朝、高速道路バスに乗る前、駐車場で。

2 (2)

バスが遅れてしまっているとの情報で、通勤仲間で集まって直接運転手さんに電話しています。

次のバスは、もうビエッラの街の入り口の高速出口を出発しているから、
ここで待たないで、そのバスに乗るようにしようと話し合い
その場合、停留所が違うので、これから、高速道路の地下道を歩いて移動しなければなりません。

今日は、青空でモンテローザもくっきり見えていて爽やかで気持ちのいい1日になりそうです。
通勤中の短い更新です。
*************************

スマートフォンに残っていた写真から。

アスティ県カネッリのワイナリーで試飲。
ワインを入荷する前に、いろいろと話を聞いたり、楽しく過ごす午後のひととき。

朝に造ったばかりだという新鮮なヤギのチーズと地元のサラミとワイン。

4 (2)

商工会議所で、ワイン名を登録する前の審査のワイン。

4 (1)

商工会議所の職員、その証人、ワイナリーの立会いのもとにワインが封印され、食品分析所に提出。
これは、以前にゲンメ2005の誕生をブログに書いた時と封の仕方が異なっていますが
仕組みは、同じでこの封印されたワインだけでなく、農地、ブドウに関する調査の書類も提出します。

これは、Barbera d'Asti DOCG Superiore Nizza
今までスプマンテ2種類のみ輸入していましたが、
スプマンテやモスカート・ダスティだけでなく、この地方のバルベーラも入れたいと予定しているワイン。

バルベーラを栽培している丘で春に家族みんなで新しく植樹しているところを見て
日本にも届けたいとずっとそうしたいと思っていました。

私もそのために今日も少しずつ進んでいけるように1日を大切に過ごしていきます。
それでは、今日もどうか素敵な1日を。
もうミラノに到着。それでは、行ってきます。

*このワインは、イタリアのグルメ専門出版社 ガンベロロッソ2014でトレビッキエーリを受賞しています。
13- tre bicchieri 2014

blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。