外貨貯金

はじめての方へ

外貨貯金は高金利ですが、手数料の高さなど、不利な点がたくさんあります。
このページをざっと見ると、外貨貯金の注意点と、その対策方法が分かります。


外貨貯金の比較




(1) 外貨定期貯金の金利の比較表 (2009/10/1更新)

外貨貯金といっても、一般的には外貨定期貯金が中心です。そこでここでは、「外貨貯金=外貨定期貯金」として見てみます。 (10万米ドル相当額未満、1年もの

銀行/通貨米ドル英ポンドユーロ豪ドルNZドルスイスフラン
三井住友0.010000.120000.100001.650001.050000.01000
三菱東京UFJ0.010000.100000.100002.810001.670000.01000
みずほ0.050000.100000.110001.650001.050000.01000

表を見ると確かに、外貨定期貯金は高金利です。世間一般にも高金利の商品として知られています。

ところが外貨定期貯金は、利用者にとって得にならないどころか、決して手を出してはいけない金融商品とまでいう人もいます。それはどいうことなのか、これからやさしく見ていきましょう。





外貨貯金の問題点




(1) 為替手数料が高すぎる → ×
外貨貯金の問題点
話を簡単にするために、仮に1米ドル=100円とします。

米ドルの外貨貯金をするためには、まず円を米ドルに両替します。そしてその米ドルで外貨貯金をします。そして満期がきたら、再びその米ドルを円に両替します。

実は、この往復の両替にかなりの手数料が取られます。この点を「銀行のぼったくり」と表現する人が多いのです。




(例) 100万円で1万米ドルを買う場合
(例) 100万円で1万米ドルの場合
大ざっぱで、簡単な例をあげます。

先の話では1米ドル=100円なので、1万米ドル買うためには100万円が必要です(100円×1万=100万円)。このときの両替では、1米ドルあたり1円の為替手数料が必要になります。

ですので、100万円を1万米ドルに変えるには、手数料として1万円(1万×1円=1万円)がとられます。

そして満期が来ると、この1万米ドルを両替して円に戻します。このときにも1万米ドルを円に換えるには、1万円の手数料(1万×1円=1万円)が必要です。

つまり「円−米ドル」の往復の両替で、2万円(1万円+1万円=2万円)が手数料としてとられるわけです。

100万円の2万円なので、およそ2%(2万円÷100万円=0.02)です。利息や税金や為替レートの変動を考えない、大ざっぱな話ですが、両替の手数料だけで2%分の金利が銀行にとられることが分かります。




(2) 中途解約できない → ×
中途解約できない
外貨貯金といえば、外貨定期貯金が中心になると思いますが、その預入の期間中は解約ができません。無理に解約をすると、かなりのペナルティがとられます。

つまり円高になって、自分のもっている外貨定期貯金の価値がどんどんと目減りしていると分かったとしても、その損をじっと我慢するしかありません。




(3) 預金保険制度の保護の対象外(銀行が潰れたらお終い) → ×

日本の円の預金なら、ペイオフの対象なので、銀行が破綻したとしても1000万円までは保護されます。しかし外貨貯金はその対象外です。つまりもし銀行が潰れたら、自分の資産が失われる危険があります。





外貨貯金の良い点




(1) 外貨貯金の良い点

ありません。あえていうなら、銀行が扱っているという安心感です(これは誤解ですが)。





外貨貯金に変わるもの




(1) 外貨貯金にそっくりなもの
外貨貯金に変わるもの
ここまでの説明で、世間一般に高金利の商品だと思われている外貨貯金が、実はかなり損なものだと分かりました。

「知らない人は損をする」正にその典型ともいえます。

ここではもう一歩すすんで考えてみます。知らない人は損をするなら、何を知っていれば得をするのだろう…?です。

外貨貯金に似ていて、しかもその損な点をなくした金融商品というものがあるのだろうか…?はい、実はあるのです。それは何かというと、FXです。それも単なるFXではなくて、レバレッジ1倍のFXです。




(2) FXのレバレッジ(てこ)
FXのレバレッジ(てこ)
ここで最初にお話をしますが、FXというと、危険、ハイリスク、そんなイメージがあると思います。それはFXの「レバレッジ」という機能のためです(レバレッジ=てこ)。

