デジカメ日記



社会福祉法人南高愛隣会では、
子供からお年寄りまで
「最も生きる力の弱い人が地域の中で安心して暮らせる社会」を目指し
いろいろな福祉サービスの支援を行っています。

2008年12月

コロニーエンタープライズ大掃除

大掃除年末を控え、コロニーエンタープライズでは、社員総出の大掃除が行われました。今年一年の感謝と来年への準備に向けて、機械からたらい床までピカピカに磨き上げられます。

それが終わると待っているのは、お正月休みです。「29日に帰る」「帰省は30日」と報告に訪れる社員の話を聞くと、親や家族という愛する人の近くが一番なのだということに改めて、再確認されます。

来年のよい麺製品のためにも、ゆっくりと身体を休めて、エネルギーを蓄えてきて下さい。フル回転で働いてた機械も、それまではしばしのお休みです。(松友)

罪を犯した障がい者を支える職員への内部研修

内部研修会-1独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園が取り組まれている「罪を犯した知的障害者の自立に向けた効果的な支援体制と必要な機能に関する研究」において、当法人はモデル事業を委託されています。

そのモデル事業の一環として、実際に罪を犯した障が内部研修会-2い者の支援にあたる職員を対象として内部研修会を平成20年12日26日開催しました。

当日は、これまで厚生労働科学研究で罪を犯した障がい者の支援に取り組んできた職員を講師に迎え、今までの取り組みの流れ、実践報告等を行ってもらうと共に、このモデル事業の中で内部研修会-3見学に行った他県の施設の取り組みについて発表する機会を持ちました。

 これまで、この「罪を犯した障がい者の支援」に関する内部研修は開催したことが無く、実際に支援にあたっている職員は分からないことや戸惑うこと、不安も多かったと思います。この研修を機会に支援の手がかりが何かしら掴めたのではないでしょうか。もっと多くの職員の方に参加していただきたかったと思えるとても有意義な研修でした。(吉本)

クリスマスケーキ

クリスマスケーキ毎年クリスマスになると蟯蘖浜佑茲蝓▲リスマスケーキが贈られてきます。コロニー雲仙の活動に、感銘を受けられたことから始まったこの贈り物は、もう十年以上になります。

今年も届けられた山のようなケーキは、22日(月)のお昼、あっという間に皆のお腹の中におさまりました。

一足早いクリスマスのお祝いと、前日に終わった感謝祭セールのの打ち上げとなりました。

おいしいケーキをごちそうさまでした。(松友)

北九州発! 障がい者の元気!

そうめん(北九州)-1そうめん(北九州)-2そうめん(北九州)-3

 

 

 

 

 

 

 

 

北九州の繁華街に作業所の商品を取り扱うお店がオープンした。

その名も「一丁目の元気」。

北九州で活躍する作業所の方々の名品ばかりを明るい洒落た店内で販売するアンテナショップである。

市も全面協力して、今までにない取り組みに発展しそうな気配。

そのお店の一角に我がエンタープライズの麺商品も販売していただいている。

オープンして約3週間。ごまうどんの売れ行きが好調とのこと。

お近くにお越しの際には、ぜひお立ち寄りいただきたい。(後藤)

冬のお歳暮セール 御礼

平成20年冬のセール(11月10日〜12月20日)は、皆様にご協力を賜りお陰様で前年度実績比15%増という好成績に終えることが出来ました。心からお礼申し上げます。

原材料等の高騰という大変厳しい中、従業者全員の心意気と周囲から応援して下さったたくさんの方々のお陰であると深く感謝しております。

 新商品の「全粒粉うどん」や「特製だし付限定商品」も大好評でした。更に新たな商品開発に励んでいきたいと思いますのでご意見・ご要望等ございましたらよろしくお願いいたします。

「食の安全・安心」の下、美味しくそして長く喜んでいただける商品づくりに努力して参りますので引き続きご愛顧のほどお願い申し上げます。ありがとうございました。(前田康弘)

全国縦断講座(札幌)

