今日までヴェローナで開催されているワインの見本市vinitalyに行ってきました。
車でノヴァーラ駅まで向かい、6時5分発ミラノ中央駅行き、ヴェネツィア行きに乗り換えてヴェローナへ。

ノヴァーラ県のワイナリーのフランチェスコと会場の入り口で待ち合わせして
最初に過ごしたブースは、アルトピエモンテ地方のネッビオーロ生産者の集まりの共同出展ブース。

20140407_100111

朝食を取っていなかったので、バールを探そうとすると、フランチェスコが
"朝食なら、僕たち生産者のブースにいくらでもあるよ。"と奥から持ってきてくれました。

このサラミ3種類は、いずれも今までにブログに登場した近所の養豚農家のもの。
そして地元のトーマチーズ。

20140407_100724

これも美味しかったです。レーズンパンにノヴァーラ県のゴルゴンゾーラチーズ

20140407_100740

フランチェスコの造るネッビオーロ100%のゲンメ。

*ワイナリーでは、ゲンメ2010は、年間1000本のみなので、ワイナリー側では、完売ですが
12月に入荷した舞浜と東京の倉庫にある他、私が購入したワインがまだノヴァーラのワイナリー内にも
半分大切に保管してあります。まだショッピングカートになく申し訳ありません。急いで作成します。。
20140407_101328

そしてアスティの生産者、パオロとお嬢さんのロベルタさん。

20140407_110904

ミラノのワイン試飲会で知りあったアンコーナでワインとオリーブオイルを生産しているパオロから
普段、遠くてなかなかワインもいつも試飲できるわけでないから、是非、立ち寄って欲しいと
メールがあったことを思い出し、立ち寄ってみました。

今は、ピエモンテのワインばかりの取扱いですが、農業者同士で交流があったり
いろいろなきっかけで出会いがあり、海沿いのトスカーナのワインと
そしてこのパオロのワインとオリーブオイルがいつか入荷できるように考えているところです。
他の生産者さんも、ずっと今まで通り入荷して仕事をしていきたいので
まず私が販路を拡大していくことを目指さないといけないです。

マルケ州アンコーナのパオロ(イタリアは、同じ名前が多いです。)

20140407_122835

パオロは、"ランチ、食べていなかったら、これをワインと一緒に試食するといいよ。
僕たちの地域でよく食べる特産物ばかりだから。"と
トレーに入ったチーズとアスコラーナ、パンに自分の農家で生産したオリーブオイルを用意してくれました。

*Olive all'ascolana (オリーブの実のアスコラーナ)は、グリーンオリーブに
挽肉のラグーなどの具を詰めてパン粉をつけて揚げたものです。

20140407_122824

この他、バルバレスコのワイナリーのティツィアーナの旦那さんガブリエレさんとお兄さんにも
会ってきたり、ブースを抜け出したフランチェスコと気になるワインの試飲に行ったりと
いつもと違った生産者さんたちとの楽しい時間でした。

帰りは、ヴェローナからミラノまでは、スイス鉄道の車体(ジュネーブ行き)の快適な車内で過ごしました。
ミラノ中央駅に列車が到着すると、向かい側のホームには、ノヴァーラやヴェルチェッリ、トリノにある
有名な建物のイラストが車体にたくさん描かれたトリノ行きが待っていました。

ミラノから車で帰る途中の家族とノヴァーラ駅前のホテルで合流して帰宅。

20140407_190209

******************
そしてミラノでは、インテリアデザイン、家具などデザインの最大規模の国際家具見本市
ミラノサローネが始まりました。同時に フオーリサローネ(Fuori Salone)という
ミラノの街のギャラリー、ショールームなどで様々なデザインの展示で
イタリア ミラノの持つ華やかさ、国際的にデザインの中心であることを実感するのです。

高速バスは、今、ちょうど、その見本市会場(Rho Fiera Milano)付近を通過中です。
仕事が終わったら、ミラノの街の中をゆっくり歩いてみようと思っています。

それでは、行ってきます。
どうか良い一日をお過ごしください。

blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。