一昨日、日本からイタリアに戻りました。

とても長い期間、更新をしないままでいて申し訳ありませんでした。
このブログの最後の更新は、スペイン、マドリット出張前でした。

スマートフォンの中の写真は、ミラノからマドリッドへの上空写真からすでに600枚を超えています。
そのうち、半分以上が10月中旬から下旬にかけてイタリア人のグループと日本を旅した時の風景です。
*instagramにその時の日本の観光地の写真あります。
https://www.instagram.com/wineartpiemonte/

マドリッド出張後、新たに始まったミラノでの訪日旅行関連の仕事、
そして日本へのワインの輸入、農業関係のコーディネート
そのどれもが大切に取り組んでいきたい本業であり

ピエモンテのワイン、農業のこと、イタリア、スペイン、日本を行き来する中で見た風景
日々の暮らし、ワインを皆さんに楽しく読んでもらえるようにブログを再開します。

********************
私が日本に滞在していた10月中旬、学生時代の友人がイタリアに出張に来ていました。
毎回、帰国前日には、ミラノ マルペンサ空港に出発しやすいように
私の暮らす町のすぐ近くのホテルに宿泊していきます。

まるですれ違うかのようなわずかな時間でしたが、今年も再会することができました。

私にとっては、日本から帰った翌日の最初のピエモンテのお料理。
学生時代からの友人にとっては、イタリアでの出張を終え、日本に帰国前日で
最後のイタリアでのディナーの時間でした。

今日は、その時のお料理、ワインを紹介。
********************
友人がホテルにチェックインしてお部屋に入った後、少しの間、ロビーでワインボトルを眺めて待っていました。
目の前にあるソファーの上には、ねこのマークのクッションがおかれていて
他のソファーと違い薄いレモン色と白のストライプのコットンのカバーがつけられていました。

どうやらここで暮らすねこ専用のソファーのようです。

ちょうどその時、宿泊客が開けたドアと一緒に、一匹のねこがするりとロビーに入り込み
まっすぐとこのソファーに向かってきました。

neko1 (1)

やがて、オレンジの灯りにつつまれて、静かに眠る。

neko1 (2)

この時、外は、真っ暗な中、冷たい雨が降っていました。
日本に出張していた間に、いつの間にか季節がまたひとつ移り変わってしまったようです。

この時、東京からミラノ マルペンサ空港に到着して、もうすぐ24時間が経とうとしていました。

羽田空港に向かうまでのタクシーの車窓で眺めた九段下、竹橋、大手町、
八重洲のトンネルを過ぎて西銀座、新橋、汐留の風景が遠ざかっていき
気が付くと、ピエモンテの田舎の街灯もない小さな町で晩秋の長い夜の時間の中にいます。

********************
レストランが開くまで、アペリティーボ。

ヴェネト地方の大学で研究を続けていた友人は、ヴェネト地方のスパークリングワインである
プロセッコが好きでした。
私もヴェネツィアで暮らしていた頃を思い出し、懐かしくなり同じプロセッコを注文しました。

きっと彼女が思い出していたのは、研究していた大学があるパドヴァ周辺の風景だったことでしょう。

私は、当時暮らしていたヴェネツィアのリド島の家に戻る前に、立ち寄った夜のサンマルコ広場周辺のカフェと
ヴェネツィア独特の音を思い出していました。
それは、運河の水が奏でる音であったり、ヴァポレット(水上バス)の低いモーター音や
停留所に到着して船が岸に衝突する音でした。

秋から冬にかけての静かなヴェネツィアの夜、明かりが漏れるカフェに入ると
華やかでどこか贅沢な空間があったことを思い出していました。

このプロセッコは、ヴェネト地方 ヴェネツィアから北に広がる
コネリアーノ ヴァルドッビアーデネで生産されたもの。
Prosecco di Conegliano-Valdobbiadene

一緒のおつまみは、ピエモンテ ノヴァーラ地方のサラミ(:サラーメ デッラ ドゥーヤ)と
チーズは、 トーマ・ピエモンテーゼ
Salame della duja
Toma Piemontese
aperi

前菜は、ピエモンテのパプリカのバーニャ・カウダソース(アンチョビ、ニンニク、オリーブ・オイル)
Peperoni e bagna cauda
cena1

ノヴァーラ風リゾット パニッシャ、ワインは、このリゾットに使われたノヴァーラ県のワイン産地のバルべーラ。
Paniscia novarese
Colline Novaresi Barbera
20161026_200405 (600x450)

食べられる分だけお皿に取れるように、大きなスプーンが入っていました。

cena 3

来月は、再び訪日旅行関係でスペインに出張。
ワイン会などで日本に帰国できるのは、12月でしょうか。とても楽しみです。

それでは、よい週末をお過ごしください。

****************
blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。