レバレッジを活用すると、持っているお金の何倍もの取引ができます。

たとえば、自分が10万円の資金をもっていて、レバレッジ10倍を活用すると、10万円×10倍=100万円となり、100万円分の取引ができるのです。

10万円しかなくても100万円分の取引ができる、このために大きく儲けることができるのですが、損をすれば、その損害もまた大きくなります。これがFXは危険、FXはハイリスクというイメージを抱かせる原因です。




(3) レバレッジ1倍のFX
レバレッジ1倍のFX
しかしです。同じFXでもそのレバレッジを1倍に限定すれば、普通の外貨貯金と変わりません。レバレッジ1倍なので、10万円のお金があるのなら、10万円分の取引をするのみです。

具体的にいうと、10万円分の円のお金を使って、10万円分の外貨を買います。するとその分のスワップ金利(外貨の金利−円の金利=差の金利)がもらえます。これがちょうど外貨貯金の金利にあたるものです。

このようにレバレッジ1倍のFXなら、外貨貯金と同じことができます。次に、このレバレッジ1倍のFXには、他にどんな特徴があるのかを見ていきます。





レバレッジ1倍のFXで、外貨貯金




良い点(1) 解約が自由、24時間いつでも解約できる
レバレッジ1倍の外貨貯金
FXなので、基本として24時間いつでも解約ができます。為替の動き(円高、円安など)を見て、損をしないように、得をするように、解約ができるのです。

外貨定期貯金なら満期まで待つしかなく、その時が円高なのか円安なのかは、運任せです。




良い点(2) 信託保全されており、お金が守られる

大手のFX会社では信託保全がされているので、顧客の資金はたとえFX会社が破綻しても守られます。それに対して、外貨貯金は預金保険制度の対象外なので、もし銀行が潰れたら保護されません。




良い点(3) 手数料が、銀行の数十分の一〜数百分の一
信託保全されており、お金が守られる
FXでも円を外貨に、外貨を円に両替しますが、そのときの為替手数料が銀行の数十分の一〜数百分の一です。場合によってはスプレッド0銭などといって、手数料が0銭、つまり無料の場合もあるくらいです。

大手都市銀行の場合、たとえば円を米ドルに変えるには、片道1円かかります。FX会社の方が、為替手数料をはるかにおさえられます。




良い点(4) 取扱い通貨の種類が多い

FXは取扱い通貨が豊富です。たとえば、ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル、スイスフラン、カナダドル…などです。これは銀行の外貨定期貯金のおよぶところではありません。




悪い点(1) 取扱う通貨の単位が大きい
取扱い通貨の種類が多い
良くない点もあります。FXは普通、1万通貨単位が基本です。ですので、ある程度まとまった資金が必要です。

たとえば米ドルなら、1米ドル=100円の場合は、1万米ドル×100円=100万円の資金が必要です。

ただFX会社にも、1万通貨よりも少ない、1000通貨、100通貨での取引が可能なところも出てきています。





レバレッジ1倍ができるFX会社の比較




レバレッジ1倍ができるFX会社

ここまでの説明で、レバレッジ1倍のFXは、外貨貯金とほぼ同じものながら、外貨貯金よりもはるかに利点が大きいと分かりました。

ここでは実際に、レバレッジ1倍のFXをするには、どのFX会社を選んだらよいのかを、ランキングしてみました。



1位:マネーパートナーズ ★★★★★
マネーパートナーズ
・レバレッジ1倍が可能。
・FX業界初の上場会社。
・自己資本比率がきわめて大きい(889.8%)。
FX業界で初めて、100通貨単位での取引が可能。
・キャンペーン中で、5,000円がキャッシュバックされる。

→ マネーパートナーズはこんな人におすすめ:

数万円からの少ない資金(100通貨単位)で、外貨貯金を始めてみたい人。

<<マネーパートナーズの公式サイト>>





2位:外為どっとコム ★★★★
外為どっとコム
・レバレッジ1倍が可能。
・FX業界の最大手。
・4年連続で口座数、預かり資産がFX業界No.1。
・1000通貨単位での取引が可能。

→ 外為どっとコムはこんな人におすすめ:

「とりあえず外為どっとコムの口座はもっている」というFXトレーダーは、もの凄く多いです。よって、皆が利用しているという事実を大切にする人。

<<外為どっとコムの公式サイト>>





3位:FXプライム ★★★★
FXプライム
・レバレッジ1倍が可能。
・あの伊藤忠グループのFX会社。
・2008年9月に上場を果たす。
・FX業界初の「ISMS」、「TRUSTe」を取得。

