2017年03月20日

貴族みたいな生き方だと思う。。。若者



 「飲む打つ買う」。これはかつてのおっさんの文化だ。酒と博打と女だ。私は、これが当たり前とされた世代である。これを三つともやる人はいなくても、どれか一つは好んでやる人は多かったろう。

 しかし、はっきり言って下品だし無能である。時間の無駄である。家庭争議の元であり、浪費の元である。何一ついいことはない。辞めたがいい。

 今の若者はこうした下品な嗜好とは無縁の人が多い。大したものである。草食系とか揶揄されるが、別にいいのではないかと思う。ある意味、貴族的な生き方に通じると思う。

 上の動画はしきしま会さんのものだが、今の若者が多趣味で上手にお金と時間を使っている様がよくわかる。

 うちの職員に31歳の男性保育士がいるが、実にまっとうな生き方をしている。ある意味尊敬に値する。2年前くらいに家を建て、子供2人恵まれ、奥さんも働き者だ。

 当人は、最近演劇を始めた。高尚な趣味である。アウトドアが好きで、魚釣りをよくする。最近は、バーベキューみたいなものに凝り始め、オートキャンプもしてみたいという。酒は飲むが、綺麗なお姉さんがいるスナックに通ったりはしない。大したものである。

 彼ほど品行方正であるのは難しいだろう。一時的に綺麗なお姉さんのいるスナック通いするのも、家庭争議にならなければいいだろう。節度を持ってやればいいのである。

 59歳の私だとか、さらに年上の世代にはそこのブレーキが利かない馬鹿が結構いる。「飲む打つ買う」で、経済的に破綻したり家庭崩壊したりした例が普通にある。馬鹿としか言いようがない。

 私は派手好きで、綺麗なお姉さんのいるスナックに通うのが好きだったが、もともと仕事人間だから仕事のことを考えることが多くて、綺麗なお姉さんに執着することはできなかったのである。それが良かったのある。

 女好きの人を何人か知っているが、いい年して四六時中女のことばかり考えているのである。いつも女が頭にあり、こまかいところまで興味があるのだ。綺麗なお姉さんがいると足先から頭のてっぺんまで嘗めるように見回すのである。女性から見たらこれほど気持ち悪いのはないと思う。

 男だから女性に興味があるのわかるが、ある程度したら卒業すべきだと思う。それが大人ではないのか。

 そこいくと草食系と呼ばれる今の若者は最初から卒業しているのである。大したものである。

airin5 at 10:57│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