北イタリア ピエモンテの田舎で暮らして

ピエモンテ州ノヴァーラ県の稲作地域での暮らし。 バローロ、モンフェラート、ゲンメのワイナリー、ピエモンテ料理ときどき地域猫のぴーちゃん

August 2016

夏祭り初日のキッチンから。

週末から夏祭りが始まりました。
会場になっている教会の裏庭は、深夜1時過ぎまでコンサートが続く日々が続いています。

お祭りのメニューには、ポテトフライや腸詰めのソーセージを開きグリル (Salamella)してパンに挟んだ
パニーノやお肉の小さな串焼き(Spiedino)などお祭りでの
人気メニューの他、ノヴァーラ風リゾットのパ二ッシャ(Paniscia)もあります。
そして毎年、小魚のフライがありましたが、今年は、カエルのフライ(Rane fritte)が登場です。

初日のリゾット作りは、注文も少ないことから、同じ町の男性が担当(本業は、町の電気取扱者で電気工事士)
そして夏祭りのキッチンメンバーが手伝ってみんなで仕上げていました。

********************
夏祭り会場は、毎日夜20時半頃から開始され、深夜1時まで。
夕方のキッチンでは、ノヴァーラ風リゾットのスープ作り。

リゾット作りは、スープがすべてなので、とても真剣です。

IMG_8669


IMG_8682

そしてみんなで食べようと庭で取れた桃を持ってきたルクレッツィアちゃん。

20160826_185656

ルイージがこの写真もブログに載せてほしいと言うので・・・。

IMG_8673

19時半にお祭りが始まる前の食事として、スタッフ用のリゾットを私ももらいました。

20160826_191049

**********************
そしてこちらは、カエルのフライ。揚げたてにレモンを絞って食べてもらうために
注文が来てから、急いで揚げ始めます。

IMG_8691

布で水分を乾かしたカエルにデュラム小麦のセモリナ(小麦を粗挽きにしたもの)をまぶして
ヒマワリ油で揚げて、揚げたてに塩を一振り、レモンを添えます。

IMG_8690


IMG_8700

水田地域には、小さなカエルが多く、貧しい時代には、すぐに手に入る貴重なタンパク源でしたが
現在は、郷土料理のひとつでありながら、レストランなどでとても高価なものになってしまいました。

一部の地域で、昔ながらに釣っている人も見かけますが、
自然保護地域に近いカエルのたくさん住む河川や用水路は釣りが禁止になっているところも多く
これは、養殖の業者から購入して、すでに皮も頭の部分も取り除き、すぐにお料理できる状態になっています。

お祭りのメニューの中でひときわ高く、この小さな一皿でリゾット2皿分と同じ価格です。
それが、この日、ポテトフライよりも人気でした。
味は、小さな白身魚のフライに似ています。

*********************
初日と違い、夏祭りの最終日のリゾットは、500皿以上の年も多いです。(私の小さな町の人口は約950人)

たったひとりで、多くの人を待たせることなく、片づけも同時に進行させながら
夏祭りの小さなキッチンスペースで、時間差で次々にリゾットが仕上がるようにできるのは、
ピエモンテ北部の災害救援隊の調理班、マリオさんだけです。

現在、震災のあったアマトリ―チェに行っていて、交代で戻って来た月曜日に夏祭りのリゾット作り、
その後、すぐにアマトリ―チェに向かうということを夏祭りの主催者のクラウディオから聞きました。

以前、ブログに書いたのを覚えているでしょうか。
http://blog.livedoor.jp/airone0219/archives/51958228.html

マリオさんは、2009年のラクイラ地震の時にも救援隊の調理班として行き、
ラクイラは、今回の被災地であるアマトリーチェからそう遠くない地域です。

当時、その地方の郷土料理であるアマトリチャーナのパスタは、多くの人が
望んでいたので作ったこともあったということですが、

外国人移民にムスリムの方が存在することで、宗教的に豚肉やアルコール類を
口にすることができないことを考慮し、栄養があり、宗教や病気、年齢に関係なく、
みんなが食べれるようなものにすることが一番だったと話していました。