全国縦断講座(札幌)-3厚生労働省/平成20年度障害者保健福祉推進事業(障害者自立支援調査研究プロジェクト)を受けて、(福)南高愛隣会が進めている「罪を犯した障害者を地域で支える職員の研修プログラムの開発に関する研究事業」の一環である、地方研修(●全国縦断講座●援助の必要な刑余者(罪を犯した人)の地域生活支援)が、凍てつく極寒の地、札幌から開始いたしました。予想外の多数の参加者があり、上々の滑り出しでした。

12月15日(月)午後1時、会場の「かでる2.7(道民活動センター)」は超満員の参加者で埋め尽くされました。当初、50名もあれば成功と考え、現地の協力者に会場の確保を依頼し、120名の会場をご予約いただきました。しかし、最終的には180名の参加者で、会場はぎゅう詰めになりました。狭い座席でご苦労いただいた参加者に、ここでお詫びいたします。しかし、多様な立場の参加者の熱気は、最後まで異様な程に盛り上がりました。

全国縦断講座(札幌)-2基調講演の副島洋明氏(根岸いんくる法律事務所・弁護士)は、法務・厚生労働両省の来年度の新規事業を「歴史的快挙」とたたえ、その重要性を具体的な歴史の歩みをもってお話しされました。そして、知的障害者が遺体遺棄罪で逮捕された「東金事件」の弁護団長として、その問題状況について説明されました。氏のあまりにヴィヴィドでタイムリーな話に、会場は圧倒されました。

全国縦断講座(札幌)-1石井隆(社会福祉法人しべつ福祉会/知的障害者施設つくも園・施設長)、中塚忠康(合同会社なんもさサポート/自立支援事業所・所長)、磯田丈弘(磯田丈弘法律事務所・弁護士)の各氏によるシンポジウムは、それぞれの立場(職種・職場)の多様性が生かされ、興味の尽きない話が続きました。また、質疑応答/討論においても、精神障害者と医療観察法との関係にまで話は深まりました。参加者の「新しい時代が本当に到来する気がする」という発言に代表されるように、これからの動きに期待が集まりました。

1月9日(金)の仙台会場を初め、これからの会場にも既に多くの参加申込みが寄せられています。現時点では、すべての会場で定員に達しておらず、申込者はすべてご参加いただけますが、今後かなりの人数になることが予想されます。参加をご希望の方は、お早くお申込みください。(松友了・東京事業本部長)

実地指導開始

実地指導10日(火)から18日(木)にかけて、法人内の各事業ブロックで、長崎県監査指導課による実地指導が行われます。

行き交う人と書類で、毎度のことながら事務局はバタバタですが、気持ちのよい新年を迎えられるためにも、二人三脚であたっています。(松友)

クリスマスツリー

クリスマスクリスマスを10日後に控え、コロニーエンタープライズの玄関にもクリスマスツリーが登場しました。

プレゼントが貰える日、ご馳走が食べられる日、または恋人と過ごす日等など、色々な意味に変わりますが、もとを辿ればイエス・キリストが誕生した日になります。

この時期キリスト教の教会ではクリスマス献金が集められます。ご承知の通り、イエス・キリストは十字架で殺される訳ですが、それが分かっていながらわが子(キリストは神の子供という設定?です)を地上に送り出した。それと同じ様に隣人愛を行おうというのがその主旨です。

何故日本で外国の宗教を祝うのか云々という堅苦しいことはおいておき、福祉に携わる者としては頭の片隅で「隣人愛」について思いを馳せながら生活したいものです。(松友)

 

お誕生日

誕生日-1Yさんは「奇跡の人」と言われている利用者の一人だ。

バレー選手の様な体格のYさんは、知的障がいと自閉症がある。開所当時から在籍しているYさんは、バスでの研修からはじまり、多くの努力の末、入所更生施設を修了。コロニーエンタープライズへ就職した。

誕生日-2他の自閉症の例にもれず、こだわりが多い。まず、カレンダーにこだわる。月の終わりには、次の月のカレンダーにきちんと変える様、事務員一人一人にお願いをする。月はじめにはチェックに周り、事務室への出入り禁止が出た程だ。他にも、「○○さんは男性?女性?」と性別にこだわったり、土曜日に出勤している職員にこだわったり、お客様への挨拶にこだわったり等など。時に「はいからモンキー」なる言葉も飛び出すYさんの言動は、職員の微笑時には爆笑を誘い、コロニーエンタープライズの潤滑油となっている。

