北イタリア ピエモンテの田舎で暮らして

ピエモンテ州ノヴァーラ県の稲作地域での暮らし。 バローロ、モンフェラート、ゲンメのワイナリー、ときどき地域猫のぴーちゃん

ノヴァーラ県の小さな町でランチ

昨日は、滞在に関する書類に添付されている写真の改訂の手続きがあり、ノヴァーラの街にいました。
せっかくミラノのオフィスを休んでいたので、ノヴァーラで本屋さんに行ったり、
少しの時間、中心地に行こうかと朝から考えていました。

手続きが終わり、建物から出ると、気持ちのいい初夏の1日が広がっていたので、
自宅から近郊の町で、まだ行ったことのない小さなレストランでランチメニューを楽しんで、
午後は、その町に残る古城や田園を散策をしてみようと急に思いつきました。

静かで人の気配の少ない古城の残る町に到着しました。
青空が広がり素晴らしい1日で、時間がゆっくりと流れていました。
お昼の時間だったので、人の気配がまったくなかったのかもしれません。

私の町の近郊は、どこも古城が残っています。
中世の時代のピエモンテ対ロンバルディアの戦いなどがあり、
古城といっても領主の居住する華麗な空間というよりは、要塞で防衛を目的にした建造物です。

20160520_143538

人の気配がないですが、レストランの前には、小さな駐車場があり、数台の車が停まっていました。
中庭のテントの下のテーブルで、楽しそうに食事をするカップルがいたので
小さなレストランの木の扉を開けてみました。
*********************
外の小さな中庭の空間。この横の大通りは、時々、ゲンメからの帰りに車で通過していたのですが
こんな空間が広がっていたことは知らなかったです。

本日のランチは、3種類のパスタから。リゾットがなかったので選んだのは、
野ウサギのミートソースのパスタ。
ミートソースは、トマト味でなく、赤ワインと野菜で煮込まれた野ウサギの味で美味しかった。

Tagliatelle al ragu di lepre
20160520_134756

写真にある茶色の紙袋の中は、パンです。

パスタでおなかいっぱいですが、メインもランチメニューに含まれています。
3種類のメインのうち、お魚のメニューが1種類含まれていたので、これを選びました。

タラのトマトとオリーブ煮込みと数種類、付け合わせの野菜は選べるのですが
キッチンからのローズマリーの香りがしきたので、ジャガイモのローズマリーのローストに。
Merluzzo in umido al pomodoro e olive
20160520_140041

郷土料理のノヴァーラ風リゾットは、ランチでなくディナーであるとのことで、また次の機会に。

この小さな町のトラットリアのノヴァーラ風リゾットのパ二ッシャ(Paniscia)は、どんな味わいでしょう。
同じリゾットでも2厠イ譴芯になると、もう違った味になるので、楽しみです。

レストランを出ると古城近くの木の下にねこ。

20160520_131323


*********************
そして帰ってから夕方、アルプスの山々を眺めながら近所の水田をサイクリング。

IMG_8654


水田は、まだ水が入って大きな湖のように広がっている区間もあれば、
すでに小さな稲が出始めたところもあります。

そして、水田の水を抜いてところでは、水が入り始めた頃と同様に水辺の鳥たちが集まります。
町の入り口にある自然保護の小さな森には、サギだけでなく、黒トキもとても多く棲んでいます。

Ibis sacro
20


blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。

今夜も美味しくアスパラガス

稲作農場の一角にたくさん積まれていた種籾。

riso

農場経営者のグイードは、今年、栽培する品種、6種類をいずれもClearfieldから選びました。

クリアフィールド(Clearfield)は、Organismo Geneticamente Modificato (OGM:遺伝子組み換え) ではなく
技術を駆使した非遺伝子組換えの除草剤耐性の品種です。

お米の稲と遺伝学的に近い関係にあるイネ科の雑草の繁殖をコントロールするために
除草剤耐性の品種と imidazolinoni (イミダゾリノン)系除草剤 (Beyond - imazamox)を
組み合わせることになります。


グイードの水田の横のキウィ畑。
5月に入ったので、あと少ししたら、飼育用のカモ、ガチョウ、ホロホロチョウ、そして七面鳥が
キウィ畑、水田の用水路を夕暮れまでこの広大な敷地の中を自由に動き回るようになります。

KIWI


*********************
ノヴァーラ県の稲作地域の地元のレストランで。

レストランによって、使っているノヴァーラ県のサラミを造っている工房が異なっていてそれぞれ、美味しい。
この養豚農家とサラミ工房は、何度か視察で訪れ、その時に農場経営者の人が
一般よりも1%塩分を少なくしてサラミを造っていると話していました。
2000頭の豚を飼育して15種類のサラミを生産しています。

cena3 (2)

もちろん、地元の特別なゴルゴンゾーラチーズも。
Il gorgonzola dolce al cucchiaio
cena1 (1)

この季節は、自宅でも毎日アスパラガス料理です。
Asparagi grigliati e fonduta al formaggio
cena3 (1)

海老とへーゼルナッツのリゾット
Risotto con gamberi e nocciole
cena4


今夜もアスパラガス。シンプルにグリルにしても、リゾットにしても美味しいです。
どうか良い週末をお過ごしください。

*********************
blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。

ブドウ畑にて

写真ばかりの短い更新です。
4月から5月のブドウ畑の様子を皆さんに。

4月は、昨年伸びた枝から新芽が出てきたばかりでした。
2016年4月16日 バルバレスコ、ラバヤ(Rabaja)の畑

20160502_1739 (2)


RABAJA

そして先日、5月初旬の写真です。
2016年5月2日 バローロ、ブルナーテ)(Brunate)

20160502_1739 (1)

ネッビオーロの小さな蕾が出来ています。

20160502_1739

*********************
ランゲ地方からノヴァーラ県に向かう途中に立ち寄ったモンフェラート地方で。
ここは、ワイナリーとチーズ農場の持つ販売所、植木屋さんのすぐ近くです。
車から降りると、目の前の牧草地でロバがこちらをじっと見ていました。

このロバは、農場のマスコットとのこと。

ロバ

モンフェラートの家族経営のワイナリー、家畜農場では、毎日、新鮮な ヤギのミルクでチーズを造っています。
チーズと一緒に6月に新しく入荷する予定の白ワインを試飲してきました。
どのような品種のワインなのか、またお知らせします。

それでは、良いゴールデンウィークをお過ごしください。
*********************
blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。
Profile
写真 文章の著作権は
RIE OKUYAMA、Wine・Art Co.ltdにあります。
copyright(c) 2005-2016 
RIE OKUYAMA All rights reserved.


Archives
  • ライブドアブログ