明日、そんなマリオさんに会いに行ってきます。

blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。

町は、次第に夏祭りの準備です。

早朝は、冷たい空気で、ジャケットを来て出勤。
8月の中旬が近づくと、次第に季節が変わり、いつの間にか、日の出時間も遅くなり
今朝、出発した時は、まだ日の出前で、夜間走行時のように明るくヘッドライドをつけて出発。
通勤時の短い更新です。
***************************
ルイージと小さな友達と広場前で。

piazza

町の広場では、今年の夏祭りのリゾットの話題でいっぱいでした。
初日は、この町の人が作る"私たちのパニッシャ(ノヴァーラ風リゾット: Paniscia)
これは、もしかしたら、いつものキッチンのお祭りメンバーかもしれません。
初日のお祭りは、平日で比較的、人が少なく、慌てずにみんなで作ることが出来そうです。

最終日は、やはり今年も災害救援隊のマリオさんが作るパニッシャ掲示板で発表されました。
2013年の夏祭りのブログでは、マリオさんのリゾット作りの様子があります。
http://blog.livedoor.jp/airone0219/archives/51958228.html

いつのまにか町の広場の一角にかわいいボックスが設置されました。

1 (1)

中には、絵本などがたくさんで"1冊取ったら入れておいてね。"と書かれていました。

2 (1)

夏祭りが近づくころ、次第に秋の気配になっていきます。

ピエモンテの農業地域の様子です。
写真は、ピエモンテ州ランゲ地方バルバレスコのブドウ畑で、少し前の8月16日のネッビオーロの様子です。
今は、さらに紫色の部分が増えたことでしょう。バルバレスコのワイナリー、ジュゼッペ・コルテーゼのブドウ畑で。
ちょうど色が変わりかけている時でした。
この品種ネッビオーロが収穫されるのは、10月中旬。

これが2016年のBARBARESCO RABAJA, またはLANGHE NEBBIOLOになることでしょう。

rabaja

バローロのへーゼルナッツ畑で。 もうかなり実が落ちています。
収穫は、毎年8月中旬過ぎから下旬頃

20160816_152520  (1)

自宅から近所の田園地帯で。昨日、自転車で散策中。
これは、、町の大きな稲作農場経営者のクラウディオさんの210へクタールある水田の一部です。
ここは、黒米のうち品種Riso Venereを栽培しているようです。

20160816_152520  (2)

遠くに稲作農家の友人のヴィクトリオの農場が見えています。ヴィクトリオの栽培面積は、130へクタール。

*クラウディオさんは、210へクタールの水田で、従業員は、中国人とイタリア人ひとりずつ雇用して合計3人、
季節労働者として種籾専門になる水田の除草作業、異なった品種の稲をひとつひとつ見分けて
手作業で引き抜いていく中国人の労働者が6,7人。
今の時期、水田を散策んしていると、1列になって、水田を注意深く歩く中国人の人たちを見ることがあります。

この作業は、重労働です。農場での作業を快く働いてくれて、またお米の品種の知識が必要なことから
イタリア人でも他の国からの移民でもなく、長続きして仕事が確かな中国人の農業出身者を
探している農場経営者が多いのです。

*********************
帰宅後、車を降りると、お迎えにきてくれるぴーちゃん。
今日も元気でいてくれて、ありがとう。

neko



*********************
blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。

ガッティナーラのワインでランチ。

今、スマートフォンを見たら、今朝書いたブログが送信エラーになってしまっていたので再送します。
少し時間が経ってしまい、申し訳ありません。

前回のブログの続きで、ピエモンテ北部のノヴァーラ県ゲンメのワイン産地から
ヴェルチェッリ県ガッティナーラに向かって出かけた日の風景とお料理の短い更新です。
****************************
ランチは、いろいろと悩みましたが、セージア川を渡ったヴェルチェッリ県ではなく、
橋を通過する前のノヴァーラ県のワイン産地側で。

セージア川には、中世時代の洗濯場が残っていました。

sesia

セージア川は、遠くから見ている時には気が付かなかったのですが、下に降りてみると
驚くくらい透き通っていて、砂地になった部分や川底の石の近くに小さなたくさんんの稚魚が
泳いでいるのが見えています。

20160813_161853

川の向こうは、ガッティナーラなので、ワインリストには、ヴェルチェッリ県のワインもありました。
アルプス モンテローザを背景に、異なる2つのワイン生産地であり
普段、飲む機会の多いノヴァーラ県のColline Novaresi Nebbioloと比較するために
ヴェルチェッリ県のネッビオーロのグラスワインを選びました。
アミューズは、サバの白ワイン蒸し。