そのこだわりの一つに誕生日がある。新しく赴任した職員はYさんに誕生日を聞かれ、その当日になると「○○さん、お誕生日おめでとう」という言葉を贈られる。昔は年齢が添えられることもあったようだが、女性職員のやんわりとした注文により現在はない。

それでも、時には「HAPPY BIRTHDAY DEAR Sさん♪」という歌で祝われると、誕生日が嬉しくないという者にとっても、祝われる楽しさが沸いてくる時でもある。

コロニーエンタープライズでは、その月に誕生日を迎える者に、ケーキがプレゼントされる。今月は6名。Yさんもその中にいた。

名前を呼ばれると「はい!」と立ち上がり、そして職員の時と同じ様に「50歳です」と高らかに宣言した。もちろん、いつもはお祝いされる皆から、盛大な拍手と歓声があがったことは言うまでもない。

立場を代えて言いたい。Yさん、50歳の誕生日おめでとう。

※ 写真は同じく12月誕生日を迎えられた社員の方々です。

(松友)

厚生労働科学研究 ヒアリング調査(5)

かりいほ-6翌日は朝から利用者と一緒に生活を共にさせていただきました。

朝6:30起床。それぞれの建物に利用者を起こして回ります。きついと訴える利用者には、「もう少し寝ていてもよい」と声を掛けます。起きて来た利用者は、担当する場所の清掃に回ります。

職員の方によれば、近年は発達障がいの方が増え、以前は全員で掃除を行っていたもののそうはいかなくなっているとか。生活習慣もなかなか確立しないとのことです。

かりいほ-7

9:00からは午前中の日中活動。薪の整理と、堆肥のための落ち葉集めに加わりました。交流した利用者は人懐っこく、作業中も指示を出したり、黙々と作業をしたりと、「問題児」ということが嘘のようで、「かりいほ」の実践の確かさを実感する機会となりました。

 

お昼過ぎに「かりいほ」を後にしました。特に現場の職員にとっては、実りの多い施設見学となりました。今回の経験をこれからの処遇に活かしてゆきたいと思います。「かりいほ」の職員、利用者の皆様ありがとうございました。

その後は、喜連川社会復帰促進センターを関係者のご厚意で見学させていただきました。施設見学だけでなく、合同支援会議での実践を踏まえた有意義な意見交換もできました。(松友)

 

ホームページURL
訪問者数
月別アーカイブ
記事検索
ギャラリー
  • 職員全体研修が雲仙市吾妻町のふるさと会館で開催されました。
  • 職員全体研修が雲仙市吾妻町のふるさと会館で開催されました。
  • 職員全体研修が雲仙市吾妻町のふるさと会館で開催されました。
  • 職員全体研修が雲仙市吾妻町のふるさと会館で開催されました。
  • 職員全体研修が雲仙市吾妻町のふるさと会館で開催されました。
  • 職員全体研修が雲仙市吾妻町のふるさと会館で開催されました。
  • 職員全体研修が雲仙市吾妻町のふるさと会館で開催されました。
  • 職員全体研修が雲仙市吾妻町のふるさと会館で開催されました。
  • 職員全体研修が雲仙市吾妻町のふるさと会館で開催されました。
  • ジョブコーチ研修スタッフからのお知らせです。第4回 職場適応援助者養成(ジョブコーチ)研修を無事に終了致しました。
  • ジョブコーチ研修スタッフからのお知らせです。第4回 職場適応援助者養成(ジョブコーチ)研修を無事に終了致しました。
  • ジョブコーチ研修スタッフからのお知らせです。第4回 職場適応援助者養成(ジョブコーチ)研修を無事に終了致しました。
  • おめでとうございます!平成27年度長崎県更生保護関係者顕彰式典で当法人の3名の方が受賞しました。
  • おめでとうございます!平成27年度長崎県更生保護関係者顕彰式典で当法人の3名の方が受賞しました。
  • 『2015年度 秋の節電キャンペーン』におきまして優秀事業所が表彰されました。
  • 『2015年度 秋の節電キャンペーン』におきまして優秀事業所が表彰されました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