→ FXプライムはこんな人におすすめ:

顧客の安心と安全を第一にしたサービスを徹底しています。絶対的に安定した会社で取引をしたい人。

<<FXプライムの公式サイト>>





4位:フォーランドオンライン ★★★
フォーランドオンライン
・レバレッジ1倍が可能。
・金利(スワップ金利)が高い。
・口座開設が15分で完了。
・全てのサービスを最短翌日から利用可能。

→ フォーランドオンラインはこんな人におすすめ:

他社のスワップ金利を調べて、自社の金利をそれより高く設定しています。よって、一番高い金利を得ることを、第一に考える人。

<<フォーランドオンラインの公式サイト>>



※ これらはいずれも名の知れた大手のFX会社です。資料請求と口座開設は無料ですので、比較して自分に合った会社を見つけてください。





最後のまとめ




最後に今までのポイントをさらっておきましょう。
フォーランドオンライン
[1] 外貨貯金は高金利だと一般に思われていますが、為替手数料などが高く、利用者にとっては不利な金融商品です。

[2] レバレッジ1倍のFXなら、外貨貯金と同じことができます。

[3] レバレッジ1倍のFXであれば、手数料が高い、中途解約ができない、預金が保護されないなどの、外貨貯金の不利な点をカバーできます。

[4] 一般にFXは1万通貨単位が基本で、まとまったお金が必要です。しかし最近では、1000通貨単位どころか、100通貨単位(マネーパートナーズ)もあるので、数万円からでも取引が可能です。

[5] 「知らないという事実」が、多くの人々を外貨貯金に走らせています。情報収集には熱心になって、情報格差をなくす努力が必要です。





免責



記述に際しては細心の注意を払っていますが、情報は日々変わります。当ブログの情報をご利用するにあたっては、もう一度ご自分でお確かめください。


airfour at 14:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

外貨貯金のリスク

外貨貯金にもリスクがあります。外貨貯金のリスクをしっかり理解して利用したいです。

まず、外貨貯金のリスクというと元本割れがあります。

外貨貯金は、円預金に比べるとリスクは大きいのですが、リターンも大きく、株式投資に比べるとリスクは小さいのですが、リターンも小さい金融商品といえます。

外貨貯金の元本割れとは最初の元手投資金額が割れてしまうことです。

たとえば、外貨貯金で100万円を運用した例なら、もともと100万円で預けたお金が、満期がきたり円転(外貨を円にすること)した時に、100万円より少なくなってしまいます。

せっかく預けたお金が減ってしまうのは嫌だ!と考える方には、外貨貯金は向いていないといわれています。

外貨貯金は定期預金とは違い、為替相場の変動次第でプラスになることもありますが、逆に損をしてしまうこともあるからです。

また、外貨貯金の利用でリスクの許容度がどれぐらいあるのかを認識したいです。為替変動によるリスクで我慢できる金額を見極め投資をすることが基本といえます。

リスクを知らないで投資をすることが一番のリスクにつながります。外貨貯金もきちんと理解しておきたいです。損得を上手にコントロールできるようになれば、外貨預金の投資の楽しさも倍増しそうです。はじめは損をしてもいいくらいの気持ちで外貨貯金のリスクに取り組んだ方が、余裕のある投資ができるかも知れません。


airfour at 14:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

外貨貯金の手数料

外貨貯金は手数料が発生します。外貨貯金と円預金との決定的な違いは、預け入れるときと、満期または途中解約で引き出すときに為替手数料(為替コスト)がかかることです。

外貨貯金は金利は高いけれど、手数料を考えた場合に必ず得をするのか?を考えておきたいです。

外貨は購入時に手数料がかかります。ドルで考えると、購入時レート(TTS)と円転時レート(TTB)の往復で、一般的に2円の手数料がかかります。

つまり、金利を考えず、外貨貯金でドルを利用した場合購入時よりも円転時に2円以上円安になってないと、手数料のために元本割れになってしまいます。

外貨貯金の金利が手数料を超えているか?例えるなら、1ドル=120円のレートで外貨貯金でドルを購入した場合、円転時に1ドル=122円のレートよりも円安になってないと、単純に金利分が増えたとはいえません。

