北イタリア ピエモンテの田舎で暮らして

ピエモンテ州ノヴァーラ県の稲作地域での暮らし。 バローロ、モンフェラート、ゲンメのワイナリー、ピエモンテ料理ときどき地域猫のぴーちゃん

雪のブドウ畑を見ながらスプマンテ。

更新が遅れてしまい申し訳ありません。
ノヴァ―ラ県が雨、霧の日、ク―ネオ県、アスティ県の一部では、雪景色となっていました。
ワイナリ―に向かう風景をお楽しみください。

AT2


AT1

アスティ県カネッリに到着する頃には、雪が冷たい雨に変わっていました。
ワイナリ―のパオロの家族がかわいがっている2匹の犬がお出迎え。

avezza3  (3)

品種ネッビオ―ロ100%のスプマンテ メトド・クラシコ ロゼ

avezza2


okbrutRosescont
現在、弊社が日本で販売しているボトルは、透明のボトルでなく、
色付きのボトルにして光からワインを守っています。

スプマンテ メトド・クラシコ ロゼ Metodo Classico Rose'
アスティ地方カネッリの丘で栽培されたネッビオーロ100%。
果実味、ミネラルのある辛口のロゼのスプマンテは、
フランスのシャンパーニュ地方と同じく瓶内2次発酵方式で
メトド・クラシコで造られています。

通販ショッピングのぺ−ジはこちらです。


*現在、ロゼの他に白のスプマンテ 
アルタランガ(Alta Langa)も販売しています。








この日は、パオロさんの造る赤ワイン バルべ―ラ (Barbera d'Asti Superiore Nizza)を試飲。
今後は、スプマンテだけでなくこちらも輸入します。

avezza5

目を閉じてしまった写真になってしまったので、後日、送ってもらった写真から
こちらがパオロさんです。
ボトルは、バルベ―ラ・ダスティ スぺリオ―レ ニッツァ(Barbera d'Asti Superiore Nizza DOCG)

_MG_3009 (2)

ピエモンテの冬は、素敵です。こんな日は、暖かな部屋でワインが美味しいです。
****************
いつものねこのコーナーです。

バールに行こうと思って歩いていたら、ぴーちゃんに呼び止められました。
ねこは、それぞれ声が違い、遠くからでもぴーちゃんやみーちゃんの鳴き声はすぐにわかります。

ぴーちゃん2

いつの間にか、自宅の方向に、ぴーちゃんが先導。
今日は、バールに行かないで、一緒におうちに帰ろう。

ぴーちゃん


****************
blogランキング

に参加しています。よかったらクリックして応援して下さい。

仕事が終わってアペリティーボの時間を楽しむ

仕事が終わって、一段落して夕方の時間、ちょっとアペリティーボ(Aperitivo)にしようかと
夕食前にグラスワインと軽食の時間は、毎日の楽しいひとときです。

軽食のセットから好きなものを少し選んで、グラス1杯のスプマンテを楽しむ。
ミラノからの帰り道では、ロゼのスプマンテにすることが多いです。

aperitivo2


milano


*******************
先月の一時帰国時に名古屋で気軽なアペリティーボを、ぜひ、うちの施設で企画して楽しみたいと
連絡があり実施した"ピエモンテワインと家庭料理の食前酒を楽しむ会"

その時のお料理とワインを紹介します。

会場に準備に行くと、刺繍をした手作りの素敵なクロスが準備されていました。

nagoya4

恵那で収穫された旬の野菜を使った、野菜たっぷりの家庭的なおつまみ。
私がここで好きなピーマンの肉詰めも用意されていました。かぼちゃのコロッケも美味しかったです。

nagoya2

ここでは、この施設で作っている美味しいクッキーやお菓子も販売されています。
ちょうどクリスマス前だったので、サンタさんのクッキーも。

nagoya3

アペリティーボだったので、スプマンテと白ワインを中心に、そして赤ワインがお好きな方もいらっしゃるので
赤ワインも用意して、お好きなものを楽しんでもらいました。

ワインはたくさん用意してコルクを開けておきました。
ボトルに残ったワインは、こちらの施設で障がいのある方にいろいろと教えてここに通っている皆さんの
職場探しと一般就労後に職場定着できるようにお手伝いしているスタッフの方々にも
美味しく飲んでもらいたかったので。

nagoya1

食前酒として用意したワインは
ALTA LANGA 2013  アルタランガ
DOCG スプマンテ メトド・クラシコ (アスティ カネッリ産 ワイナリー:AVEZZA)

METODO CLASSICO ROSE'
スプマンテ メトド・クラシコ ロゼ (アスティ カネッリ産 ワイナリー:AVEZZA)
*品種ネッビオーロを使った瓶内二次発酵のスプマンテです。収穫年が2014年で冷夏であったので
色彩がとても淡く、ほのかな薄いロゼ。綺麗な酸でとても美味しいスプマンテになりました。

