今朝は、空が桃色に染まらないまま、次第に朝となり周囲の景色が見渡せるように
明るくなろうとしています。
空には、濃いグレーの大きな雲が浮かび、雨になるかもしれないです。
それでも、メルロー(Merlo:ツグミの一種、黒歌鳥)の美しい鳴き声が
朝の空気の中で響いていました。いったい何羽いるのだろう。

朝の短い更新です。

*********************:
晴れた午後、ミラノから帰宅後、水の風景を見て、風が草木を揺らす音、水のせせらぎを聞いて
1日の気持ちをリセットして自分の町での時間、ワインの仕事の時間に切り替えていく。

1


モンフェラートの農家の人と仕事でのランチの家庭料理のメニューの打ち合わせをしていて
以前、農家の手作りワインビネガーと家庭菜園のお野菜で作ったお料理が
美味しかったことを思い出していました。

その夜、いつものようにスープにしようと思っていましたが
思い立って、冷蔵庫を開けて、残っている食材から

ピエモンテ州 アレサンドリア産の赤玉ねぎ、マッシュルーム
真っ赤なぺペローネ(パプリカ)、ちりめんキャベツ、
ピエモンテ産の豚肉のブロックがあり

それをピエモンテのオリーブオイルで炒めて
調味料は、ワインの産地でもあるゲンメで造られているワインビネガーと
日本から持ってきた片栗粉と昨年、札幌でもらった蕗味噌だけで
シンプルであっさりとしたオリジナルの酢豚が出来ました。

もう少ししたら、ぺペローネは、ピエモンテ産のもの(Quadrato d'Asti)を買うことができる。
その時に、もう一度作ってみようとそんなことを考えていました。

その地域の食材を使うと、新鮮で美味しいだけでなく、個性的なものになり
日々の暮らしが楽しくなる、思い切って作ってみてよかったわと
ワインを飲みながら、そんなことを思っていました。

キッチンの窓からは、夕方のようにまだ明るい空が広がっていて
目の前の教会からは、20時の鐘のメロディが聞こえてきました。

*****************
5月のワイン会では、たくさんの素敵な人たちの協力があって
それぞれの地元の食材を使って開催することができ、感謝しています。

ワインを通じていろいろな出会いがあり、あまりにも大変なことが多いけれど
仕事をはじめて本当によかったと感じています。ありがとうございます。

今日も充実したいい一日にしたいです。
*********************
blogランキング
に参加しています。
どうか、クリックして応援して下さい。