けれど、もし1ドル=100円の時にドルを購入した場合、円転時に1ドル=120円になっていた場合、往復2円の手数料はあまり気にする必要はありません。

外貨貯金の1番のポイントは預ける通貨に対して円高の時に行うのが大切です。

ただし、株と同じように天地を見極めるのはなかなか出来ないので、ある程度の為替相場で投資するのが外貨貯金のポイントといえそうです。


airfour at 14:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ニュージーランドの外貨貯金

ニュージーランドの外貨貯金が人気です。ニュージーランドは、不動産投資や外貨貯金でメリットが大きく注目されています。

ニュージーランドは日本より経済成長率が高く、日本の1%〜2%台に対しニュージーランドは3%を超え、経済も安定しています。外貨貯金の投資先として人気です。

ニュージーランドの定期預金の利息は年6%あり、5 ,000万円預ければ年300万円になります。実際、リタイヤまでに不動産を3〜4件取得し、2件を売却ローンを完済し、余ったお金を預け入れ、金利収入で生活している人も多いそうです。外貨貯金の投資先にはうらやましい金利とい
えます。

ニュージーランドの外貨貯金は海外投資である以上は為替リスクが伴います。しかし、GDP伸び率が高く、円にも強いです。ニュージーランドの外貨貯金のリスクは他国と比較しても小さいといえます。

また、ニュージーランドの外貨貯金を利用することで、「パーマネントトラベラー」といった生き方の選択も可能です。

パーマネントトラベラーとは、日本一国のみで生活するのでなく、定期的に居住する国を変え、税務上、どこの国の居住者にも属さない旅行者です。

国籍は日本のままで、日本、ニュージーランド、カナダなどの3カ国の永住権を持ち、各国に不動産を所有し生活の糧とします。外貨貯金の手数料にも惑わされず生活できます。お金持ちにはこんなライフスタイルをとっている人も多いようです。


airfour at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

外貨貯金の比較

外貨貯金の比較をすると、日本の銀行の金利と比較すると非常に高金利だといえます。

一般的な日本の普通預金や定期預金は、日本円で預金をしますが、外貨貯金を比較すると円ではなく、ドルやユーロなど外国の通貨で預金をします。

そこで外貨貯金と比較をするとメリットは金利が高いということですが、運用をはじめる前にデメリットや注意点も念頭に入れておく必要があります。

外貨貯金は為替の変動により元金割れするリスクもある商品なので、日本の定期預金と比較すると損をしたくない方は外貨貯金はやらないほうがいいでしょう。

外貨貯金の運用には、外貨を購入するときも円に両替するときも為替手数料がかかります。煩わしさと負担金が増えることも日本の円預金と比較するとわかってきます。

為替手数料は、購入する際に1ドルに対して1円、円に両替する時も1ドルに対して1円の手数料がかかるのが一般的です。ただし為替手数料は外貨貯金を扱っている銀行により異なるので比較しておきたいです。

外貨貯金と円預金を比較すると違いがまだまだあります。為替レートを見て利益が出たため解約しようとすると、為替手数料が壁になり元金割れのリスクもあります。外貨定期預金は原則中途解約が出来ないのも注意したいです。外貨貯金を日本の預貯金と比較し異なるのは、外貨預金はペイオフの対象外ということも重要な事実です。


airfour at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

外貨貯金の金利

外貨貯金は金利の高さが1番の魅力といえます。外貨預金は日本の金利とは比べ物になりません。日本では普通預金はほぼゼロに近いですし定期預金も微々たるものです。

外貨貯金の金利はその国によって違い、日々変動があり、為替との兼ね合いもある上に銀行により取扱い内容等も違うので、まずは銀行に行って自分に合った商品を探したいです。

外貨貯金の魅力は、なんといっても高金利だからです。外貨貯金は、円預金に比べ金利が高くなっているのが特色です。円預金に預けても金利の期待はできません。そこで、外貨貯金へということになるのですが、外貨貯金は通貨により金利が違います。外貨貯金は約10倍〜20倍の高金利。アメリカやオーストラリア、ニュージーランド、ユーロ等の国は外貨定期で考えると日本の約10倍〜20倍くらいの金利がつきます。

その差を考えると、日本の普通預金や定期預金に預けていても馬鹿ばかしいと思った方は、外貨貯金の利用に向いているかもしれません。

定期預金と外貨定期では、短期間預けるのではたいした差はなくても、例えば2年預けたり、5年、10年預けるとその金利で増える金額はものすごい差になります。

長期で資産を増やしたい、日本の金利は馬鹿らしい、高金利の外貨貯金がいいと思う方は、外貨貯金運用がおすすめです。


airfour at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)