2,3日、夏らしい暑さがあったものの、昨日も強い雨が降ったり
朝は、過ごしやすい気温で、私も通勤仲間のシモーナも長袖のカーディガン、
そしてやはり通勤仲間の男性は、ウィンドブレーカーを着ています。

アルプスの山の方だけは明るいですが、厚い雲に覆われた夏の朝、静かで落ち着いた1日で帰宅後、
そして地下鉄の中でワインや稲作の本をじっくり読めそうです。

通勤中の短い更新です。
*******************
夏なので、特に日中暑い時間帯に買い物に行くといろいろな果物を買いたくなります。
週末は、桃をたくさん買いました。

こちらは近郊の町のレストランでデザート。

デザート

日本では、今日が祝日と知らずにいろいろと手配してしまったため、
ずっとピエモンテの倉庫に置いてあったワインの搭載をいったん取り消して
今週の貨物便で成田空港に向かうことになったワインのうちのひとつ

バローロ ブルナーテ 2010

1

2010年のバローロ2種類(ボルドー色のラベル ブルナーテの畑、緑色のラベル べッリの畑)とも
新しい大樽で熟成されたので、50年に一度の大樽の新樽にあたりますが
まだ買い換える必要のない古い大樽もあります。

*バローロのブルナーテの畑は、ラ・モッラにある南西向きの畑、
シルヴィアさんの家族のワイナリー、ボルゴーニョ フランチェスコの持つ畑は、
標高350mのところにおよそ3.4ヘクタール。
ここでは、すべてネッビオーロが栽培され、バローロ、そして一部ランゲ ネッビオーロのワインになります。
ランゲネッビオーロは、黒のラベル
収穫時期は、ネッビオーロが最も遅く、例年10月中旬

これは、初夏の時、ちょうど日本に私が帰国する前の写真になりますが
バローロの大樽を背景にワイナリーのシルヴィアの子供たちのアンナちゃんとルチアちゃん。
この古い樽は、2011の一部、2012年が熟成されているようなので、
また2010とは、違った味わいになることでしょう。楽しみです。

2


*******************
blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。