若い世代の購買欲が減っているなあと思う近頃。
私が20代の頃は、欲しいものだらけで、
車はその代表でしたし、服も靴もバッグも欲しい!
モノへのこだわりも強かったし、
ブランドへの憧れもあり
優れものが好きな私は、あらゆるものに消費してきました。

今、こうしてベビーカーメーカーとして
会社を立ち上げ
20年が経とうとしています。

お客様が何かを購入するときの決め手は
何なのか・・・

カッコいいものも、高価なものも
安価なものも沢山あるでしょう・・・

この20年の中で私たちがこだわってきたのは、
”捨てない”という発想でした。
ベビーカーの役割を終えた後にフレームがドックカートになったり
お買い物カートになったりというエアバギーは、おそらく世界で
弊社だけが実現できたことだと思っております。

長く使うということは、アフターサービスの充実そのものでした。
https://www.airbuggy.com/maintenance-center/
ぜひこのページをお読みください。
私たちの考え方がここにあります。

少し手がかかっても大切に使う。捨てない。再利用(資源を生かす)
という考え方があって良いと考えます。

今後もさらなるエアバギーの再利用に向けて商品を開発していきます。
歩行を助ける丈夫なエアバギーだからこそ、
できる未来を楽しみにしていてください。