白ワインは、トスカーナ州のワイン。
Vermentino Bianco Candia Dei Colli Apuani 2015
ヴェルメンティ−ノ ビアンコ カンディア デイ コッリアプアー二 2015
(トスカ−ナ州マッサ・カッラ−ラ産 ワイナリー:L'Aurora di Francesco) 

赤ワインは、私が好きな3種類を
BARBERA D'ALBA SUPERIORE 2012
バルベーラ ダルバ スぺリオーレ 2012
(ヴェッツァ・ダルバ産 ワイナリー:DEMARIE)

COLLINE NOVARESI NEBBIOLO "MotZiflon 2012
コッリーネ ノヴァレージ ネッビオーロ ムッツィフロン
(ノヴァーラ県 スーノ産 ワイナリー:BRIGATTI)

GHEMME 2010 Oltre il Bosco
ゲンメ 2010 オルトレ イル ボスコ
(ノヴァーラ県スーノ産 ワイナリー:BRIGATTI)


就労移行支援事業所「オリーブの風」内店舗 ディアオリーブさん
名古屋市天白区元植田2丁目1904
tel. 052-846-7175

*こちらのお店でピエモンテ州モンフェラート地方のオリーブオイル、リグーリア州インペリア県西部の
オリーブオイルやオリーブの実を購入することができます。


昨日は、自宅で、スペインに出張した時に購入した生ハム(ベリコ豚ベジョータ)と
ピエモンテ州トーマチーズ、へーゼルナッツで夕方のひとときを楽しみました。
今日は、帰りに美味しいピエモンテのチーズを買って、
ピエモンテ州ビエッラ県で作られた美味しいグリッシーニで過ごすことでしょう。

皆さんも良い1日をお過ごしください。

****************
ワインの発送についてお知らせ
*2017年1月23日〜26日は、軽井沢の倉庫が冬のメンテナンスのため休業になります。
(休業期間中1月25日は出荷可能です。)
到着日時の指定がある方は、どうかお問い合わせください。
軽井沢(信州発)から全国にゆうパックでお送りしています。


****************
blogランキング

に参加しています。よかったらクリックして応援して下さい。

トリノでランチ

スマートフォンには、日本滞在中のワイン会、通勤の帰り道の冬のミラノの風景、
出張したトリノ、ピエモンテ北部ノヴァーラ県、ヴェルチェッリ県の風景など様々な写真が残っています。

冬の日々、暖かく美味し毎日が楽しく過ごせるように、少しずつ皆さんに紹介していきます。
今日は、トリノに出張した時の風景から。

この日は、明け方から冷たい雨でした。出張先のトリノでは、2箇所でイタリア人に
オンラインシステムについて説明するという慣れない仕事だったので、
行きのバスの中で緊張しながら何度か説明書を読んでいました。

始発のトリノ行きの高速バスは、トリノにあるフィアットの大型自動車、機械の製造工場に向かう人たちで
ほぼ満席になっていました。
高速を降りてトリノの最初の停留所がちょうど工場前で、ここで多くの人たちが降りていき
バスの車内は、大学生2名と私だけになりました。

トリノは、2005年から2006年2月まで何度も行っていた土地で、とても懐かしく好きな都市のひとつです。
次第に明るくなって外の景色が見えるようになると、説明書をリュックにしまい、車窓を眺めていました。

今日は、仕事が無事に終わったら、家に帰る前に、トリノでピエモンテ料理のランチを食べてから帰ろう。

カステッロ広場(Piazza Castello)
torino3

サン・トンマーゾ通り(Via San Tommaso)
torino4

14:00を過ぎて遅めのランチタイム、ワインのある小さなオステリアに入りました。

torino

ピエモンテの詰め物入りパスタ アニョロッティ
Agnolotti alla Piemontese con ragu
primo

ピエモンテ州ランツォ渓谷トーマチーズとピエモンテの白ワイン(品種アルネイス)を使った
仔牛肉に生ハムがのったソテー(サルティンボッカ)

Saltimbocca all'Arneis con toma delle Valli di Lanzo
torino1 (2)



****************
ワインの発送についてお知らせ
*2017年1月23日〜26日は、軽井沢の倉庫が冬のメンテナンスのため休業になります。
(休業期間中1月25日は出荷可能です。)
到着日時の指定がある方は、どうかお問い合わせください。
軽井沢(信州発)から全国にゆうパックでお送りしています。


****************
blogランキング

に参加しています。よかったらクリックして応援して下さい。
Profile
写真 文章の著作権は
RIE OKUYAMA、Wine・Art Co.ltdにあります。
copyright(c) 2005-2017 
RIE OKUYAMA All rights reserved.


Archives
  • ライブドアブログ