Coste della Sesia D.O.C. Nebbiolo.
20160813

ノヴァーラ県に比べてタンニンが柔らかで繊細です。
川を超えたヴェルチェッリ県側は、モンテローザを中心としたアルプスの火山石土壌となり繊細な味わいで

一方、川を超えた北部にあるノヴァーラ県の丘は、モンテローザからの氷河と火山活動から
生まれていることで、しっかりとしたタンニンを持ったネッビオーロです。
*ノヴァーラ県のスーノにあるワイナリーの地下深くには、真っ白なミネラル分を豊富に含んだ石で
覆われた部屋が残っています。

ランチで選んだのは、ナスとパルメザンチーズを混ぜてオーブンで焼いたもの(スフォルマート)
ソースは、パプリカとバジル。
Sformato croccante di melanzane alla parmigiana
783_230390770


ノヴァーラ県側からヴェルチェッリ県のワイン産地ガッティナーラの丘を望む。

2


私が今、立っている場所は、大きな木の近くです。
以前、南イタリアのプーリアで樹齢が数百年から千年を超えたオリーブの木をたくさん見たことがあるのですが
おそらくこの木も樹齢は数百年どころでなく、もっとそれ以上経っていることでしょう。

樹皮が柔らかで、触るとそのエネルギーを感じます。

3

きっとここからずっと歴史を眺めてきたことでしょう。
まだこれから数百年、ここに生き続けているかもしれません。

歴史的に繊維業が盛んだった地域で、近くにその昔の廃工場も残っていました。

自宅に向かおうとすると、すぐに、ねこのぴーちゃんたちのためにキャットフードを買いにくるお店の前を通過。

その後、いつものゲンメの街が広がっています。トウモロコシ畑から養豚農家へ続く道を走りながら
こんなにいつも近くまで来ていたのか・・・と不思議な気持ちになりました。
とても遠くに行っていたような気がしたのです。

帰り道に通過した小さな町それぞれでお祭りの準備が始まっていました。
私の暮らす町でも、もうすぐ夏祭りです。

*********************
blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。

ガッティナーラ(Gattinara)へ

ピエモンテ州北部(アルトピエモンテ)のワイン産地、ノヴァーラ県ゲンメからロマニャーノ・セージアに入り
セージア川を渡ると、そこは、ヴェルチェッリ県のガッティナーラになります。
車でごくわずか、セージア川を越えるだけ。

ピエモンテ州の品種ネッビオーロを使ったイタリアワインの格付けDOCGのうち、地名(自治体:Comune)が
そのままワインの名前になっているのがバローロ、バルバレスコ、そしてゲンメとガッティナーラです。

ゲンメが人口4000人弱、ガッティナーラは、約8300人。
ここもゲンメの旧市街と同様に1300年代に戦いから農民が身をも守るための
避難所のような建築になっているというので見てきました。

大通りからは、教会以外に目立つ歴史的な建築物もなく普通の小都市にしか見えないのですが
上部が丸くカーブになっている大きな木の扉が目立ちます。

それは、ゲンメでは、戦いが終わった1400年代にカーブを描いた門が壊され四角い扉になり
避難所がワインの醸造所になっていったことを思い出しました。

丸い大きな扉の向こうに奥深く広がって、人々の暮らす居住空間になっていました。

20160813_150129


20160813_150255

敷地内にワインの絵がかかれ、木の樽が埋め込まれています。
少し前まで使っていたような様子です。
昔は、ここからワインを注いでいたことでしょう。

20160813_145845 (1)


20160813_150344

この奥は、レストランになっている通りに入ろうとすると、向こうから茶色の小さなねこが走ってきました。

20160813_145148 (1)


783_230630757 (1)

街を散策後、ノヴァーラ県側に戻り、川の向こうにガッティナーラのブドウ畑が広がる丘を眺めてランチ。
まだまだ続きがありますが、もう今日は、ワイナリーに到着したので、また次回。

*********************
blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。

たまには、ピエモンテ牛(ファッソーネ:fassone)と赤ワイン。

バローロのワイン生産地にあるブルナーテの畑にある廃墟は、
ワイナリー ボルゴーニョ・フランチェスコ(Borgogno Francesco)のジュゼッピーナさんの生家だったところです。
ジュゼッピーナさんが若かった頃、きっとこの家の窓から下に広がる風景を見ていたことでしょう。
今のように一面がブドウ畑というわけでなく、森があったり、家畜がいたり、イチジクの木があったりと
バローロの丘は、賑やかな風景だったかもしれません。

