写真は、自然保護地域で。

自然保護地帯で

















仕事が終わり、町に戻った午後

プロジェクトの準備のために
夫の仕事場で作業を手伝っていました。

帰宅前に、友達ロミーナのところに立ち寄り
ゆっくり休憩していると

"今は、お客さんが少ないから私も一緒に休憩するわ。"と

私が日本から持ってきた桜の模様の湯呑み茶碗に
カフェを入れて持ってきました。

"いつもこれを使っているのよ。手にちょうどいいの。"


romina














昨日から町のお祭りが始まりました。

広場には、お食事が出来るテントが出来上がり

小さな遊園地のように子供の乗り物のカラフルな光が
暗い中で点滅しています。

その時、肩までの柔らかな髪を揺らした女の子のシルエットが
近づいてきました。

以前の記事で紹介した小さなお友達です。
彼女から紙の包みが渡され、テントからの明かりの中で
開けてみると、小さなお菓子が出てきました。

お祭りで













今朝は、いつもよりも厚手のジャケットを着て出発。

朝の6時は、まだとても暗く
その中で町の中の電飾が綺麗に輝いていました。

日の出の時間が 6時半過ぎに変わったのです。


今日の夕食も、友達のヴィクトリオたちと夏祭り会場で。
私のお祭りのメニューでのお気に入りは、小魚のフライです。


blogランキング
に参加しています。
どうか、クリックして応援して下さい。

前回の記事で、知り合いから、田舎の友達を見てみたいと
言われたので。

lu & vic









ミラノのシーフードレストランで。
新品のTシャツを着て、髪を整えたルイージです。

目の前のバラは、タバコを吸いにお店の外に出て行っていたルイージが
この日のメンバーの女性全員に外の花売りの人から買って戻ってきたのです。