と、いう訳でiPhoneのアプリレビューを始めました。
趣旨としては、「サクっとしたアプリレビュー」なので、一切キャプチャ画像とかはありません。
当初はキャプチャ画像を交えてレビューしていこうかな、と思ったものの、生来の面倒くさがりなので、止めました。
なので文章だけで、どこまでアプリの内容に迫れるか、一つの挑戦でもあります。

という感じで、記念すべき第一回目は、『Madness(iTunesが開きます)』。
タワーディフェンス系のゲームだが、驚異的なのはこのクオリティで無料である、という事。
一応、課金すればマップやら武器やらが手に入るのだが、無料だけで十分ハマれる。

内容としては、宇宙人が牧場の羊を狙っているので、武装を揃えて撃退する、という典型的なタワーディフェンス系ゲーム。
羊の柵までの道を、武装で迷路にして、宇宙人を撃退するもの。
襲ってくる宇宙人も多彩で、グレイタイプ、空飛ぶ宇宙人、ゴキブリ、肩車宇宙人などなど。
その宇宙人ごとに対処法があるので、ただ一つの武装を並べているだけでは攻略出来ないのもミソ。
特に序盤は、武装を飛び越えてくる飛行型をいかにして防ぐのかが肝となるだろう。
さらに一定数撃退すると、ボスタイプの宇宙人が現れ、ボスは一筋縄ではいかず、撃退するのにも時間がかかる。

武装も多種多様で、実弾系(Explosive)、ビーム系(Energy)、電撃(Lightning)と分かれている。
まず実弾系は、非常に一般的な武装で、まずはこれから始める事が多いだろう。
低コストでそこそこの破壊力を持つキャノン(Mortar)。ややコストが高いが、長射程と飛行型もホーミングするミサイル(Guided Missiles)。そして飛行型のみ攻撃出来る滞空機銃(Flak)である。
どれも攻撃力が高く、アップグレードして使えば、宇宙人を一瞬でミンチにする兵器だろう。
特にキャノンは最高までアップグレードすると核兵器となり、飛行型にもダメージを与えれる超兵器となるため、率先して強化するべし。

続いてビーム系は、最安価の丸ビーム(Plasmatron)。射程、威力共に高いレーザー(Laser Cannon)。圧倒的破壊力のレールガン(Railgun)。
丸ビーム、レーザーは地空両方攻撃が出来る為、序盤では有用な兵器である。
丸ビームは威力こそ低いが、敵を低確率でピヨらせれるので、体力の高いボスに有用な武器である。
レーザーはこのゲームの要と言うべき兵器で、単体でも攻撃力が高いが、攻撃を当て続けるとダメージが蓄積していくのである。
その段階で別の武器を当てると追加ダメージを食らわせれるので、高い耐久を持つ宇宙人は、とりあえずこれをぶつけなければ話にならないのだ。
そしてレールガンであるが、地上のみにしか効果がなく、コストも高いものの、威力や射程がある。敵を貫通するため、直線の敵に効果が高い。

最後に電撃兵器である。特殊効果を持つ兵器が多い。
まずノロノロビーム(ElectroSlow)。威力は低いが、当たると速度低下する為、とりあえず当てて進行速度を下げる兵器だ。
続いてタワー(ElectroShock)。タワーから電撃が放たれ、敵を攻撃する。地上のみかつ射程も短いものの、周囲に感電し、ダメージを与える。
そして十字架(ElectroBoost)。周囲の兵器を強化する特殊兵器である。

これらの兵器を駆使し、迫り来る宇宙人を退治するのだ。

またこのゲームの最大の特徴として、無料でありながら豊富なマップが挙げられる。
ちょくちょくアップデートされているらしく、たまにマップも増えているのがありがたい。
まあマップがちょっと違うくらいで、内容自体にさほど変化はないが、それでもこういう心配りが素晴らしい。

さらに驚愕したのは、Endlessモードである。
通常は規定の宇宙人を撃破すればクリアだが、Endlessでは、終わりはなく、とにかく敵を倒しまくるというものだ。
暇な時はずっとそれをプレイしているくらい、ハマれるモードでもある。
まあずっと続けていくと宇宙人が際限なく強くなっていくので、突破されちゃうんだけども。
ともあれ、無料でここまで出来るのか、と驚いたもんである。

とまあ、こんな感じのゲームである。
今のところ無料らしく、ただ昔は有料だった気がするので、今だけかもしれない。
タワーディフェンス系のアプリゲームでは、今のところ一番面白い気がするので、暇な人はぜひ。