ブドウ畑で

白ワインの記事が続きましたが、時には、赤ワイン。

ワイナリーから近くのオステリアでのランチは、パンとピエモンテ牛(ファッソーネ:fassone)を
焼いて薄切りにしたシンプルなお料理を1品だけ選ぶ。

Tagliata di Fassone piemontese
pranzo

レストランで一緒に飲んだのは、赤ワインで、この地方の若いネッビオーロのグラスワインでした。

夏には、こんな風に若い軽めの赤ワインを飲む機会も多いですが、
自宅でお肉と野菜をオリーブオイル、塩、コショウでシンプルにグリルしたら、
ジュゼッピーナさんの生家のあったブルナーテの畑のネッビオーロから
造られたバローロを飲むことがあります。(いつもでないけれど、たまには、こんな赤ワインも)

ラ・モッラに3.4haのジュゼッピーナさんの家族が持っているポテンシャルの高いブルナーテの畑。
その土地の個性を活かすために無農薬なブルナーテの畑のネッビオーロ。

新樽の小樽ではなく、伝統的な大樽の中でゆっくり3年間ワインが呼吸して
瓶内で1年の熟成をして生まれた伝統的な醸造方法のバローロ。

日本の暑い夏は、室温でワインの温度が18℃を超えてしまうと思うので、
バローロも冷蔵庫で30分から40分くらい少し冷やして、少しおいてから味わうと
ピエモンテの丘の上で飲むような味わいにきっとなることでしょう。

こちらは、朝の気温が下がり、出勤で出発する時間帯は15〜16℃くらいなので
長袖のジャケットを着て出勤しましたが、まだ日中は、夏の暑さです。

日本は、とても暑い日々であると聞いているので、どうかワインを美味しく楽しむために
赤ワインもうまく冷蔵庫を利用して、本来の美味しさをお楽しみください。

バローロ ブルナーテ BAROLO BRUNATE 2011
Borgogno Francesco

PC版のブログのトップの写真のチーズやサラミの奥にもバローロのワインが写っています。

こちらの写真は、ワイナリーの友人、シルヴィアさんが撮影。
ジュゼッピーナさんの旦那さんで生産者のフランチェスコさんの手とバローロのワイン。

BAROLO BRUNATE

*********************
blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。

今夜はシャルドネのワインで。

爽やかで気持ちのいい空気でいっぱいの土曜日の青空が広がる午後の時間。
今週末から夏休みの方もいらっしゃることでしょう。

昨日、金曜日の夕方、ミラノで帰宅のための高速バス トリノ行きを待っていると
旅行に向かう人々、夏の特別運行高速バスでごった返していて
いつもの通勤バスが停車出来ずに出発の順番待ちで約10分遅れていました。

さてどんな特別バスがミラノから出発しているのかというと、いつものトリノ行きの停車する位置から
ドイツ ミュンヘン行きが出発していきました。

そしてさらに後ろの2階建ての大型バス、ドイツ ドルトムント行きが入ってきました。
電光掲示板を見ると、経由地は、スイス チューリッヒ、バーゼル、そしてフランス ストラスブール
その後、ドイツに入りデュッセルドルフ、エッセンを通過して、ドルトムントまで。

そのすぐ後の大型バスは、フランス リヨン、パリ経由ロンドン行き。

まるで空港のように行き先がイタリア国外ばかりです。
そして、やっと待っていた青いトリノ行きのバスがターミナルに入ってきました。

暑い夏、週末に冷たい白ワインを楽しむ方が多いと思うので、
今日は、バルバレスコのワイナリーで造るシャルドネのワインのある風景をお届けします。
*****************************

