北イタリア ピエモンテの田舎で暮らして

ピエモンテ州ノヴァーラ県の農業地域での暮らし。 アルトピエモンテ地方ノヴァーラ県、ゲンメのワイナリーの他、ランゲ地方バローロ、モンフェラート地方、海沿いのトスカーナ州マッサ・カッラーラ県のワイナリー、稲作、養豚、果樹園などイタリアの農業調査の仕事のこと、ピエモンテ料理ときどき地域猫のぴーちゃんとみーちゃん。

アルプスの山

33afe175.jpg早朝は、暗くどんよりしてたものの、綺麗に晴れました。
今日の夕食は、先月に、ワイン農家で購入した赤ワインで
最近のお気に入りのROEROに合う食事を作ろうと思いながら、
この景色の中、自転車をこいでました。

家族経営の小さな農家で生産本数も少ないので、
輸出は、してないです。とても丁寧で繊細な仕上がりで、
生産者のワインにかける情熱が感じられる一本です。

このワインは、また後日、紹介します。

夏であるものの、冷たい空気が感じられ、
アルプスの山の雪の部分も多いようです

今日からブログ

この春にローマから、ピエモンテ州の水田地帯の田舎で暮らし始めて、
あまりにもその生活の違いに喜んだり、悲しんだり、最近では、
何もできない田舎で、絶望して泣いてしまうことすらありました。

このまま、田舎で引きこもっていては、いけないと思って、
先日、近所のスーパーまで、自転車で行くだけだった私が、
ピエモンテ州の案内のパンフレットで、すぐ近くに自然保護地区が
あることがわかり、なんとなく、いってみようか・・・と
食事を作る前に、お散歩に行ってみました。

人気のない、湿地帯を進んでみると、目の前を小型の茶色の恐竜(???)が
横切り、見ると、それは、野生のきじ。
あまりにもびっくりして声も出ません。
何だか、どこか懐かしい遠い、田舎に遊びに行った夏休みのような気持ちに
なりました。

東京やローマの生活では、経験できないこと。
私は、今、ここに住んでいる時間を愛おしく、大切に思ってます。
今日から、私は、長い長い眠りから覚めたようで、毎日がとても大切です。

Profile

RIE

ピエモンテ州のお米とワイン産地ノヴァーラ県にある人口1000人弱の小さな町で暮らし、主にピエモンテ州北部(アルトピエモンテ地方)のワイナリー、ノヴァーラ県の稲作、養豚、酪農などの農業地域で過ごしながら、年に3,4回日本に帰国。日本では、2008年から酒類販売免許を持ち、2017年からは、個人の方やレストランさんへの小売販売免許の他、ワインショップ、酒屋さんへの卸売販売免許も取得。
ピエモンテワイン、オリーブオイルなどの直輸入販売。東京、軽井沢からゆうパックで全国に発送しています。

農業視察や農業調査、ワイナリー訪問の他、日本帰国時にピエモンテワイン会、試飲会など企画しています。
ローマにてイタリアソムリエ協会ソムリエ資格。上級コースであるマスターコースも修了。
得た知識をできるだけ多くの方に伝え、皆さんにピエモンテのワイン、農業地域での暮らしを楽しく読んでいただければと思います。

http://www.wineart-piemonte.com/

Instagram(インスタグラム)
写真 文章の著作権
copyright(c) 2005-2018 
RIE OKUYAMA Wine・Art Co.ltdAll rights reserved.




Facebookページ
Twitter
Archives
  • ライブドアブログ