北イタリア ピエモンテの田舎で暮らして

ピエモンテ州ノヴァーラ県の稲作地域での暮らし。 バローロ、モンフェラート、ゲンメのワイナリー、ピエモンテ料理ときどき地域猫のぴーちゃん

June 2015

地元のレストランで食前酒

アルプス山脈が綺麗に見える朝。
昨日の雷雨の後 気温が下がり、高速バスの通勤仲間のほとんどがジャケットを着ていて
少し空気がひんやりとしています。

モンテローザの白い頂に水色に光っている部分は、氷河なのでしょうか。
マッターホルンの尖ったシルエットを見てスイス、ツェルマットの街の朝を思い浮かべていました。

通勤中の短い更新です。
******************
長い間更新していなかったので、いろいろな写真がスマートフォンに残っています。

バルバレスコのワイナリーのテラスからの風景。
品種ネッビオーロのRabaja(ラバヤ)の畑と対面しているのが、
ドルチェット、シャルドネ、バルベーラを栽培しているトリフォレラの畑です。

1

バルバレスコからアルバに向かう道の途中で。アルバの旧市街を眺める。

2

ノヴァーラ県に戻ってからのんびりと食前酒タイム。
近郊の養豚農家のコッパ(豚の後頭部から背にかけての部分の生ハム)と白ワイン。
コッパには、ノヴァーラ県の蜂蜜が少しかかっていました。

Coppa
5

そしてリゾットでなく、この日は、ピエモンテのパスタ アニョロッティ・ダル・プリン

Agnolotti dal plin
6


******************
いつものねこのコーナーです。

ねこのぴーちゃんとみーちゃんが外で喧嘩をしている鳴き声が聞こえたので
ドアの外の様子を見てみました。

喧嘩が終わり、落ち着いたねこたち。

いつもは、ドアにぴったりくっついて、いつも家の前にいるみーちゃんが
ぴーちゃんのマネをして、中庭の石の部分の部分に行くと
ぴーちゃんが少しずつ遠ざかっていき、喧嘩して微妙な距離を保っています。

1


2

(みーちゃん)
私は、ドアの前がやっぱり好きだけれど、たまには、石の上も悪くないかも。

3


気持ちの良い朝の時間は、とても素敵です。
今日も美味しく食事をして、仕事をできるところまで進めて1日を思いっきり過ごしていきたいです。

それでは、また。初夏の素敵な1日をお過ごし下さい。

*****************
blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。

グリニョリーノ・ダスティでランチ

更新が遅くなってしまっているので、取り急ぎ、この季節のピエモンテの風景の短い更新です。
************************
最初にお知らせです。
現在、初夏から夏に向かう季節、白ワインの注文が多く在庫切れになってしまったワインがあります。
大変、申し訳ありませんでした。昨年の天候の関係で2014年のワインでなく、
今年も引き続き収穫年2013年のワインを販売する予定で多く輸入していましたが完売のため
ゲンメの白ワイン エルバルーチェとロエロのワイナリーのロエロアルネイスは、
今月収穫年2014年のワインを入荷することになりました。
2013年と味わいが違うので、こちらについては、facebookぺージでお知らせします。

バローロのランゲファボリータに関しては、2014年は、天候+雹害でまったく生産していないので
来月までに輸入する2013年が終了次第、完売になります。


************************

ピエモンテ州モンフェラート地方のオリーブ畑を歩く。

20150531_123007

農家のヤギのミルクのチーズとモンフェラートのサラミ
一緒に飲んでいるワインは、初夏に美味しいグリニョリーノ・ダスティ Grignolino d’Asti 2012
(現在、輸入しているモンフェラートのワイナリーは、ワイン造りの他に家族経営の家畜農場であり、
毎日で新鮮なヤギのミルクでモンフェラート地方のチーズも造り、販売までを手がけている農場です。)

20150531_110319

無添加のハムとモンフェラートの牛を使った農家の自家製の
ブレザオラ (Bresaola:牛肉を塩漬けにしたもの) .

20150531_111155

***********************
いつものねこのコーナーです。
最近のぴーちゃん。

ミラノから帰ってくると、中庭の石の上でぴーちゃんが眠っていました。
風の通り道で気持ちがよくぴーちゃんのお気に入りの場所のひとつ。

20150603_153638

前に回って、そっと写真を撮ろうしたら、片目をうっすらと開けて私を見ると
"ニャッ"と短く鳴く。

20150603_153752


************************
blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。
Profile
写真 文章の著作権は
RIE OKUYAMA、Wine・Art Co.ltdにあります。
copyright(c) 2005-2017 
RIE OKUYAMA All rights reserved.


Archives
  • ライブドアブログ