ピエモンテのワイン産地、バルバレスコの塔からの眺め

barbaresco

バルバレスコの丘のすぐ下にタナロ川(Tanaro)が見えています。
タナロ川の向こう側に広がっているのが(左岸)ロエロ地方。
今、立っているバルバレスコは、右岸でバローロ、バルバレスコ地区となり、
この川で大きく土壌がかわり、ランゲとロエロに分かれています。

barbaresco 3

バルバレスコの塔(Torre di Barbaresco)
毎日10:00−19:00
チケット5ユーロ
1月7日〜31日は、クローズ

*情報は変わることもあるのでサイトなどでご確認下さい。
英語サイトは、情報が更新されていないので、イタリア語サイトの方で。

7月下旬のブドウ畑の様子です。
バルバレスコのワイナリー ジュゼッペ・コルテーゼ(GIUSEPPE CORTESE)
ネッビオーロを栽培しているブドウ畑(RABAJA)を歩く。
対面に見えるブドウ畑(TRIFOLERA)でシャルドネが栽培されています。

barbaresco 5

今週末、このワインがご自宅に届いた方が多いようです。シャルドネのワイン。
どうか冷やして美味しく冷涼なピエモンテ州で栽培された果物の持つ綺麗な酸味を楽しんで下さい。
こちらは、ステンレスタンクだけで醸造されたもので、よりその特徴が楽しめます。
LANGHE CHARDONNAY 2015

2015

*シャルドネをフランス産小樽(225リットル)で約半年間熟成させた
LANGHE CHARDONNAY SCAPULINもあります。
樽熟成のシャルドネなので、以前、フレンチレストランのワイン会で使用したことがあります。
(現在、ショッピングカートでは、2014を販売していますが、2015もすでに入荷しています。)

2016年1月 バルバレスコのワイナリーでまだステンレスタンクに入っていたシャルドネ2015を
ワイナリーで、ちょうど日本からいらしたお客様とご一緒に試飲させてもらいました。
この時から、ずっとこのランゲシャルドネ(LANGHE CHARDONNAY)2015が春にボトル詰めされて
そして瓶内で熟成された後、ちょうど美味しくなるこの今の季節に、多くの方に楽しんでもらう日を待っていました。

どうか楽しく、良い夏の週末をお過ごしください。
*********************
少し前のInstagramと同じ写真ですが、かわいいねこなので。
アルバでシャルドネを飲みながら眺めたねこちゃん。

neko


*********************
blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。

夏の日の午後、黒トリュフとヤギのチーズと白ワインで

ずっと更新ができていなくて申し訳ありませんでした。
先月は、輸入ワイン手続きが続き、新しいワインも多かったので厚生省での手続きに時間がかかっていました。

そしてなぜか、8月5日、6日日時指定のワインの出荷依頼が多く、現在、軽井沢で出荷準備をしてもらっています。
夏に美味しくピエモンテ、そして海沿いのトスカーナの空気が伝わりますように。
*********************
ピエモンテ州モンフェラート地方の夏の風景の更新です。

冬にたくさんの羊がいた夕暮れの風景の写真をブログにアップしたことがあります。
その同じ場所で、夏には、3頭のかわいいロバたち。

monferrato

monferrato2

モンフェラートの黒トリュフを買いに。

monferrato5

モンフェラートのワインと一緒にヤギのチーズ、そして黒トリュフ。
飲んだワインは、モンフェラート地方の農場の造った白ワイン、Vino Bianco SAN QUILI 2014
そしてGrignolino d’Asti 2015 です。
いつの間にか2本とも空に。みんなでたくさん飲んでしまいました。

monferrato3

ピエモンテの詰め物入りパスタアニョロッティ。特にモンフェラート地方が美味しい。
Agnolotti monferrini
monferrato4

次の日も、自宅で、ピエモンテ州モンフェラート地方の白ワインで美味しくアペリティーボ。
後ろの窓の向こうに外にある大きな棚があってその上が気持ちいいのか
ねこのぴーちゃんが眠っています。
時々、このキッチンの窓辺にねこがいて、ねこワインカフェ状態です。

vinobianoco

品種がシャルドネとマンツォーニ・ビアンコ(Manzoni bianco )
*Manzoni bianco は、品種リースリング( Riesling) とピノ・ブラン Pinot blanc を交配した品種。
Vino Bianco SAN QUILI 2014

このワインも5日、6日に届く方も多いようです。
冷たくした白ワインで美味しく楽しい夏のひとときを過ごせますように。
*********************
暑いけれど、ねこたちも元気です。

教会前の駐車場で。帰宅すると駆け寄ってきたぴーちゃん。
PI

家の前で物思いにふけるみーちゃん。
MI

*********************
blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。
Profile
写真 文章の著作権は
RIE OKUYAMA、Wine・Art Co.ltdにあります。
copyright(c) 2005-2017 
RIE OKUYAMA All rights reserved.


Archives
  • ライブドアブログ