
   意思疎通、コミュニケーションを築くので人間関係を
より良い環境にしたいと望むときにも。

ず玄蠖雄垢兄悄-----精神的に導き能力をアップさせる指。
    積極的になる力を求めている人にも。
ズ玄蠖道-----服従と信頼を表し、信念を貫く、目標達成
自分の意志で現実を変えていく力がほしいときに

Ρ手親指-----指導者として。指導力が上がる。
行動力と強い意志を持って困難を乗り越えたい時に。

右手人差し指 -----現実を導く指。集中力、行動力が欲しい、
意志を貫徹したい時に。目標達成したいときに。
コミュニケーション力が弱い時にも。

┗手中指-----自分の意志の力で、
意志のままに行動したい時や現実的なパワーが欲しい時に。
邪気が気に掛かり動けないときにも。

右薬指-----はめた石の意味がストレートに出る指。
精神の安定、感性を上げたいときや、
現実的な願いをその宝石に応援して欲しい時に。

右小指-----お守りの石をするのに良い指。
自分の好感度を上げ、表現力を高めたいときのも

。。。愛羅。。。。

ご注文・お問い合わせは
ryubiy@yahoo.co.jp まで ご連絡ください
他にパワーブレスは ご希望の力でおつくりいたします。
5000円
今のお使いのメンテンナスや石交換は1000円〜

やりたいこと
なりたいこと
行ってみたいこと
なんでもよいですから 
今年の夢を持ってください

ほんとに生きるだけで大変です
でもただ生きるより
夢をもつと 
働く意味や自分の存在を 認める力になります

人生の選択をするときに
夢をかなえるためという人生の示軸にもなります

なんとなく損得で判断するより
夢をかなえることを選ぶと 
心がどんどん強くなっていきます
いきなり大きな夢を叶えようとしなくて良いのです
100M歩くのも
いきなりではなく1歩が必要なように
小さな夢をいくつも
叶えられるように すればよいのです

どうせ無理と 決めつけないので 
夢をもった者のみが
夢をかなえることができるのです

その夢のために 今年の目標を決めてください

。。。。愛羅・・・・

その年の神様への神饌物として
三種の神器を形取ったのが 鏡もちです。
その神仏に供えていた鏡餅を食べる日のことを
鏡開きといいます。

武家社会において切るは
切腹などを連想するので 
包丁を使ってはいけなくて、
木槌を使い、切るではなく 
開くという言葉を使い、鏡開くと言われてきました。

神様や仏様に感謝しながらそれを食べることによって、
無病息災を祈願しています

地方によっては
1/11日ではないところも多くありますが
神々に感謝するには今日という日は良い日です。

さらに1月11日は
11月1日と同じで1の力がトリプルパワーとなります
同じ数字が重なるとよりパワーアップします
1は始まりの力、それがトリプルになったことで
宇宙から天と地 
そしてあなたをつなぐ始まりの力です
鏡わりで 歳神さまの力を内にとりこんで
夢にむかって始めると 
あなたを応援する力が注がれるでしょう

。。。愛羅。。。。。

今年初の節句 人日節句(七草粥)が今日です
無病息災を願って七草を食べる日ですが
お正月に 飲んだり食べたりで 
疲れた胃をいたわる日と思うとよいです、
できれば春の七草を使ってください

<春の七草>は
せり・・・ビタミンB、カルシウムが豊富。胃を丈夫にし、
食欲増進に効果
なずな・・・利尿作用、高血圧、胃や肝臓の回復
ごぎょう・・・気管支炎、咳止めなどに効果あり
はこべら・・・利尿作用に効果あり
ほとけのざ・・・胃の疲労回復、解熱効果
すずな・・・カルシウム、ビタミンC、ビタミンKが豊富
シミ・ソバカスを消す
すずしろ・・・胃や肝臓の回復。胸やけ、胃もたれに良い

人日(じんじつ)の節句とは 
中国の古い占いからきています

中国では古来、
正月の1日を「鶏の日」、
2日を「狗(犬)の日」、3日を「猪(豚)の日」、
4日を「羊の日」
5日を「牛の日」、
6日を「馬の日」とする慣わしがあり、
それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていました。
そして
7日は「人の日(人日)」だったのです。

更に、この日には七種菜羹(七種類の野菜)を食し、
無病息災を祈る習慣がありました。
これが日本に伝わり、
七種類の野菜を刻んで入れた粥(七草粥)となり、
邪気を祓い、万病を除くとして食べられるように
なったといわれています。

。。。愛羅。。。。

大晦日の晩に食べるそばです。
そばは細く長いことから
「長生きできますように」の願いを込め、

昔は金銀細工師が金粉を集めるのに
そば粉を使ったことから、

そばは「金を集める」縁起物で
他の麺類よりも切れやすいことから
「今年一年の災厄を断ち切る」という意味もあり
ソバという植物は、
風で倒れてもすぐ起き上がるので、
そのたくましさにあやかったからなどの意味もあって
年越しに蕎麦を食べるようになったのです

よりよい1年をむかえるために 
今の汚れを落とす掃除をし、
いらない思考を捨てるために使わないものは捨てる、
年越しそばを食べるなどするのです

またお正月は本来、その年の豊穣〔ほうじょう〕を司る
歳神様〔としがみさま〕をお迎えする行事ですから
できれば正月飾りをしておくとよいです(31日にするのは縁起が悪いとされていますが・・)
正月飾りとしてはまず〆縄
〆縄は、天照皇大神様が岩戸に隠れられたときに
使われたときから始まったといわれており、
神聖な場所に飾り、周囲のけがれを断つ印として用いられてきました。
豊穣、商売繁盛、健康などの災禍にあわないように
という祈願の意味を表すものです。

門松は年神様の目印です。
門松をみて年神様はやってこられます。

鏡餅の丸い形は
神が宿るといわれる鏡や心臓を
象徴化したもので、
年神様に力、霊力をいただくとか
魂の再生を図るためと伝えられています
また2段で太陽と月を象徴し、
円満に年を重ねる意味もあります
そこで、神に供えられた鏡餅を
鏡開きの日に割って頂くことで、
神の霊力とつながりが生じると考えられています。

自分のためにはできないことも 
年神様を迎える気持ちになればできることもあります。
気分をかえて 運気を変えてみてください。

1年おつきあいいただきありがとうございました
皆様にとって
良き年の瀬であり 
良き年明けでありますように

  。。。愛羅。。。。

今年も残りわずかになりました
ふりかえるとあっという間の1年です
こうやって時間はすぎ
人生の幕がおりてしまうのかと
あせる心がでます

今できないことは 
永遠にできないのです
今年やり残したことは もうできないのです
後悔しない人生などありません
失敗しまちがい 落ち込むことがない
そんな人はいなのです

大事なことは 今
明日にむかっているのか
過去をひきずり でもでもと言いながら立ち止まっているか
なのです

今年をふりかえり
そして来年に何をするか決めましょう。

あっという間の1年は 
あっという間の人生なのです

。。。。愛羅。。。。

このページのトップヘ