日本から帰ってきたばかりで、地元の郷土料理や偉大なピエモンテのワインに接する時間を大切にして
帰宅時の夕暮れのミラノの風景とその華やかな空気を楽しんでいる日々です。
そして12月再び、日本に帰国します。今度は、ワインの仕事で帰国。

************
ワイン会のお知らせです。

12月12、13日 札幌でセミナー、イベント、ワイン会の開催を予定しています。

12月12日(月)現在、時間など調整中です。夕方18時頃から小さなイベントスぺースを借りて
クリスマス、年末年始ワインのための試飲、予約販売受付をかねて
ワイン、ピエモンテの農業、食文化のセミナーの開催を予定しています。

会費、場所などの詳細は決まり次第、ブログ、またはFacebookぺージでお知らせします。


12月13日(火)19:00から
 ピエモンテ料理とピエモンテワイン会。

こちらは、もう一度、是非、田畑シェフのピエモンテ料理の組み合わせでとお客様からのご要望があり
3年ぶりに再びツバキホールさんで開催することにしました。  
≪満席になりました。どうもありがとうございました。≫
ツバキホール (TSUBAKI HALL)さん 
北海道札幌市中央区南二条西1-6-2 2F 
Tel.011-271-9614
【会費】10,000円(税込)を予定しています。
*ご予約はお電話、メールまたはFacebookぺージなどのメッセージでお願いいたします。
***********

このところ、ピエモンテ北部ノヴァーラ県では、深夜から明け方まで氷点下になり
毎朝、車の窓が凍ってしまい、車を温めてから発進する日々になりました。
それでも日中は、10℃くらいと暖かくなることも多いです。

この時期、白トリュフ祭り、ワイナリー訪問などでピエモンテにご旅行でいらっしゃる方、
どうか暖かくして歩きやすい靴でいらしてください。

朝は、凍ったようなハンドルを握るので、私は、もう手袋をつけています。
それでは、朝の短い更新です。
****************
地元のゴルゴンゾーラチーズやサラミで過ごす夕方からの時間。
奥に見える黒っぽいグリッシーニは、私の暮らす町の稲作農場の黒米の粉から作られています。

Gorgonzola dolce al cucchiaio
Gorgonzola

ノヴァーラ県のワイナリー、オステリア、そして昔からずっとこの地方に住んでいる友人の家などで
時々見かける大きな壺は、昔、ノヴァーラのサラミ造りで使われていたものでした。
現在は、養豚農家のサラミ工房で温度も湿度を管理して熟成させ年間を通して造られていますが

この伝統的な郷土食材であるノヴァーラ県のサラミ(Salame della duja:サラメ デッラ ドゥーヤ)は、
昔、家庭で造られていました。冬、1月の最も寒い日を選び、サラミを造り1,2週間熟成後
サラミを入れた壺にラードを熱して入れて、冷えて固まった真っ白なラードの下で
サラミを保存、熟成させていきます。

こうすることによってノヴァーラ県農業地域は比較的夏の湿度が高く、また夏の気温でも保存することができ
空気に触れず次のクリスマス時期まで1年間、美味しく食べることができたそうです。

この壺をドゥーヤ(duja) と呼んでいました。
duja

私は、この地方のオステリアやアグリツ−リズモで食事をするときには、まず最初にいつも注文します。

日本滞在からイタリアに戻ってきて実は、一番食べたいものが、このサラミ、そしてゴルゴンゾーラチーズ
アルプスの近いのピエモンテ北部で造られたトーマチーズ、品種ネッビオーロのワイン。

Salame della duja
salame2

この地方に引っ越してきて、一番最初の友人が稲作農家のヴィクトリオだとしたら
次に知り合って友達になったのは、近郊の町で郷土食材を研究している温かい人柄のシェフのお兄さんです。

こちらは、そのシェフがいつも出してくれる、ノヴァーラのサラミ2種類(サラメ デッラ ドゥーヤと
脾臓、肝臓の部分も使われたレバーのサラミ、フィディギン)とこの地方の鴨の生ハム。

Salame della duja,Fidighin,Prosciutto di petto d' anatra
salame1

それでは、良い一日を。秋の素敵な日々を美味しく楽しくお過ごしください。

****************
blogランキング
に参加しています。
どうかクリックして応援して下さい。