朝、暖かいと思い、安心していたら、車が真っ白に凍っていて
出発が遅れ、始発に乗れず、トリノから来るバスを待つ事になりました。
地面も屋根も薄っすらと白く膜がかかったようで、
気温は氷点下3℃と表示されていても、
春の柔らかな空気で、そう感じないのです。

いつもより15分遅くなって、違った景色が見えてきました。
日の出となり、アルプスの白い雪、山頂付近の雲が桃色に染まっていきます。

そして、次のバスがやってきました。

1

いつもより遅くなった私を運転手のマウリッツィオが、腕時計を指差しながら笑い、
バスの車内が賑やかになりました。

今日も春の初めの素敵な1日になりそうです。

**************
ミラノに到着したら、オフィスの仕事の報告書とレポートが終わりの見えない状態で

午後は、自分自身の日本の仕事の輸入手続きの書類、年度末の経理、納税の書類、
バローロのワイナリーのドルチェットのラベルデザイン
帰国時のイベント、アポイントの取り付け、各都市のホテルや国内線の航空券の手配

GPLガスを満タンにして、ノヴァーラのブドウ畑や田園地帯を走りたい。
ワイナリーの人たちともゆっくり会って、ワインの話を聞きたい。

そして待っているねこ。
今、試飲したいワインもたくさんあり・・・

今日も1日、たくさんのことが待っているので、そんな日々に感謝。
少しずつ大切な時間を積み重ねていきます。

**************
blogランキング
に参加しています。